風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ミスティック) »ミスティック体験記第壱拾弐回

ミスティック体験記第壱拾弐回  

ミスティックアーク体験記第壱拾弐回です。


このゲームも例に漏れず中古品なので元の持ち主の中古データが入っています。
毎回起動させる度にその名前を見ることになるんですが、その並びが
いぇい
いぇい
レミール

ってなもんだからなんだか「いぇい、いぇい、レミール!」とノリにノってるレミールみたいで
なんかやんたです(笑)それじゃ行きます、第壱拾弐回!!

前回のあらすじ:身体言語、光陰流水

四字熟語っぽいけどたぶん前者違うよ!が無い町の次はが無い世界、更に時間
流れるのが早い町ととにかく必ずどこかが悪くなっている不思議な機械の世界
果たしてこれらの原因は?そして、やっぱりここにもアークはいるのか。


アインシュタインの屋敷にあった機械は動いてくれず、アインシュタインに話しかけても
うんうん唸ってるだけ。どうしたものかな、と屋敷を調べまわると手紙を発見。
エジソン宛てなそうなのでキープンサインにいるエジソンの下へひとっ飛び。
どうやらアインシュタインが死に掛けている内容だったようで、同じ科学者として
手助けしてやろうと家を飛び出していきました。だからスノーゲートには
即死魔法を使う奴がいるから本当に危ないって…(笑)

こちらはクリスタルでワープしまくりですが、やっぱり瞬間移動よりも早くラッドウッドに
着いているエジソン。どうやら兵士に担いでもらい更に走らせたようなのでかなり
お疲れのようでした、兵士達。でも早くここから逃げないとおじいちゃんになるよ!!
早速屋敷の中に入ると色々調べているエジソンが。どうやらこれを動かすにはブナの樹液
金属が必要なようで。……あ、ハイわかりました持ってきます。

新たな同伴者、プレイヤー。

そんな認識が生まれたところでブナの樹液を集めているデュプロの夫婦がまだいるだろう
ブナの森へ。そして空き瓶に樹液を詰めて入手。更に金属についてはベルの森にある
ベラライトという金属がいいとか。というよりベルそのものがベラライトだったらしい。
ということで次はベルの森へ。パブロは相変わらず地下にいましたが、いつの間にか
弟子ができていた。何事ぞ。また、地上にあるベルなら持っていっていいと言われたので
ヒビ割れのベルを割ってそれなりの大きさでベラライトを入手。これで揃ったな。

持ってきたぞー、とエジソンに渡すと宿屋で休んでくれと言われました。その頃には
完成してるから、だそうだけど…実はここに来る前にデュプロで回復したんだよな(笑)
だってラッドウッドの宿屋500Gとか高いんだもの!デュプロは100Gって
すんごく安いんだよ!!!でもフラグのためならしょうがない、もう一泊。
翌朝、エジソンの下へ行くと一緒に来た兵士達までお手伝いさせていました(笑)
なんだか哀れな奴らだ…、そしてエジソンにはアインシュタインの相手をしててくれと
言われたので寝ているアインシュタインの家へ行くと、やはり自分が研究していた機械を
いじられるのは心配なようで、屋敷に行ってしまいました。後を追うと、あとはこの
機械を動かす大きな力が必要なそうですが…あ、ここで前回何も起こらなかった光の
アーク
の出番なんだな、と使うと機械が動き出し、扉が開きました。
何も疑わずに入ってしまう科学者二人、あとなんとなく一緒に入っちゃうレミール達。
無言だからどういう意図で入ったのかがわからないのがなんとも怖いな!(笑)


どうやらこの機械はどこかへ繋がっていたようで、しかし空気の悪さに思わず
咳き込む科学者達。引き返して対策を練ってくる、と2人は早々と退散。それじゃ
こっちは探索をするかな、と一歩踏み出したらビシャン、とダメージが。
……あれ、になってる!とりあえずアンチドーテはあるので回復させますが、
また毒になったらシャレにならないな…一時期アンチドーテは結構用意していたけど
後々結構アイテムの幅をとるようになったので売りさばいちゃったんだもんで。
そしてそういう矢先にオイルスライムを殴った途端毒に侵されるレミール。
こ、この…!!あれ、回復魔法とかメイシャ覚えてないのかな!!

(※キュアが該当魔法だと気づいたのはここから数十分後である)

道なりに進むと、いきなり女の子が。あ、あれ…!?町の類か、ここ。
女の子はレミール達を見るなりそそくさとどこかへ行ってしまいました。
レーダーも無いんだからここも町なんだな。機械の壁に囲まれた地下のような町ですが
一応人もいました。しかし体が弱っているようで、ポーションがあれば…
言われましたがポーションなんて回復量の少ないアイテムもう持ってないよ!(汗)
今は薬草クッキーとかじゃないといい塩梅に回復できないって!!
ここの宿屋は毛布で寝るだけのようですが、どうやら地べたに毛布で寝るのは
なかなか痛いらしく、逆にHPが減ってるような気が…(汗)
そんな目にも遭いつつひとまずポーションを買いに戻り、確か4人ぐらいが
欲していたな、と買い再び町へ。あ、ここの名前メタリモっていうのか。
そして4人にポーションを与えると、リーダーらしき男、ルースレンチにお礼を言われ
オープンカードというものを受け取りました。これを使えば地下の工場
行くことができるとか。その工場でこの町の人々は働いているようですが、最近は
ロクに休めずご飯も食べられずだったそうで、だからぐったりしてたわけか。
ここをどうにかしないといけなさそうなのは確実、というわけで工場に行くか!
更にルースレンチは「タイプ○○」というパネルは、1~9の数字を使って
何個かのケタの合計が○○の数字と同じになるように揃えればいいと教えてくれました。
なるほど、そういえばここに来る前にそういうパネルがあったな!
工場へ行く前にそっちの方を調べてみるか、と言ってみましたが途中で開けられない
扉があり、更にそこでトキオさんが即死魔法を喰らって再び神殿送り。
絶対相手にしないわ、あの緑野郎…


トキオさんを連れ戻した後は工場へ。ここで働いている人々によると、下のフロアに
動力炉がありそこをいじれば作業速度が遅くなって負担が軽くなるんじゃないかと
言われますが、そこに行くまでにはジャンクヤードという敵が蔓延る場所を
通らないといけないとか。ある意味いつもそうだぞ、オレ達は!(笑)
ここで出てくる敵にメドゥーサがいるらしい。…やっぱり石化だろうな。
オープンカードを使いいざジャンクヤードへ。すると突然アナウンスが入り、
地下に異常が起きていることがわかりました。メドゥーサはボスではなく普通のザコ
して登場しましたがやっぱり石化使ってきたというかレミールかよ!!!
…あれ、石化は即死とは違うんだな。戦闘が終わったら戻りました。
しかしあの石化魔法のエフェクト、どっかのボス戦で即死魔法じゃないかと焦っていた
やつと同じだったな。何にせよ直撃しなくて済んだのは助かったけれども。
ルースレンツが教えてくれたパネルもたくさん出てきますが、逆算の容量で
ガシャガシャ開けていきます。パネルの並びは必ず左から小さい順に並ぶってのを
思い出したのはだいぶやってからです。うん、ほぼ勘!!(笑)
それにしてもこのアナウンス、戦闘が終わったりフロアを入れ替えたりしても
いちいち鳴るんでなんだか邪魔だわ(笑)でも徐々に進むにつれて内容が変わってきました。
地上に影響が出る、とか動力炉で何者かがエネルギーを吸い取っている、とか
お前ら伝えるだけかよ!と思いつつもあちこち動き回るとそれっぽい場所へ。

ここか!と入るとそこにいたのは兵士と金色の大きなボスっぽい奴。
お前も来たのかレミール、と言われビックリ。お、お知り合いですか…?
しかしこいつの目的はフィギュアだけの世界にすることらしく、それを口にしたってことは…
まさかこいつが色々言われているってやつか!?そういえば口調も女性というか

三流悪役の女性ボスのようなものだったな…

よくわからないままこいつには逃げられてしまい、奥にいた兵士達とボス戦へ。
うわぁ、ここで章ボス曲ってことはこいつら相当力入れてるな。

……ん……?黒い騎士、それが3体………?

まずいぞこいつら、まさかあのデスナイトじゃないか!?

これはオイラがまだこのゲームを手に入れる前、RPG大辞典さんところで
見ていたミスティックアークの数少ない情報。中盤の強敵、デスナイト。
即死魔法を使ってくるとか今までのボスより格段に強いって書いてあったような…
ならば、とすぐに全員(というか上手い具合に全員習得したのか)デスガードを使用。
これで即死魔法でいきなり退場だけは免れたけどこいつら攻撃力も高ー!!!
3体もいるから集中攻撃を受けたらいっきにもっていかれるわ!!(汗)
メイシャに防御を上げさせますがそれも間に合わずまさかのメイシャいきなり退場!
ひぃぃぃぃっ!残されたのレミールとトキオさんだけかよ!!
いきなり回復役をやられたのは痛すぎるぞ!とりあえず回復魔法はあるな…ならば
アクアヒドラの時と同じくひたすらレミール回復を使ってもらいトキオさん
分身斬りを連発するしかない…!!というわけで、ここから死闘が幕を開けた…!

ギャートキオさんあと4しかないよというかよく持ちこたえたなつかこいつら攻撃力だけじゃなくて炎の魔法もメチャクチャ威力高いんだけど一体どうなってるのああくそやっぱりメイシャがいないと辛いなだけどあの防御力じゃタイミングを上手くズラそうとしてもきっと攻撃を浴びることになっていたんだろうなって気がついたら結構薬草クッキー減ってないかというか最近道具買いだめしていないから数がもつかわからないぞこらトキオさん右じゃなくて左狙って左いつも左側にやけに攻撃偏るくせにアンタこんな時に反乱起こさないでちょうだいというかいきなりデスナイトがモアヘルス使ってきたんだけどどういうことなの100回復とかトキオさんの分身斬り1回で140ぐらいなのにどんだけ回復させてんだよお前らというか3体もいると一斉回復なんかされたらたまったもんじゃないけどレミールは回復に追われすぎてトキオさんのサポートが全くできないのが痛いなも~メイシャさえ無事でいてくれたらと思うわおっようやく1体倒せたけど薬草クッキーが残り少ないからモアヘルスを使いつついけよでもモアヘルスの回復量は薬草クッキーより少ないからどこまでもってくれるかが心配だなというか本当にレミール盾役ばっかりだな主人公なのにこの立ち回りは悲しいものがあるぜだからトキオさん右じゃなくて次は真ん中狙えよコンチクショウヴァーしかも今度はミスとかホント半端ねぇっすこいつら本当に強すぎるぞヴァーだけどどうにか真ん中も撃破してあとは残り1体だ頑張れお前ら!

こんな感じでどうにか撃破。いきなり2対3にされたのは厳しかったけどなんとか勝った(汗)
こいつらがいなくなったことで動力炉は普通に戻ったようで。…ん?今までメタリモの人たちが
苦労してたのはここが異常を起こして作業速度が大変なことになっていたから、なのかな。


とりあえず倒してきたぞー、とメタリモに戻るといつの間にかエジソンとアインシュタインが。
2人によると、北側にあるハイドロエリアのシステムを変える必要があるとか。
ここの機械によって地上に空気や水が送られていたのであり、色や音が失われていたのも
そこがおかしくなったからだとか…。でもまずはメイシャを連れ戻さなくちゃ。
神殿から戻ってきて次はルースレンツに声をかけると驚愕の一言。

動力炉にある機械でオープンカードを新しくすれば
ハイドロエリアに入れるようになります


早く言えよコノヤロォォォォォ!!!もう戻ってきちゃったじゃないかよ!!
しょうがないので渋々行って機械をいじるとオープンカードを新規に変更。
これでハイドロエリアと呼ばれるところに行けるんだな。さっき行って先に進めなかった場所が
きっとそこなんだろう。というわけで、毒と即死の敵を避けつつ先へ。


するとレーダーが消えてただの屋内状態に。一体どういうことだろう、と壁のモニターを
調べて回るとここはハイドロシティというらしい。そしてここのシステムを完成させたのが
エジソンとアインシュタイン。機械によると今日、といってるけど本当に今日なのかな。
あいつらまだメタリモにいるような気がするけど…。また、ここでルースレンツの名前を
見ることができました。しかし反乱を起こしたからメタリモに送ったとかどういうことなの…
更にここにアークが封印されていることがわかりました。なるほど、アークの力で機械を
どうこうしていたってことかな。でもアークを解放したら…あれ、機械大丈夫なのか?
とりあえず行くしかないな、とオープンカードを使い大きな扉を開けますが
ふとここで行き先がハイドロセルの他キープンサインもあることに気づき、そちらへ
移動してみるとどこかの建物の中。色が無いのがキープンサインの証拠だな。
建物を出てみると、そういえばここカギがかかって入れなかったところだ。
ここはショートカットの一種なのかな。とりあえず戻r…(ガシャガシャ)

「カギがかかっている」

ハ メ ら れ た ! ! !

なんてこったまたハイドロエリアに行くところからやり直しかよ!!
文句を言いながらメタリモに戻り、ルースレンツがハイドロシティで語られていた
ルースレンツの子孫だということを確認して再びハイドロシティへ。
反乱って何に反抗したのか、とか意外とよくわからない部分があるな今回…
や、自分が単にわかってないだけなのかもしれないけれども(笑)


ハイドロセルへ行くと、力のアークがいた神殿と同じ曲のような…やっぱりアークが
いるのかな?戦闘曲は久々に力みなぎる(略称すぎる)。相変わらずみなぎっているのは
トキオさんだけなんだけどもね!(笑)光のアークを宿らせた分身斬り最強すぎる。
床に三角で方向を示しているものがあり、もしや乗るとその方向ツルーン
移動するのかと思いきや全くそんなことがなく普通に乗れる罠(笑)紛らわしいわ!
宝箱を回収しつつ奥へ行くと、力のアークと同様石版が。
青のフロアに火のアークを封印しているようで、ならばあえて他の場所へ行こう、と
そちらでもまた宝箱回収。ここにもボスはいないのかな、というかデスナイト
もう色々限界だよ(笑)そして青のフロアへ行き、1個だけある宝箱を開けると
火のアークを解放。それと同時に地上に色と音、そして時間が戻り始めました。
あ、ラッドウッドの人たちはきちんと若返るんだな(笑)
きっとこれでこの世界での旅は終わりなんだろう。でもせっかくだから元に戻った
町を見に行こうかな!


キープンサインにいた画家、ビンセントはようやく色のついた夕焼けを絵にすることが
できたようで喜んでいました。しかしエジソンの姿は無く、またグラハムもデュプロに
行ったまま。そういやグラハム何してるんだろう…店番終わったのに。
デュプロでは道具屋の女の子に相変わらず嫌われたままでした(笑)なんであの選択で
ここまで嫌われなきゃならんのだ、と不思議に理不尽。そしてグラハムに話しかけるのを
忘れていました(笑)ベルの森にいるパブロの元には大量の弟子が湧いておりました
ラッドウッドで話をしたおばあちゃんのマリリンは…あれ、おばあちゃんのままじゃん。
ということは…端からもうお年を召していたんじゃねっすか!!(笑)
ここにもアインシュタインの姿は無く…一体どういうことだろうな。
メタリモにいるのかと思いきやそっちにもおらず。やっぱりハイドロシティかな。
ルースレンツからはラックス用の防具をもらいました。しかし他の仲間の姿を
見せていないのに何故バレたし。メタリモの壁から良い防具がつくれるそうで、今後は
これで生活していけそうとのこと。勿論地下で地上に空気と水を送る仕事もある
そうだけれども。ひとまず大体こんな感じで、うまくまとまったかな。


いよいよ対面したフィギュアの力を持つ謎の人物。

同じくフィギュアの力を持つレミールとの関係は…?

というかフィギュアの特殊攻撃成功しないんだが…?

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(ミスティック)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop