風林ノ草庵 ホーム » 体験記(マグブラ) »マグブラ体験記第八回

マグブラ体験記第八回  

マグナブラバン体験記第八回です。


10時間もかからないやり直しを経て復活☆マグナブラバン!!
ここからまた新展開を迎えます。そして、均衡を保っていたはずのアレが
突如乱れてしまう大惨事を向かえてしまったり(笑)今回もメチャクチャな事に
なっている第八回、どうぞお楽しみ下さい。

前回のあらすじ:νガンダムに乗るカツ=コバヤシ

いや、設定上乗れやしないんだろうけど、ロトトの能力と勇者セット
考えるとこういう表現が最も似合う気がしてきて(笑)
こやつの為に長い道のりを戻って勇者装備を買い、LVも前データと同じ29にして
ノルテリオから再開となります。


古代遺跡にあるという時間の結晶を使ってアイスランドへ行く光と闇の狭間
創りましょうということでエルフランドへ行けるオアシスから南西へ行くと
明らかに遺跡っぽいのを発見。というかすんごい近っ(笑)
入るといきなりDQ3風の動く石像みたいなのがお出迎え。曲はピラミッドっぽいし
何かトラップがあったりして?でも宝箱すら確認できてないからなぁこれ(笑)

入るとカギが壊れてる、とアレクスが確認。そういえばエルフランドの長老が
誰かも時間の結晶について話を聞きに来たって言ってたけど…誰だ、ホントに。
途中針山があったのでもしかして上の階落とし穴にハマるとここに
降って来たりして、とかそもそも踏むとダメージかもしれない、とか
警戒しながら相変わらずエンカウントの高い中歩きますがLV上げと新しい戦い方の
効果があってかさほど苦労はしません…でしたが毒攻撃を持つ奴が多くて厄介。
ヘビとかミイラ男とかゲームのピラミッドにありがちなモンスター編成だけれど
流石にほとんどの奴が毒持ちなのは厳しいなぁ(汗)戦闘中どうやって治すんだろ。
おかげで5人中4人がピンクい状態で終わったりすることも。

普段はオレンジっぽいのに毒はピンクと極端な奴らめ(笑)

上の階で落とし穴?とか考えていたのに気が付いたら下り階段ばかり。
確かに遺跡は地下に進みそうだけどそれじゃフィールド上で見たあの高台は…
って入り口がアレだったのか、まさか!!としょうもない突っ込みをしながら
下りて下りて…を繰り返し最奥部へ。

すると何人かの人が倒れていました。こいつらは…迷いの森の洞窟で会った
遊撃隊じゃねっすか!あのリュウをチームワークで倒したのにそいつらが
負けてしまったとは…こりゃボス戦確定だな。シャロンが命を落とした彼らに
祈りを捧げているとボスが登場、ツタンカーメンを象ったような女性、
ゴルゴーン。こいつが遊撃隊を…!?と弔い合戦兼ねてのボス戦へ。
ジーナとシャロンの強力な援護もあって意外とすんなり倒せ、時間の結晶
というかこれ見事にFFのクリスタルじゃね?を入手。ジョブチェンジしたいわー。
まさか遊撃隊がこんな遠くまで来てたとは、と思っていると隊長らしき人が
まだ生きていることがわかり(おいシャロン、よりによって生きてる人の目の前で
祈り捧げちゃ送り出すようだぞ、笑)
すぐにエルフランドへ向かいました。


隊長だけがどうにか生きていたようで、アレクスは隊長に尋ねました。
小さい頃魔物に襲われていた自分を助けてくれたのは貴方だったのかと。
やっぱりリュウがいた洞窟で黙り込んでいたのはそのに見覚えがあったからか。
そしてその予想は的中し、隊長はあの時の騎士だとわかるとアレクスは更に問いました。

どうすれば一人前の騎士になれるのか。

魔物をたくさん倒すことなのか。

褒美をたくさん得ることなのか。

「一人前の騎士」がわからなくなってきたアレクスに隊長はこう答えました。

一番大切なものを護る為に戦う時に、人は皆騎士になるのだと。

そこにいるジーナですね、わかります。
…と、そこへ席を外していたゲッツが華麗にKYで乱入(笑)
ノルテリオの王様から晩餐会へのお誘いが来たそうで…晩餐会かー…

信用ならねぇ。

サラナン城での出来事もあるし、今まで入れなかった城にいきなりそういうイベントが
舞い込むなんてウソ臭いにも程があるな。でも行くことに。
ちなみにリリアナは光と闇の狭間を創る手伝いをするためパーティアウト


ノルテリオ城に着き、怪しみつつも兵士に話しかけますが魔物の襲撃に
備えています
、とかかえってそれフラグ!(笑)やっぱり信用ならねぇ。
そして王様の待つ部屋へ行き、魔王と戦う勇敢な騎士達に乾杯の杯を、と
4人にお酒を手渡しアレクス以外は一気に飲み干してしまいました。

絶対これ何か盛ってる。

上質なミドらしいのですがアレクスは例によって酒が苦手なので口にできずにいたら
ゲッツがひょいと取って飲んでしまいました。本当に酒好きなんだから(笑)
ほろ酔いになった彼らに王様は手強かった魔物は何だ?と聞かれ
先ほど戦ったゴルゴーンが強かっただの陰険で卑怯なバクトゥンが嫌いだの
それ、そいつら出てくるんじゃないのかとプレイヤーはハラハラ状態(笑)
バクトゥンの陰口を叩いているとゲッツがあいつが人を操った時は
これを使えばいいんだ、と目覚めのベルを鳴らすと

ビシャーン!!と効果音。

あ、あれ…?

更にゲッツはこれを受けた操られた人は「長い悪夢を見ていたようだ」とか
言うんだと言ったところ王様まんまの台詞を言い更にあれ?な展開。
やっぱりも何もここの国もバクトゥンに牛耳られかけていたようでした。
するとバクトゥンがお目見え。しかも先ほどの悪口も聞かれてました(笑)
陰険で卑怯なジジイ…ジジイだったのか、それともまだおじさんか?
それはともかく、先ほどの酒にはが盛られていたようで苦しみだす3人。
飲まなかったアレクスだけ無事でしたがまたバクトゥンには逃げられ大変なことに。

ベッドに寝かせられる3人ですがやはり苦しそうで、王様曰く「呪いの毒」だとか。
これを治す為には北東にある薬草の谷に住むという魔物のウロコが必要らしく、
アレクスはたった一人で薬草の谷へ向かうことに……って単騎だと!?
5人から一気に1人とか不利すぎる!…ハッ、そうか、ノルテリオ武道着とか
ブーメランがあったのは…そうだ、きっとここでロトト達が迎えに…!!

来る気配が無かった。

くぅっ、本当に1人とかマジすか!ノルテリオにもサディにも情報は無く
エルフランドにいるリリアナだけでも、と思ったら彼女は外に行ったとかヴァー!!

かくして、アレクス単騎の旅が始まる…

作戦は逃亡へ変更し全ての戦闘をキャンセル。こっち1人なのに相手最大3匹とか(笑)
大切な人を助けるためにアレクスは、幾多の戦闘を全て逃亡したのであった。
そして薬草の谷の手前にあるメディナ村に到着。ここから薬草の谷に行けるようで、
やっぱりここでもロトト達が現れる気配がありませんでした。一体どこで会えるのかな。


薬草の谷にも単騎で挑戦。谷というかフィールドから見たら亀裂のように
見えたんだけど(笑)んでやっぱり戦闘はオール退却。一応新顔もいるようだけど…
宝箱もやっぱり無いのでとりあえずさっさと奥へ。
すると赤い体の魔物がおり、久々に人間を食べてやる、とボス戦へ。
いくらなんでも単騎のボス戦は怖いな。でも単騎だから弱めに設定してあるかも…
と思った矢先ゴゴゴゴと地響きの音。あ、この音前にも何度か聞いたような。

強 制 敗 北 。

おい、思わず使ってしまったポーション返せ。

単騎はやはり無謀だったのか倒れたアレクス。だ、誰かー!という状況に

「そうはさせんぞ!」

ボスの背後から聞こえる鋭い声!何者だ!と振り返るボスの目線の先には…

き……
き………っ、
キターーーーーーー!!!


「第13代目伝説の勇者ロトト、これに見参!」
「流離いの格闘家、闘士リー、これに見参!」
「王国『サラナン』第1王女アンジェリカ、これに見参!」


なんだその背後からドバフーンとか煙が上がりそうな演出は。

というかどっから湧いてきたんだ、そっちしかないってのに!
そんな突っ込みなど無効化される勢いで高場から飛び降り、ロトトだけ着地に
失敗して激突なのはお約束(笑)よし、これで4人で戦える!!

あれ、アレクスがいない。

しまった、さっきのでノびたか!(汗)ということは…パーティインする仲間のLV
アレクスに依存するのはわかっていたのでLVが同じ29といえど
装備品が別れた状態なので弱いとか貧弱!!(笑)
遺跡のボスが落とした装備と取り替えた前の物があったので取り替えたりしますが
それでも被ダメは大きく、やられそうになってはポーションを使ったりいつの間にか
リーが覚えたダイホール(単体HP全回復)を使ったりしますがなかなか決着が…

まずい、確かこのゲーム6分以内に倒さないと強制敗北するって
聞いたことがあるんだけどボス戦はその限りじゃないよな…!?

一応メディナ村でセーブはしてるけど全滅はしてほしくない(汗)
そうこうしてどうにか勝利。おうおうよくやったよお前ら!
特にロトトの攻撃力は助かったな、防御力は見ないことにしておくけど(笑)
そして8000もの経験値を得てレベルアップ
あれ、これアレクスに入らないんじゃ…?
ボスを倒しロトト達は慌ててアレクスの元へ。あれ、ノびてはいなかったか。
ロトトがウロコを採取し、そしてアレクスをメディナ村まで運ぶことに。

彼らはノルテリオでアレクスがここへ向かった話を聞いて後を追ってきたようで、
やっぱりどうしたら向こう側から登場できるんだという突っ込みをしたい(笑)
とにかく一刻も早く3人を助けなくちゃ、と起き上がるアレクス。
この純真な気持ちこそ一人前の騎士への条件なんだろうな。ということで
4人パーティになったわけですが
主人公を差し置いて経験値を多く取得した3人の戦士達。
くそ、やっぱりなんか悔しい…!(笑)←主人公が一番!派


ノルテリオへ戻りますがなんだか様子が変でした。町の人たちが顔を見合わせて
話をしているみたいで。前はこんな配置されていなかったはず…と話をすれば
お城が魔物の襲撃に遭ったとか!あの中には半死人がいるってのに!!
ノルテリオ城へ行くとフラグ通り魔物に襲われ全滅(とは言えまだ生きてるけど)した
兵士達が。王様やお城の中の人たちは無事みたいだったけど…
鎧の巨人とかヘビの魔物とか情報くれる余裕があるなら外で倒れてる兵士達の
手当てしてやれと言いたくなるわ!(笑)見殺しにしそうで怖い。

3人が寝ていた部屋へ…!と急ぐもどこにも3人の姿が見当たらず、王様に
3人はバクトゥンに攫われてしまったと驚愕の事実を話しました。
にやられているんじゃ抵抗しようもなかったか…!しかもゲッツにいたっては
毒の摂取量が2倍というよくよく考えたら恐ろしいことに。
魔王の目の前で処刑する、としばらく彼らと共闘できなさそうな事も言われ
しょんぼりしていると微かに聞こえてきたオルゴールの音。これは…
アレクスがベッドの傍にあるツボの中を見るとそこにはジーナにあげたはずの
歌う水晶がありました。ベッドにいた間ずっとこれを聴いていたとか。
そして攫われる直前にこれだけでも、と隠したのかな。
強気な彼女だけど、本当は思いやりのある子なんだよな…
アレクス達は3人を救うべく魔王のいる黄泉の国を目指すことに。
きっとエルフランドで光と闇の狭間が完成していると信じて。


命の危機に晒された大切な仲間達。

今こそ大切なものの為に力を振るう時!

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(マグブラ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop