風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(アクト) »アクト体験記第参回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アクト体験記第参回  

アクトレイザー体験記第参回です。


剣を振る魔法を使うのシンプルな攻撃をする神様ですが意外とその操作性には癖が。
ジャンプ斬りはジャンプと同時に使うことができず必ずジャンプしてから振り下ろし
何故かその後しゃがみ斬りが出たりします(笑)あと意外と攻撃範囲が広い。
そんな特徴のある神様の剣戟を操作するのも難しい中、中盤戦へ突入しました
第参回です。たぶんもう中盤だよ!

前回のあらすじ:恐怖のノックバックダイブ

思えばあの池、だったらしいんだよな(クリエイションモードでそういう風に
説明を受けました>赤い湖)最初はカナヅチなのかと思いましたがどうやら
それどころではない所へ身を投げ出されてしまっているのか…。
ブラッドプール地域も開放したところでお次は砂漠の地帯、カサンドラへ。


真っ当な砂漠ステージのACT1サボテンが邪魔をしてジャンプでかわそうと
したところ妙に位置がズレて結局痛い思いをしたり(壊せたのだろうか…?)
上から炎を撒き散らす魔物に苦戦したり、あまりにも上空をぶんぶんと飛ぶので
上に斬ることができればなー、と上+Yを押したばかりに

真昼間から砂漠に星屑を降らせることになったり。

これは正直アホな行為でした(笑)2回しか使えないのになんてことを…!
炎の敵は結局逃げる形でどうにか振り切り、次は塔っぽいところから顔を出す
人型の魔物の動きに翻弄されたりしましたが回復アイテムのリンゴを発見。
食いかけ(少し回復)ではなく丸ごと(全回復)だったのでそのまま進んで
ボス戦へ。アリジゴクのような魔物、ダゴバという奴らしい。
岩を出す→ボス隠れる→牙っぽいのがアリジゴクの中央へ向かってくる、の
パターンなのですがアリジゴクということで流砂になっており、斬ろうにも
神様が動いてしまうため投げ出される岩を避けながら斬るのは意外と大変。

よかろう、ならば星屑の魔法だ
※さっき無駄撃ちしたため1回しか使えません

1回しか使えなくとも攻撃するチャンスと牙を避けるタイミングは把握したので
どうにかミスせずに倒せました。今のところガメオベラフィルモア
ACT2だけかな?あれはに刺さりすぎたんだけども(笑)


続いてクリエイションモードへ。今回の初仕事は広大な砂漠にを降らせる
ところから。雨を降らせれば多少なりとも住める土にはなるらしい。
魔物の巣が4つもあり、ひとまず雨であちこちの砂を変えつつ一番身近な
巣から封印してもらおうかなと導いたところ、人数が少ないせいか魔物に
怯えて封印させることができないなんてメッセージが。そういうこともあるのか。
少し町が発展して人が増えたところで今度はきちんと巣を封印、その後
仲間の1人が砂漠で迷い込んでしまったので導いてほしいと言われ
探してみると北東になんかちっせぇのが倒れていました。雨だぞー!
土地を潤すついでに水を与え(集中豪雨っぽいのでトドメかもしれん)
町の発展の方向をこいつに向けて進ませるとどうやら会えた様子。
しかし既に生き絶えていたそうで…神殿の近くに葬りますと言われ、
それから少し経つと音楽が変わりました。通称「すてきなおんがく」
先ほどの男のために作った音楽は心を和ませることができますと説明され
捧げものとして受け取るも…何を受け取ったんだろう。楽譜?アイコンは
ハープだったんだけども。そして心を和ませるといえばブラッドプール
前回のプレイでACT2ステージクリア後、争いが起こってしまったと
言われ、荒んだ心を和ませるものを…ってのが正にこれ。

巣から出てきた魔物を中途半端に残しながら一度ブラッドプールへ行き
すてきなおんがくを使用するとカサンドラと同じ曲が流れ、争いは鎮まった
ようでした。その後羅針盤を捧げものとして受け取りました。
遠方漁業ができるそうで、そういやフィルモアも船が出ていたなと思い
次はフィルモアへ。よく見たら文化レベル2の建物があったので
雷でちょっと壊して羅針盤を与えると何か見つけたら捧げるそうで。
ひとまず先にカサンドラの発展のお仕事をしてくることにしました。

雨を降らせまくった結果北側にピラミッドが出現、遺跡というロマンに
人々は惹かれているようでした。でもピラミッドだぜ、黄金の爪を取ったら
エンカウント率が糞高くなるかもしれないぜ?とか冗談はさておき、あとは
魔物の巣の封印をしまくって文化レベルを上げ、一度地震で建物を壊し
再度多くの人が住めるレベルの高い建物を建ててもらおうか…と
地震をかましたところ先に命の源を入手。これ、ライフが増えるんじゃなくて
残機が増えるんだよな…これは果たしてありがたい……のかなぁ。
どうやらイベントが優先されたのでもう一度破壊活動を行い、ひたすら
発展の方向をあちこちに行かせ(十字路を作りたがる)町が大きくなるのを
待つばかり。そういえば最後の魔物の巣を封印させてからいつもの男女
光景が女性だけになっているなぁ。男もピラミッドに行ってミイラ
なってしまったのかな。とりあえずピラミッドがACT2なんだけども
その前にしっかりとレベルアップを図ってライフを上げておきたいところ。

LV11まで上がりましたがもう少しで次のレベルの人数に到達する
にも関わらずここでこれ以上増えない…だと…!?ほら、ここ空いてるよ!
ここに家を建ててくれ!と待ってももう増えないようなのでしょうがなく
奥の手、先ほど文化レベル2の建物を破壊したフィルモアへ。
そこでも漁で手に入れたらしい命の源を受け取り残機を増やしながら
待っていると、町発展中の文字が!よっしゃレベル12来い!!

あと14人足りなかった。

ぐおおおおお14人の壁が厚い!ブラッドプールももう増えないし
カサンドラもやっぱりもう発展する気配が無い。これは物凄く悔しいが
先に進むしかないなぁ…


ACT2ステージ、ピラミッドへ。残機がとか余裕たっぷりだな(笑)
しかもその後普通にアイテムでも1UPを取ったりして一体これはどういう
意味なのかと思ったらすぐにわかりました。針が多すぎる(笑)

ジャンプして落ちた先が針だった。

ここら辺かと思ったら針だった。

足場に乗ったのに動いて針に触れた。

ノックバックで針山に落ちた。

なるほど、残機がいっぱいあって良かったね!(笑)しかも途中で必ず
MPが増える巻物を手に入れていたのでMPばかり無駄に増えていく…
なんだか「LV上げに来ているんじゃないよ現象」に似ているなぁ。

*LV上げに来ているんじゃないよ現象
こちらとしてはさっさと進みたいのに迷ってしまい無駄に戦闘ばかり
繰り返した結果レベルだけが上がりさっぱり進まない状態。

こんなにMPが増えたらボス戦は魔法連打で終われるんじゃなかろうか。
どうにかガメオベラになる前に針地帯を突破し、あとは普通に通過。

ボス、ファラオ戦へ。第弐回の冒頭で述べたように既知プレイなので
動きもちょっとはわかるんですがやはり実際に戦ってみて如何に攻撃を
避けにくいかなどを把握する必要があるので魔法は敢えて使わずに
真っ向から勝負。神様を潰そうとする攻撃と部屋の左右端に矢を放つ
オブジェをつくる魔法の弾を出すってのは理解。そして結構潰される。
ひとまずそれなりに戦ったからいいや!星屑の魔法発射!
これが残機で稼いだ魔法、残機の暴力である。


カサンドラに戻りいなくなっていた祭壇の男も戻り思い出したかのように
あれやこれやと捧げものを出されるイベントが起こりまくったときは
何か順番間違えたんじゃないかと思いました(笑)捧げものを取っても
取っても「何か言いたいことがあるようですよ」「あ、そうそうそう」
何度も繰り返し話しかけられる気分。しかし最後の最後で疫病が流行って
どうか薬草を!と言われるもブラッドプールの米しかないんだが?
これもブラッドプールにすてきなおんがくを使用したように他の地域
薬草を手に入れて救わないといけないんだな。というわけで疫病で
ドクロマークを建物から出すカサンドラから逃亡。


地域が広がり地域同士での助け合いが始まる。

一方で神は1人魔物と戦い続ける。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(アクト)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。