風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(MMR) »MMR体験記第壱拾壱回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

MMR体験記第壱拾壱回  

メタルマックスリターンズ体験記第壱拾壱回です。
※既プレイの他作品の話も少々出てくる時があります。


初代MMにおける癒しの場の一つが主人公の自宅勘当されておきながら
普通に入れるし姉ちゃんに話しかけて蚊のいない部屋でぐっすり眠ることができ
なんだかんだで宿屋よりここに戻ってでも休んでしまいます(笑)
そんな姉ちゃん、最初は編み物をしていたんですがある日はご飯をつくり、
そしてある日は掃除をしていました。たぶんストーリーの進行具合で変化したと
思うけど本当に母親も兼ねたできた姉ちゃんだ…!(※母親はいないようです)
というわけで今回も姉ちゃんに感謝しつつ参ります、第壱拾壱回です。

前回のあらすじ:残HP20の奇跡

ダストフランケンの強力な一撃であやうく唐揚げになるところでした…
戦車の破損や大破はやらかしていますが唐揚げだけは未体験で行きたいなぁ。
前回は忘れ物を取りに戻ったり、新たな町に行ってみたりしていました。


今回はサンタ・ポコの北側に広がる砂漠を攻略しようと思いましたがその前に
ちょっとだけLV上げ。30→33にしました。FCでのクリアLVは
確か30そこそこだった気がするんだよなぁ、2も。は違うけど(笑)
というわけでスローウォーカー狩りがまた始まります。そして

メカニック>ハンターの会心率について。

おい、何故ハンターのホロチャージが20ダメメカニック会心なんだ。
本当にこう、ダメージ幅ピンキリなのが恐ろしいゲームです…
で、LV上げをしたところで同時にお金もえらいことになったので
すっかり忘れていた「アレ」の入手に向かいました。オードリーの南東に
あるポートスラム、ここのとある建物で戦車が売られていまして…
進行当時は戦車を買えるお金が無かったのでスルーしていましたが、
スローウォーカーからふんだくったお金が大量にあるのでこれならば!と
商談へ。いくら払うんだ?と言われ確かFC版ってどれぐらいだったっけ…
と、とりあえずこれぐらい、と7万Gと入力したらあっさり入手。
名前は「エイブラムス」でした。あれ、こんな名前だったっけお前…?
使うかどうかですが、とりあえず保留にしておこうかな。主人公には
どうしてもRウルフを乗せたいし、あんじゅは人間武器が使えるバギー
いいし、となるとアクセルに何を使わせるか、ただそれだけしか論点が
無いという(笑)できるならやっぱり最後の戦車かなぁ…


エイブラムスをリオラドの車庫に入れていざ砂漠探索。サンタ・ポコで聞いた話
によると砂漠には武器が埋まっているらしくそれを求めて来るハンターも多いとか。
ならば金属探知機でもやってみようかな、と数歩進んでは使ってみると
ATMひ牡丹やら225mmヒュドラやら205mmひ牡丹
色々と出てきました。牽引車があって良かった、重量オーバーは牽引車には
関係無いからな!しかしどれも重いしATMひ牡丹は守備力が……
とりあえず最後の戦車を手に入れたら色々装備を考えようかな。

そのまま砂漠をうろつくと門を発見。入るとヘルゲートでした。
ここはまだ来るべき場所じゃないと把握していたのですぐに引き返し、
西に行くとくたびれた鉄骨の塔付近に小さな村。ヘルゲート西の村という
もう少しいい名前は無かったのかと言いたくなる名前でした(笑)
ドッグシステムにも登録されたようですがおい1つ飛ばしてるぞ!
というわけでここも売ってるものだけ見てすぐに後にしました。

次に訪れたのがそこからひたすら南下した山の中にある町、カナベル
これで町は全部行ったことになりました。ドッグシステムコンプ
実はリオラドが山を隔てた先にあったりします。遠くまで来たものだ…
ここでも色々と買い物をし、ハンターオフィスにて賞金首についての
情報を調べると、ロドリゲスサルモネラ本舗が。あれ、前者は少し前から
見ていたけどまだ倒していないな。砂漠の中にあるオアシスにいるという
らしいので装備を揃えてオアシス探しへ。どうやら見逃したらしい。


オアシスを発見し入るも建物があるだけで誰もおらず、そのまま2階
上ると何かがいました。近づけばバラードを聴きに来たのか?と言われ
いいえと答えればそれじゃロックを聴きに来たのか?とも言われ
それにもいいえと答えたらそれじゃ地獄を見に来たんだな、と
まさかの白兵戦…だと…!?しかしまだ引き返せるようだったので
いいえと答えるイエスマンならぬノーマンな態度をとり、作戦会議。
今回はなんとただの白兵戦ではなく1対1のタイマン勝負だそうで。
ならば白兵戦に長けるソルジャー、あんじゅの出番だよなぁ!
プロテクターを主人公とアクセルの分も加えて渡し、満タンドリンク
持たせていざ闘いへ。戦う意思をを見せるとロドリゲスはベランダから
飛び降りたので主人公達も続いて飛び降りました。

まるで西部劇の早撃ち対決のように静かに風が吹き、転がる何かの塊…
そして誰が戦いますか、という選択肢にあんじゅを選びロドリゲス戦へ!
1対1で戦うのはにもあったな…あっちはかなり苦戦したけれど今回は
どうだろうか。武器は新品のロケットパンチ、ドゴーンを発射させて
手元に戻るなかなか凄い武器で挑んだところ

2ターンで終了。

…………なんか、ゴメン。

ちょっとLV上げすぎたんだろうか。とりあえず、2階の部屋にある
タンスを開けることに。ロドリゲスとのイベントが始まってしまうので
調べられなかったんだ(笑)ロドリゲスがいた部屋のタンスから見つけた物、

兄貴のブロマイド

おま、そういう趣味が…!?と思いきや悪のブロマイドと同じような
もので、写っていたのはバルデスでした。ああ、最強の賞金首か…
こいつとも後々戦うんだよなぁ、しかも白兵戦。勝てるだろうか。


カナベルに戻って賞金を受け取り、今度はカナベルのイベント探し。
いじめられる鬱憤晴らしに火遊びをするヒミオが心配ですが、
北には工場跡があってそこで武器が作られており中には戦車も…?という
話があったり、サルモネラ本舗の居場所はハンターオフィスでも突き止め
られていなかったり。とりあえず戦車行こうぜ、戦車!

工場跡はゴーストベースという名前になっていました。うわぁ、ここか。
内部に入るには戦車を降りるしかなく、となれば白兵戦確定
賞金首がいないのはわかっているので大丈夫だとは思いますが
プロテクター回復アイテム諸々が…。近くの建物に入ってみると
宿舎として使われていたようなベッドやタンスがズラリ。もしや…と
のぼるとそこには白骨化した兵士がおりました。やっぱりかーーーーー!!
おそるおそる話しかけてみると聞こえてきたのは

「すーすー」
「ぐうぐう」


世にも珍しい寝る幽霊兵士でございます。

FC版でもこれには笑ったんだよなぁ!(笑)しかしそれよりもっと
気になる奴がいる。幽霊兵士は立ち寝しているけど部屋の中には
ベッドで鼻ちょうちん吹かして寝てる幽霊兵士がいるんだぜ!?
こいつはFC版じゃ見なかったな…どれ、話しかけてみるか。
どうやら上官らしく、1・2と号令をかけたりお前らに人格は無いとか
罵倒したり…なかなかスパルタなようだ。できれば入りたくは無い。

幽霊兵士の宿舎を後にして今度は地下ベルトコンベアをコンピューターで
操作し動くようにさせたものの、ここで手詰まり。これに乗って
どこかに行くんだと思ったらどこにも行けなかったからなぁ…。
1FにもベルトコンベアがあったんですがIDカードが必要みたいで、
それがこの地下を探しても見つからず。…しょうがない、と攻略本を見ると

鼻ちょうちん吹かしてた幽霊上官の机の中だった。

また…また机の中かよ!!これ意外と気付きにくいんだよなぁ…
タンスとかクローゼットとか流し台は結構目立つんだけど机の引き出しって
あまりオブジェでも出てこないから本当にスルーしがちだわ……
というわけで引き返してIDカード入手。しかしこの辺りでいよいよ
白兵戦の連続が厳しくなってきました。基本逃げに徹しているんですが
たまに不意打ちをかけられると攻撃をドカドカと喰らい、その度に
壊れていくプロテクター!ちくしょうプロテクター屑の山の完成だ!
GIスケルトンがすんごく厄介。こいつの攻撃力が半端無く高い…
おかげでまた主人公のHPが残り100とかになっていました(笑)
しかも一番大事なことに気付く。

新しい戦車=4台目→牽引←それモスキートじゃね?

モスキート置いてこなくちゃ……


というわけで回復アイテムの補充も兼ねて一旦引き返しました。
プロテクターの補充はしません(笑)どうせ不意打ち喰らえば即だもの。
IDカードを入手したのでコンピューターを操作。ベルトコンベアが動く
ようになり、更に動く方向も選べるように。とりあえずはコンベアの先に
向かうようにしてみました。コンベアの乗り場が地下にあるようなので
地下に降りコンベアに乗って流れに身を任せてみるも途中でストンと落ちる。
あれ、今折り曲がるところで落ちたな…?もう一度乗って今度は十字キー
抵抗を試みるもやっぱりストンと落ちる。一体これは何事ぞ…
と思ったらコンベアの乗り口のところにコンベアの動きが逆転するときが
あります
との注意書きが。日本語的に通じない部分があるけれど、
とりあえずコンベアの向きを逆にすればいいんじゃないかとは思った。
向きを変えて流れに抗うように十字キーを押して曲がり角も普通に曲がり
穴の中へ。やっとこさ戦車の元かな!モニターがあったのでIDカードを
差し込みますが反応が無いって………え?違うの?また詰んだ??
おかしいなぁ、もう他に操作できるものは無いし、カードはこれしか
手に入れてないし…ひとまずここから出ることに。


出口は実は工場跡でなく隣にあった謎の建物ヤミクモ研究所という
ヤミクモ博士がロボットのサンデーと暮らしている所でした。
以前レンズを2個見つけているんですがこれがここで役に立つわけで、
ヤミクモ博士と話をしてレンズ友達に。相変わらず擬音語がわからん(笑)
ここのイベントについては次回には触れられるかなぁ。
柵を開けたのでここには簡単に入れるようになりました。さて…
それじゃさっきのIDカードについて調べてみるか。

(攻略本にて確認中…)

情 報 皆 無

やだ、こんな四字熟語に出くわしたくなかった…本当に無いよ!?
簡単に戦車が手に入るって書きやがって!どうしたらいいんだ!
仕方が無いので攻略サイト様に確認。

無敵病院で見つけたIDカード(O)でした

第四回で手に入れた代物をここまで持ってくる奴がどこにいるか

とっくの前にトランクに預けたわそんなもん!!!!(笑)ヤミクモ研究所
から最下層に簡単に行けるわけだし、ひとまずカード取ってこなくちゃ…
(※戦車の元へ戻る途中今度はアクセルが残りHP200という
 ジリ貧になったことをここでお伝え致します)


コノヤロー手間取らせやがって!!!とIDカードを乱暴に差し込み
(※イメージです)、ようやく最後の戦車「ホワイトムゥ」を入手。
これもなんか名前が違うなぁ…牽引してリオラドへ。
これにて全部の戦車が揃いました。あとはアクセルをどれに乗せるかだな…
ですが今回はゴーストベース攻略でヘトヘトなので次回に回します(笑)


舞台は終盤、荒れ果てた砂漠地帯へ。

賞金稼ぎ達の物語は、少しずつ終焉へ向かっていった。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(MMR)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。