風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(天喰Ⅱ) »天喰Ⅱ体験記第壱拾六回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

天喰Ⅱ体験記第壱拾六回  

天地を喰らうⅡ体験記第壱拾六回です。


もう第壱拾六回!?というのが素直な気持ちの天喰Ⅱ体験記です。いやはや、
やっぱり1回1回の文章が短めになったからかな。でも見易さ重視ということで…。
とか言いつつたまに長くなるのがこの綴の駄目なところ(笑)それでは第壱拾六回どうぞ!

前回のあらすじ:鉄の兜物語、終幕

いやホント長かったよ…!(笑)他の防具がになっているのにこれだけのままで
しかも武将の持ち物の管理のされかたが特殊なため鉄の兜を見失ってしまい、
更に売っていないから銅の兜で代用していた数回分!それがようやく鋼の兜として
新調することができました。なんという感動のフィナーレ。という冗談はさておき
蜀の平定を終えたにも関わらずまだまだソウソウさんはお元気です。漢中を
攻められてしまったので止めるべくまた動きだすことに。


数日ぶりに起動させたこの天喰Ⅱ。確かシナリオに区切りがついたのか、敵の
兵士数が上がって強化されたんだよなぁ(汗)ということでLV上げをしようと
メンバーを攻撃重視の武将に変え、更に陣形を一文字の陣に。この陣形は攻撃力
上げる代わりに防御を捨てるという攻撃特化なもので、総攻撃でボコスカと
殴るにはうってつけかなと。ちゃんとした攻城戦じゃ危ないだろうけど。
そいじゃかかってこーい!と本日の初エンカウント

典韋(テンイ)が現れた

アッシマー野武将かよ!!!
※アッシマー…BB三国伝におけるテンイの演者

おいおいコミックじゃ結構活躍してた武将が野武将かよ!しかも攻撃力高そう…
ひとまず集中攻撃で兵士数を減らして攻撃力を減らs……

チョウウンは討ち取られた

ちょ、一撃!?

兵士数が少ないチョウウンだからなのか、陣形で防御が下がっていたからなのか
一発で仕留められるとは…しかもその隙に他の武将にリハンの計を受けて混乱した
ギエンがバチョウを討ち取る事態。更にそのギエンもテンイに討ち取られる。

なんだ、初っ端からこの絶望的な戦いは…

慌てて退散、態勢を立て直すことに。以後再びLV上げに勤しんだのですが、
そのときにはテンイが現れることは無かったという…おっかねぇ(汗)


ホウトウさんが討たれた後のラクホウハは岩が転がっていて通れなくなっていた
のですが、今は岩をどけたので通れるようになっている、とどうやってカンチュウへ
行けばいいのかわからずハ城まで遡った後
リュウビの隣にいる兵士に教えてもらい
ラクホウハを通過。ああ、ホウトウさんをいちいち思い出してしまうなぁここは…。
ラクホウハを抜けてフスイ城で一旦休憩。確かバチョウが仲間になったカボウカン
とかがあったなぁ。カボウカンでは戦闘にならなかったものの、その奥にある
ヨウヘイカンではソウソウ軍が待ち構えていました。夏侯尚(カコウショウ)らが
守っていましたが、策略持ちがカコウショウだけな上に知力も高くないようなので
コウメイが火神(大熱の上級、火刑最高ランク)でゴウゴウと燃やして勝利。
そしてその後は桟道を抜けてまた関所、ナンテイカン。そこにいたのは
張(チョウギ)でしたが、この戦いのすぐ前にフィールドのエンカウント
こいつと出くわしていた謎(笑)討ち取ったはずなのに何故いる…
能力を見ると全員策略は持っていないようなのでここもラクラク勝利。


ナンテイカンの宿で休んでいよいよカンチュウ城へ。夏侯淵(カコウエン)らが
待っていました。うぉう全員武将クラスな上に5人中4人策略持ちとか…!(汗)
もはやギタイで防御を下げるというのは無理な話。まずは火神で兵士数を減らし
ゲキメン持ちを倒さなくちゃ…!というところでカコウエンが静寂の陣という
陣形を敷きました。あ、やべぇ確かこれこっちの攻撃が効かなくなるんじゃ…
ということは早いとこ誰かを倒して散開させないと物理攻撃がメインのギエンと
金太郎が回復しかできなくなります(笑)隠れていて見えないけれど、火神は
効くようなのでまずカコウエンを仕留めるも他の武将の策略も炸裂。

暗殺の計

ギエンは討ち取られた

ぎゃあ!

きたよ即死策略!(汗)しかも相手も火神の計全体攻撃とか酷いわこれ…!
気が付けばバチョウ、ギエンが倒れ金太郎とチョウウンも兵士数がボロボロ
というか誰だ、向こうの伏兵は誰だ!?と能力を確認したところ、一番下にいた
楊修(ヨウシュウ)火神だの策略返しだの暗殺だのを持っていました…
結構押されましたがあちらの陣形の効果が切れ(切れるのか)、反撃開始。
ヨウシュウ、貴様ー!と集中攻撃で討ち取りその後隙を窺ってバチョウを復活。
最後の最後にギエンも復活させてなんとか5人で勝利を掴みました。
暗殺に全体攻撃…敵も強くなってきたってことか(汗)

カンチュウ城へ入り何か変わったか話を聞くとリュウビがこちらへ来るらしい。
それじゃまた宿で一泊かな。そして宮殿へ向かえば早速リュウビがいました。
伝達が入り、ソウソウ皇帝の位に就いたとか。魏の主君ってことか…
どうしたらよいかとコウメイに尋ねるリュウビ。するとコウメイはリュウビに
皇帝となり民を安んじソウソウと戦うことを薦めました。まだ城主クラスなのかな。
ケイテイの血を引く貴方様以外には考えられないって…あれ、ケイテイって確か
墓場で散々悩まされたときの…すまんリュウビ、ボロクソ言って!(笑)
色々考えた末、リュウビは遂に皇帝になりました。立派になったな、リュウビ…。
序盤戦闘で使っていたのを忘れるぐらい本当に遠い存在になってしまったものです。

翌朝リュウビはソウソウと戦う前にセイトシンヤの守りについてどうしたら
良いかと話し出しました。シンヤか…チントウさんが頑張って作り上げたあの街を
護ってもらわないとな!(笑)コウメイはカンウとチョウヒをそれぞれの城の
守りにつかせるようで、どうやらここで2人とはお別れのようです。
桃園の誓いトリオがいなくなるのは寂しいけれど、正直この二人を編成所に送る
ことができなかったのでこれで編成がしやすくなるかな!カンチュウ城のにあった
岩をどけたそうなのでそこからまた新天地に行けそうです。でもまず先に抜けた二人の
穴埋めをしないと。コウチュウの爺ちゃんとか入れたいなー…

オウフ!
(独特の衝突音「プゥン」が鳴り響く)

い、いきなり宮殿の出口塞ぐなよお前ら!というか誰だよお前ら!!と声を
かけるとなんとカンウの息子、関興(カンコウ)張苞(チョウホウ)
あれ、カンペイ養子の契りを交わしたけどカンコウは本当の息子…?
というかあの金太郎にも奥さんと息子がいたとか何事だよ!(笑)
きっと親父達の後釜として来てくれたんだな。能力値も親父達に似た形で、
顔グラもなんだかソックリ(笑)でもカンコウの武器、じゃなくてなのか…
そしてここでふと気付く。まさかと思いながら編成所へ急ぐ。

やっぱり外せなかった

おいおいまたこうなるのかよ!7人編成だけど絶対外せないのが3人とか
自由度下げられてるよ!(涙)それじゃこのメンバーで編成するか…
戦線参加はバチョウ・ギエン・チョウホウ・チョウウン・コウメイ
軍師はバリョウ。カンコウがお留守番です。どうでもいいけど攻撃255
金太郎とリョフだけだったんだな…息子でさえも240が限界か。
それじゃこの面子で進行していきたいと思います。


カンウ・チョウヒの志を継ぐ男たちが加わり、

ソウソウとの戦いは益々燃え上がろうとしていた。

呉の存在は益々薄くなろうとしていた。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(天喰Ⅱ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。