風林ノ草庵 ホーム » 体験記(アクト) »アクト体験記第七回

アクト体験記第七回  

アクトレイザー体験記第七回です。
※ED内容含みますのでご注意下さい!


アクトレイザーを制作したのはクインテットという会社。ソウルブレイダー
ガイア幻想紀、そして天地創造でまとめられた「クインテット三部作」なんて
呼び方は知る人ぞ知る作品ですが、アクトレイザーもこの三部作に入っている、
とかソウルブレイダーに声だけで登場する神様はこのアクトレイザーの神様では
ないかという説とかクインテットの代表っぽいなーと思います。
初期に作られながらBGMをはじめとする高クオリティな作品、
アクトレイザーの最後の戦いを篤と見よ!

前回のあらすじ:スカルヘッドと戯れる

や、これが意外と面白くて(笑)体当たりをして位置に戻り、また体当たりしに
突っ込んでくるスカルヘッド君はなかなかユニークでした。だが地震の威力は
オレの方が上な!ということはさておき、いよいよ魔王サタンとの決戦の土地
デスヘイムへ向かう……前にちょっと寄り道をしようと思います。


攻略サイト様にて魔物の名前やクリエイションモードの流れなどを確認して
いたところノースウォールにて受け取れる捧げものがあることが発覚。
それは神殿を落とすと男性が美しい宝石をつい献上せずに持っていて
しまった、と渡してくれます。その正体は命の源。これで残機はか。
それにしても雷=お前隠し持ってるんだろ知ってるぞゴルァという
いじめっ子からお金を強引に奪い取ろうとするいじめっ子な気分。


改めてデスヘイムへ。魔法はオーラの魔法は結局未使用のままでしたが
使用MPと現在のMPとを考慮して星屑の魔法へ。ええ、連続ヒットだけが
頼りなもので(笑)それじゃ行くぞー!と穴の中へダイブ。
すると巨大な顔の石像が7体。それぞれのACT2ボスを象っているみたい
なんですがわかりそうでわからない(笑)中央のデカい顔こそが魔王サタン
この状態を圧迫面接という表現に例えるのはとっても最適だと思う(笑)
俗に言うボスラッシュです。こいつらを今ある6機で片付けなければ
いけません。故にACT2のボスと戦った際少しでもだけで倒せるように
頑張った…つもりですが結局魔法に頼ったりもしたな!大丈夫だろうか。


まずはフィルモアのボス、ミノタウロス。ジャンプして画面外へ消えては
神様の上に着地するため左右に振って踏み付けをかわし、同時にジャンプ。
そのままジャンプ斬りをすればいいだけなんですがミノタウロスが振る
当たり判定が見分けづらく、おお当たる当たる(笑)しかも気が付けば
画面の端に追いやられてしまい踏み付けを回避できなくなったりと最初から
こんな展開です(笑)結局のっけからライフ半減とかないわー…

次はブラッドプールのボス、ウルフ・ツェッペリン。最初は人の姿で
魔法を使いますがかわし方は把握しているので雷が当たらない位置で剣を
振りまくり、ライフを半分に削ったところで狼男に変身。あれ…そういえば
狼男になってからどうやって倒したっけ…?星屑でゴリ押ししてしまった
気がする!(笑)三角跳びの軌道がなかなか読めず結果剣でゴリ押し。
残りライフがあととなってしまいこれは確実に次でやられるなぁ…

続いてカサンドラのボス、ファラオ。どう考えてもこのライフはほぼ
オワタ式に近い…!というわけでなんとか奮闘してみせますが結局少し
削るだけで精一杯でした。攻撃パターンは踏み潰す→弾を吐く→画面端に
矢を出す魔物がくっつく
というものなので魔物を倒しつつ踏み付けを避けて
攻撃するのが手っ取り早く、時々魔法の弾にぶつかりつつクリア。

お次はアイトスのボス、火炎車。来やがったな火炎入道!今更だけど
アイトスって日本がイメージっぽいってそうかもしれないなぁ。
とにかくゴロゴロと動き回る上にそのパターンが読めておらず、ここは
しょうがないので魔法を使用。今のMPでは3回使えるんですがここで
2回使いました。どれだけ必死だったのかおわかりいただけるであろうか。
本当はパターンを読めれば弱いらしいんですが自分にとっちゃそんなこと
なかったぜ!(笑)そしてまたライフが半分しかない。
どうでもいいけどなんでか火炎入道と読んでしまっていますがこれ、
風来のシレンの敵でしたから!!!無念!!!!

5体目、マラーナのボス、カーリア。真下にいると神様を踏み潰す行動も
とるのですが浮遊に戻るまでの動きが蛇行でぶつかってしまうので
大人しく足場を落としてもらい針付き天井に付く前に斬りこんで着陸、を
繰り返すしか無さそう。しかしここで時間という大切な概念を忘れてしまい
気が付けば残り時間が2ケタになっていました。こりゃ2回ぐらい斬らないと
間に合わない!とハッハッと斬ればなんとか2回攻撃できる隙はあったようで
なんとか間に合いました…

最後はノースウォールのボス、フロストワイヴァーン。流石に前回の戦いで
どう立ち向かえばいいかは把握した!しかしライフが少ない!だけどこいつ
さえ倒せばいよいよラスボス、なんとかここで火事場の糞力再び!と
集中してギリギリ撃破。相変わらず体当たりはたまに避けられない。

いよいよラスボス、サタンとのバトルへ。顔が宙に浮かび、まずは無数の
彗星が落下してきました。ジャンプしたりしゃがんだりしてやり過ごすと
顔が神様の目前に降りてくるのでそこを攻撃。を吐き出すのですがしゃがみ
つつ、またサタンと少し距離を置けば安全と把握したものの流石にギリギリの
ライフではもたずここでミス。残り4機に。さて、ここで全部を使い果たして
しまうのか、それともどうにか打破できるのか…。とりあえずこの形態での
攻撃はコツを掴んだのでクリア。しかしこんな程度で終わるはずが無く
第2形態へ突入。明らかに弱点っぽい腹部は少しの間しか開かず、その行動に
移るまでの攻撃をひたすら回避しないといけませんが金平糖みたいな弾を
出されると非常に厄介です。神様を追尾するため下手に重なったりすると
なかなか避けられずダメージをひたすら受けるハメに…あれ、こんなの
ちょっとにやらかした気がする(笑)金平糖に弄ばれているとサタンの
攻撃もついでに喰らってここで終了。うわぁ残り3機!とにかくあの金平糖を
どうにかしないとなぁ…というわけで殺られる前に殺れ、を実行。
口から吐き出される金平糖が浮遊する前に壊せればラクになりそうなんですが
そもそもサタンの体当たりに直撃してしまったりで無駄な被ダメが多く
結局力尽きる。これは……ガメオベラ、あるかもよ!?残り2機
そういやフィルモアのACT2で無駄にに刺さったのが最初のガメオベラ
だった…そしてここでもってのはやっぱりやんたなぁ!どうにか終わらせたい。
金平糖は2回の行動でそれぞれ2つ、全部で4つ吐き出されるのですが
なんとか片方だけは壊せたのであとは攻撃のチャンスを窺いながら…!って
そういえば魔法があったぜ!頼むぞ星屑の魔法ーーーー!!

全 然 当 た ら な い

最後の最後で役に立たねぇー!!(笑)アイトスのボスに使って正解な
気がする。やはり男は真っ向勝負、画面上のライフを見てあと少しだと判断、
上から金平糖が迫りますがやはりゴリ押し。うん、やっぱりゴリ押し
サタンを倒し空間が歪み、大陸が沈んだのか神様が立つ足場以外は海だけが
見えました。これで世界から完全に魔物が消え去ったのでした。










































世界を救済し、天使と共に導いた町を見ていくことに。

フィルモア
予知能力で魔物の存在を神様に伝え、そして呪いで命を落とした男。
能力で恐らく自分が死ぬことも知っていても運命を受け入れ行動を起こした
あの男は指導者として優れていました、と天使は語ります。

ブラッドプール
もう血の池っぽくないからブループールでいいと思うよ!…ダサいか(笑)
くじ引きで生贄になったテディーですが、実はくじ引きを作ったのは彼。
つまり自分が生贄になるよう最初から仕込んでいたようでした。
それをこっそり知っていた天使。おい、神に秘密とはいい度胸だ。

カサンドラ
ピラミッドに惹かれていった人々、そのピラミッドはもしかしてかつて
奴隷としてピラミッドを建てた人々の思いが残され、魔物として生まれ変わり
人々の心を惹き付けていったのではないでしょうか、と天使は話しました。
ピラミッドが無くなった今、その奴隷達の魂も救われたことでしょう、とも。

アイトス
溶岩が降り注ぐ中町を発展させた度胸はとてつもないと思います(笑)
魔物の巣を封印させるために命を張った男を思い出し、彼は命を懸けて
神様の存在を人々に伝えたかったのではないか、と。あの最後に雨を降らせて
やったりした辺りのことだろうかなぁ。

マラーナ
この狭い土地によくもまあこれだけ家を建てたものだ、とは天使の弁ですが
なんか日本のことっぽくも聞こえる(笑)寺院に祭壇の2人すら行ってしまう
ほど人々は辛いことがあると楽な方へ流されてしまうこともあるのだ、と
思い知らされたらしく、しかしそれが正しい道へ導かなくてはならないと
強く感じられたと天使は語りました。

ノールウォール
極寒の土地に順応したこいつらが一番凄いのかもしれない(笑)
巨木にイニシャルを見つけた二人が不思議な感情を抱いたのはかつてここに
いた恋人同士で、再び生まれ変わってここに来たのでは、と天使が言いますが
それって輪廻転生ってことか!サンサーラナーガか!記憶はありませんが
もしそうなのであれば素敵なこと、と言っていますがあくまでお前の妄想だ、と
言ったらどうなるのであろうか。

最後に神殿の中を覘きますが、もう誰もいませんでした。それは人々が神の
存在を忘れているということであり、自分達の力で成長していったことの
証でもありました。それを確信すると、天空城は遥か上空へ昇りました。
徐々に遠ざかる土地……あれ、他全部

なんか世界ちっちゃくね?

アクトレイザー THE END

今回はACTということもあり、また感覚を失わないよう早め早めのプレイを
目指していたためすぐに終わりました(笑)しかし初期作にしてはBGM
良さやしっかりと作りこまれた内容、本当に面白かったです。そしてやはり
クリエイションモードはいいね、町が大きくなる様を見届けるのは楽しい。
アクションについても既知プレイであったこともありサクサクと進めましたが
初見でも何度も挑めば必ず突破できる適度な難易度だと思います。
では最後に神様のステータスと各地域の発展状況をば。

ガイア/LV17/HP24/MP7

フィルモア:626
ブラッドプール:554
カサンドラ:754
アイトス:522
マラーナ:338
ノースウォール:530

合計人口は3324人でした!調べたところブラッドプールとカサンドラ、
アイトスは限界人数に達成していたようです。でもステータスを見た時
「げんかい」って表示じゃなかったんだけどな(笑)


次回作は未定です。20本目という節目を迎えるのですが、結局あんまり
深く考えずに決めそうな気もします。それでは長くなりましたがここまで
ご覧下さりどうもありがとうございました、また次回作もご覧頂けると
嬉しいです!

←前の回へ     体験記目次へ      次の体験記へ→

category: 体験記(アクト)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop