風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ヘラクレスⅢ) »ヘラクレスⅢ体験記第壱拾参回

ヘラクレスⅢ体験記第壱拾参回  

ヘラクレスの栄光Ⅲ体験記第壱拾参回です。


怒涛のLV上げから数日後…旅を再開したヘラクレスⅢ。
しかし、LVをかなり上げたことによってラクになるかと思われた旅は
予想もしない展開を迎えてしまったのだ!これガチだよ!!

前回のあらすじ:二人目の名無し君

途中から夢の光景に出るようになった赤い鎧の男
彼もまた不死であり、記憶を失っていた謎多き人物ということで
一緒に旅をして謎を解き明かすことに。まさかゲーム内で二人も名前を付けてやる
必要があるとは思わなかったなぁ(笑)


とりあえずLV上げばかりしていたので肝心のトランティア王に会ったりとか
していないのでまずはお城へ。そしてどうやら無事だったらしい王様は
またもやウラノスからお告げを得てどうにか地上の魔物を減らそうと躍起な様子。
やっぱり怪しく思えてきたな、ウラノス…。
また、バオールという人物も少しずつ話が出てきました。
かつて先代の王と共にトランティアを発展させたとか、海を陸地にした(やり方不明)とか
もしかしたら後のキーパーソンなのだろうか。
南に船大工がいる町があるそうなのですがボイコットをしているのか
船を造りたがらないという話もあるのでそっちに行こうかなと思いましたが
そういえばまだ北方面は探索してなかったのでうろついてみると
まさかのアルテミス神殿。よっしゃ、何か魔法をもらおう!

主人公、何も覚えず。

レイオン、何も覚えず。

ステイア、何も覚えず。

ヘラクレス、そもそも魔法使えない。

名無し君、一人勝ち。

覚えたのは攻撃力や防御を下げる魔法。結構補助系多いな、彼。
これも重ね掛けが有効ならかなりいいんだけど…ボスに効くかは微妙だな。


そして南へ向かうといきなりフィールドから画面が切り替わり、何かのマップ内へ。
するとまくろきものがやってきたみたいで、リベンジの更にリベンジかと思いましたが
小さいまくろきものまでいました。しかし陸地に阻まれ小さいまくろきものは
大きなまくろきものに近づけないような、そんな印象を受けました。
ヘラクレスは彼らが海の神様だと言い、更に本来3人(親子)で行動しているはずだと
主人公達に説明。そういやクリンはまくろきものが悪い奴じゃないと言っていたな…
いないのは父親らしい。暴れていたのはもしやこの父親絡み?


その後は更に南下し、建物を見つけたので入るとダンジョンみたいです。
神々の目で付近を見回しても町が見当たらず、ここから町に行けるのかなと進入。
いきなりネズミ×6に襲われたのですがまーこいつのやらしいこと!

素早さが高いのか主人公らより先に攻撃をしてくるわ

超音波で混乱、マヒ、眠り、沈黙、スタンのステータス異常をかましてくるわ

時に逃走してこっちの攻撃をふいにするわ

当たればHPの半分をもっていかれる落とすわ

だけど経験値が多いという理由でギリギリ食い止められた。

しかしほぼ先制攻撃を食らうのはしんどいです(汗)攻撃力も高いしな…
おかげで1回の戦闘のたびに回復をしないといけないぐらいで。
それにしてもこのダンジョン、横長なので建物とはいえない。これ、何?
更に壁に竜のスイッチがあったので押してみると道が開けるギミック。
それが4つある場所があり、どうやらこれを上手くいじって上の階の構造を
変更させればいいみたいなんですが、いちいち動き回って確認しないといけないし
その上ネズミが大量発生中。戦闘終了後HP0復帰が増えてきたー(汗)
エムトールやネクタルでどうにかMPを補給させつつどうにか仕掛けをクリアし
階段を上ると人がいました。彼らが船大工のようです。
船を造ることをやめこんな所で何してるんだよ…下の階ネズミ大量発生してるのに!
船を造らなくなった理由にバオールが関わっているらしく、
大変な事をしでかしてしまったらしいので二度と同じ過ちを犯さないように
誰もが船を造ることをやめてしまったとか。またバオールか!
海を陸地に変えた、まくろきものが暴れた、そして大きな過ちを犯した…
もしかしてまくろきものの父親を殺めてしまったとかそういう話なのかな。
王様は船の修理をお願いしていたようですがこんな状態なので誰も動かず。
しかし一人が船の梶棒を付ければいいだけなんだけどな、とボソリと言ったのを
聞いてから近くにあった宝箱から梶棒を入手。

今の発言は素人でも直せますって意味か?

なんだか自分らに直せと言われそうな予感もしつつダンジョンを出て
とりあえずトランティアに戻ることに。


ほい、これだってよ。と梶棒を王様に見せるとウラノスからお告げがあった!と言われ
今度は巨人アトラスの力を借りて大きな穴を塞いでもらうとか。
アトラス…ペルソn、違う最初の頃見てたで子供が自分がアトラスの子孫だとか
言ってたな。しかしヘラクレスによるとアトラスは現在になっているそうで。
ならば復活させればいい、と王様。あ、嫌な予感しかしない。
すると船に乗りにあるらしいアトラスの子孫がいる町へ行けと命令されました。
あー、やっぱり自分らがやらないといけないのか!
……って、アトラスの子孫がいる町……!?
もしや夢の光景じゃなかろうか!でも夢の中じゃ地震の真っ最中だし
人は誰もいないし(老人と子供が石化して以降見てない)滅びてないだろうな…?
しかしふと考えたら重要な船大工の町を見つけてない。どこだ。
探しに南下しすると今度はあっさり小さい町グラフィックを見つけました。
どうやらさっきのダンジョンは大陸の西側、今回は東側を歩いていたので
簡単に見つかったようで。あれ、神々の目が涙目になってる…


町にいるのは女性や子供達ばかり。王様の命令には逆らえないけど
船は造りたくないと思った船大工達は森の中に隠れ家を作っているとか……

さっきのネズミが蔓延るアレがソレか。

しかも明らかに行く順番間違えてるよな!全部事後報告だよ!!(笑)
でも船があったので近くにいる兵士に声をかけるとこの梶棒を使えば
船に乗れるとか。なるほど、それじゃこれで先に進むとな。
しかしこちらには不安要素がある。そう、LVである。
先ほどのダンジョンでネズミにボコボコにされていた我々は前回の一時間に及ぶ
LV上げの効果が薄いということを実感し、身支度を整えると再びあの船へと
乗り込んだのである。なお、フィールドの敵は結構弱い。

こうして、己の干支と血で血を洗う死闘が開始されたのである…

くおー!レイオンやられた!どうせランドン同盟の3人が攻撃するんだからレイオンとヘラクレスはガードしとけ!何、今度はランドン使うことによって防御態勢ができていない主人公がやられた!?ならお前は後列に下がってランドン唱えてろ!うおおおお後列下がっても雷直撃するとか鬼か!ってヘラクレスも雷落とした!?何その裏技、お前何してんの!ちょ、それ詳しく教えろゴルァそんなコマンドどこにも無いだろうって名無しは怒ってるし!何故!?主人公やられて怒るとかお前意外といい奴じゃないかおいおいでもやっぱりそんなコマンド無いというか誰か主人公復活させてあげてよあいつ地面に突っ伏したまま泣いてるぞおい!って次はレイオンかよよく見たらレイオンの経験値がステイアに抜かれてるじゃないかその内名無し君にも抜かれるんじゃないのか頑張れよレイオンというか死なせてる自分が悪いんですけどねハイそれにしてもやっぱりこのネズミ糞強いわもうラスボスお前でいいよ!!

こうして、5人全員がどうにか40超えたところでダンジョンを後にしました。
途中ベホマズンにあたるパウテスマを主人公が覚え、やっぱりこういう大技は
主人公ならではだよなーと思ったらその直後レイオンが覚えたりして
やっぱり主人公涙目だなと思ったり(笑)ひとまず覚えたタイプは…

主人公:回復、ランドン、移動
レイオン:回復、補助(ステータス異常系)
ステイア:攻撃、補助(ステータスアップ系)
名無し君:補助(バリア系、ステータスダウン系)、移動系

こんな感じかな。ヘラクレスは魔法が使えない代わりに思糞パワーファイター
さて、これだけあれば今度こそ大丈夫…のはずだ。
ちなみに主人公がやられた後ヘラクレスが天に祈って雷を落としたり名無し君が
怒りで身を震わせたのはオートならではの行動なのかなと思いたい。


ネズミに思いもしない苦戦を強いられたが、それでも5人は戦い抜いた。

そして、海を越えた先にある全ての謎の鍵に迫ろうとしている。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(ヘラクレスⅢ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop