風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(ミスティック) »ミスティック体験記第五回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ミスティック体験記第五回  

ミスティックアーク体験記第五回です。


気が付いたらもう五回か、と思えるミスティックアーク体験記です。レーダーのエンカウントは
避けやすそうで意外と避けにくい。戦闘をしたら敵の位置も変わるから連戦はしないけど
レーダーから逃れようとして壁に突撃している様子を目撃されております(笑)

前回のあらすじ:元凶はマトーヤ

一体何回灯台の1階まで落とされたことやら…!そして敵にも苦戦する辛い回でした。
しかしどうにかこの世界はクリア、最後に陸地が海になったことによって行けるようになった
神殿にあるという財宝を取りに行くことに。


神殿でもレーダー=エンカウントがあるというのでまだボスがいるのかと思いつつ
進みますがとりあえず敵は灯台の奴らと同じだな。ということでもうやんたくなって逃亡
まだ失敗したことはありませんが逃げそびれることもあるにはあるんだろう。
宝箱も無く、どんどん下へ進みやがて4つの宝箱石版が。宝箱は開かないので石版を
読むと、赤だの緑だの青だの黄色……なるほど、SFCのコントロのボタンってことか。
それらの方向に決められた数字の分だけ歩いてみると…また石版の前かよ!(笑)
ここで問いかけよと言われたので地面に問いかけましたが何もならず、それじゃまた
石版か、と調べたら栄光あれ!力のアークが仲間に。あらどうも、初めまして。
どうでもいいけど男の妖精って無駄にマッチョだったり爺さんだったりで
手頃なイケメンみたいなのいないよね(笑)と、マッチョな力のアークを見て思いました。
きっと財宝はこれのことなんだな。武器とかに宿らせると強くなるのだろうか?

神殿を出てふと思う。どうやって元に帰るのかと。何せあの高いところにあった神殿が
ボートで進入できる状態になってるんだからこの世界にやってくる時に通った小屋なんて
沈んでるんじゃ…と思いつつもその場所を探すと普通にあるし!(笑)何でできてるの
その小屋!!とりあえず用は済んだから帰るか。それにしても…レミールは耳も尻尾も
無いネコ
だと思われていました、この世界で(笑)よく受け入れられたな。


さて、拠点でもある元の世界に戻ってきました。すると女神様の声が。
しかしアークを連れて……女神像の前に来なさいと妙な間が。なんか怪しいんだよな
この人(?)。利用するだけ利用しようとしているんじゃないか、とか黒幕疑惑が。
このゲームにおいてはネタバレ部分を全く知らないでやってるからな!ある意味
謎が解ける楽しみがあるわけですが。とりあえず神殿の外にある女神像の元へ行き、
アークの説明を受けました。物に宿ることができるそうで…説明書によれば他にも
何種類かがいるんだな。しかも仲間達のフィギュアにも宿ることができるとか!!
つまりいきなり誰を連れてもいいのか。戦士でも魔法使いでも忍者でも!!
ならばトキオさんを連れて行こう!とトキオさんのフィギュアを手にしました。
んで、せっかく戻ってきたので暖炉の火と談話しようと話しかけるとこいつからも
フィギュアについてのヒントを受けました。フィギュアから人の姿に変えられるのは
ここ以外の世界であり、ここに戻ったり倒されるとフィギュアとして変化してしまうとか。
ならばそうならないレミールは一体何者だろうかと思いつつも、次の扉は重い扉
先にあるカボチャと言われ、次の世界への旅立ちの準備へ。

そして軽く詰む。

んもー、扉はあるけど力のアークじゃ動かないし空き瓶に指を突っ込んでも何も無いし
一体どうしたらいいんだ!と神殿の外にある小屋にも入り、謎のスイッチがある機械
やけくそで力のアークを使ったら力が発動して動かなかったスイッチが動きました。

これぞアドベンチャーゲームの奥義、総当り
※勿論総当りなんてやってたらガメオベラしちゃうゲームの方が多いです


小屋に付いていた風車が動いたものの…これで神殿にある扉なんかに影響があるのかと
思ったら開くし!(笑)なんなんだよ、と思いながら扉を開けると確かにそこには
大きなカボチャがありました。これにたたく、かじる、のぞくの選択肢が出たので
叩いてみるとポクポク、と軽い音。中身何も無いんだなぁ。その後間違ってまた
たたくを選択したところ、レミールは驚愕の行動に出た!

調子に乗って演奏してみよう…

ポクポク↑ポポポク↓ポクポク↑ppppppppp…

なかなかノリノリだ!

お前がだ!!

こいつ誰もいないからって何やってるんだよ!!(笑)一言も喋らないキャラ
突然調子に乗りました。もう自分の中ではレミールは隠れアホの子認定です(笑)
しかしこれ…主人公を女の子にした場合もやるんだろうな。そっちは可愛いな。

だがレミール、テメーは駄目だ!

その後何度かレミールに演奏をさせ、気が済んだところでいよいよカボチャを覗き込み
第2の世界に案内されました。


んで、第2の世界は果物の世界。でも壁はスイカだ!(笑)よく見ると種もあります。
どうやらスイカをくり貫いてその中で暮らしているらしい。甘い匂いが漂っていそう…
あ、そうだ。と力のアークを持ってきたトキオさんのフィギュアに宿らせてみます。
アイテム欄に「トキオ」とあるとなんか変だ(笑)人をアイテム扱いしてる…
力のアークがトキオさんのフィギュアに宿り、レミールの後ろにはトキオさんの姿が!
うおおおおトキオさんだ!オレはレミール、よろs…

トキオ「………」
レミール「………」


何か言おうぜお前ら!!

本当に喋らないんだなこのゲームの主要キャラって…(笑)とりあえずレミールは
隠れアホの子という設定でいこう。しかしフィギュアから元の姿に戻ったトキオさんは
何も思わないんだろうか。ここはどこ、とかお前誰、とか

どうして壁がスイカなのか、とか。

とりあえず買い物をしつつ町の人に話を聞くとビートルによって子供が住んでいた家が
破壊されてしまったようです。他にもちょっと暴れられたようで、ビートルがこの世界の
脅威となっているようです。モグラの次はビートルか…もう少し強そうな奴は…(笑)
そういえばカボチャに吸い込まれるように入ってきたわけだし、もしかしたらレミール達は
小人になっているのかもしれないな。だからスイカも建物になるほどデカいんだろうし。
となればビートルもさぞかしデカくなってることだろう。カブトムシ強いわー。
町長と話をするとビートルによって町が一部壊されてしまい、別のところに種をまいて
果物を育てないと逃げるに逃げられないとのこと。なのに外はビートルがいて怖い、と
なればこういうのは主人公にお任せだ!とレミールが一言も発していないのにそんな空気
一言も口にはしないけど心の中でかたくなにフラグが出ないと動こうとしない
イーハトーヴォ物語の主人公とどっちがマシだろう、この状態(笑)


外に出て今更ながらトキオさんのステータスを確認したら…。初期状態かよ!(笑)
というよりみんな1なんだな。これは誰を連れて行くか悩みますが、ひとまずレミールは
回復魔法も使えるし、まだ序盤となれば戦士系で丁度良さそうだな。というわけで
トキオさんとLV上げに励みますが、二人で戦闘に臨むといつもとちょっと違う光景が。
レミールのターンかと思いきや誰が行動するかを選択できるみたいで、そのキャラの
行動後に敵が反撃するんですがその対象は行動をとったキャラクターだけというような
感じでした。なのでタイミングの関係でレミールが攻撃を一身に受け止めました(笑)
LV1のトキオさんじゃ不安だから守ってもらわないと。んですぐに上がる。
多少戦闘を繰り返し、それなりになったところで種探しへ。
話によるとスイカの町から東の谷を越えたところにあるヘチマ橋に果物の種が
売っているそうなのですが最近住人の様子がおかしいとか。襲われたんじゃね?
また、そこでレミールが連れている(他人に見えてるのかこれ?)アークに似たのを
見たという証言も。これは第2のアークかな。


道なりに進むと橋のように設置されてるヘチマが。あれ、そういえば果物の世界なのに
スイカもヘチマも果物じゃなくね…?(笑)縦長な町を歩きますが確かに住人が変。
お店に行ってもお前らに売るものはない!…コンと言われたり、酒場ではお前無口な奴だな、
コンと言われたり。確かに無口なのは認めるけれども!(笑)否それよりコンだろコン!
なんてバレバレなんだろうな、キツネに化かされてるなんて。ヘチマの町を突っ切ろうと
しても入り口に戻されてしまう無限ループも発生しているのでここでキツネ狩りといくか。
木箱の上に葉っぱがあり、掃っても掃っても出てくるのでいっそのこと焼いちまえ!
そんな選択肢を選ぶと下り階段。その先には牢屋に捕らえられている本物の住人達が。
扉は力のアークによって開けてもらい、話を聞くとやはりキツネが犯人のようです。
道具屋のおっちゃんから油揚げを受け取り、これを広場で見かけた石像のところに
お供えすればいいんだな、とフィーリングで進んでやってみると何かの気配に気づいて
ヘチマの窪みに隠れるレミールとトキオ。こんなイベント時でも無言(笑)
そりゃあ誰でも仲間にできる=一人ひとりの台詞を用意するのが大変という容量とかの
問題もあったんだろうけどやっぱり寂しいな。きっとレミールも油揚げを食いたい
思っていてそこんとこトキオさんにキツネ疑惑出されてるといいよ。
油揚げを食べようと本性を現すキツネ達。しかしレミール達の気配に気づくと石像の
下にある階段に逃げ込んでしまいました。コノヤロウ逃がすか!と追いかけて下へ。

レーダーは無いのでエンカウントはしないようですがすぐそこに宝箱
こんなところにあるなんてなぁ…と調べたらあっさりキツネが出てきました。
引っかかってやんの!と馬鹿にされますがこの辺までは許容範囲

でもこの後ボス戦になっちゃうのは想定外。

ちょ、なんか手足長っ!見事な化け物となってる!!(笑)まさか戦うとは思いませんでした。
せいぜい町の外に追い出されるとかそんな軽いもんだと思ってたけどまでボス戦です。
LVも多少上げたのでトキオさんも攻撃に耐えつつ攻撃、倒しましたがその先の階段を
下った先にもまた宝箱。ちょっとMPを消費したので一度スイカの町に戻り回復してから
わかっていてもやっぱり宝箱を調べキツネと戦闘。今度は攻撃連打で。
更にその先でも宝箱がありそこでもキツネを倒しますが本当にキツネ狩りをすることに
なるとは…。この世界のキツネ容赦無いなー(笑)化かす以上の能力持ってるぞ。

この他数匹を倒し銀色のキツネが。こいつが明らかにボスだな、と話しかけると
人間を騙すのが楽しいらしく、邪魔をするなとボス戦へ。どう考えてもこうやって実力行使
やる方が早いと思うぞ、お前ら(笑)の魔法でHPを結構もっていかれたりしましたが
LVが上がって回復魔法を覚えたりしたので耐えつつ結構ラクにクリア。
やっぱ仲間がいると心強いなー。無言だけどハイタッチでもしとけお前ら。
メタルフォックスを倒したわけですが死んだわけではなく、逃げられました。
ちょ、お前らとっ捕まえろよ!(笑)何のん気に見てるんだよ!!
こりゃまた後に再戦フラグか、それとも虎の威を借るキツネとしてビートルが出ちゃうのか。
あれ、そういえばアークどうしたんだろう。ボス戦前には知らないという風に
言われてしまったんだけれども…。

ひとまずキツネ達はいなくなったので元の住人が戻っていました。そこで道具屋に
種の話をすると種なんだけど種じゃないんだ、と言いながら渡してくれたのはハート
まさかのパインとブドウのハート。つまり種にもが宿っていたとな!?
きっと砂の世界のブルミンチのようにあの世界のフィギュアに種があるはず。
戻る前に他にも話をするとまたしてもパズルが。3×3の真ん中開きパズル、これは
似たようなのをFF1のおまけでやったことがあるな。とか言いつつ頭でやらずに直感
やるのがオレ流です。嘘です、結局のところいつものテキトー感です(笑)
んでテキトーにやればやるほど案外簡単にいくのでクリア、悪の片棒を入手。
…これはシャレなのかな(笑)でもあんまり強くない。寧ろトキオさんは

へちまスラッシャーが一番強い。

なんだこの武器は(笑)というか主人公とトキオさんで装備すると攻撃力が違うのは
どうしてだろう、と思ったら単に武器との相性みたいです。へちまスラッシャーは
トキオさんにピッタリのようです。フィギュアから戻ってキツネと戦わされて
ヘチマ持たされるんだぜ、なんだか嫌だよな…(笑)


さて、神殿に一旦戻るかー、と神殿へ行くといなくなるトキオさん。この神殿じゃ
絶対レミールは独りにされるんだな。そう考えるとカボチャをコミカルに叩きたくなる
衝動
に駆られるのも無理は無い(笑)そして種のフィギュアを探しますが…見つからん(汗)
というか種だぜ種!また地面に馴染んでるんじゃないだろうな!とボタン連打をしても
単に処理落ちになるだけで意味無し。うろつきまくった結果、果物の世界にワープする
カボチャがある部屋に丸っぽいのが詰まってる木箱にありましたよと(笑)
まさか神殿に戻った部屋に答えがあるとは思わなんだ…不覚。
ここでハートを種に入れてあげ、再び果物の世界へ。
種が普通の種になり、あとフィギュアになってしまったトキオさんを戻して町長に
見せてあげると今度はこれを蒔かなくてはいけないようで。そうか、それもやれと
申すか(笑)さっきのヘチマから更に先に進んだところに蒔くスペースがあるようです。
さてさて、逃げたキツネにまだ見ぬビートル、どうなることやら。


無言のまま共に戦う仲間、トキオを連れて

レミールの果て無き旅はまだまだ続く…

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(ミスティック)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。