風林ノ草庵 ホーム » 体験記(MMR) »MMR体験記第壱拾回

MMR体験記第壱拾回  

メタルマックスリターンズ体験記第壱拾回です。
※既プレイの他作品の話も少々出てくる時があります。


RPGにおいて「便利ボタン」は必需品。ボタン一つコマンドが行える
手軽さは勿論このMMRにもありました。しかし…

L=仲間(道具・装備・ステータス等)
R=戦車(パーツ・道具・Cユニットプログラム等)
X=話す(※調べるとは別扱い)
B=調べる(※話すとは別扱い)
Y=戦車の乗り降り(※全員の一斉乗り降りは不可)

こんなに必要だったっけか……。同時進行のの影響もあってよく誤作動
起こすけれどそれも楽しいハプニング!遂に第壱拾回でござい。

前回のあらすじ:赤い悪魔、散る

電波塔を攻略した後ゴメスのアジトへ。そしてレッドウルフの散り様を
見届けRウルフを引き継ぎました。主人公の称号も「赤い悪魔」
なったんですがリターンズの称号は3のように変更ができないため、
他の称号を得ると消えてしまいます(再取得は不可)……よって、
どこまでこの称号でいられるのかが問題だな!(笑)
前回何やら忘れ物をしたようなので攻略本を見て忘れてきたものを確認。
そしてそれらの回収から開始します!


まずはネギの村。ドッグシステムに初めて登録されるとか相当最初の方で
忘れたのはちょっとしたイベント。ここの村のとある一角にイモ畑があり、
近くの家で寝込んでいる爺ちゃんが畑を耕さなくては、とうめいている
のでお手伝いをしてあげることに。調べれば耕しますか?というメッセージが
出るのをすっかり忘れてラフレシア討伐に意気込んでたわ!(笑)
水はけが良くなるよう耕してあげると光るものが。結婚指輪だったようで、
これ何?と家にいた女性に渡すと「あの人」が昔に失くしたとか…
お礼にルビーのレンズをゲット。これは後ほど使うのでひとまずトランク
預けました。あの人って間違いなく旦那なんだろうけど家のすぐ傍で
イモ畑大丈夫かなぁと言ってるこれがそれだろうか。全然そんな雰囲気が
無いので違うっぽいけどなんとも紛らわしい(笑)そして村を出て戦車に
乗るとバンが謎の重量オーバー。まさか…と道具欄を覗いて見たら

ナマリ茸が生えていた

ちくしょう湿地のせいか!!!!
これ洗車しないと取れないんだよなぁー…さっさと洗車屋のある新しい町に
行きたいところだけど、SPが1だけ減るだけだし先に別の用事を
済ませることにします。


次はソルから少し出た平原。地面に亀裂の入ったその平原に賞金首の
Mr.カミカゼが出現するそうで、こちらも忘れていました(笑)
シリーズに色々な姿で出てくるこいつはとにかく逃げる奴なので、今回は
果たして逃げられずに倒すことができるかなぁと思いながらしばし
エンカウントを繰り返すといよいよ登場。全員ホロチャージ発射!

会心の一発!723ダメージを与えた!

Mr.カミカゼを倒した!

瞬 殺

やったぜ父ちゃんワンターンキルどころかワンキルだよ!!
上手い具合に会心になったのと奴の防御が低かったのかな、一撃とは
やっぱりLVを上げた甲斐があったもんです。賞金でまた戦車を改造しつつ
次の忘れものへ。忘れすぎとか言わないでくれ!(笑)


今度は前回電波塔に上って気が付いた忘れ物。IDカードが無くて
BSコントローラーの機能をダウンロードできなかったのでカードを地下鉄跡
入手。でも戦車を降りてエスカレーターを上って券売り場を調べるとか
結構見落としやすいところだなぁ。電波塔へドッグシステムで移動し、
大破した戦車の回収プログラム衛星レーザーのプログラムをダウンロード。
後者はFCだと裏技扱いになっていたそうです。白兵戦の最終兵器だけど
数ターンかかる上に日の出てるところ(=フィールド)でないと電波を
届けられないという弱点があるんだよなぁ。

ここでふとBSコントローラーの機能が攻略本に記されていたので見ていると
またも何かが足りない。どうやら「帰還」というのが無いらしい。
というわけで今度はソルの南から入る地下鉄跡へ。デビルズタワー
さっさと行ってしまったので地下鉄跡がかなり広いとは知らず、しかも
出口がデビルズタワーだけでなくフリーザの近くにも出るのがあるとか
流石は地下鉄、あちこちの町と繋がっていたんだなぁ。
で、とある線路をひたすら進むとテントがあり、そこで帰還プログラムを
ダウンロード。とは言え大破させるようなことはあまり無いと思うけどな。

すみません、嘘つきました(第五回参照)

思いっきり大破させてたな、マンモスタンク戦!!(笑)
でもあれ以降はごくたまに破損ってだけでもう大破なんてさせてないよ!

さて、忘れ物の回収は以上です。でも移動の前に攻略本によると4台目
戦車として牽引した戦車を連れて行くとなかなか便利だとか。しかも
迎撃もできる…だと…!?ちょっとこれは興味深いのでやってみます。
戦闘に参加していない4台目が画面外から迎撃してくれるのかなぁ…
ついでにドッグシステムとかも預けておきました。道具欄が限られている
のでこういう時こそ有効活用!


で、ようやく先に進みます。ゴメスのアジトを通り過ぎるとこれまた
広い場所。とにかく町は無いかと山沿いに突き進むと発見。
サンタ・ポコでした。確かここだ、洗車屋があるのは!!
早速ドッグの中に入ると洗車用の大きな建物を見つけ、頼んで洗車をして
もらいました。あの…バギーはあんじゅがずぶ濡れになりそうだけど…
これでナマリ茸とはおさらば。牽引してきたモスキートにも最初からずっと
生えていたのがあったのでスッキリ。さて、お次は買い物だー!!
賞金首を倒した賞金、あとスローウォーカー狩りで手に入れたお金と
結構余裕があるので人間武器の高い価格で売られていたバズーカ砲
全員分購入できました。今度の賞金首戦は白兵戦になるため人間用の装備を
整えないといけないからなぁ…。ハンターオフィスで見たポスター、
ダスト・フランケンの姿。FCで見た時は鉄骨でできたメカっぽい
姿をしていましたが今回はちゃんと(?)フランケンっぽい容姿でした。
北東の昔の機械が動く建物に潜んでいるそうなのでそいつと挑む…前に
もう少しだけLV上げをしておこう、とスローウォーカー狩り。
LVと武器のおかげなのかあんじゅの攻撃でスローウォーカーのHPを
半分ぐらい削れるようになりました。流石はソルジャー。


丁度30にしたところでいよいよダスト・フランケン打破へ。
北東に向かい進んで行くとに囲まれた建物を発見。FC版でもこんな
ところにあったなぁ、とかここでレーザーを撃ってくるハチに襲われて
死にかけたような気がするなぁ
、とかちょっと嫌な思い出もぶり返しつつ
中へ。有機廃棄物処分場、という名称で、いきなりベルトコンベア
ありましたが動いていないようだったので他の場所を探ってみると
IDカードを入手。何に使うんだろうと思いながら近くにあったハシゴを
降りて今度はきちんと動くベルトコンベアを発見。乗って流れに身を
任せているとヒューン、と落ちその下もまた穴でヒューンと落ち、

(以下数回繰り返し)

おい、生きてるか?

普通はこんなんで無事でいられるようには思えないけれども(笑)
最下層に着いたようで、辺り一面ゴミだらけ。臭そうだなぁ…
他の階では敵が出てきませんでしたが、ここだけはエンカウントするようで
きっと(というか確か)ここでダスト・フランケンと戦うはず、と
ウロウロしまくると突然止まる主人公達。どうした?
すると背後のゴミ山からドーン!と出てきたダスト・フランケン
わぁちょっとしたホラーだわこれ!というわけでいざ賞金首戦へ!

そしてまたしても特に補助アイテムを用意していないという…

火炎ビンぐらい持ってた方がいいのかなぁこれ!!
その内ドーピング・タブ(攻撃力上昇)だけは準備しておこう…
一斉にバズーカ攻撃。アクセルでさえも攻撃はかなり通じており、
バズーカ砲の威力の高さを思い知らされます。しかしダスト・フランケンの
攻撃も強くハンターのプロテクターが一瞬で破壊。でもこれで1ターン
ダメージを無効化してくれてるんだからありがたいもんだよな!と2つ目を
装着。空いてる装備欄は全てプロテクターにしてるからな、3つまで
プロテクターは持てるから最低3ターンはもつわけだ!どうd(ボコーン)

1220のダメージを受けた…

!?

うおおプロテクター貫通しとる!!!その後アクセルの攻撃でトドメ。

主人公、残りHP20で生還。

全身の骨という骨が砕けた気がする。

でもエナジーカプセル3個飲み込めば全快するとか流石RPGだよね!!
これは間違いなく実家に戻った時姉ちゃんに武勇伝として伝えるだろう。
もし主人公じゃなくてアクセルだったら確実に死んでたなというちょっと恐ろしい
事実に気付きつつ……。あんじゅならHPも多いし大丈夫だったろうけれども。

倒した後はそのまま戻るだけ。途中濃縮メチルを入手。これも白兵戦
使える攻撃アイテムで、何回使っても無くならない………はず。
白兵戦の苦手なメカニックのアクセルにいいな、これは。
そしてIDカードの使い道ですが…最初に見た動かないベルトコンベア
動かすものであり、しかも落ちた先はハシゴを降りた先だったので
全く意味が無かったというオチでした(笑)


サンタ・ポコに戻り賞金をもらったり装備をまた改造したりしながら
先の情報を聞くとオアシスがあるとかそこに誰かがいる、とか
砂漠の下には色々な武器が埋まってる、とかなかなか面白い情報ばかり。
これならもちそうだな!何がとは言わないが。


賞金首退治は順調となってきた主人公達。

しかし彼らを脅かす賞金首はまだまだいるはず。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(MMR)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop