風林ノ草庵 ホーム » 体験記(MMR) »MMR体験記第壱拾弐回

MMR体験記第壱拾弐回  

メタルマックスリターンズ体験記第壱拾弐回です。
※既プレイの他作品の話も少々出てくる時があります。


戦車が8台揃ってふと思うのはFC版と一部名前が違う奴が本当にちらほら
いるなぁということ。パンサー→ティーガー、タイガー→エイブラムス、
Kタイガー→ホワイトムゥ
なようで。一応モデルになった戦車もあったり
するらしいけれどそこら辺までは流石に調べられないんだけれど正直FC版で
タイガー2台あるのは不思議だなと思うぐらいの心意気はありました。
で、結局何を言いたいのかというと、特に無い。

前回のあらすじ:黒幕、IDカード(O)

もうこれだけでいいと思うね!無敵病院(体験記第六回)で入手した
IDカードがまさかしばらく出番が無いまま後半のダンジョンでようやく
使われるとか一体DECO何考えていやがるんだ!鬼畜!しいたけ!
ひとまず最後の戦車、ホワイトムゥも手に入れまずは最終戦車の選抜から
再開しました。


主人公にはRウルフ、あんじゅにはバギーというのは決定済。よって
アクセルを何に乗せるか、ということでとりあえずは最後の戦車、
ホワイトムゥにしました。救急車のバンも長い間世話になったなぁ!
あのピコピコとランプが光るのも好きだったぞ(笑)装備を入れ替え
SPもとりあえずRウルフと同じぐらいになったので大丈夫かな。
3では結構守備にも気を遣っていますがあんまり今回はそこまでSP
削られていないのでひとまずSPをそれなりの数で保てるような感じに
しています。準備を整えたところでいざ出発、カナベルへ。


町に入ると何故か町人が皆して東側を向いていたので話しかけると
山火事が起こっているとか。あら大変。もしかして火遊びをしていた
ヒミオではないかと声をかけましたが、自分ではないと言うばかり。
とりあえず火を消すために必要なハイドロポッドを用意し、フィールドへ
出て燃え広がる森の前で使用すると、ポッドが上空へ上がって
降らせました。こういう奴だったのか、これって…。
火事はすっかり鎮火し、焼け跡から工場を発見。ですがとりあえず
カナベルに戻ってどう変化したのか見てみるとヒミオが見当たらず。
話を聞くとどうやら奴が犯人だったようで、親によって地下の倉庫
閉じ込められていました。あれ、こいつ犯人だったっけ…?
泣きべそをかいているヒミオに話しかけ、今度はいじめられたら
ケンカでやり返すと少しは変わった様子。いいか、まずは鼻を狙えよ。


話を済ませたところで謎の工場へ。ここに賞金首、サルモネラ本舗
いるはずなんだよなぁ。で、いきなり閉じられたシャッター
閉鎖と書かれた看板鍵がかかってあかない扉………

ん?

おい、これどこから入るんだ?回り込もうとしても外に出ちゃうし
おーいこれ詰んだかー?と思いきやロックハッカーを使えば良かった
だけの話(笑)最近こいつの存在を忘れがちだな…

相変わらず敵は出てきますが迷彩シールドで少しはマシに……
なってるはずなんだけどもやっぱり1フレーズで敵出るよ!(笑)
とは言え戦車に乗っているし、前回のゴーストベースよりは随分と
不安は無いけれども。さてさてここも探索するか!木箱から戦車装備
取り出し、牽引用のモスキートを忘れてきたことに気付いて仕方なく
バギーに乗せてSPを削らせてしまったりしながらあちこちを
歩くといきなり賞金首用のエンカウント。あれ、もう!?
FCの時はもう少し奥で会った気がしますが、サルモネラ本舗と遭遇。
それじゃホロチャージで行くぞ!と3人で集中正射。会心か否か、
それ以外でもやっぱりダメージ幅は広いなぁ…挙句の果てにはカキーン
弾かれたりも(笑)対するサルモネラ本舗の攻撃は…弱い。
SPが2000近くあるのに対しダメージが20。うわぁこれは…
HAHAHAざまぁ!と数ターン後に撃破。これでのんびりと攻略できる
だろうかな。でも他に何か手に入れるべきものってあったっけ…?
しかも途中戦車から降りなくてはいけない場所も。あ、いかん…

プロテクター装備していなかった

こないだよりはマシだけどまたしてもアーミーゾンビバズーカ砲を喰らう
ハメになりました…これだから白兵戦は野郎共がヘタレで困る。
最奥にあった木箱から手に入れたのはレンズでした。あ、これか!
これで3枚のレンズが揃い、レーザーバズーカが作れるようになりました。


カナベルで賞金を受け取り回復したところでゴーストベースの隣にある
ヤミクモ研究所へ。レンズが3枚揃ったのでこれをやりくりして
レーザーバズーカとして使うことができるように。これが意外と強くて
ソルジャーの武器としてうってつけです。しかし…

レンズを置く場所が4箇所ある

おい、レンズ3枚しかないのに何故4箇所ある。どういう意味だ。
もしかしてリターンズになって追加されたのかな、もう1枚。
テキトーに置いてはダミー人形に使って攻撃範囲を調べますが
時に装備させないまま攻撃させて主人公が見事な3連パンチ
かました瞬間を目撃しました(笑)他の2人もアクションが違うのかな。
結局単体でそれなりに攻撃力のある組み合わせになったのを使用することに
しました。レーザーとか言いつつを発射するんだな、これ。


お次はカナベルへ向かう途中通った砂漠に出現する賞金首、ロンメル
ゴースト
を倒すことに。ヘルゲート西の村から南下し、BSコントローラー
地図を見てが連なってに見えるような場所へ。ロンメルゴーストは
この辺に出るそうなので。うろついている途中、ふとこういう所って
何か埋もれていそうだなと思いつき金属探知機を使ったら頭にあたる箇所に
反応が!何だろうと掘り出したらノアシステムNO.R…って何!?
Cユニットみたいでしかもプログラムマークに「殺」って物騒な…(笑)
どういうシステムなのかな、とONにしてみたら抹殺システムONって…
何か嫌な予感がしたのでOFFにしようとするも戻せないということが
発覚。何これ怖い!呪いのアイテムか何かかよ!!装備は外せるから
いいけれど、なんだかクルマをのっとられそうでおっかないなぁ…
ひとまずリオラドに預けておこう。何事かと思ったわ、ホント。

再び鳥の場所へ戻り数回のエンカウント後にロンメルゴースト出現。
見た目戦車だからパーツ破壊が有効そうかなと思いつつホロチャージ
やっぱりタンクなので防御が高く、会心が入っても100ちょい。
こちらへの攻撃は大したことがありませんがレーザーがちょっと痛いかな、
と思っている間にホロチャージでパーツ破壊が起こって徐々に攻撃を
封じていきました。でもパーツ破壊=そのターンのダメージ0だから
あんまり破壊ばっかりされても攻撃に繋がらないのも困るわ(笑)
結局パーツ破壊により被害を抑えたところで撃破。


戦車の改造をしつつやり残しが無いかあれこれ思い出していると
あったあった。転送装置で起こる転送事故でしか行けないという場所。
戦車を置いて転送装置に入ろうとするもおじいちゃんに阻まれ入れない
リオラドは諦め、ポブレから入ることに。そして数回あちこちに転送を
していると画面が赤っぽくなり妙な転送に。

ヒャッハー!!転送事故だぁーーー!!

※シリーズ恒例なのでアトラクション並に楽しんでいます

寂しい曲と共にたどり着いたのは研究所ケミカルな本が並ぶ本棚には
エッチな図が書いてあるものもあったらしい。ちょっと詳しく見せろ
とある機械をいじると再生カプセルを入手。唯一の蘇生アイテムです。
でも2だかでは戦闘中に使えなかったんだよな…今回もそうなのかな、
なんだかんだでまだ誰も死んでいないんだけれど(瀕死はありますが)
持っているに越したことはないので一番生存率の高そうなあんじゅ
持たせて再び転送装置から町に戻りました。FC版じゃそのまま外に
出て確かここは、と徒歩で町に戻った気がしたけどそこも変わったのかな。


また、リオラドを探索していた時にようやく気が付きました。
金食い虫
これ2にもいたなぁ、結局どうしたかは覚えていないけれども(笑)
名前の通りお金を与えて大きくするんですがどう見てもこれ虫じゃなくて
なんだけど…今のところ賞金やスローウォーカーで稼いだお金が
あるからちょっとあげてみるか、と与えるとドットが更に大きくなって
太ましく…(笑)更に選択肢の「運動」ボタンと連動しているようで
目を閉じたり足をあげたり、可愛い…かもしれないけど意外と
DQのモンスターみたいな顔をしているので複雑なところだ(笑)
ひとまずまだお金を使うところがあるかもしれないのでこの辺にして
おいてそれじゃいよいよ最後の土地へ向かうか。


数々の賞金首を撃破し、残る賞金首はあと1人

成長したハンター達は冒険の果てに何を見るのか。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(MMR)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop