風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ヘラクレスⅢ) »ヘラクレスⅢ体験記第壱拾六回

ヘラクレスⅢ体験記第壱拾六回  

ヘラクレスの栄光Ⅲ体験記第壱拾六回です。


さてさて、終盤なんだろうけどなかなか終わりがわからないヘラクレスⅢです。
LVも中古データ超えてるし、中古データの状況が今とかなり違うので一体どうなると
思っていたらいきなり超展開迎えてびっくらこくことになったのでした…

前回のあらすじ:ザオリク+ベギラゴン=最凶

迷いに迷った海の旅から今度は優雅な空の旅へ。
復活の血も残すはあと1つとなりましたがメドゥーサの血を飲んだと思しき
まくろきものことオケアノスの神殿へ向かいそしてボコられて帰って来ました(笑)
でもイルモア(ザオリク)ライバーン(ベギラゴン)だよ?すねるよ…


で、神殿に再チャレンジする前にまたしても行き損ねていた神殿があったので
そちらへ。戦いの神様、アレスを祭る神殿でした。そういえば山の上で行けない
神殿があるなと思ったけど、ここだったのか。
泉に浸かってステイアがワンモア(2回攻撃)、そして名無し君が

ライザー、ライバーンを習得。

これは仕返ししていいってことですね、わかります。
それじゃ念のためセーブもしていざ突入!と神殿という名のダンジョンへ。


やはりクリスタルレインという敵のイルモア+ライバーンが凶悪です。
ライバーンは横一列なので前列か後列だけで済むのですがやはり破壊力が酷いので
2連続で大ダメージを喰らうとパッタリやられてしまいます(汗)
こうなる前に倒さないと、と集中攻撃をするんですがここでまたしても厄介な魔物が。
マッドビーストというヘドロの奴なんですがこいつはタクストンという名前の雰囲気っぽく
自分の力を相手に託すことによってHPMP回復、能力値アップとかやらかすんだけど

3匹がお互いにかけてるとか何その卑怯な積み。

時にそれがあと一息で倒せそうなクリスタルレインにかかって全快した直後に
ライバーンのカウンターを受けるという酷い循環……ラ、ラクシオン頼む!
最近ボスよりザコに苦労するようになった気がする。

さっさとクリアしたいところだったんですが久々に見かける土壁
確か序盤の洞窟だかで壁をガリガリと削って行く場所があったような?
しかし今回はその規模が広すぎる!(汗)とにかく削ってはとご対面の連続、
そしてにもご対面の連続。もうお前らとは絶交したいわ!!
なんとか階段を見つけたのでさっさと進むと曲が変わり神殿内に入った模様。

んで、前の前にステイアの幻像があるんですがこれ何?

話しかけても何も起きないのでとりあえず通過しようとすると
幻影とステイアが重なった瞬間ステイアに異変が。
どうやら自分の全てを思い出したようでした。

本当の名前がステラであること、自分がオケアノス神殿の巫女だったこと、
不思議な光(プロメテウスの力?)を受けた後に神殿が崩れ、オケアノスに救われ
外に脱出するもゼウスの雷を受け記憶を失い、そしてテミシオスに会ったこと…。

あー、惜しかったなぁ(本名と今の名前の雰囲気的に)
ステラと呼ぶべきか迷う仲間達でしたが今まで通りステイアでいい、と彼女は言い
オケアノスに仕える巫女でありながらオケアノスを倒そうとしたことを嘆いていました。
それでもメドゥーサの血を飲んでいるかもしれないオケアノスに力を借りようと
歌を歌ってみると来た!青いイクラ!!主人公達と戦った傷跡が残っているようでした。
で、どうしたらいいんだ?と思ったらオケアノスが主人公達を体内へ
入れてくれました。あー、前にこんな場所通ったなぁ。
敵はいないようで(前は何故いたと逆に考えたくなる)、奥にメドゥーサの血を発見。
これで全部の血が揃ったわけだな!しかし何か考え事をしているヘラクレス。


神殿を出るとヘラクレスが先ほど見たステイアの「影」はステイアの記憶や思い出だと
言い、主人公達のそれも地上のどこかにあるから探してこようと提案しました。
主人公達には世界を救うという使命があるのでそちらを優先して欲しいということですが
レイオンは自分の使命より失われた記憶を取り戻したい気持ちが強いようでした。
日記に「荷が重い」って書いていたのはやっぱり戦うことより平和に生きる事
望んでいたからなんだろうな。そこで名無し君と衝突し、レイオンが一言。

「オレはお前が大っ嫌いなんだよ!!」

これで記憶取り戻したら実は友人でしたとかいったら名無しはどういう態度をとるだろうか。
結局ヘラクレスを行かせるかどうかの決断を主人公に迫られ、彼を信じる意味で
主人公ら3人の影を探すことをお願いしました。ということでまたしてもお別れ。


これで全部の血が揃ったのでアトラシアに戻りトランティア王の下へ。
すると主人公達の使命を見守る義務がある、と仲間になっちゃいました。
あー、でもNPC扱いだからすぐ別れるかな、というか面倒なので別れて下さい
ヘラクレスの代わりが貴方だとは片腹痛いです。

というわけで風の剣ゲットー(棒読み)

素手は可哀想なので錆びた剣をあげてみました。あとは後列で黙らせておこう
夢の光景でも奥への道はが邪魔していましたがなんとかどかしたらしく、
いざアトラスを復活させるべく山のぼり。

横に流れる雲があまりに長すぎて主人公達が見えないハプニング(狙ってるのか?)
トランティア王アルビオンがウラノスの力を借りてを落とした次のターンには
あっさりと後列に下げられてるとか色々ありながらも進むと緑の巨人が。
これがアトラス?と思いきやウラノス曰く冥界の王ハデスが送り込んだ魔物だとか。
というわけでボス戦。あれ、さっきのグラフィックより小さく見える(笑)
しかし名前がバオール。……バオールだって!?あのバオールさんかよ!
良かった、主人公バオールじゃなくて!この可能性が潰れたのはありがたいね。
とりあえずガルダーやアルテミスの弓によるワンモアなど補助系で準備を整えて
攻撃を開始しますが硬いし睨みつけられて混乱やマヒなどステータス異常が厄介。
かといって通常攻撃もステイアが一撃で昏倒させられるほど強烈。
あーもう王様前出ないで!!アンタは後列で薬草撒き散らしてればいいの!!
どうにかバオールを倒しますが経験値は得られず。…なんか、変だな。


これで先に行けるようになり、長い長い階段を上ると奥に巨大な岩の像が。
これがアトラス…………モザイクがかってるけど。
またかよ!と思いつつも早速復活の血を一つ使うと色が赤みを増し、
更にもう一つ使うと目が開き(ちょっとこっちみんな系である)、
そして最後の…と使おうとすると雷に阻まれてしまいました。
これはゼウスの?と思ったらなんとプロメテウス。おいおい世界を救うために不死の力を
与えたお前さんが邪魔するとか何事ぞ。それにはウラノスも声だけで猛抗議。

プロメテウスは主人公達に不死の力を与え、世界を救う使命を与えた。

しかし復活の血は人間が自らの行いを悔い改めるために作られたもの。

更にアトラスを復活させることは天界にも影響を受けるのでこの判断は間違っていた。

だから、人間代表である主人公達がしたことは…誤りだったのでした。


プロメテウスはウラノスに自分の計画も貴方の計画も失敗したのだ、と
やっぱりウラノスも悪い人だったっぽい台詞も言いました。
しかもこの後洪水という名の裁きを受けるのみなのか…うわ、大丈夫なのかな。
アルビオンはウラノスの力でどうにかしようとしましたが結局に追い出され、
丁度主人公達の影を連れたヘラクレスと再会。おい、アテネで待ち合わせじゃ…と
悠長に話をする暇も無く洪水が起こり、全員流されてしまいました。
おわわーー!不死でも溺れたらやっぱり死ぬのかな、HP1減るし死ぬのかな!
つかヘラクレスと自分らの飛んで行ったし!記憶を取り戻せそうだったのに…!
更にアルビオンも流され、主人公達はペガサスによって引き上げられどうにか間一髪。


そして降り立った地は…あちこち水没した中唯一無事だった陸地、エーウス
しかし町の中も水浸しで、随分と悲惨な事に…。
と、ヘラクレスを発見。とりあえず無事で良かった。しかしやはり影は流されてしまい
主人公達は記憶を取り戻すチャンスを逃してしまいました。
更に世界のこの惨状。この様子だと地上の人々は皆…。
ヘラクレスはウラノスに会わないと気が済まない、と3度目のパーティイン。
しかしレイオンの日記を見るとレイオンは世界は水没し影も見失い、
ペガサスに乗ってどこか遠くにでも飛んで行ってしまいたい、と悲しげな文面。
まだ諦めていないヘラクレスに対しレイオンは随分と凹んでしまっているみたいでした。
それでもやはりウラノスには会いに行かなくては!と天の呼び声でウラノスの元へ。


おいゴルァ計画って何のことだよ!と話しかけるとウラノスの計画が明らかになりました。
ウラノスはゼウスによって天界に封印されているため地上に降りることができない。
なのでアルビオンに力を少し貸してやるぐらいしかできなかったようで…
そして復活させようとしていたアトラスは天界を支えていたのでアトラスが復活すれば
プロメテウスの言う通り天界に何が起きるのかは確かに想像できました。

しかしそれで人間を救おうとは思っていなかったようで。

あくまで救おうとしていたのは地上、ガイア。人間は地上を傷つけた存在、
救う価値も無いのだとバッサリ。あららー、やっぱり黒幕だったのかしら。
とはかくにも、計画は失敗してしまったのでもう用は無い、と言われ
そんなんこっちだってもう用は無ぇよドチクショウが!覚えてろよ!!
雲から落下しましたが途中で気付いた。

あれ、もしかしなくても落下先の村水没してね…??

(ドバシャーン)

あばばばばば、ペガサスボスケテー!!

くそ、もう天界には行かないぞ…!と思いつつもこれからどうしようか。
神々の目で付近を見ても無事なのはエーウスだけみたいです。
なんてこった…アテネ王も、ダイダロスも、奴隷の女性達も、スパルタ兵も、
クリンも、たぶんアルビオンも、皆、皆沈んでしまった。
影も沈んで取り戻せないのかもしれない。
あ、錆びた武具を磨いてもらうの忘れてた。


神により人間は裁きを受けた。

ほとんどの町は沈み、多くの命もまた海の底へ沈む。

それでも、オレ達は浮かび上がらなくてはいけない。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(ヘラクレスⅢ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop