風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(天喰Ⅱ) »天喰Ⅱ体験記第壱拾八回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

天喰Ⅱ体験記第壱拾八回  

天地を喰らうⅡ体験記第壱拾八回です。


とうとう第壱拾八回。今までの体験記なら最終回を迎える数字なのですが、あと
もう少しだけこの体験記は続きそうです。今後もこれぐらいの尺で毎回綴って
いければいいなと思います。というわけで今作の最終回が第何回にくるのか
全く予測できない状態でスタート!

前回のあらすじ:麒麟児現る

だいぶ終盤に入っていたと思ったんですがまだまだ仲間になる武将はいるようで
コウメイが兵法の全てを教えようとまで言った武将、キョウイが仲間になりました。
代わりにコウメイが抜け、7人編成で進む終盤戦。外すことができないカンウと
チョウヒの息子達が結構ネックとなってきました。というわけで…

キョウイ「暗殺の計!
カンコウ・チョウホウ「やっぱりぃぃぃぃ

2人には申し訳ないがベンチで休んでいてもらおうか…。流石は終盤だね、
防具無しで兵士の攻撃ですら1000喰らうなんて恐ろしいものだ。
あ、ついでに赤兎馬とか地図とかも持ってもらうかな。こうして再び編成。
キョウイ・バチョウ・ギエン・チョウウン・バリョウ
軍師をバリョウさんにしてギョリンの陣。これでバランス良くなったかな。
キョウイ武将として剣を振り回すのもだいぶ強いようなので、後衛に下げて
策略だけにするのはなんとも勿体無いけれども仕方が無いな。
ひとまず先に進む前にLV上げするか、と戦闘を繰り返していると野武将から
倚天(イテン)の剣なるものをドロップしました。とりあえずキョウイに
装備させると攻撃力が一気に上昇して噴いた(笑)

90→220

とはいえ連打の剣2回攻撃なので実際は90×2=180なんだけども
それより40も高いとかこれ未来の武器じゃないか…?こんなものがドロップ
できるとは運がいい。並びを変えキョウイを前衛にし、剣を振るわせてみる。

兵士5000人が吹っ飛ぶ。

よし、前衛に来い

ただそうなるとキョウイがいた場所に誰が入るべきか…。と考え、元来大将
務めてもらっていたチョウウンが収まりました。知力もそこそこあるし、
素早さもあるから回復や補助、たまに攻撃策略としても活躍してもらうかな。
LVもなんだかんだで45になりました。クリアする頃には50超えるかな?


前回キョウイの策によって敗北した天水(テンスイ)城へ。キョウイが抜け
敵武将は4人となっており、また策略持ちも少ないので仕返しと言わんばかりに
火神で燃やし尽くしてきました。一泊して情報収集をすると、コウメイ
こちらへ向かっているらしい。あれ、武器完成したのかな。ついでに落ちてる
アイテムが無いかと探したらを発見。お店で売ってる鎧が金40000して
防御力がしか増えないのに対しこっちはタダ10も上がるんだから拾った
もん勝ち
とはよく言ったもんだ(笑)一泊したので宮殿にはコウメイがおり、
引き続き攻略を任せたと言うだけ。単に作業場所を変えただけか(笑)
次の目的は陳倉(チンソウ)城。そこには街亭(ガイテイ)へ行くための
渡し舟に乗るのに必要な渡航状があるとか。というわけで強奪しに行く。


チンソウ城で攻城戦。郝昭(カクショウ)率いる軍団と戦闘になりました。
面々をよく見ると…前回暗殺だの火神だので暗躍した楊秋(ヨウシュウ)じゃ
ねぇか!コノヤロウこないだはよくも!と集中攻撃をしかけたらかなり削れて
ビックリ(笑)バリョウさんのギタイが上手く入って防御を下げたのもあった
けれどもやはりダメージソースはキョウイか…。あ、チョウウンはその頃
エントンを2回ぐらい失敗して諦めて火神攻めになっていました(笑)
追い払ったところでお城の中へ。テンスイ城ではこの城には武器も置いてあるって
言っていたので期待しながら散策すると町の中では兜を入手し、町の奥にある小屋で
渡航状の他強力な武器防具を入手しました。会心の槍をバチョウ、諸刃の斧
ギエンへ。前者は会心の一撃が出やすいのか、そして後者は攻撃するといくらかの
ダメージが自分へ返ってくるのか、しかし双方攻撃力が高いのでこれでキョウイと
並ぶ前衛の強化がされたな。2つの武器、特に諸刃の斧の効果は2回攻撃なだけで
こっちにペナルティっぽいのは無い…のかな。狙われやすくなるとかそういうのも
あったりするのだろうか。とにかく強いのでこのままで行こう。
ガイテイには司馬懿(シバイ)の軍がいるという話も。あれ、そういえばソウソウ
まだ倒していないな。というよりもう名前しか出てきてない、最近(笑)


チンソウ城から西に行くと船の渡し場が。渡航状を見せ乗せろと言いましたが
チンソウ城が攻められたことを知っているようで、完璧にバレました(笑)

ならば仕方が無ぇ…てめぇら殺っちまいな!!
※どっちが正義かわかりません

武器を新調した前衛と相変わらず安定した破壊力の後衛の策略で船の強奪に成功。
ほんの少しだけ湖を渡りそのままガイテイへ。曹真(ソウシン)らと入り口で戦闘。
そういえばここ山だし激石の計とかどうなんだろう、と使わせてみたら

4000人の兵士が下敷きに。

うん、5000人の兵士を剣で振り払った方がまだ一瞬でいいと思う。
倒したと思いきやどうやら逃げたようで、ガイテイの中に入るも小さな基地という感じ。
入り口にいる兵士がキョウイ達に「逃げるが勝ち」という情報をくれました。
勝てない戦いならば逃げた方が良い、というそうですが

とっくの昔にやった。(第弐回参照)

今思えばあの時敵軍の姿が消えたのが静寂の陣だったんだなぁ。
どこから聞いたのかわかりませんがコウメイが開発した武器が完成したらしいから
戻ったらどうだという情報までもらいました。そう言って戻らせて不意打ちとか
してきそうな気がする。でも戻るしかない、と回復をして引き返そうとすると
細い道でエンカウントまんまとシバイの策にハマったな!と言われ登場したのは

張郃(チョウコウ)一人。

……た、倒しちゃおうか?

5対1とかいくら兵士数が9000以上あったって不利だろう!と攻撃するも
10前後のダメージだったためやっぱり逃げるが勝ちに従うしかないようで、
退却後更に一歩歩くとまたエンカウント、他の武将も合流していました。
これが何度か続きやがてあと一歩で抜けられるというところでシバイが登場。

兵士数9999

お前ラスボスだろう!

これも逃げて船に乗り、テンスイ城まで逃げてきました。危険…だった割には
バチョウが一回殴られたぐらいで済んだ恐るべし弐逃げるが勝ち作戦。


コウメイー!と宮殿に入るとシバイらに襲われたことがもう通じていたようで、
キョウイを編成所に休ませ新たな武器「連弩」(レンド)を手にコウメイが合流。
戦闘中に使うと攻撃できるらしい。なんとなく調べてみたら弓の連射機みたいな
ものらしい。一体どうやって持ち歩いているかはコウメイマジックということに
しておく(笑)とりあえず編成所へ戻ってしまったキョウイバリョウさん
交換し、これで現時点での最良メンバーに。バリョウさん本当にありがとう!
さて、この新武器の連弩はコウメイに持たせると良いらしいので戦闘で早速
使わせてみると、弓のSEと共に全体攻撃。策略と同様失敗することもあるよう
ですが策略ポイントを使わずにこれはなかなか優秀な気が。


それじゃシバイ達にリベンジマッチを申し込むかー、とガイテイへの細道へ。
そこにいたのはソウシンらだけで、シバイはいませんでした。早速コウメイに
連弩を使わせ、チョウウンは策略で身を固め前衛3人は集中攻撃。しかしそれでも
一人を半分以下に減らすのがいっぱいいっぱいなので色々策略を使われてしまい
静寂の陣が決まってしまいました。あーまた物理攻撃が通じない、やんたなー!

チョウウン→火神の計
バチョウ→火神の計
ギエン→金仙の計(※回復)
キョウイ→火神の計
コウメイ→火神の計

業火蜀火計部隊、ここに結成。

ギエンだけ回復なのはギエン自身の知力が低いため知力の高い敵武将に策略が
成功しなさそうなので(笑)単体の策略だともうゴリゴリ兵士数を減らせるので
武将を倒し陣形を散開、ようやく姿を出しやがったなと再び通常攻撃へ。
ソウシンらを蹴散らしたところで再びガイテイへ。どうやら奥に行くことで
フィールドも先へ進めるようになるみたいだな。でもこの先は険しい山道だって
聞いているのでそこからはまた次回。ちなみに麒麟児山好きだそうです(笑)


ソウソウと並ぶ力量を見せたシバイ

しかしこちらにも心強い武将が集まっている。

蜀と魏の戦いはまだ終わらないのだ…。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(天喰Ⅱ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。