風林ノ草庵 ホーム » 体験記(MMR) »MMR体験記第参回

MMR体験記第参回  

メタルマックスリターンズ体験記第参回です。
※既プレイの他作品の話も少々出てくる時があります


あまり体験記上で書かれることが無いLV上げをしていてふと気付く。
戦闘メッセージ、やけに「…」が多いな、と。倒した時会心の一発では
「!」が多く使われるのですが相手の攻撃などはしょっちゅう「…」です。
これは………ネガティヴなのか?ナレーターはネガティヴだったのか!?
時に元気出せよと言いたくなるそんな戦闘メッセージと共にお送りする
MMR体験記、第参回でございます。

前回のあらすじ:無慈悲な音がこだまする森

無慈悲=相手にダメージを与えられない非情な音「カキーン」である。
命中率の低さやら戦闘LVの低さも相まってかやけに戦闘が長引いて苦労して
おりますが、どうにかリターンズで追加された初の賞金首、Dr.ラフレシア
打破に成功しました。そして次の相手も…手強いぞ。


まずは前回1度だけ工場付近で出会ったもののすぐに退散したドス・ピラニアス
に再戦を申し込みに橋上へ。そして数回のエンカウントの後に奴らが登場。

いきなり奇襲を受ける。

一応このゲームにおけるボス戦だとは思うが、いきなり先制受けるってどうよ。
しかしそこで手下がドス・ピラニアスのになっていることに気付き、このまま
すぐに主砲を撃っては恐らく手下に先に当たり親分に撃つ頃には弾切れを起こし
そうな気配がしたのでまずは副砲で手下を倒すことに。するとバーン、という
衝撃音と共に「プロテクターを破壊した!」とのメッセージ。ああ、懐かしいな
プロテクター!これがあると無いとでは大違いの防具ですが、強い攻撃を
受けると壊れてしまうのが難点。逆に言えば相手のプロテクターを壊せれば
ダメージが通りやすくなるので一気に攻撃。いいな、この衝撃音。なんだか
クセになりそうだ(笑)手下を蹴散らしていよいよ親分との戦いへ。
まさかサルモネラ一家みたいに手下を呼んだりしないよな、と思いながらも
撃ちまくって勝利。賞金ももらいました。でも装備は完全なのでいざ次へ。


大砲が打ち込まれる謎の荒れた地帯。その先にいる何かを倒さない限り先へ
進めそうにないという序盤の壁っぽいポイントです。なのでまずは準備。
特殊砲弾を撃てるモスキートに徹甲弾を補充。これはタンク系の敵に対し
パーツ破壊をすることができる弾で、パーツ破壊をさせられると一部の攻撃
止めることができるので非常に便利です。あとはタイルパック。戦車のHPで
あるSPを少し回復させることができるアイテム。弱点は戦闘中には貼り返る
ことができないこと。そりゃ生身の人間が無防備で危険だものなぁ(笑)

それらをそろえ、ちょっとLVが上がりそうだったので先に上げたりもして
やって参りました、荒野。今でも覚えてる。ポブレに来る前に何も知らずに
この地帯に足を踏み入れ大砲が直撃、初めてSP0という悲惨な状態を
目の当たりにしたFC時代たまたま積んでいた徹甲弾により助かったりも
したけれど、今度は既知で挑むからな!サクッと倒してやんよ!

うおっと森につまづいて戦車から降りた

おいやめろよ今めちゃくちゃ爆撃されてんだぞ!生身の人間が出てきたら
ドクターミンチでも蘇生させられるかわからんぐらい粉々になるぞ!?
戦車の乗り降り、どこでもオートは何かとつまづいて面倒だな…後で
マニュアルに変更しておこう。慌てて乗り込みもう一度突撃。

そして大きな砲台…ビッグキャノンの前に到着しました。SPは…そこまで
減ってはいないけど念のために、とタイルパックで回復。それじゃ、覚悟
しろよ!と戦闘へ。ちなみに今作では賞金首ではないけどちょっとボスっぽい
奴らについては2の通常戦闘曲が使われています。でも音質がなんかヘボい。
なんかこう、厚みが足りないんだよな…リターンズって音質が軽い感じが
あるのでそれが何か関係しているのかもしれない。と、それはさておき
まずは徹甲弾を発射。そしてパーツ破壊に成功!これで主砲をぶち込まれる
ことは無くなったんですが副砲での攻撃はあるのでダメージは受けまくり。
しかも1台しかいないんだけどどういうことだろう…フィールド上で見た
ときは2台だったし、FC版は一気に2台を相手にしたはずだ。
これは…まさか連戦フラグかな?せめて戻る猶予はくれよ、でないと…

たった今主砲の弾が切れたからな!

ちくしょう弾数10発はちょっと少ないよな…!威力が低くてもいいから
弾数が多い主砲を選ぶべきだった!これは完全にオイラのミスだわー。
連戦でないことを祈りながら副砲、挙句の果てには少しでもダメージを、と
徹甲弾を撃ってみたりしてなんとか勝利。れ、連戦はやんたよ…!
ガクブルしていたらどうやら引き返すことができるようです。良かったー!

