風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(ミスティック) »ミスティック体験記第壱拾四回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ミスティック体験記第壱拾四回  

ミスティックアーク体験記第壱拾四回です。


台詞の細かい部分を確認するためにネタバレをどうにか回避しながらプレイ動画
見ることがたまにあるんですが、先日たまたま見たパートでフィギュアにしたモンスターを
どうこうしてたんですが…あれ、あんなところ行った記憶無いしそもそもフィギュアの技
成功してないし!!!(笑)くそ、あれがあればいい武器防具を手に入れられそうなのに…
その辺よく理解しないで突っ込むのが初回プレイのお約束です。

前回のあらすじ:伝説の巨人

ちょ、いつまで騎士ガンダムネタ引っ張る。一応伝説っぽい存在らしいけれども。
5つ目の世界は風の世界。そんな世界に現れたのはもっさりした巨人でした。
挙句の果てには山にのぼったレミール達も踏み潰し(でも案外平気)、このままだと
巨人と戦うことにもなるんだろうか。よし、ちょっと光の弓矢探してくる。


クムにいた研究者、シルチスが北西にあるに調査に出たっきりなそうなので
まずはこいつを助けることからだな、と思い外に出て北西へ向かうと町を発見。
クムで聞いた突然出現した緑の肌をした人らがいるコルンって町かな。
折角だから入ってみるか、と入ったらいきなりレーダーダンジョン決定じゃねぇか!(笑)
そして噂通り緑の肌をした人を発見。こんちゃす、と声をかけたら戦闘に。

んでいきなり即死魔法の洗礼。

開始数分でガメオベラにするつもりかお前は!!!

なんとかレミールが回避してくれたのでガメオベラは避けられましたが、まさかここにも
即死魔法の使い手がいるとは…今後はデスガードもしっかり使っておこう。
倒したものの、相手はいなくならずもう一回話しかけたらまた戦闘になりました(笑)
こりゃ駄目だわ、とさっさと町を出て塔へ向かうことに。


塔に入ったもののレーダー無し。どういうことなんだろう、と浮いてる床に乗ったら
それが動くという仕組みのようで。いくつか分岐があったのでどれだどれだと乗り回して
いたらやがて魔物に襲われてる男性を発見。あ、これがシルチスかな。
助けてくれと言われたら主人公として助けないわけにはいきません、と戦闘へ。
ロデムという首の長いクアールみたいな奴でしたが普通にサックリ倒しました。
そしてシルチスの救出に成功。とりあえずクムに戻るみたいでしたが、もしこの塔で
何か見つけたら教えてくれと言い去りました。つまりは探せってことかよ!
ということで、塔なのに何故かいきなり下り階段を使うという不思議な構造の塔を攻略。
そして突然事故は起きる。

切り替えスイッチが落ちた。

そして電源も落ちたあああああっ!!!!

※切り替えスイッチ…3色の線を差したままスイッチだけで切り替えられる奴。
現在FCとSFC×2で使っています。


うわああアダプタのところがビィンと引っ張られたんだな…とりあえずデータは…

いぇい
いぇい
レミール


よし、元気だなお前!!

初めてこの中古データの名前から元気を受け取った気がする…(笑)

ひとまずもう一度塔に入り、ロデムを倒しますがさっきはシルチスに話しかけたので
今度はロデムとやらに先に声をかけてみることにしました。

「ふがっ」

レミール、お前こいつの鼻に指でも突っ込んだか

なんか間抜けな声に脱力しつつも撃破してもう一度塔の探索へ。
ここからレーダーが現れ戦闘を繰り返しながら進みますが、ここの敵強くないか…?
しかもイタチみたいな敵に攻撃が当たりにくいです(汗)トキオさんの分身斬り
連続ミスとか凄く切ないわ!そしてそいつがフェレットとかそんなグロテスク
ドットで言わないで!!!風来のシレンを並行プレイしてるオイラに謝って!!
もしかしなくても…LV不足だよなぁ(汗)最近あんまりLVを上げないで
ヒョイヒョイと来ちゃってたから。そろそろ腰を下ろしてLV上げタイムをつくろう。
そう言いつつも攻略は続けます(笑)メイシャの魔法でトキオさんの攻撃力を上げて
分身斬りという流れが定着しつつあります。というかメイシャ凄く使いやすいですね。
願いの歌で眠らせたり回復したり補助したり、攻撃魔法もあるけど消費MPが多い上に
属性云々もあるので結局男2人に殴らせた方が早いんでサポート役だけど、重要だ。
そんなこんなで進んでいくとそれっぽい宝箱が二つ。ボスは…いないかな、というか
入り口で戦ったロデムがそれだったか。開けてみると青い本黒い本
ひとまずこれがイベントアイテムかな。


クムに戻ってシルチスに見せるとどうやら中身は凄いことを書いていたらしい。
青い本は古代の鏡について。流砂の中にあるらしいけど、それを使ってどうしろと。
どこかに犬に変えられた王女とか、魔王になった父親がいるとか…?(DQネタばかり)
…ってこの辺一帯が崩れた衝撃で砂まみれになっているけどどうなんだろう。
黒い本については解読に時間がかかるらしいので、まずはその鏡を探さないといけないな。
とりあえずクムの中にはそれっぽいのが見当たらないので外を見て回ることに。
すると白い大地に茶色い穴、これは目立つな(笑)今まで背景に同化してなんだか
見つけにくかったオブジェクトがあっさり見つかった稀有な例、としておこう。


流砂が流れる洞窟に到着。んでいきなり宝箱×2。どう見ても怪しいですが、だからと
言って調べないわけにはいかない!と開けたら空っぽ。よほど怪しかったのか、
レミールは手を突っ込んで隅々まで調べていたようですが、残念ながらこいつらは
ミミックでした。あら、子供達だけの世界にいたミミックは臆病じゃなかったっけ?
どうもミミック=強キャラというイメージがあります。DQの影響かな…

そしていきなり飛んでくるキル。

だから即死魔法やめろってばもーーー!!なんとか今回も即死魔法を振り切ったレミール
案外即死魔法の耐性が高いのかもな。ならば2度も1発で喰らってアウトしたトキオさんは
一体何なのかと(笑)そういえばDQのミミックもザキを使ってくる奴だったな。

というよりこいつもえにくす産か。

ミミックを倒した後はひたすら流砂に流されまくり。足場に着いては4方向にしか
流砂に乗れないんですが、方向が決まっており大抵1つか2つの方向にしか流れられず、
気がついたら延々とループしてました(笑)なんだか似たような画面ばっかだし…!
そしてここに出てくる敵は何故か単体ものが多く、経験値も塔ほど多くないので
やがて逃げるを連発する始末。でも逃げられないとレミールがまず殴られます。

どうにか奥まで着いた、と思いきやここから先もまだあるようで(汗)
レーダーはありませんが、ガーゴイルのような像が3つ。そして先に行けそうな道には
大岩。つまり、これを調べてどうこうしてどかせって話かな。

話しかけて襲われてきました

ガーゴイルだと思ったらストーンドラゴンだってよ!石モンスターの定番だと
思ってたらちょっと変化球を投げつけられた気分です(笑)そして大岩が消えました。
しかしその先もまた同じ形になっており、3体の像。これはもしかして…と
調べて戦いますが岩が消えず。どうやら3体の内どれかが正解で、それを倒さないと
岩が消えないってことなんだな。これまた運に任せる戦いか…!
5本ある流砂から1本の当たりを引くのに失敗した奴だけど大丈夫だろうか(笑)

(結局1回ぐらい3体全部戦った回がありました)

それにしてもこのストーンドラゴンとの戯れが多いこと多いこと。
もう5,6回は進んでる気がする。そしてそれ以上の戦闘回数(笑)
そろそろかな、と思った場所でまたストーンドラゴンを倒しますが3体全部
戦ったのに岩が消えない。どういうことだ、どういう………あ、

これ、押せる岩だ。

ちくしょうえにくす謀ったな!!!よく見たら通路広いから岩押せるじゃないか…!
つまり、戦わなくても良かったのかよ!く、悔しくなんかないからね!!!
レミールのLV上げに一役買わせてあげたんだから感謝しろよコンチクショー!
進みに進んでようやく見つけたのは古代の鏡
大丈夫か、レミールの正体とか映ってないか?(笑)


クムにまたまた戻り、シルチスに見せると丁度黒い本の解読も進んでいたようで
この鏡が古代の人封印するのに役立つとか…そしてその古代の人っていうのが
コルンの緑の肌をした人じゃないかと言い出すシルチス。

いや、あれ古代人じゃなくて即死魔法を使ってくる魔物でしたけど。

ということで、次回はコルンへ突撃だな。そういえば、クムの宿賃が高いので
今回は全部わざわざクリスタルでナナカにワープしてまでタダ寝してきました(笑)


湖のほとりに現れた謎の町。

そこに住まう者たちの正体とは?

そして彼らと巨人との関係は?

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(ミスティック)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。