風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(ミスティック) »ミスティック体験記第六回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ミスティック体験記第六回  

ミスティックアーク体験記第六回です。


ようやく仲間のフィギュアにアークを宿らせて二人旅ができるようになりました。
誰でも仲間にできるそのシステムは逆にこいつらに喋らせる容量を奪ってしまったけれど、
一応仲良くワイワイやっていると思うよ!だけどどうして後ろの仲間の動きが
真っ直ぐ歩かないで若干ヨロヨロしてるんだろう(笑)フィギュアから人に戻った時に
ちょっと時差ボケみたいなのが発生してるんでね?

前回のあらすじ:オレとトキオさん、無言のご挨拶

主人公は喋らないタイプで固定のようですが、仲間たちも無言なんだなぁ(笑)
説明書には一応性格が書いてあり、今回連れている忍者のトキオさんは寡黙らしい。
…つまり結局のところこいつら無口じゃねえかよ!!


ビートルが蔓延る果物の世界。果物とかいいつつスイカヘチマという果物じゃないような
気がするやつらの町を訪れたりしました。倒し損ねたキツネのボスとか、ビートルとの
戦いは一体どうなっちゃうのかな。ということで前回手に入れたパインとブドウの種
植える土地を探しますが、相変わらずどこなのかわからない!(笑)おかしいなぁ、
川(現在は枯れてるらしい)を上っていったところって言ってたけど…とここで
エンカウント。しかしレミールとトキオさんの登場に若干処理落ちを感じていたら

でっけぇマンモス登場。

うわぁー!?何これ!!ボス並にデカいんですけど!!!!(汗)
一瞬でマンモスタンクキングマンモー辺りの単語が思い浮かびました(笑)
と、とりあえず攻撃してみるか…と殴るもダメージがとか何これ。向こうの攻撃も
当たりませんが逆に当たると痛恨の一撃になっちゃうのかな。魔法で削ろうにも
地震の攻撃のダメージがデカいのでやむなく退散。なんだろう、賞金首かな…(笑)
種を植える土地はなんとか見つけましたが、やっぱりフィールドによく馴染んでる
ひとまず植えたのでまた町長に報告かな、とスイカの町へ。
すると今度は西の山のすそにビートルの隠れ家があるとか…。あ、そういえばそういう
ところ前に入ったな!任せておけ!!とそこへ突入してみますがが邪魔でした。
どうやらここではなく、もう少しにある森が正解だったようです(笑)
とことんフラグというかスイッチ(RPGツクール用語)に妨害されてるわー。


山の裾はこれまた洞窟風。しかし敵がフィールドのとは変わり一気に強くなりました。
全体魔法もいよいよ出てきたか…!被ダメも大きいので少しLV上げしないと。
LVを上げて道なりに進むとレバーがあり、これを操作することで通路に空いていた
を塞げるようでした。そういう作業を繰り返し最終的にボスっぽい奴の下へ。
カブトムシな外見はまさしくビートル。こいつがあのビートルなのかな。
とか言いつつ近くに無造作に置いてあった宝箱に手が伸びますが開かず(笑)
渋々話しかけるとコスッカラというなんとも弱そうな名前でした。勿論ボス戦へ。
うおおお名前とは裏腹にやっぱりリアリティの高いドットだな…!!(笑)
ここでトキオさんが覚えた分身斬りを試してみましたが、これ凄い強いな!
2回攻撃で相手を決められないそうですが、1体しかいないボス戦でならそんなの
お構い無しに連続攻撃できちゃうものな!とレミールのパワーで攻撃力を上げたのも
あってあっさり勝利。でもまたしても倒し損ねてしまったようでこれだけは渡さない、と
宝箱を回収して逃げ出すコスッカラ。今度は逃がさないぞ、と言わんばかりに
追いかけるレミールですがお前いつも通りの歩行速度じゃねぇか!もっと本気出せよ!
追いかけっこのまま外へ出るとがコスッカラが持っていたお宝を奪ったようで、
返せー!と叫んでいました。うん、虫タイプは飛行に弱いものな(笑)
鳥が水色のせいでなんだかフリーザーに見えてきた…ヘラクロスとフリーザーか…。
今度は鳥を追いかけなくちゃいけないようだな。鳥が飛んで行った先ならわかります、

種を植える土地を探して散々迷った時に見つけたからな!!!

…なんて情けない理由だ。フィールドって広そうに見えて意外と狭いんだな、と
7つの世界を旅する理由として納得しました。だからこそ順序があるとも把握する。


一応スイカの町に行っておくか、と思い行くと妙に閑散としてるような…?
と思いきや本当に人がいない。どうやらこないだ植えたパインが大きくなったので
そちらへ引っ越すようです。でも食べて内部を作成するLALのサモ似の男たちは
面倒なのか残るみたいで…こいつら生きることを何だと思っていやがる(笑)
そしてパインを植えた場所に行くと確かに大きくなっている!と中に入ったら

ぎゅうぎゅう積めな町民の皆様。

なんだろう、こう、「果汁たっぷり」という単語がなんとなく浮かんだ(笑)
やっぱり食べる係がいないからかなぁ。町長と話をすると鳥の話も聞けました。


森に入ると通せんぼしていた鳥がいなくなり、奥へ行けるように。一見行き止まりかと
思うような場所でもその下をくぐって通れるようなのでトコトコと進むと1本の木が。
さっきの鳥(カラスらしいけど)はここにいましたが、木を調べると
ズームインしたので色々調べると、木が語りかけてくれました。
ここの巣にいたひな鳥がいなくなってしまい、親鳥は何でもかんでも拾うように
なってしまったとか。その中にひな鳥がいるのではないか、と錯乱している様子。
なるほど、と木に対して大声をあげたらフンを落とされたり(直撃したかは不明)
しましたが更に調べるとひな鳥のハートを入手。また神殿にあるフィギュアかな。
鳥…鳥…そういえば神殿の裏側に鳥のフィギュアを見ていたのでそれだろうか!
ということで森を出て神殿へ移動。トキオさんに一切説明無しに神殿へ戻って
フィギュア化させるレミールは鬼ですか(笑)

神殿の裏側に行くと鳥のフィギュアが。これがひな鳥のなんだな…とハートを入れて
果物の世界へお持ち帰り。前回までは世界に着いた途端実体化していましたが
今回は元に戻らないので親の待つ森まで行ってやらないと駄目なのかな、と
レーダーに接触しながらまた森の奥へ。戦闘は相変わらず多めですけど、トキオさんの
分身斬りが凄く役に立ちます。やったぜトキオさん、輝いてるよ!

説明書のイラストを見る限りじゃ
おデコも輝いていそうだけどな!!


うぁー…

一瞬変な小ネタを挟みましたがお気になさらず。
ここに来てようやくフィギュアが実体化し、親子が再会して飛び立ちました。
……あれ、そもそもここに何しに来たんだっけと思っていたらコスッカラが登場。
どうやら鳥に奪われたものを取り戻していたようですがレミール達を見てまた逃亡。
さっき逃げる際に「アークだけは」と言っていたので間違いなく持ってるんだな。
とりあえず親鳥がいなくなったので巣に何かないかなと探るとブドウの種が。
あれ、さっき植えたのに…?と思ったら攻略サイト様によると植えた種を
鳥に奪われていたらしいです。そんなの確認しないよ!(笑)
今回は追いかけることもしなかったのでひとまずここはフラグをもらうか、と
パインの町へ。でも登録されていないのでヘチマの所から徒歩。


イベントが進んだおかげか町が少し広くなっていました。ここも甘そうだ…(笑)
話をするとブドウの種を回収されました。勝手にまいてくれるのかな。
そして次の目的は水不足の解消のようで、既に町の人たちが水源を探すために
出ているそうなので手伝って欲しいとな?(会話内容から解釈)
なんだか何かと「アーク」という単語を出してレミールを引っ掛けてる気がする。
その辺にこの町長の図々しさが合間見えるぜ!前回のマトーヤといい、各世界には
必ず一人は嫌な奴がいるという法則でもあるというのだろうか(笑)

とりあえず先ほどビートルがいるんじゃね?と思って間違えた洞窟へ入ると
今度は岩が町民によってどけられ先に入れるようになっていました。
しかしレーダーが無いとな?どういうことだろう…と奥へ進むと
ゴロゴロと転がってくる岩が!!!うおおおおおインディジョーンズッッッ!!!
すぐに道を引き返しわき道へ逃げましたが、これを避けて先へ行けということか…
でも一応落ちてみた(笑)すると落下先には宝箱。こういうこともあるんだよなぁ。
ここには敵がいるようでエンカウントしましたが、戦闘曲がまた別のものに。
もう5曲目だぞ!どんだけ戦闘曲使うんだよこのゲーム!!本当に豪華だわ…
岩を避けて先へ行くなんてやつ、結構色々なゲームで見た気がするなと思い
くぼみに隠れながら進みますが岩に接触した瞬間押されて穴へ真っ逆さま。
寧ろ潰されないことが凄いと思います(笑)しかしこの岩が来るタイミング、
なかなか進めるタイミングがわからず少し進んでは転がってきたのを見て慌てて
引き返し、その後すぐに行こうとしてもまた転がってきて…と右往左往
しかしここで気がつきました。

レミールさえ岩に触れていなければ大丈夫

トキオさんは潰れても大丈夫


いいか、これは単にトキオさんをいじりたい一心でやっているんじゃない、
くぼみに隠れて1秒でも早く走れるように準備しているだけなんだからな!!と
ゴロゴロ転がる岩の下敷きになりまくるトキオさん。やべ、背後が怖い(笑)

なんとか岩地帯を越えて行った先はの流れる音。何人かの町民がいましたが
こいつらもあの地帯を越えてきたというのか…なんたる猛者(笑)
どうやら大きな穴ができたらしく、これによって水が川に流れなくなってしまった
みたいでした。これをどうにかするには大岩で穴を塞げばいいそうですが、岩を
動かす力持ちがいればなぁ、との会話を受けて力のアークを発動させるんじゃないかと
思いましたがどうやらそうではない様子。こういう時は…やっぱり町長か。
町民からツボをもらい、これにを汲んだけど…何に使うんだろうか。というより
前からいくつか持っている空き瓶をどうしてやろうかとよく思います。


…というわけでした。と説明したであろうレミールに町長はスイカの町にいる
サモ似の男たちならば、と答えてくれたのでスイカの町へ。相変わらずだらけて
いましたが、を欲していたのでさっきの水をあげると事情を理解し、手伝ってくれる
ことに。そしてまさかの3人目(笑)勿論ただついてきただけのようですけど…
しかし恐ろしいことに、一人に水を飲ませてあげたのに他にいる奴らにも何故か水を
飲ませたことになっています(笑)お前ら…シンクロしてるのか!?
再び洞窟へ行くことになるんだろうけど、また岩の下敷きになるぞ?(笑)


果物の世界の旅はまだ続く。

ちょっと区切るタイミングが怪しいが

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(ミスティック)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。