リオラドへ戻り補給をして再びビッグキャノンの元へ。先ほど主人公のLVが
上がったものの大して戦力アップには繋がらず、またも主砲が弾切れを
起こして副砲で頑張る始末。しかもトドメがアクセルの副砲ダメージ1って…
あと1で倒せたところでダメージ1を与えて勝利とかなんか低次元だな!(笑)
こうして2台のビッグキャノンを破壊し、先へ進めるようになりました。
尚、この辺に地下へ潜る道があり、そこには謎の機械やベルトコンベアが
あるんですがこれの存在理由は後ほど明らかになるそうです。


ビッグキャノン地帯を抜けて一軒家へ。そこでビッグキャノンは向こうから
来る魔物を倒すためのものだったと言われますがお咎めはないのでさっさと
逃げます(笑)更にキャンプ地があったので入るとそこはトレーダーの
キャンプ地、イサクの泉。しかし北にオードリーという町がある、とか
東にポートスラムがある、とかとどのつまり「お前がここに来るのはまだ早い」
と言っているようです(笑)そっか、もうオードリーか!ならば早いところ
町へ向かおう。ここで「あいつ」が待っているんだから…!

オードリー…FC版の体験記を綴っている当時は気にしていなかったけど、
今なら某○○とか言われそうだな(笑)何棟かのビルの廃墟を使っているので
戦車装備や改造を行っている棟、人間装備を売っている棟、宿と酒場がある棟と
分かれていました。改造もあるのか…!エンジンは今装備しているチヨノフが
一番良いようなので改造をして積載量をアップ。これでSPが増え更に重い
装備ができるように。この辺からメタルマックスは面白くなるよなー!

いよいよ酒場へ…。そこにはカウンターを独占するソルジャーの群れ。
離れた席で飲む人たちによるとソルジャーというよりはゴロツキ共らしい。
でも中にいるただ一人の髪の派手な女性は強いらしく、強い男でないと
相手にしないとか。こんな台詞あったかな、FC版で。だけど

ゴールドアントにドスとスパナを弾かれるこいつらじゃ無理だ。

とりあえずその女性に声をかけ、席を譲ってもらうようお酒を奢ると
何故かゴロツキ共に喧嘩を売り出す。
相変わらずここは意味がわからん(笑)とにかくこいつらとドンパチして
みたかったんだろうか。しかしそれに主人公らが巻き込まれるとは。
そうこうしているうちに女性の、そう、3人目の仲間の名前が発覚。

「あんじゅ」

……………ん?

ちょ、ちょっと待て。あんじゅってあのあんじゅか?平仮名か?おい。
FC版と同じかよ!なんてこった、ハンターの名前が同じなんだから
アクセル除いて2人は同じ名前かよ!運命なのか!!!(笑)FC版体験記
色々好き勝手やった罰が当たったのかなぁ…。それにしてもこの状態、

アクセルが空気を読んでいなかったみたいに見える不思議。

あいつは悪くない…と思うんだけれどもね。ということであんじゅも加わり
ゴロツキ共と喧嘩。しかし白兵戦で相手はグループ。更にプロテクター持ち。
先に武器屋行ってSMGウージー買って来るべきだったなぁ…!
あれ確かグループ攻撃のはずなんだ。だいぶお世話になったもの。
あちらの攻撃はてんで大したことはなく、かといってこちらも単体攻撃を
チンタラやっていたのでやがて逃げ出してしまいました。これで一件落着、
かと思いきやゴロツキ共が去った後にあの男が登場。

レッド・ウルフ

おう、久しぶり!とこちらが言えるわけもなく吠えるのは庭だけにして
もらいたいもんだな
と皮肉を言いながら3人をずりずりと店の外へ連れ出し、
そして地下の酒場から強引に放り投げられました(笑)すげぇよアンタ。
倒れたグラフィック、アクセルが仰向けでひっくり返ってるのがなんとも
コミカル。逆にあんじゅはビックリしてるポーズが女の子らしいなぁ。
主人公?うつ伏せだよ、うつ伏せ倒れハンターの基礎だもの(笑)
※2でもそうだっただけです。3は…あれ、なんか違う気がした。


怒って酒場に戻ったあんじゅを追いかけ、ウルフに喧嘩を売るもあっさりと
殴り飛ばされるシーンを目撃。ウルフを見送り倒れたままのあんじゅに
声をかけると漢らしい(※女性です)雄たけびをあげながら悔しさを
表に出し、主人公の旅について行くことを決意。ソルジャーは白兵戦専門
戦車を使えない場所での戦いではかなり役立ちます。男共の面子
潰れそうな勢いで(笑)LVがなので既に10超えてる2人よりだいぶ
低い状態、よってLV上げをすることに。ここでようやく武器屋で
色々買っていきました。お、プロテクターバリアシールか。
そういえばこないだバリアシールを主人公に装備させていたんですが
一発屋の砲撃によりわずか数分で玉砕されたってネタを書き損ねました(笑)
そんな感じですぐ壊れるんですがそれでもそれ以下の弱い攻撃を簡単に
受け止めてくれるから本当に助かるんだよな、プロテクターtt(バーン)

おい、もう壊れたぞ!!
(こうしてLV上げ中はプロテクターを装備するのを諦めました)


女ソルジャー、あんじゅが加わりメンバーがここに集結。

ここから先は様々な場所で様々な戦い方を強いられる、油断はするな!

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(MMR)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop