風林ノ草庵 ホーム » 体験記(MMR) »MMR体験記第七回

MMR体験記第七回  

メタルマックスリターンズ体験記第七回です。
※既プレイの他作品の話も少々出てくる時があります。


さて、ここのところ体験記としてやるゲームはほぼエンカウントが厳しいという
謎の共通点があったりしますがMMRもなかなかに酷い。一応エンカウントを
抑えるアイテムはあるんですがまだそれを手に入れておらず、戦車に乗っては
「デデンデn(エンカウント)」
「デデンデn(エンカウント)」

ということがしばしば。あの…1フレーズも流れられないの……?
そんな高エンカウントにもめげず、第七回参ります。

前回のあらすじ:\カキーン/

うん、野球のジャストミート音じゃないんだ。主力となるはずの主砲
ノーダメだったんだ…。更に弾切れを起こし最終的には副砲会心の一発頼り
という酷い賞金首戦でした。これからこいつらどうなっちゃうの…?


そんな不安を抱きつつ、次の賞金首へ。ブラスバンシーというこれまた
SFCの追記賞金首。ポスターを見ると頭が金管楽器で体はイカみたいな奴。
情報によるとコロナビルが倒壊し、やかましい音を立てながら逃げ出して
そこら辺にいるらしい…ふろむツマク。…あの親父かよ!!!(笑)
しっかり情報提供者として名を挙げたツマクに笑いながらもコロナビルの
付近へ。一応イル・ミグラで装備は整えてる。勝てるかな……

ちょっとエンカウントには時間がかかりましたがどうにかブラスバンシー
遭遇。うおおおお喰らえ125mmロングキャノンT!!
\カキーン/が来るかと思いきや普通に大ダメージ。い、いける…!?
アクセルにも同じものを積ませているのでダメージはやや少ないぐらい、
あんじゅはソニックブーマーで攻撃しますが……うん、やっぱり主砲
取り付けよう。相手の攻撃もあまり強くなく(一応各シャシー守備
上げてるんだよなぁ…)、これは楽勝かと思われましたがいきなり
金管楽器を鳴らし全員が眠ったり混乱したり。うわぁこういうタイプか!
このために耳栓ってあるんだよな…持ってきてないけど!!
混乱の影響はさほどなく、数ターン後勝利。久々に普通に勝てた!


賞金を受け取り早速改造やら補強やら。あんじゅが乗るバギーに主砲を…と
思いましたが穴のタイプを変えるという手段があることに気付きました。
S-Eの穴に主砲が入るように改造すれば今まで使っていなかったS-Eを
主砲として利用できるようになるので便利そう!

さて、次はシナリオを進めるか…と酒場にいるナナの元へ。
ユゲを占領している山賊について教えてくれるそうなので踊りが終わったら
楽屋の裏口へ来て、と言われるがまま踊りを堪能。
そして裏口を通ろうとするも男に邪魔されます。マネージャーかな。
しかしナナがサム、通してあげて!と言ったので通れるように
なったものの……サム?お前…2のメカニックのサムか!?
ずいぶんとまぁ髪の毛が立派に……よし行くか。
ちょっと懐かしい名前だったんで妙に反応しながらもナナに話を聞くと
山賊を仕切っているのはワルゲリョという男らしい。そいつさえ倒せば
山賊も大人しくなるようで、それじゃユゲに行ってみますか。

※ちなみにFC版はユゲより先に山賊のアジトへ突っ込んでしまったという
自由度が高いゲーム故の過ちがあったりする。


ユゲに着くと音楽プレイヤーで聴き慣れた曲…ハウルか!あの曲って
ウルフのテーマのようなイメージがあるからまさかで聴くことに
なるとは…って元からだったかなぁ。山賊によって脅かされている町は
お店に入るにも人が出口をふさいでおり、話をしてようやく通して
もらえるほど。とある家ではナナの名前を呼ぶ人がいたけど…誰?
ある大きな建物に入ると山賊というかヤンキーが大量発生中。
奥にいるヤンキーに話をすると消えてくれないかと言われましたが
ほほぅ、このハンドバルカンの餌食になりたいと申すか、と喧嘩腰な対応を
して戦闘に。白兵戦ですがナイフ攻撃もさっぱりだし、何より

腕に注射刺してばっかりなんですがこれ倫理的に大丈夫ですか

すげぇよ、この人ら毎ターンぶっ刺してるよ…痛ぇぇぇぇぇ!
ちょっとしぶとかったものの懲らしめたら他のヤンキーもヘコヘコしだし、
こりゃワルゲリョをやっつけたらすぐいなくなりそうだなぁ。


ワルゲリョはユゲのすぐ東にある小屋にいるそうですが小屋の前には
地雷が。ならば金属探知機で避ける!とピコピコ鳴らし回避、そして
アジトへ乱入。…ここもハウルが流れるのか!もう少し後の方が燃えるぞ!
ヤンキーに囲まれ戦うも今度は戦車なので容赦無く主砲をぶちかます。

こんなの喰らった生身の人間がどうなるかなんて想像したら負けだな!

残った1人のヤンキーがワタワタしますがどうやらボスのワルゲリョ
来たようで、橋に向かって叫んでいました。すると船に戦車を載せて
ワルゲリョが登場、しかし思えば人間の姿を見ていない…(笑)
戦車に乗ったワルゲリョと対決。ならば徹甲弾パーツ破壊だよな!と
主人公とアクセルで徹甲弾攻撃。あんじゅは購入したドラゴンスプレー
全体攻撃。ドラゴンスプレーって初代からあったんだっけか…
手下を倒し、パーツを破壊させられた戦車はただの鉄の塊、倒せるのも時間の内かと
思われましたが中に乗っていた手下が現れ再び敵が2体に。
更に手下は口笛を吹くとかあったんだな!(笑)そしてあっさり寝る3人。

…やっぱり耳栓用意しておこうか。

その後起きて反撃、あまり苦戦することなく終わりました。
ワルゲリョはゴメスという男の手下であるそうで、そいつのアジトが
大きな滝の近くだとこれまた生き残った手下から教えてもらいました。
それにしても生身の姿を見せること無く果てたワルゲリョが哀れ(笑)
そして、ゴメス…ポブレ近くの工場で見た戦車を買った男だな。


ワルゲリョが乗ってきたを拝借できるようになりましたが、まずは
イル・ミグラに戻りナナに報告。ナナの父親はワルゲリョに殺されて
しまったらしく、仇をとってくれた主人公にお礼のキスを…

ブチュッ…

あれ、なんか余計な一文字あるなぁ…
が無ければ恐らく可憐な口付けになるんだろうけれども…うむ…
また、ユゲも山賊がいなくなりましたが相変わらずには顔を合わせないと
入れてくれないという(笑)信じておくれよいい加減!!


ひとまず山賊騒動はおしまいを迎え、次は船で川向こうへ。
MMシリーズは広い海が無く、とかが限界なのが特徴。一応大破壊
文明が無くなった廃れた近未来だから水も無いんだよなぁ…
着いた先の建物から………あれ、どこに行くんだっけ。
そこら辺確認してないじゃないか!どうするんだ、というわけでひとまず
まっすぐ南下してみることに。敵は基本逃げてどこか町に着くのを待つ
つもりでしたがとある敵が襲来したので思わず足を止めました。

スローウォーカー

亀が大砲をくわえたようなモンスターで、こいつは経験値お金
大量に持っているありがたい奴です。ただし硬い。あと逃げる
どうにか倒せたらいいな、と特殊砲弾ホロチャージを用意。
会心の一発が出やすいお助け砲弾、行け!と撃ったところ見事的中
あっさりと倒し経験値1300015000Gを入手。
経験値が平均200しか手に入らないことを考えるとこれは恐ろしい…!
一気にLVが上がり(もらえる経験値に対しLVアップまでの
経験値が非常に多かった…)
、更に大量のお金を入手。こ、これは…

ようやく俺の時代が来た!

これで買い物も改造もラクラクできるぞ!とウキウキしながら進むも

大きな滝つぼを発見。

あれ…そこゴメスさんのアジトじゃねっすか?
明らかに来る順番間違えたな、これより前にもう少しやることがあった
はずなんだけどな!HAHAHA!それじゃ!!!


どう見ても来る道を間違えたようなので引き返し、今度は電車がお目見え。
電車ってことは…イーデンか!電車を家のように使っている面白い町。
装備も売っていましたが……高っ!!超音波砲の値段…24538Gとか
手がとどk……いやスローウォーカーからもぎ取ればいけるか。
更に話を聞くと南にはかつて電波塔として使われていた巨大な塔があると
いう情報も入手。そして北にはソルという町があることも。
あれ、ソルとイーデンどっちが先に攻略するんだっけか。ひとまずソルにも
行きたいので更に道を引き返して今度はソルへ。ドッグシステムの順序では
ソルの方が先なのでソルから攻略するべきなのかもしれない。


ソルといえば下水道。ここに何か怪物がいるようで、そいつのせいで
眠れないとか怖いとか色々悪影響がある様子。更にこいつを倒したら
戦車をくれるっていうんだから挑戦しないわけが無い。
しかし…FC版ではLVが足りなかったのかここで初めてメカニック
命を落とすという悲惨なことがありまして(体験記では別の演出に変更)、
ちゃんとLVや装備を整えてからじゃないと挑める勇気が(笑)
また、デビルズタワーという建物もあるとか。これは…FC版じゃ名前も
無かったし入れもしなかったはず。追加ダンジョンかな?
そういえば賞金首のツェッペリンという追加賞金首がこのデビルズタワー
最上階で電気を蓄えてるとか言ってたな。ここも攻略できるに違いない。
というわけで、ソルとイーデン、更に近くにあったトレーダーキャンプ等
色々な施設で装備を充実させてから挑むことにします。
勿論LV上げと資金稼ぎについては……ニヤリ。


ようやく戦いに慣れてきた様子のハンター達。

彼らの前にはばかるのは巨大な建物ばかり、攻略なるか?

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(MMR)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop