風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ヘラクレスⅢ) »ヘラクレスⅢ体験記第壱拾弐回

ヘラクレスⅢ体験記第壱拾弐回  

ヘラクレスの栄光Ⅲ体験記第壱拾弐回です。


さて、いつの間にかもう壱拾弐回を迎えておりますヘラクレスⅢ!
平均が壱拾五回なRPG体験記なのでそろそろ大きな展開を迎えそうで
楽しみにしすぎたらちょっとやりすぎた、○○的に…

前回のあらすじ:天界で馬の尻を眺める

け、決してやましい気持ちではない!これはアレがソレでな…とにかく前回参照。
天界へ行き自分達が選ばれた不死の者だと知った主人公達でしたが
魔物が蔓延る地上を救うのが彼らの使命。従うも否も主人公しだい、だそうですが
断ってたらゲーム終わらないじゃねえかよ!※地雷です


トランティアが攻め込んだというロゴシスへ飛んでいくといきなりボロ家。
おいおい侵略早いなー!と思ったら一応村人には危害を加えず別の建物に
押し込んでいるらしい。何人ぐらいいたっけなぁ、ここ…
村の端へ行くとアテネ王ヘラクレスがいました。トランティア国の王様は
ギリシャの代表であるアテネ王と話をしたいようで、話をあれこれしていると王様登場。
そしてトランティア王、アルビオンが話す内容はなかなか衝撃的でした。
彼らもまたウラノスに助言を得たこと、そして地上を救うためには冥界へ通じる
全て封じること、その為に民衆の力、トランティアとギリシャの力を合わせるべきだという
話だったのですが、協力に応えないと侵略するとかちょ、それ脅し(笑)
約束するなら握手をしようじゃないかというトランティア王に対しアテネ王は少し考え、
そしてトランティア王と握手を交わしました。…本当にいいのかな。
しかしそれにしてもトランティア王のこの一言が気にかかる。

「穴を埋めるのだ!」

ディグダグに対する宣戦布告ですか?

というか主人公達もよくさびた武具掘っては埋めてますがね、主にゴルテに(笑)
ちょっとウラノスが怪しいなと思ったその時、突然地震が起きました。
それもがボコボコできるぐらいに!うおおおおこ、これは嫌な予感が…(ボコッ)
やっぱり落ちたあああああーーーーー!!


というわけで、いつの間にかヘラクレスも一緒になって目が覚めたのですが
洞窟のような場所。そして近くにいるのがガイコツ…ガイコツ!?
魔物のようですが心がある魔物だそうで…つまり外でよく戦ってるのは心が無いのか。
不死な主人公達に驚いているようでしたがここから南にある隠れ家にいる人間
不死のようだ、という情報を聞きました。まさかあのに出てきた男…?
ガイコツの他魚人のような奴とも話をし、死んだらハデスに裁かれ
その後生まれ変わるようですがその時全ての記憶を失うとか…ある意味当たり前かな。
もしかしたら元人間なんてのもいるのかもしれないです。


ひとまずその人間を探しに外へ出ますが…冥界だな、ここ。
途中宝箱があったので開けると異国の兜
へー、ギリシャにとって異国ってどこだろうn(ピピピッ)

呪われたぁーー!?

何故!?何故これが呪われる!というかもう少し呪われそうな邪悪な名前にしろよ
DECO野郎ーーー!!って故人(※会社)に言っても無駄か。
とりあえず聖なるしずくで呪いは消せるのでどうにかなりますがその後鎧と盾も入手。

これって戦国武将の呪いでもかかってるんじゃないのか?

隠れ家というかまた洞窟を見つけたので入るとある部屋にいたのは
やはり夢にいた赤い鎧の男。眠ってるらしい彼に声をかけると意識が吸い込まれる主人公達、
んで立っていたのはいつもの光景…と思いきやまた変わっていました。
少し発展したような町、でも地震で常にグラグラしていて、それでもあの男はいて。
話しかけても返事はしてもらえずそこで目が覚めました。
男も目が覚めたようでやはり夢で会っていた人物だと確認、彼もまた記憶が無いそうで
主人公達と同じく夢の光景を探して旅をしていたそうです。
あの夢はまるで主人公達と一緒に旅をするべきだという風に感じた男でしたが
レイオンはなんだか気に食わないようで…お前ステイアの時といい微妙に
協調性無いよな。だから信頼度低いんじゃないのか?(笑)
不死を与えられたのは3人、なのに更に1人、というのが気にかかっているようですが
そもそもこいつがプロメテウスが選んだ救世主なのだろうか。
連れて行くか?と聞かれとりあえず「はい」と答える。
すると主人公には従うらしいレイオンはしょうがないなぁ的反応。

そもそも夢を見られないヘラクレスずっと空気。

ここで名前がわからず、誰にも名を呼ばれた事の無い男に名前を付けることに。
あれ、名無し主人公には「ジン」で固定なんだけどまさか仲間にもとは…と考えて
女性にも使える名前として使っている「レイ」と命名。でも体験記上では
いつの間にか定着した「名無し君」になるかと思います(笑)
ゲーム上だと謎の男が正しいのかな…でも名無し君でいいや。
こうしていよいよ5人パーティ。これがきっと最終メンバーだな。
妖精奴隷兵士王様ケンタウロス…色々仲間になったけど
これが一番シックリくるな。いよいよ後半戦という気がしてきた!
ちなみに名無し君は槍使いで、魔法もぼちぼち使えそう…ですが魔法が皆無
きっと神殿巡りをしないといけないんだな。地上に出たら連れて行ってやるよ。


とりあえず冥界から出るか、と西にあるらしい出口を探すとありました、
マンホールのフタのようないつもの出口。それが大量に散らばっていました。
そういえば魔物はここから出てくるって言ってたな…
ここを埋めればいいのかもしれないけど、地上からこの穴を埋めるには
広すぎてかなり厳しいような気がする。
とりあえず宝箱も回収したしテキトーに乗ってみると丁度小さな村の隣に着陸。
他のに乗るとどうなるか…試す気はありませんでした(笑)
レンツという村でした。どうやらトランティアの近くらしい。
建物が夢の光景と同じものだったのでニアピンなのは確か。
冥界の穴の近くということでかなり危険ですがそれでも故郷を捨てられず
残っている少数派のようで…ひとまずトランティアに向かうか。


北西に向かい、神々の目(サイトロ効果)を使って大きな街を発見。
そこがトランティアでした。レイオンが夢の光景が近い、と言いステイアと名無し君も同調。

主人公はたぶん心の中で同調。

やっぱりヘラクレスだけハブ。

おい、きちんとヘラクレスにも説明してるだろうな…?
とりあえず買い物を済ませ神殿巡りへ。名無し君は回復魔法は覚えないようですが
攻撃魔法と補助を覚えてくれるようです。ランドン(全体攻撃)も覚えるのか…
ランドン×3なんてこともできるんだな。強烈そうだ!
また、トランティアで売っていたアルテミスの弓の値段が気になりちょっと調べると
どうやらこの武器、2回攻撃らしい。それは攻撃魔法を主体とするステイアには
ちょっと勿体無いな。ということで、説明書無しプレイにも関わらず情報収集
他にも色々使える武器について教えてもらったんでメモっとく。

*理力の剣はMPを1消費する代わりに倍ダメージを与えられる
*理力の盾はエムトール(MP吸収)効果
*魔封剣はラクシオン(エンカウント低下)効果


武具をアイテムとして使用すると魔法効果が出るってのは一部なので
毎回確かめてられないし(笑う盾トレロなのは確認してましたが)、
まさかエムトールとラクシオンというかなり重宝する魔法効果があるとは…!
更に理力の剣も売ると30,000Dになるのでどうしてだろうと思っていましたが
MP1で倍ダメなら安いものです、しばらく主人公に握ってもらおう。
また、アルテミスの弓を名無し君に任せることにしました。
ただスキルがしか無いのでを教えてくれる人を探すことに。

…………どこだ。

というより特技を教えてくれる人の場所を覚えていない(笑)
槍=スパルタなのは覚えているんだ…兵士に教えてもらったから!
というわけでこれも調べてみるとベンガジの北東にあるとか…あれ、行った事無いぞ。
入った事の無い冥界への穴へ落ちてみたりしながら一軒家を発見、
弓を名無し君に伝授してもらいました。これで2回攻撃ができるのかー。


そしてここからLV上げを開始。またかなり経験値を稼げるようになったので…
さあ、お待ちかねLV上げタイム恒例…

ランドンのターンッ!!!

ランドン使いが3人になったのでレイオンとヘラクレスの出番が無くなるほど
全体攻撃魔法が飛び交います(笑)いやー早い早い!
おかげで今回のプレイで主人公のLVが29→35という大飛躍。
更に理力の剣、アルテミスの弓の威力も確認。うむ、大変よろしい。
というか槍使いのはずだったのにどうしてかお前弓使いになったんだろうね(笑)
それじゃ次回はトランティアの情報収集からだなー。


遂に夢で見ていた男が加わり5人の戦士が揃った。

神が、人間が、不死の者たちが巻き込まれているものは、何か。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(ヘラクレスⅢ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop