風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ヘラクレスⅢ) »ヘラクレスⅢ体験記第四回

ヘラクレスⅢ体験記第四回  

ヘラクレスの栄光Ⅲ体験記第四回です。


なかなか良いテンポで更新している割にはシナリオの進み具合は謎なヘラクレスⅢ
前回散々な目に遭ってばかりでしたが今回は結構まともです。

前回のあらすじ:2度の敗北、2度のヴァー!

まずいな、このままではエスト以上にヴァー!の使用率が上がってしまう(笑)
自分が強くなっても敵まで強くなり、更に経験値が少ないという大変な事態に
見舞われ(※仕様です)2回も全滅(内1回は自滅に近い)してしまったのでした…


気を取り直し、LV上げは諦めてまずはスパルタから北のアテネへ。
そう、レイオンがいれば少しは戦況だって変わるはず。いるかはわからないけど。
すると途中冥界への穴があったので入ってみる。前回は別の穴で全滅したので
宝箱を回収したらさっさと戻ろうと躍起になりひとまず生還。
それにしても穴からの脱出が超巨大噴水で押し上げられるという冥界の神秘(笑)
ちなみに中身はムチ。むぅ、ムチのスキルなんてあるのかな。とりあえず保留。


新たな街、アテネに到着。しかしよく見ると入れるところが2つ
これはどういうことなのかなとまず左側に入るとどうやら街が区切られているようで。
今回入ったのは奴隷達が住んでいるエリアのようでした。そういえば前どこかの町で
アテネは繁栄している陰で奴隷を使っているって聞いていたな。

とりあえずセーブをし、ここからLV上げタイム。ここに来るまでに敵の経験値が多いと
気付いたのでひとまず経験値がゴミのようにしか感じられなくなるまでLV上げ。
ここで思いついたのは前衛後衛の入れ替え。今までずっと前衛だったのですが
わざと後衛にし、でチクチクと攻める作戦にしてみました(笑)
元はがダメージを受けると後ろに下がり、こちらの攻撃が当たらなくなった事を
ヒントにしてみたものですが、これが意外と大健闘
敵によっては後衛にいる主人公に攻撃が当たることもありますが大体の敵は
攻撃が届かず防御してるのみ。これならノーダメ撃破も可能です。
ただしここで出てきたデスクモラだかはマドハンドの如く仲間を呼んで増殖するので
全滅させられるのか焦りましたがある程度仲間を呼ぶアクションをすると
もう呼ばなくなるようだったので寧ろカモらせてもらいました(笑)
そしてLVは10。今回のプレイ当初のLVがだったのでこれは大成長。
ただ魔法は自動で覚えてくれないので神殿の泉に浸からないといけないのかな。

LV上げに精を出しきり、満足したところでアテネの情報収集に入りました。
自分達への扱いに随分とご立腹の奴隷さん方でしたがあちこち回っていると牢屋
見覚えのある青い頭の男が…ん?お、お前はレイオンじゃないか!!!
話しかけたくても届かないようですが間違いなくレイオンです。
まさか捕まっているなんて…何をやらかしたのだろうか。
ふと隣のエリアと繋がっている建物があったので入ってみるとそこには無駄に上の階まで
昇れそうな階段が。まさか…まさか…やっぱりちょっと見慣れた飛び降りポイントッ!

だが躊躇せず落下しに行く。

あ、これさりげなく建物の配置とか変わってるのかn(ドグシャア)
さて、誰か来るかなと思ったらやっぱり来ました、街の人。しかしちょっと上流階級の人なのか
変なのが増えた、と文句を言いながら主人公を建物の中へ運んでいきました。
変なのって…もしや、あいつも…?というか主人公ケガしてないのに大人しく運ばれるのか!
というより落下シーンを見る限りではあれ顔面から落ちてることになるんだが(笑)


運ばれたのは牢屋。そう、こんな形ではありますがレイオンと無事再会できました。
レイオンも飛び降りてこうなったようで、何より高いところを見ると飛び降りたくなるって…

これが世に言う飛び降り症候群か。

主人公は相変わらず無言ですがきっと奴の顔は同感、と言わんばかりの笑みをしているだろう。
とりあえず、ここからどうやって出られるのかなと思ったらA連打でベッドに入り
いつの間にか翌朝に(笑)そしてまた街の人が来てもうあんな事をするなよ、と
外に出してくれました。念のためもう一度落ちたら繰り返しました(笑)
改めてレイオンのステータスを確認すると、またしてもLVは主人公より1つ上
おま、オイラが10まで上げるのにどれだけ時間を要したと(笑)
しかし装備は別れた時のままで、主人公より防御力が低い事に…


レイオンも仲間になったことだしここからどうしようかと再び街の人に声をかけると
とあるお爺ちゃんの台詞内容に変化が。なんとこのお爺ちゃん、アテネの王様らしい。
そういえば王様は不在ってのもどこかで聞いていたけど…でもちょっと嘘臭い
思っていたにも関わらずいつの間にか仲間に。おい、主人公了承すんなや!
王様は奴隷の人たちの様子を見るために扮装してこちらへ来たようですが
あまりにもボロボロになってしまったため王様だと信じてもらえなくなってしまったようで。
なのでアテネの南西にある抜け道を使って城まで連れて行って欲しいとか。
ん、ということは…

画面に加わる「アテネおう」のステータス。

これは死亡させたら全滅確定。

トレGにもこんなシチュエーションがあった気がする…。
とりあえず後衛にさせてみますがまた勝手に攻撃したりするんだろうな。


王様の話通りアテネの南西へ行くとの中に怪しい場所が。
入ると変な柱がありましたがそこから西へ4歩、北へ3歩歩くと隠し階段があるとか。
その位置を調べると階段が現れいざ抜け道攻略へ。
LV上げをしたので敵もやはり強くなっており、装備が不十分な(※否、剥ぎ取ってた)
レイオンへの被ダメが大きいので慌てて主人公も前衛へ。主人公は堅いんだよな。
そしてやっぱり防御命令を無視して「来るな!」と弓を豪快に放つ王様。

これがトドメの一撃になったりするんだから侮れない。

途中道が塞がっていて「?」となりましたがぐいと十字キーを押すと壁が崩れ道ができました。
ここでB型なのにA型気質が入っている(片親がABな為)自分、先まであった

土壁を削る作業に入る。

気分はディグダグだねタイゾウさん!!

しかし特に隠しアイテムがあるわけでもなく(笑)そのまま階段へ。
道なりに進むといきなり画面がフラッシュ。何かやらかしたかと思いきやどうやら
回復したようで…なるほど、竜のオブジェっぽいのと泉があるな。
それにしても王様はともかくレイオンまで攻撃標的を変えるとは思いませんでした。
もしかしてこれがステータスにある「信頼度」に関わっているのだろうか?


ボスもおらずそのまま抜け道を出てに到着。王様はいつの間にか王様の姿に戻り
主人公とレイオンは王様を救い出したということでお城の中を自由に歩けるように。
やたー、と宝箱やツボを調べていると薬草を発見。しかしレイオンがそれは市民の物だから
盗るのはまずくね?と正論。最初はそれを聞き盗るのを止めましたが

やっぱり盗ってみた。

だってオレ、勇者だもん。
※正しくは主人公

しかしこんな主人公の姿を見て幻滅したのか信頼度がダウン
あ、これでまたレイオンがNPCに近く…(笑)でもこうなることはわかったので次回からは
自重しておくことにしよう。逆に増えるイベントとかもあるのかな。
また、ここで神話辞典も貰い使ってみるとゼウスやポセイドン等神様についての
記述が簡単に書かれていました。セーブをしてくれるヘルメス旅人の神様らしい。
また、他のページにはこのゲームタイトルであるヘラクレスの名前が。
神様と人間の子であり、この世界が危機に晒されれば助けに来てくれる、と…。
中古データで確か仲間にいたのでいつか会えるんだろうな。


城であれこれ調べまわった後は入れなかった普通の街へ。王様が奴隷の立場を
理解し奴隷解放をした事により穏和な国になったようです。
LV上げによりお金がたんまりとあったので買い物をして装備を整えたところで
ふとまだ入っていない劇場へ。10Dなら別に見てもいいかな、と中へ入り始まり…
かと思いきや突然金髪の男が乱入。しかし、その出で立ちは主人公によく似ていました。
レイオンがギリシャ神話の頃のローブのような衣装であるのに対し
主人公は西洋風の鎧とマントを装備していたのですが、その男も主人公と同じく
盾やらマントやら…これは間違いなく重要キャラだろうと思いひとまず様子を見ていると
世界が危機をむかえているのにのん気に劇なんてやっていていいのかと一喝。
しかし正しくKYなこの男、あっさりと連行されてしまいました。

「私はヘラクレスだ」と叫びながら…

ヘ、ヘラクレスだと!?ついさっき辞典で見たばっかりなのに!
というかタイトル名の人KYで連行ってどういう初対面よ!!
ひとまず追い出されたであろうヘラクレスを追い外へ出るといました。
彼は不死身の人たちを探しているようで…自分達だ、とレイオンが答えると
ヘラクレスは辞典通り世界の危機を救うために天界からやって来たようでした。
主人公達が不死身であることとこの世界の危機は関係があるようだと思っているみたいで、
また全能の神様、ゼウスが地上の危機について何も救いの手を差し伸べない事にも
疑問を抱いているようですがヘラクレスもまた旅についてきてくれることに。

主人公よりLVが1高いレイオンより更にLVが高かった。

もはや主人公涙目である。

ヘラクレスは斧使いのようで、魔法は使えない様子。あれ、使えそうなんだけどな…
いやー劇場スルーしなくて良かった。まさかこんな所でヘラクレスに会えるなんて。
次は情報で得たテルマという村へ向かうことに。
旅の翼を作っているらしいですがそこでも何かあったようなので乞うご期待。

いよいよ現れたヘラクレス

主役登場に興奮冷めやらぬ展開なのだが

野郎ばかりなのがちょっとだけ不満だ。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(ヘラクレスⅢ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop