風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ジャスブリ) »ジャスブリ体験記第弐回

ジャスブリ体験記第弐回  

ジャストブリード体験記第弐回です。


ジャストブリードのパッケージでイラストを誰が手がけたかわかる方、そして
主人公が剣持った藤井八雲じゃね?と思った方はオイラとちょっと世代が近い
かもしれない。T田Y三先生です。って伏せたらわからなくなるけどな!(笑)
かつて3×3アイズという漫画を読んでいたので印象に残っているんだよな。
とにかく描写が細かくて、敵が若干グロい。というわけで、このゲームの敵も
アイコンを調べると出てくるイラストがちょっとグロテスクだったりする。
ドットで良かった、デフォルメされてるもの…(笑)

前回のあらすじ:13年間の勘違い

アイザックを女性だと思っていたことです…。
や、だって一人称「わたし」だったしが長そうに見えたし魔法使いだし、と
女性だと信じて止まなかったのですが存在する小説によれば男性だったらしい。
まさか13年間も勘違いしたままだったとはなぁ…(笑)
恋人でありサファイアの司祭フィリスを攫われた主人公は守備隊の部下を連れ
フィリスを助け出す旅に出たのでした。


LV上げをぼちぼちしてとりあえずに。それにしても1回1回の戦闘が
短くは無いので(約5分程)途中でだれてきました(笑)これがSLG
慣れていない奴の証拠だよ!普通のSLGなら1マップにそれなりに時間が
かかるもんだよなぁ…ナムカプなんて2時間かかったしな!!(笑)
というわけで先に行こうとセガルテアの南口から出るとマップに女の子が
倒れていました。そこを通りかかったのは1人の男。女の子を見つけると
介抱してやるべくへ連れて行きました。そうか、こいつが東に住んでいる
木こりさんか。それじゃ後を追わなくては。

今回のマップは東にある木こりの家と南にある新しい町移動先が2つ。
マップにいる敵を全滅させれば街の中のように自由に歩けるのですが
移動先が複数あると全滅させるのは一苦労。なので今回はあくまで木こりの
家に向かうまでにいる敵を倒すだけに。出てきているのは前回のマップと
変わらないので大丈夫そうかな。ただ相変わらず炎魔法を使ってくる敵は
面倒です。眠らせる魔法もあるんですが成功率は決して高くはないので
とにかく一斉に集中攻撃を仕掛けるぐらいしか簡単に片付ける方法は
無い…のかな。銅の弓に新調した弓使いの2人に期待しよう。

そうそう、現在の剣士達の武器はです。も使えるんですが今のところは
剣の方が攻撃力が高いためこちらを優先。槍なら2マス先の敵も攻撃できるので
ありがたいんですけどね…というわけで遠距離は弓使いと魔法頼み。
途中見つけた巣穴からは飛行タイプの敵が出るため早いところ埋めないと
ひたすらブンブンを飛び越えてこちらに襲い掛かってきます。
しかし各キャラクターの移動範囲隊長を中心にしているため、少しずつ
攻撃を凌ぎながら移動しないといけない始末。そんな中出てきたのが
睡眠魔法トロマーを使うトレント。しかも隊長が眠るとか酷いよ!
隊長が動けない=隊員の動ける範囲も固定だからなぁ…
というわけでこちらもトロマーでどうにか動きを止めさせ隊長が起きるまで
ひたすらブンブン飛んでくるモンスターと戦ったわけですが(笑)
隊長が目覚めてからは巣穴を埋めようか考えましたがすぐ傍に建物があり、
主人公で建物の上に乗って部隊のターンを終了させればマップ移動となるので
今回は逃亡のような形で木こりの家に乱入。それにしても木こりのおっちゃん、
こんだけモンスターがうようよいるのによく大丈夫だったこと…(笑)


木こりの家に入ると女の子を介抱したので町へ返してやってくれと頼まれ
了承。2階へ行くと奥さんが女の子を看ていました。どうやら木こりの
おっちゃんはこの女の子をかついだまま木の間ひょいひょいと駆け抜けて
ここまで来たらしい。なぁ、このおっちゃん…相当な手練じゃないか…?
そんな話をしていると女の子が目を覚ましたようです。果たしてこの子が
セガルテアの司祭なのか…。少女はカレン、司祭はエレンで彼女のらしい。
モンスターは司祭であるエレンだけに用事があったようで、カレンは途中で
置いてきたらしい。だがしかし何故2人共攫った(笑)
ひとまずセガルテアに戻り無事を伝えることで町の人たちを安心させたいと
いうことで、セガルテアまで一緒に行動することに。LV1…だと…!?
しかし回復魔法の使い手なのはありがたいな。主人公隊の魔法使い、
アイザック攻撃魔法なので(回復は主人公が少し使えます)今の間だけでも
お世話になろうと思います。


で、木こりの家を出たらまた戦闘マップ。しっかりと待ち伏せです(笑)
ストリムというDQ的ルーラもあるんですがせっかくだからLV上げも兼ねて、
LV1のカレンを守りながら先ほどの道のりを戻ることに。
あまり敵のAIは頭がよろしくないのか、LV1で打たれ弱そうなカレンを
狙って攻撃するようなことは無いので主人公部隊の後ろをちょこちょこと
ついてきてもらう形で進行。今回ばかりは先に巣穴を埋めないともうそれは
ブンブンと羽音がやかましい事態になりました(笑)

セガルテアに着き、町の人と話をすれば妹のカレンの無事を知っただけでも
安心できたようで、今度は司祭エレンを助けに行ったロラン達を助けに
行かなくてはという流れに。何せ今のロラン達には魔法使いがいないらしく
戦士達だけでは苦戦していることだろう、と。そんなワケでカレンが再び
仲間に。またしてもLVは1なのでガードしてやらなくれは。


3回目となる今回のマップですが、行き先を今度はへ。
南の村はアルバニ、そこにロランがいるという噂があるそうなので
まずはそこで確認をしないといけません。で、よく見たら新しい奴が。
スケルトンというHPが40超えというなんとも強そうな…!
しかもその隣にはトロマー使いのトレントとか、何よりそいつらと
対峙する場所が1人しか通れる幅がない橋の先とか…色々と想像できて
恐ろしい(笑)(トロマー→橋の先のキャラ寝る→通せんぼ)
ひとまずトレントを運良くトロマーで眠らせることができたので
あとはなんとしてもスケルトンを倒す!と主人公が突撃するも
スケルトンの攻撃で被ダメ10超えとか痛ぇぇぇぇっ!!!
こっちのHP40前後なんだよ、しかも周りのザコにも少しずつ攻撃を
受けているので地味に主人公危ねぇ!主人公の離脱=全滅ですから!
というわけでここでカレンの回復魔法に頼り、弓使いとアイザックの魔法で
どうにか撃破。んでブンブンと虫に飛ばれてた巣穴も削除。
今回も敵を全滅させられないので大人しく少しずつの移動でアルバニへ。


アルバニで早速話を聞けばロラン達が病院にいるとのこと。おいおい
いきなりボコられてんじゃないかよ!(笑)他にも話を聞くとロラン達を
見たという話がチラホラ。中には主人公と対比して地味と言われてしまう
主人公。そりゃあ黒髪だしっぽくないし(イラスト参照)

藤井八雲馬鹿にすんなよ!土爪かますぞゴルァ!!
(※原作はどこら辺まで読んでたか結構うろ覚えです)

一通り見て回ったので病院へ向かい、面会謝絶と看護師さんに言われますが
カレンが通してくださいと必死に訴えると通してくれました。
そこにいたのはベッドに横たわるセガルテア守備隊の皆さん。
隊長のロランはまだ椅子に腰掛けるぐらいの体力はあったようですが
弓使いがのん気に寝てるのは笑った(笑)夢の中ではエレン
助け出していたようで…ちくしょうなんか可愛いぞ。
カレンの無事とエレンが未だ攫われたままと知るとロランはすぐに先へ
行かなければ、と必死の様子。そりゃ司祭ってだけでなく恋人だものな…
しかしカレンは魔法使いも連れずに行くのは無謀、と自分も一緒に連れて
行くようお願いしました。このまま無理に進むとまた部下を苦しめてしまうと
続けて言われるとロランも受け入れるしかなく、これでロラン隊が結成。
いつの間にか起き上がった守備隊の皆さんもやって来て目的が同じと知ると仲間に。
これでメンバーが総勢12人。一気に人数がだぜ!

操作の作業数も倍だぜ!!

これが最大24人になるってんだから1マップにかかる時間が恐ろしいな!
ロラン達のLVは7。主人公は。よし、勝った…!(笑)
ちなみにさっきLV1だったカレンは一気に7へレベルアップし、
全体回復魔法を覚えていました。なにこの急成長(笑)
隊長のLVに連動するシステムだものな…
というわけで新たな町へ向かう前に装備を整え今回は終了。
次回から戦場がひしめきそうです(笑)


志を共にする仲間、ロランと出会った主人公。

サファイアの導きで次に出会う仲間とは…?

次回を待て!!

←前の体験記へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(ジャスブリ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop