風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(ラディア戦記) »ラディア戦記体験記第六回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ラディア戦記体験記第六回  

ラディア戦記体験記第六回です。


数日ぶりに稼動させただけで操作方法がちょっと抜けてしまっている
本当にハマっているのかやや疑わしいラディア戦記かれこれ第六回
しかしいつまで経ってもお前ら人の前を邪魔するな!と思っていたら
命令で攻撃する敵を選択したり指定した場所へ移動させたりすることが出来るって
ことに気付いたんです、前回(笑)さて、これで少しはラクになるであろうか。

前回のあらすじ:ピャー!

いつもより大きく表示しております(笑)しかし言葉が通じないままでいいものか…
レフィス姫の救出に失敗した主人公達は氷に閉ざされたグアンディアを救うべく
領主の娘レオリナと共に炎の石を手に入れたのでした。ボコボコにされながらも…


再開場所は炎の町にある宮殿(もう名前覚えてない)から。
それじゃここから溶岩地帯、鉱山、森を抜けて戻りまーす………長いな!
しかしLV上げのためだ、と男らしく逃げずに戦闘を重ねようやくクレプスの屋敷
相談で2階にある祭壇に石を置けば氷が溶けるはず、とレオリナに言われ
それじゃ行こう!とトコトコ歩いたら急にエンカウント。あ、あれ…敵なんて出たっけ?
これは間違いなく攻められてるな!そうだ、ハーマンソフィは大丈夫だろうか。
大丈夫かーー!と敵を倒しながら二人の下へ行くと…

普通にいた。

隣のベッドでふて寝した。

結界でも張ってるのか?そこから数歩動いたら敵いるんだからな!出るなよ!
つかまだハーマン寝ていやがるし!いっそのことこいつの鼻の穴に巻物詰めとけ!!
どうやって2階に行くのか迷いながらエンカウントに巻き込まれていると
そういえば前は凍って開けられない扉があったことを思い出し、早速そこを調べると
あっさり開きました(笑)なんというか、フラグという3文字が常にちらつくな…

1階をうろついている頃から壁を隔てた隣の部屋に宝箱があることを
ずっと気にしていたので2階に上がってすぐ下り階段へ。そして宝箱を回収。
その後一番奥っぽい部屋に入るとイベントが発生。炎の石を設置したはずなのに
効果が表れない、と黙っているとそこへ魔術師が登場。
このゲーム魔術師の敵多くないか?サマラが魔術師が多い国だからかな。
今度はこのグアンディアを凍らせた張本人、ソル。ちょ、ソルって太陽って意味だぞ!(笑)
そのままボス戦へ。氷の弾を放ち、それにぶつかると少しの間動けなくなるようでしたが
いつの間にか隅っこにハマっていたので(CPUと連携が取れたっぽい)
あとはB押しっぱでゴスゴス攻撃して終了。しかし本当にボス弱いなー。

こうして曲が変わり、氷が溶けたクレプス伯爵に会うことに。
グアンディアも完全に戻り、お礼としてを出してくれることになりました。
そういえばはもうどこに行ったかわからないんだよなぁ…
レオリナが手配をしてくれている、ということでどうやらここでレオリナとお別れ。
そして今度はケガから完治したハーマンがパーティイン!復活おめでとう!

死んだとか勝手なことぬかしてないから安心してついてこい!

これからはこの世界のために他の国とも連携を図ろう、とありがたい援護を受け
まずは元通りになったグアンディアの町をうろつくことにしました。
ちなみに屋敷いいるソフィはハーマンに好意を持っていたようでしたが
ハーマンの返事がちょっと曖昧なのはやっぱりが一番大事だからかな。
氷が溶けたので曲もここ専用の曲に変化。氷にされた人たちは凍っていた時の
記憶は無いようです。うん、店主が一番寂しがってたとは思うよ。
また、水の都なので泳いでいる少年が…よし、オレらも鎧脱いで入ろうよ!
買い物も済ませたところでいざ船乗り場へ。お、カウンターにレオリナがいる。
あとは出入り口っぽいところに船頭なのかな、そんな人がいたので話しかけたら

「よし、それじゃエルファスまで行くぜ!」

あの、レオリナに挨拶(以下略)

すると地図(結構ちんまりした大陸だな)上を船が移動。
こ、これはもしかして説明書が無い自分にとっちゃ貴重な世界地図では!?
しかしこの間わずか1秒ちょい。うっすらとしか形は覚えられず(笑)
エルファスに到着しましたがレオリナに挨拶をしたかったのでもう一度声をかけると
今度はフバートに飛んでしまいました(笑)ちょ、選択肢をくれ選択肢を。
その後フバートで話しかけたらようやくグアンディアに到着。ここでぐるぐる回るのか。
とはいえレオリナは普通にこれから船に乗るのね、みたいなあっさりした
反応しかくれなかったのでちょっと無理やり戻って損したと思った。


ちなみにエルファスに戻る理由は村長のロロに今までの事情を話すためです(事後報告)
城へ行くとヤー!と剣の鍛錬をしている兵士が。ヤー!って…某お笑い芸人かよ!
しかもそれが1階に散らばっているものの3人いるとか…いっそのことお前ら横に並べ!
ミーナさんにも声をかけつつロロさんにすんません姫助けられませんでしたと話をすると
主人公らが持っている炎の石はラディアの塔の封印を解く宝の一つだそうで…

ゼノビアの「木」、フバートの「風」、グアンディアの「水」、バルドンの「炎」、
アークの「太陽」、サマラの「月」、ベルナードの「鉄」、サレジアの「大地」。


この8つがそうらしいんですがなるほど、言われてみればバルーの特技はっぽいし
ハーマン大地の力で穴を埋め、ダルス回復魔法を使いレオリナの魔法を…

なんだか感動した。

面白い8属性だなーと思ってる場合じゃなくて!木も風も水も、あと太陽と月も
サマラに奪われているので残りは3つ。内1つは炎の石でこちらが持っていますが…
残るベルナードの鉄サレジアの大地の宝を巡り戦いになりそうです。


ベルナードといえばバルドンに向かう途中の鉱山の名前で、落盤によって
通れないとかそんなこと言われてたな。ハーマンが戻ったことだしきっと今度は行けるはず、と

ロロさんのベッドを拝借していざ出発。

が使えるようになったのでグアンディアまで船で移動しその後は徒歩。
ハーマンのLVは13で、主人公らは16。ちょっと差があるようなのでこれから
こいつも鍛えていかないとな…とはいえ森の敵経験値少なっ、逃げるぞ!

死んだフリだ!

(効果が無かった…)

ハーマン!死にまねを忘れたというのか!
ベッドの上でやってたこと
すればいいだけのことを!!!


(当体験記はハーマンを弄る気満々です)

渋々戦っては少量の経験値を得ながらベルナード鉱山へ。そして東側へ行くと
落盤によってできたが。しかし穴ならハーマンにおまかせ!
大地の力でまたもや埋めてもらいました。さすが大地の民
ところで主人公に何の特技が無いのはもしかしてそういう出身じゃないからなのか
それとも単に記憶が無くてそういうものも思い出せないからなのかどっちなんだ。


ちょっと洞窟を抜けて到着、ベルナード。岩壁に板で張っ付けたような道と家
あれ、ここってかなり足場悪くないか…?崩れたら下に真っ逆さまなんですが(汗)
色々話を聞くとアブロという人物がを見つけたとかお前らが宝買う人だろ?とか
挙句の果てには赤い服を着たダルスっぽい人がいたとか情報交錯しすぎ!
宝を買うにしても65535Gが限界のオレらに何ができる!
(クレプスの屋敷でお金がMAXになりました)
しかも赤い服のダルスか…もしかして色違いのサリアのことだろうか。
でもサリアはグラフィックこそダルスの色違いなれど顔グラは普通の女の子
いくらなんでもと間違えるなんて失礼すぎるよな(笑)
ウロウロしているとアブロの家らしき所へ到着。
アブロの奥さんがここにある宝を買いに来た人たちがいるようで、彼らのために
町の人たちは宝探しをしていた事を話し、更に発見したのがアブロだと…
え、何これ自慢話?と思ったら丁度そのアブロがご帰宅。
そしていきなり殴られて追い出された(笑)ちょ、なんで!つかこっち4人(男)もいたのに

一人で追い返すとかどんな戦闘力してるんだ!!

たぶん宝を盗られるとか思ったのかな…買いに来たわけでもないし奪いに来たわけでも
ないし…あ、でもいずれ必要っちゃ必要だな。つか買う奴ってサマラだべな。
アブロの家には入れなくなったので一旦酒場で聞いたエセダルスの話を
聞き直そうと思ったらアブロが鉱山へ入って行くところを目撃。
再び戻って奥さんに話をするとアブロは鉱山で宝を買う奴ら…サマラの奴と会うとか。
このままじゃ盗られるのがオチだな、というかこれ奪われるだろうな。
そんな思いを馳せながらいざ鉱山。勿論アブロの家にあるベッドは拝借済である。


ベルナード鉱山も例によって広めのダンジョン。ここでお金がカンストしてるので
いっそのこと換金用回復アイテムとして代用することにしました。
回復量は10もいかないぐらいですがそれでも99個になってそのまま損しちゃうより
ずっとマシです。よしお前ら、これから毎回戦闘を終える度に肉料理を食す!!

ここからずっと肉フェスタ!!OK!?

こうして回復アイテムの消費を抑えた節約生活が始まる…。
敵の中にはコウモリのように空を飛ぶ敵もおり、そいつが川を挟んだ向こう側
パタパタと移動したのでこちらから攻撃が届かず(特技は使いたくない)
来いやゴルァ、ミンチにしたるぞゴルァ、とB押しっぱにした戦闘も挟みつつ
奥へ奥へと行くと自分らがいる下の階でアブロの悲鳴が。

「うわー!」

そんな殺人現場に出くわしたオレらがうわー!

魔術師のような男がアブロからマトックを奪ったようでした。マトック…ドルアーガか!
そこへ赤い、というかピンクのダルスが走っていくのが見えました。
まさか…サリア!?やっぱり完全にサマラ側にはつけずこちらに味方してくれるのか!
どうにか後を追いかけますがそこにいたのはアブロだけ。騙されていたことをようやく
知ったようでした。割り込んできた誰かによってなんとか死なずに済んだようでしたが
このままでは宝の鉄の心臓が奪われてしまう、と言うので慌てて奥へ。

すると「きゃっ!」女の子の悲鳴。更にこちらへ倒れこんでくるその姿はまさにデジャヴ
やっぱり…やっぱりサリアなのか!

ダルス「ミデアじゃないか!」

な、なんだってー!?

おいおいおいおい使いまわし使いまわし!テクモっつぁんコノヤロオオオオオ!!!
ミデアはダルスを「兄さん」と呼びました…つ、つまり兄妹なのか!
そういえば初回だかでダルスには妹がいるって話を聞いたけど

まさか色違いだとは誰が思ったであろうか、否、誰もいない。

兄妹だから似てるって言われてもおかしくはないと思うけど、
やっぱり男と女の区別ぐらい付けようぜ…でもソース酒場だしな、酔いどれだしな…
奥にいたのはベルガ。…ってあの、5人いるんですけどこれ分身ですか?
今回のボス戦はなんと分身がいるので5対5の総力戦に。ミデアもパーティイン。
どうやら本物を殴れば一旦消え、そしてまた5体で現れるようですが
攻撃力高い!(汗)気が付いたらダルスが寝込んでるー!!
一旦命令で一人一打を頼みましたがかえって混乱してしまったのでもういつも通り
目の前にいる奴叩け!と繰り返してようやく終了。久々に苦戦したな…

マトックを取り返し、泉の前に立つと泉が割れ(モーゼみたいだ…)
道ができたので中へ。すると階段が出現したのでわーい、と降りてみると

ガディス「ハロー」
主人公「うわぁ」


そんな台詞が出てもいいような綺麗な待ち伏せに遭いました(笑)
しかもガディスはの炎の石を掴まされた事にご立腹なようで主人公に一撃!
あまりに強烈だったのかそのまま主人公ダウン。そして、鉄の心臓はガディスに
奪われてしまったのでした…


主人公が目を覚ますとアブロの家に戻っていました。
アブロはすまなかった、とコプンダイアデムというアイテムをくれましたが

何のアイテムなのか皆目見当が付きません!

食うんですか、身に着けるんですか、掲げるんですか、振り回すんですか!?
(結局アクセサリーだったようだ。だけどどういう代物なのかはやっぱりわからない…)
結局「鉄」の宝も取られ最後はサレジアの「大地」…。ハーマンはそこの出身らしいので
大地の宝が何なのかわかっているようでした。ただ簡単には取られないはず、と
妙に自信たっぷり。そういうのはフラグが立つ台詞だからな、と言ってももう手遅れか…


どこで挟まったか忘れましたがアークの国の様子もちょいと。
レフィス姫が城から外を眺めているとガディス、そしてノヴァも出現。
二人はレフィス姫が塔を操作する役割を担っている事を話し、また主人公が
呪文を覚えてないことについては封印を解かせないようにわざと記憶を失ったのではないかと
なんてテクニカル主人公な発言。そしてサレジアの宝についてはよく知る人物
いるではないか、とハーマンを思わせる一言。これはまた…利用されそうな予感。

戻って主人公サイド。サレジアに行くにはレマ砂漠を抜けるそうで。
レマ砂漠か…かつて道を間違えて突撃して半殺しにされながらも
LV上げにいいんじゃないかと言って強引にLV上げをした場所か(笑)
今なら前ほど苦戦しないだろうな。というわけで次回はサレジアへ。


封印を解くための8つの宝

そして主人公の記憶に埋もれた呪文

全てを守り抜くことはできるのか?

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(ラディア戦記)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。