風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ヘラクレスⅢ) »ヘラクレスⅢ体験記第八回

ヘラクレスⅢ体験記第八回  

ヘラクレスの栄光Ⅲ体験記第八回です。


ぼちぼち良い調子で進んでおります、ヘラクレスⅢ!
こちらが魔法を唱えると「叫んだ」という文章になるのに対し敵が魔法を使うと
「うなった」という文章になっている事に最近気付き、テキストに関して
かなり力入れてるよなーと思っていたり。ではでは第八回をどうぞ。

前回のあらすじ:飛び降り症候群、増加

要はアレアレアレ、仲間が増えたってやつです。女の子のステイア
同行していた彫刻家のテミシオスが同志ではないかと思われていましたが
実際は彼女が不死の身体の持ち主だったようです。んで行く宛が無いので同行。
そしてトロイの王様にまくろきものの退治を命じられ、かつて敗れた奴に
リベンジマッチをするのでした…。


木馬を用意したというのでトロイの付近を見回しますがそんなの無いんだけど…と
思いきやありました、少し離れた海の中に。

HP4ぐらい消費して乗る木馬。

なあ、どうしてこの人たち溺れるん…?やっぱり重装備だからかな。
乗り込むとズゴゴゴゴとやってくるまくろきもの!相変わらず青いイクラだなお前は!!
そして久々のボス戦へ。前とは少しグラフィックが違うな。グロさが無い(笑)
あ、ちなみに武器を変えていました。主人公にケルベロスのツメ
レイオンに切り裂きのツメを持たせています。勿論呪いは解除済みで(笑)
その男二人にはとにかく殴ってもらい、ステイアはLV上げで覚えた補助魔法
使っていたらあっという間に終わりました。なんだ、今回は余裕……ハッ、

祝☆主人公生存

良かったね主人公!初めてボス戦でやられないで済んだよ!!!!
しかしまくろきものは死んだわけではないようで、しかも何かっぽいのが
出たと思ったらどこかへふっ飛んでしまいました。食われてたのかな…というかどこさ行った!
すると戦いのせいか木馬が沈み始めまたどこかへ流されるのかと思いきや
トロイのに助けてもらいました。これで船が出せるようになったらしい。
そしてさっきの飛んでった人は音楽堂に入って行ったとの情報も得たのでイン。
ここって…前回難易度的な意味で竪琴にヌッ殺されそうになった所じゃないか(笑)
舞台では見当たらなかったので2階へ上るといました、なんとケンタウロス
クリンという子供のケンタウロスみたいで、まくろきものに飲み込まれていたとか…
あの中、変なモンスターばっかりいたのによう生きてたこと。
家に帰りたいそうなので一緒についてきてもらいました。
またNPCか…やられないように装備を買い与えておこう。保険よ保険、たとえLV5でも!
次はどこへ行くのかなー、と聞きまわると船が出せるようになったというので
それに乗っていざペルシア……ん、ケンタウロスとペルシアって……?


着いたのはペルシアではなくベンガジという町。
しかしいきなりクリンがつれて行かれてしまいました。そりゃそうだよ…
ペルシアの王様がケンタウロスを探していたって言ってたもの!!
というわけでまったくの無謀さが露呈されてしまった主人公達はとりあえず
クリンをどうにか奪還しようと買い物もしつつ情報収集を開始。
ケンタウロスははるか西にいる、とかケンタウロスを食べると不死になれるから
王様が探していたという事がわかりひとまずペルシアのお城を探してみることに。
また、この国はヘルメスを崇めていないようで、セーブポイントが町の隅
ひっそりとありました(笑)そういうのもあるのかー…。

んでこの辺でLVが上がり主人公が久々に魔法を覚えました。その名は「ランドン」
なんと全体攻撃魔法ではないか!!やったね、いきなり全体攻撃魔法だなんて
少し株が上がったぜ主人公!!いつも名前で呼べなくてゴメンね主人公!
ということでそれを駆使しつつLV上げもこなしながら(経験値が多いもんで)
ペルシア国に到着しました。


ペルシアでも色々と話を聞くとやはりクリンは捕らえられてしまっているようで…
しかし子供のせいか太らせてから食べるとか…目標はメタボかい?
とりあえずお城に入れる気配が無いのでこれ以上は進展が無いかなと
ケンタウロスが住んでいるらしい町へ向かうことに。

途中穴があったので宝箱を回収すると中は夜の戸張。ああ、
ヘラクレスが命令無視して勝手に使って勝手に消耗したアレか。
んで、山に囲まれた小さな村を発見。そこがケンタウロスの町のようでした。
あのー、と話をするとクリンの匂いがする、と鋭い嗅覚で感じ取られてしまったようで。
母親らしきケンタウロスもおり、あの子をどうしたの!と言われ
のん気に船に乗せて町に着いたら攫われてしまいましたなんて悠長に言えねぇ(笑)
そして長老っぽいケンタウロスに話をするとやっぱりクリンの事を言われ、
おのれー!と魔法をかけられたらあらま皆ケンタウロス!!

やった、これで素早さが上が…………るわけないですよねハイわかってました。

でもこれは逆にチャンス。かつて女装してクノッソスに潜入したように
ケンタウロスの姿となってペルシアに入れば中に入れるんだろうな!
ということでひとまずセーブしようか。ペルシアでボスとかいたら嫌だし…と
ベンガジに入った途端捕まりました。
迂闊だった。


ペルシア城内に入れたのはいいけど…MPもカスカスだしどうしようか(汗)
一応ネクタル(MP回復)がようやく道具屋で買えたので回復手段はあるけど。
ひとまず牢の中にクリンがいたので再び一緒に脱出を試みます。
壁を突き破り階段を上ると一定の動きをする兵士達。まさかこれは……
よくある「見つからないように動け」ってやつだな!!
でも見ろよこいつらの姿。ケンタウロスだぜ?馬の脚力って半端無いから
そこら辺の兵士ぐらい文字通り軽く蹴散らせると思うんだけどな(笑)
というわけでうっかりすぐ背後を通ろうとして捕まって戻されたりしてましたが
数回の挑戦の末脱出成功。すぐにケンタウロスの町へ行くべきだ、と
メニュー画面を開いたら主人公のMPがだった。ノアルーン(転送魔法)は消費4だ。
よし、お前ら徒歩で帰宅するぞー。
※この後ノアルーンと同じ効果のある旅の翼の存在を思い出すのであった。


町に戻りクリンを無事に帰してあげましたがケンタウロス達にとって
人間は脅威であり、できればもう関わらないでほしいとのこと。
ちなみにケンタウロスの生活が人間の生活と似ているのは昔に
人間がケンタウロスからこれらを教えてもらっていたとか…つまり共存してたのかな。
また、クリン曰くまくろきものは本当はいい奴だとか…あの青いイクラがかよ!
いつか召喚獣みたいにドカーンとサポートしてくれたら許す。
元の姿にも戻してもらいましたがちょっとしたわだかまりが残ったままここは終了。
とりあえずペルシアに戻ってみることに。


ペルシア城内にも入れるようになったので王様に謁見。
ケンタウロスに逃げられた事を悔しがっていましたが実際ケンタウロスを食べても
不老不死にはならないという事を主人公達は教えられていたのでレイオンが代弁。
事実食べてない自分らが不死なもので…というわけで飛び降りて証明しに行く。

久々に有意義に落ちた。

再び王様の下に戻り生きてるぜー、と言ったらどうしてだ?と問われそこで沈黙。
むしろそれは自分達が知りたい。と思っていたらいきなり落とし穴が出現、
地下に落とされてしまいました。うるせぇこの野郎不死なめんじゃねえ、と
途中で見かけた宝箱を強奪(兵士の許可を得てるので信頼度は下がらず)
更に城の近くで魔物が出たという事でそいつらを退治することに。
何せギリシア人が人質になってしまったもので…というか色々と総合して
確かにペルシア王は駄目な人だ…レイオン辺りがそう言ってくれやしないか?

余談ですが、この後少しLV上げをしたらステイアランドンを覚えました。
やっぱり主人公は涙目が似合う男です。


まだまだ続く記憶探しの旅。

世界を襲う異変の正体は一体何なのだろうか?

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(ヘラクレスⅢ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop