風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ミスティック) »ミスティック体験記第壱拾八回

ミスティック体験記第壱拾八回  

ミスティックアーク体験記第壱拾八回です。


終盤という終盤となり、いよいよ佳境に迫りつつあるのかと思われます
ミスティックアーク体験記、第壱拾八回となりました!フィギュア云々をさっぱり
成功させられていないのが気がかりだけど、ある種の縛り感覚で進めようと思います(笑)
べ、別に悔しくなんかないんだからねっ!!!

前回のあらすじ:お伽の世界で死の波動がドーン

まったくもって酷い話ですな!というわけで、初全滅しちゃったり寄り道しちゃったり
そもそもあんまり進んでいなかったりとかなりのグダグダ回となった前回。
今回は前回の遅れを取り戻すことができるのか!?


ガムの森を見つけ、おじいさんを助けたところでいよいよ森の本格攻略に入れるかと
思いきや、あれ…他に行けるところ無いんですけど……またか!また詰むのか!!
でも意地でも攻略サイト様の力は借りないー!!とあちこちをうろついてみたら
ようやく木にぶら下がっているツルを発見、上ることができました。
森は広そうに思えましたが道は1本だけなので敵と戦いながら進んでいきますが、
そういや前回やられた即死魔法の使い手はいないな。やっぱりここが一番最初の
攻略ポイントだからだろうか。そしていつの間にか森から洞窟内へ。
ある程度進むとオオカミを発見。更に後ろには赤ぼうしとおばあさん、そして

宝箱。

うおおおおおその背後の宝をよこせぇぇぇぇぇ!!

もはやこのプレイヤー、傍若無人である。

ここに来るまでに10分は硬い、この野郎めがっ!とバシバシはたいて終了。
オオカミは闇に脅されて二人を攫ったと言い訳をしますが、ここまで闇が関わって
くるのはやっぱり最後の世界だからなのかな。もうこんなことはしない、と
謝ったんで許してやるが後ろの宝箱はよこせよ、なっ!
赤ぼうしとおばあさんも無事だったようで、もう少しでが自分達をどこかへ
連れて行くところだったと話しました。どこか…神殿かなぁ?
2人はそのまま徒歩で帰るようだけど…ツル上るの大変だよおばあさん。
宝箱には炎の弓。弓ならトキオさんか、しかし本当に器用な奴だよなぁ…
とりあえずオオカミも退治したことだし、と町へ戻りお城へ。


オオカミは牢に入れられたそうで、褒美として王家の鎧をもらいました。
盾とか兜もあるのかな!と期待していたらまたも悲しげなSEと曲。
今度は女の子がやってきて、東の森で大きな魔物が出たという知らせが。
やれやれ、次はそっちで魔物退治をしなくちゃいけないのかな。
城を出る前にオオカミとも話をしましたが、とてもじゃないが言う事を聞かない
なんてできなかったそうで。本当に何者だろうなぁ、闇って。

オオカミ騒動が終息したおかげで、今まで扉を開けてくれなかった民家が
次々と開けてくれるように。そしてやっぱり皆童話の登場人物ばかりでした。
シンデレラジャックと豆の木らしきキャラクターまでおるよ…!
また、ジャックらしき少年の家の隣に切り株があり、そこに木のアークを使うと
ツルが伸びました。おう、これはどこに繋がってるんだ!と好奇心の赴くまま
上ってみたらいつの間にかレミール一人に。あれ…?

ここ、神殿の世界じゃないか…?

なんだこりゃ、ということは神殿って空の上にでもあるっていうことなのかな。
とは言え上った先はただの小島で何も無く、しょうがないので下りました。
そのツルを斧で切り倒すとトロルの竪琴なんてもらっちゃったんで、てっきり
イベントアイテムかと思いきや売れるみたいなんで魔法効果のアイテムなのかな。


それじゃそろそろ行くかー、とクルの森へ。ここで全滅した苦い思い出が…
とにかくあのジャスミンとかいう奴が出てきたら逃げよう、とか言いながら
退却に失敗してヒヤヒヤすることしばしば(笑)しかしここ、以前来た時は
無限ループにかかってしまい大変なことになったんだけどな…と
歩いていたら突然魔物…というかライオンが登場。何ぞ!?
戦闘になり…そうでまた画面が転換して元の場面へ。ライオンは自分が怖くないのか、と
レミール達に尋ねてきたのでそんなん闇の世界よか全然怖くないよ、と「はい」
どうやらライオンは町の西にあるにいるらしい魔法使いに会って勇気
もらいたかったらしく、どこをどう間違えたのか町の東側にいたそうで(笑)
事情を理解したライオンは今度こそ塔へ向かったみたいです。

でも町を通ったらお前、狩られるんじゃ…?

慌てて魔法で町へ戻って話を聞きますがライオンが通った話は無いなぁ。
ひとまず魔物じゃなくてライオン(とか言いつつ普通にライオンもおっかないが)でした
と報告しにお城へ行ってみることに。そして今度のご褒美は何かな。

へのつっぱりだったらシバいてやるからな。
(※未だにカミオーが所持しています)

すると王様は塔にいるワズという魔法使いに会ってみたらどうだと言い出しました。
何せ願い事を叶えてくれる力を持っているそうで、紹介状を出すからこれで
会いに行ってみるといいとのこと。塔で、魔法使いか…
マトーヤを思い出すなぁ。
一人で塔を何度も上っては落とされた、今となってはいい思い出です(笑)


それじゃ今度は塔だな!西から塔を目指しますが、ボートで漕いで移動しても
前回見つけたはどいてくれず、一体どこに次のフロアに行くのがあるんだよ!と
ここでもちょっとうろつくハメに(笑)なんだか最後の世界…意地悪だぞ!
結局すごく狭い足場に触れたら場所移動しました、相変わらず切り替わる場所が
よくわからないゲームだ。これでどうにか塔に到着。でもワズはいないのかな。
なんだかグルグルと回って上らされるような構造で、敵も普通に蔓延っていますが
即死魔法の奴だけは回避しつつLV上げ。気がついたらLV30に到達するのが
ちらほら出てきました。現在最後の世界なんだから50ぐらいまでしかLVが
無さそうかな。でも50前でクリアできるのなら意外と低い気がする。

この塔も一本道なのでひたすら登り続けるとライオンの姿が。あとおじさんも
いるけどあれがワズなのかな。しかしライオンは凄くへこたれていました。
どういうことかな、とワズに話しかけ紹介状を渡すとに力を奪われてしまい
ただのおじさんになってしまったとのこと。ええー、暗躍しすぎだよあの人。
何もできなくなってしまったお詫びとしてワズの杖をもらいましたがこれ、
ただの武器扱いなのか。というより魔法使うとき必要なんじゃないの?
ライオンは闇がワズから力を奪い取っているところを目撃していたようですが、
怖くて助けられなかったことを嘆いていました。勇気があれば、と言いますが

勇気と無謀は紙一重、それを身体が理解したのならば
まだ成長できるだろうよ。


…と、トキオさん辺りが喋ったらすんごくカッコイイと思うんだけど相変わらず
何も言わない無言な連中でした(笑)それじゃお城へ帰るか。


…というわけでした、と説明するといよいよ闇の行方が気になってきました。
宿屋にいるグレーセルという少女に占いをしてもらったらどうだと言われますが
そんな設定原作にあったか?(笑)でも聞いてみることに。すると無理無理
あっさり断られたんだけどどういうことだい王様!諦めきれず、何度も声をかけると
渋々占いをしてくれることに。でも水晶玉タロットも無しに占いって…?

「あら、できちゃった」

どういう原理だ

ワケがわからんまま闇は南の滝にいることがわかったものの、そこに行くには
隠し身の服というものが必要なようで。王様に聞いてみたら?と言われたので
再びお城へ行き聞いてみると仕立て屋が宿屋にいるはずだから呼んでこい、と…

ここから壮絶なたらい回しが始まったのである。

宿:太った男に声をかける。隣の部屋にいた痩せた男が仕立て屋。
でもアリ(アリとキリギリス)の家へ向かったと言われる

アリの家:話をして外に行った。家の外にいるキリギリスなら知ってるかも

家の外:キリギリス曰く子ぶたの家に入っていったのを見た

子ぶたの家:シンデレナ(シンデレラ)の家に行ったらしい

シンデレナの家:マッチを買いに行った

家の外:マッチ売りの少女に男が宿に戻るのを見たと言われる

宿:いるのは太った男だけ、つまりこいつが仕立て屋

レミール、トキオさん。
キルの用意はいいか…?


なんでお前なんかにたらい回しの刑を受けなきゃならんのだゴルァ!と
怒ると仕立て屋も「そうふくれるなって」と笑って言う始末。なんだよこいつ…
…待てよ、今「ふくれるな」っつったな?ということは少なからずも
レミールはちょっと怒っていたのか(笑)一応感情を露にしているんだな。
それはさておきこの野郎、となるも王様が呼んでいたことを伝えたようで、
それを早く言ってくれよと言いながら慌ててお城へ向かおうとしましたが
太っているせいでレミール達がいると通れないと文句を言います。
しょうがなく通路から反れて男が出て行くのを見届けますが……

今だトキオさん、首をやれ!!

勿論そんなことできやしませんけどね!(笑)でもできそうだ、必殺仕事人


お城へ戻ると早速仕立て屋は仕事をしているようで。捜して声をかけてみると
これをシンデレナに渡してほしい、と白いドレスを受け取りました。
お、これはシンデレラのシナリオが混ざってくるのか?ということでシンデレナに
ドレスを渡すもクツが無いそうで…ガラスのクツかな。探してくるからちょっと
待ってろ、となんとなく心当たりのあるおじいさんの家へ。
やっぱりこのじいさん、ピノキオのゼペットじいさんがモデルっぽいなぁ。
クツの話をすると力を貸してくれるようですが、クルの森にあるとある木に
必要な材料を入れるとがなるものがあるらしく、クツの材料となるのは
ガラスだまなそうで。やっぱりガラスなんだぁ。しかし肝心のそれがどこにあるかは
教えてもらえず、またここから情報収集をしないといけないのかー。
なんだか最後の世界で一気にヒントが激減した気がする。容量やばいのか…?


ひとまずそろそろ終わりにしようかな、と宿へ行きついでにグレーセルに話しかけると
風の世界の風車小屋でガラスだまが泣いている、と歌いだしました。どうやら夢で
見た光景を歌にしたそうなんですが、風の世界の風車小屋……心当たりがある!
まさか攻略のために他の世界に戻る必要があるなんて初めてだな。
風の世界…今度はそこから開始かな。


あちこちで暗躍を始めた闇。

最後の世界でレミール達は一体何を目にすることになるのか。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(ミスティック)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop