風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ラディア戦記) »ラディア戦記体験記第八回

ラディア戦記体験記第八回  

ラディア戦記体験記第八回です。
※ED内容含みますのでご注意下さい!


他の体験記より短くなりましたがいよいよ最終回です、ラディア戦記!!
ほとんどの説明も知らずただただ味方に阻まれながらも突き進んだ記憶喪失の
主人公。彼の正体や、この世界の行方は如何なることに…?

前回のあらすじ:信者をハメる神殿

サマラにある月の神殿十字路ぶりは異常。しかもループ+エンカウント付き。
結局8つの宝は全て奪われ、封印を解かれた聖域最終決戦と相成りました。
んで、2度目のフィッツカラルド号。相変わらずベッドを置いてくれる親切心には
頭が上がらないね!という感じでセーブして中断しておりました。


以前ここに来た時宝箱がいくつかあったので今回もあるのだろうかと見ると
またもや入ってるじゃないか(笑)中身も変わってるな…敵もだけど。
一度来たダンジョン(船なのに)なので宝箱は簡単に回収できました。
そしてブリッジに行く直前にズズーン、と大きな揺れ。聖域、ラディアの塔
到着したようです。一瞬アナウンスでも入るのかと思ったぜ(笑)
んでブリッジに行きますが誰もおらず、やっぱりベッドがあるだけ…
とりあえず回復とセーブをして船から出てみると…塔がすぐ傍に。
これがラスダンか…よし、行くぞ!!

(入った直後LVが上がったので引き返して回復してきました)

ラディアの塔…やはり聖なる領域というのを表現しているのか床が真っ白
一瞬雪原みたいな気分にもなりつつ、宝箱から色々武器等を回収。
ちなみにLVが上がりHPのメーターが遂に端っこまでいきました。
ステータスは255上限っぽい数値だな、255って。
それでも忍者みたいな敵が投げるでっかい手裏剣の被ダメが半端無く
痛いんですがね!(汗)うおおお久しく死んでないからこのまま生きたい!(誤字にあらず)
ひとまず回復アイテムの効果はやっとわかりつつあるのでメモ。

ホーリィオーブ…全体回復、ヒールズと同じ
ミラクルミー…たぶん特技のポイント回復、単体
エリクサー…たぶんHPと特技回復、単体
いのちのたま…たぶん蘇生(HP全快?)

あとは知らん、売る。そんなことをしていました(笑)
なんやかんやで結構上ると何かの轟音。何か起きたのかなぁ。
奥へ行くとノヴァが待ち構えていましたがガディスがおらず…あれ、まさか。
ガディスはフィッツカラルド号に乗ったとか。これは間違いなく
「ここでお前らは死ぬのだ!」フラグですね、わかります。ということでバトル。
ノヴァはワープしては魔法の弾を出し、少しするとまた消えてワープするパターン。
ミデアの防御が不安なので防御に徹させたまま男4人で
どこだ出て来いヒゲ野郎ー!と剣だの飛び道具だの投げる始末。あ、いつもか
いちいち消えるので面倒でしたが戦闘終了。

かくなる上は…と第2形態にでもなるかと思われましたがそこへやめて!
魔法がノヴァに直撃。それを放ったのは…サリアでした。
ノヴァもサリアがダルスに惚れていた事に気付いていたようで、やはりサリアは
ダルスの為に父親でさえも…お、恐ろしい子!!
観念したのかノヴァはガディスが太陽の門と呼ばれていたエルファス城
行ったと話しました。エルファス…最初の地がまさかのラスダンか!?
そしてエルファスの民こそアークの末裔だとか。そういやアークの国って
どうなってるんだろう。国なんだからもあるんだと思ってたけど…
んで、ここはラディアの塔ではなく月の塔。聖域は別の所にあるとか。
それを話すとノヴァは息絶えてしまいました。トドメさしたのは娘だけど。
しかし…フィッツカラルド号が無いこの状況でどうやってエルファスへ
行けばいいのかと思ったらサリアが全員を転送させると言いました。
ダルスはそれに対し5人も一気に転送させるのは身体がもたない、と言いますが
それでもガディスの野望を止めてほしい、とサリアは自らを省みず魔法を使いました。
ダルスの悲痛な叫びと共に、光に包まれた主人公達はエルファス城へ…


屋上にいた主人公達はひとまず中へ。敵が出るんじゃないかと思いましたが
敵はおらず、しかしロロミーナさんもおらず…あ、あれどこに?
兵士はいましたが村は守ったぞ、とかガディスを止めてくれ、と言うだけ。
こういう時は村長の家に戻ろう、と行くと二人がいてガディスが姫を連れて
やって来たとのこと。…で、どこにだよ、それ重要だよ!
そういえば回復アイテムも補充しておくかーとお店へ行くと

道具屋壊滅。

うおおお何ぞ!?廃墟と化した道具屋をかつて経営していたお姉さんが
軍隊が店を破壊したと教えてくれ、弟も無事でしたが道具屋の跡に隠し階段
あったと話してくれました。つまり、ここへ行けということか。よし…

と、見せかけてわざと船に乗ってレオリナに会いに行ったりしてみる。

なんだ、特に変化は無いのか。
それじゃ戻って、と再び道具屋の隠し階段へ。秘密通路を通り階段を上ると
そこはエルファス城。そういえばいつもここに来るたび別のフロアがあるんだけど
どうやっても入れないのが気になっている箇所がありまして、それがここだったと
いうわけか…最初の地がラスダンになるとはなかなかやるな。
やっぱり敵も出るので戦いつつ上へ上へと進むと倒れているレフィス姫が!
気絶しているようですがひとまず無事。ということはガディスも近いのかな。
いよいよラスボス戦か。覚悟しやがれ!

上の階には何かの模様がある床に立つガディスが。
8つの宝があるにも関わらず封印が解けないとか。ちょっと焦ってる(笑)
さて、そろそろ終わりにしようか、ガディス!とレッツバトル!!

普通のボスBGM。

なん、だと…!?

そ、それはつまりラスボス専用BGMが無いのかまだラスボスがいるということか!?
何やらデカい衝撃波を喰らってまで吹っ飛んだりしながらも全員でフルボッコ。
しかしこの衝撃波威力デカいな!オレが喰らってる間にみんな頼む(笑)
そしてガディス戦も決着。なんだかんだでそこまで苦労はしなかったな。
ガディスは主人公がこの世界へ来たことがこの世界、レムリアルが
創られた世界だという事を証明していると言い出しました。
そんな所へそういや放置していた姫が登場、主人公は夢を繋ぎに来たとか…?
え、このゲーム夢オチゲーなのか、そんなバカな…と思ったら違うようだ(笑)
ガディスも消え、するといきなりラルフピャー!ことアギラが。
ちょ、お前らどっから湧いた(笑)更にアブロとレオリナも!
どんどん出てきたこの人たち、それぞれの国の民でした。

ゼノビアの「木」の民、ラルフ。
フバートの「風」の民、バルー。
グアンディアの「水」の民、レオリナ。
バルドンの「炎」の民、アギラ。
アークの「太陽」の姫、レフィス。
サマラの「月」の民、ダルスとミデア。
ベルナードの「鉄」の民、アブロ。
サレジアの「大地」の民、ハーマン。


そしてそれぞれの紋章の床に立つと眩い光が放たれ、それは月の塔
サリアが倒れている後ろにあった巨大な玉へ当たり、更に遠いアーク城へ。
するとアーク城が突然ゴゴゴゴと音を立て宙に…というか何か下から出てきた!
それが聖域。どうやらレフィス姫も知らなかったようです。
聖域へ行く「船」8つの宝が作り、人を信じる心真の宝となり
初めて聖域へ行けるようになるみたいで…ガディスには後者が無かったとな。
あとは聖域でその主人公が成すべき役目を果たすのかな…って

いきなりオレ(二人目)登場、姫捕獲。

思わず全員がビックリ。お前は誰だ、と主人公が問うとそいつは主人公と同じ
名前を名乗り、更に夢使いという胡散臭い肩書きまで言ってくれました。
かつて主人公が名前だけ思い出したり呪文を思い出したりしたのはこいつが
主人公へ何か力を送ったからのようで、つまり…主人公ってもしかして
こいつのコピーとか分身とかそういうものなのか!?
夢使いは主人公を利用し聖域の封印を解かせ、あとは横取りするみたいで…
最後に主人公を偽物と呼び、そして消えてしまいました。
追いかけようとする主人公でしたが身体が動かなくなり…


あ、生きてた。
それはともかく、エルファス城のベッドで目が覚めた主人公は
ダルスに名前を問われますが主人公は今まで通りでいい、と答えました。
なんだか主人公の素性がわかったせいかちょっと気を遣われてるなぁ…
ダルス達は聖域へ向かうようで、主人公はレフィス姫を救う為に行く事を決意。
するとアブロがレムリアルソードという名前からして最強そうな武器をくれました。
勿論主人公専用だな。まさかこのおっさんに初対面でぶっ飛ばされるとか
思いもしないな、こんな親切な状態(笑)
こうして本当の聖域へ出発。

今度こそラスダンでいいんだよね(本日3箇所目の候補)

んで、聖域っていうからこうマナの聖域みたいな神秘的な所を想像してたんですが
何このどっかの魔物の体内みたいな色合いと曲と敵(笑)
ラスダンって確かにそういうドロドロした雰囲気もいいけどさ、もう聖域じゃないよこれ!
しかも敵やっぱ強っ!忍者強っ!!手裏剣痛っ!!!(汗)
でももう今回は引き返さない。一発でケリをつけてやる!と進んでいくと
立派な扉が目の前に。どうやら今度こそ本当のラスボスみたいだ。
失礼します!と開けるといました、姫と夢使い。オレのオリジナルか知らんが
お前を倒してオレがオリジナルになる!(立場がよくわからない発言)
夢使いはこの聖域が人の夢をレムリアルという現実に変える装置だと話し
驚く仲間達も誰かが見ている夢の一部なのだと…レム、リアル、そ、そういうことか!
この装置を使い夢の怪物を世界に放つことにより人々を怯えあがらせ、
世界を一つにしようという野望を持っていた夢使いでしたが
その生まれたての怪物、ナイトメアーに喰われてしまいました。

うわー!オレ死んだ!喰われた!!

しかし喰われる間際に「オレは現実の…!」と叫んだのが気になる。
現実の自分が死んだら、夢使いの分身っぽい主人公は…!?
そんな事考えてる暇も無くこれが本当のラスボス戦!BGMも専用だよ!!
ボスは動きませんが代わりに近くの穴からザコっぽいのがウジャウジャ…
とりあえず本体を叩き仲間達にはザコの相手をしてもらうことにしましたが
攻撃してもカキンカキンいってるんですがこれ効いてるのか!?(汗)
しかもボスもボスで何か波動砲撃ってくるし!痛ぇっつのゴルァ!!
結局主人公ばりボコボコにされているのでポーションで回復しつつ
とにかく殴る。ザコはうじゃうじゃ出てくる。やはり本体を叩くしか…!!
必死に剣を振るう主人公、そして…!

































ナイトメアーが倒れ、聖域が崩れるので慌てて逃げる主人公。
フィッツカラルド号へ乗り聖域を離れると聖域は再びアークの城の地下深くへ
沈んでいきました。そして、主人公に訪れた運命は…

エルファス城のベランダで二人きりになる主人公とレフィス姫。
姫は夢使いが「現実」という世界から来た者だと言っていた事を話し、主人公も
「ソルナ」という呪文を聞いた時にその言葉が現実の世界での
ラディアの塔の呼び方だったと話しました。
自分がここにいることも夢かもしれない、でもここで会った人たちや
姫のことは絶対に忘れないと言い、忘れない限りいつだって会える、と
言い残し主人公は光に包まれて消えてしまいました。

あいつが最初森で「これは夢か…!?」と呟いたこと、

いつも寝てセーブして、ロードして起きること、

この世界が「レム」「リアル」という名前だったこと、

死に真似をすること、あ、これは違うか

全てこれの伏線だったのか…なんか凄いな。
消える直前姫は「私、貴方が…!」と叫ぶのがよくある悲恋のシーンだなこりゃ!
しかし主人公は自分がこの世界からいなくなるってのにやけに冷静だな…
それとも、またどこかの夢を繋ぎに行くんだろうか。

「そして 僕は夢を見た
永遠に続く レムリアルの夢を」


あ、やっぱり消えたかもしれない。
スタッフロールと共に仲間達のその後が簡潔に出ていました。

ダルス、ミデア兄妹は国へ戻りテトらと再会、

バルーはフバートで和睦した仲間達と集会の場へ、

ハーマンもサレジアへ戻ったようです。姫の護衛はいらないのかな。

炎の町ではアギラが伯爵を追い出しイスにどっかり。もしかしてに人が
いなかったのは人じゃなくて元はアギラがそこにいたからなのか…?

レオリナはグアンディアにいましたが何かハッスルして噴水にザブン。
ちょ、笑ってないで助けろよ町民共!!!(笑)

ラルフはユラと共にゼノビアの宿にいましたが…うわ何この緑!って
ああ、ヒューポーか(笑)一瞬何の生き物かすらわからなかった。

アブロは本業?の鍛冶をしていました。もう敵はいないんだろうに、何故…

そして…最後にエルファス城のベランダに佇むレフィス姫。
彼女のアップのシーンで主人公が話した「夢を忘れない限りまた会える」という
言葉を思い出し、そして主人公の名前を呟いたのでした。

ラディア戦記 黎明編
THE END


………ん?何かあるかな、とボタンを押すとメッセージが消え
ただこちらを見ている姫のドアップだけ。………こ、怖い(笑)
それでもじっと見ていましたが……アカン、怖い!消す!!!!
こうして意外と短かったラディア戦記は終了したのでした。

黎明編、ということだったのできっとこの後も何か続きがあったのかなと思うと
やっぱり見てみたいなと思います。というか彼の姿を継いでいる者の存在
情報収集している時に知りました。いつか「彼」の世界も見てみたいと思います。
とにかく移動が大変だわ味方に妨害されるわでゴチャゴチャしていましたが
それでもLV上げに必死になることが少なく、買い物も金欠にならずに済み
それなりにサクサクは進めたかなと。あとやっぱりBGMは味があるな。
そしてこの展開。不思議な話だと思います、こういう展開は後のゲームにも
見られるそうですがそれを18年前からやっていたってワケですし。

それでは最後にクリアデータをペタリ。
主人公(ジン)…LV:20
ミデア…LV:18
ダルス…LV:20
ハーマン…LV:18
バルー…LV:20

やっぱりハーマンが一番邪魔だったかもしれない(笑)なんかこう、攻撃をすぐしないので
ボコボコにされてるんですよね。ダルスやバルーは比較的いい動きをするんですが。
結局終盤はミデアをずっと防御にさせていました。攻撃すると逆にやられる(笑)

以上、NPCとワイワイやるRPG、ラディア戦記の体験記を終了致します!!
次回作、たなぼた勇者が世界を救う物語、「マグナブラバン」
また興味がある方に楽しんでいただきたいと思います。
それでは、お疲れ様でした!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の体験記へ→

category: 体験記(ラディア戦記)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop