風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(バウンティ) »バウンティ体験記第参回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

バウンティ体験記第参回  

バウンティ・ソード体験記第参回です。


いつもはソードの周りを飛び戦闘時はナビのように指示を出す際のアイコンとして
出てくるテティス妖精みたいですがああいうのが普通にいても特に問題が無い
世界みたいで、誰も驚いたりしません。魔法とか使えるし見慣れた存在なのだろうか。
フュリスには勿論のこと、テティスにも何か秘密があったりするのかなと思いつつ
体験記第参回スタートです。

前回のあらすじ:探しものは少女

連邦から逃れてきたワケあり少女、フュリス(仮名)。随分と気が強く生意気な
性格っぽい子ですが果たして連邦との関係は…?って大体察しはついているんです
けれどもね(笑)


ラインメタルへ戻りフュリスをマクベスの元へ…と思いきやマクベスは別の所へ
向かっていたようで留守。そこでフュリスがバウンティハンターのソードに
ある依頼をしました。それは港町シェブールへ連れて行って欲しいというもの。
しかしラインメタルのを越えた街であり、が必要なほど遠いのですが
報酬金は1000G。ほう、そんな金お嬢ちゃんが持っていると…?
どうする?と選択肢が出るも「はい」にしないと話が進まないだろう、と
引き受けることに。そういえば薬草が減っていたから買うか。ついでに道具屋で
道具も買い(攻略本のおかげでアイテム効果がわかるのが非常に助かります)
それじゃキャンプ画面でセーブ…っていつものモノローグ始まった!
(※毎回戦闘開始の前後にソードの語りが入っています、全部覚えきれないので
書いたり書かなかったりしていましたが、笑)

【シナリオ9 まぼろしの市街戦】

今回の舞台はのラインメタル。今のところ連邦が攻めてくるぞー、という
情報しか無かったのにいつの間にか乗り込んできていたようです。ぐるりと
見回すと忍者弓使い、そして魔術師となんともいやらしい組み合わせ。
しかもマップが広く市街地なため道が複数あり、これはまた全員でくっついて
行動しないと単独行動は危険だと思い全員でごっちゃりと移動しながら戦うことに。
魔術師の魔法はを越えてくるのが非常に厄介なものの、ヘンメリーのヒール
対抗していきますがそれより対処しなければならないものがありました。

AIの誘導

なんだか変な方向に向かっていくのでおめさん何してんの!とターゲットを
調べるとすぐ近くなのに壁があるため回り込んで攻撃しようとしていたのが
わかりますがどう見てもそっちから回るよりこっちから行けよもう!と
目標移動地点を指定し、確実に動かすようにさせましたがこういうことがかなり
多く今回は久々にAIと戦うゲームになりそうです(笑)以前は何か?
うん、まあ、色々とあってだな…。

少し倒すと援軍が登場。おいおい4対…なんぼにしてるんだ、倍ぐらいいるような
気がするぞ!しかも中には回復魔法を使う僧侶がいるのでまずはそちらを倒し
ついでに近くにいたボスっぽいのを倒そうとしましたがここで残り時間が
あと10秒。しまった、完全に手間取っていて時間食いすぎた!!
これはいかん、とハイパーソニックで一気にボスを倒すことに。2連続で使えば
ほぼ軽く撃破できる辺りソードの剣術の腕前の凄さってのがよくわかります。
「何故王国を捨ててまで…『姫様』…」と最期に漏らした言葉は間違いなく
フュリスへのもの。やっぱり姫様らしい。ところがそれより大変なことに
敵の殲滅が目標だったためにまだ戦闘が終わらない!うおおお時間!時間が!!

文字が赤くなったーーー!!!

………あれ、それだけ?

てっきりガメオベラになるのかと…カウントダウン形式で減っていた時間が今度は
増える形になりましたが特にペナルティっぽいのが無いようなのでとりあえずは
このまま敵を全員倒すことに。そして戦闘終了。どうやら時間切れになっても
タイムボーナスが無くなるだけで悪いことは無いみたいでした。


運命は変えられるものではないと思いつつも何かが狂い始めたことを感じ取る
ソード。依頼をこなすべく港町へ向かいましたがまたも戦闘に。キャンプ画面で
きちんと道具は補充したから大丈夫だとは思うけどLV上げができるポイントが
限られている上にどんどんLVが上がると逆に経験値が入りにくくなるってのが
このゲームの突破LVってのを大体固めてくれそうな気がする。つまり、
LV上げをある程度までやればしばらくは普通に戦っても安寧ってことかなと
勝手ながら思っているけどどうだろうか。

【シナリオ10 姿なき敵】

ん?どういう意味だろう…。港町に入るまでの道のりでまたも戦闘に。
パッと見た感じでは敵は少ないように見えますが…。また、戦闘前にフュリスと
ヘンメリーが会話をしますが互いに「オバサン」「ガキんちょ」と呼び合う
謎の女の戦い(笑)ところでヘンメリーっていくつだろう。ソードが31なので
それよりは少し若いと思うので、せいぜい20代後半って感じかな。
閑話休題、戦闘では精霊水を使用。これは通常だと隠れて見えない森の下
テティスの周りだけ見えるようにしてくれるもので、各キャラに移動命令
出す際に森の下が見えればそこに隠れていた女弓兵、アマゾネスをターゲットに
できるようになります。今更だけどな、これ使うの!(笑)それにしても敵ナイト
本当に固い。同じくナイトで味方のデトニクスは結構喰らってるんだけど…
宝箱も回収しつつ一人ひとりを確実に倒し全滅に成功。本来は門に入ればそれで
終わりだったそうですが気付かずに殲滅させておった(笑)


港町に到着し、これでシェブールに向かえるなと思いきやここでデトニクス
離脱。彼はあくまでラインメタルの騎士であり、国を守るために戦いためここを
離れられないらしい。しかしソードの悪名は嘘だと信じている、とソードに対する
悪いイメージは払拭できたようでした。ソード自身は無言でしたが…
こうして一応は頼りになった前衛がいなくなりこれはちょっと寂しいな、と酒場に
乗り込んで仲間を捜してもらうとなんといました。アマゾネスのマイア
魔術師のボリス。顔グラはあるものの目が影っぽくなって見えないという
モブっぽさ全開の2人ですがどちらも今はいない人材、ありがたく仲間に。
また、武器屋の品揃えも変わり武器と鎧を新調できるように。しかし鎧の新作、
プレートメイルAS(アクションスピード)が減るようで、戦闘時の動作
遅くなってしまうようでした。ですが他の防具もASが減るのでそれだったら
防御が少しでも上がる方を、とソードとコルツに装備。回復アイテムも買って
街中で道具を倉庫から出し入れして準備完了。あとは街を出て船に乗るだけ。
そう、乗るだけ……

セーブさせてくれよ!!

【シナリオ11 超空の魔王】

なんだこの不気味なタイトル…負け戦闘にでもさせられそうな奴が出てくるのか?
船に乗っていたところでやはり連邦の追っ手と戦闘に。敵はほぼ忍者。遠くに
アマゾネスがいますが今回はこちらにもアマゾネスがいるから負けんぞ!
船上なので狭く、とりあえずヘンメリーとボリスを隠しつつボコスカと乱闘。
ボリスのファイアボールが結構強力で頼もしく、逆にマイアの弓が弱い弱い…
というか一時全然動かないように見えたんですがAS低いのかな、職業ごとに
決まっているそうだけどやはり遠距離だから時間がかかるのだろうか。
ある程度蹴散らすとロック鳥と呼ばれる魔物が出現。今回のボスのお供らしい。
しかもそいつに船を沈められた、とフュリスが言うのでこれは強敵の予感。

というわけでハイパーソニックる

通常戦闘で節約してボス戦で一気にぶちかますのが好きなタイプですハイ。
ロック鳥を倒したものの援軍とボスがまだおり、背後ががら空きだったボリスが
攻撃され残りHP1で持ち堪えるという奇跡に助けられてどうにか勝利。
海兵部隊の隊長が娘が父を討とうなどと、と言いますがそうさせたのは誰よ、と
言い返すフュリス。おっとそれはどういうことだ…?


戦闘終了後、ようやくフュリスから真実を教えてもらえることに。
「姫様」なんて呼ばれたのを聞けばもう正体は薄々わかっていましたがやはり
フュリスは連邦のお姫様。しかも8番目の王妃の娘だとか。一夫多妻制かよ!
本名はオフィーリア・レス・エリュシオンフュリスは…雰囲気かな。
元々はかつて栄え今は辺境の土地、神祖連邦オルドバ。しかし皇帝が古代文明
復活させて連邦を復興させようと動き出し、それに反対して動き出したのが
このフュリス。シェブールにいた同じ志を持つ仲間と合流しようとしたところ
襲われてしまい水晶の入り江に流れ着いたとか。果たしてこんな話を聞かされて
シェブールに送り届けるだけで終われるのだろうか、否、あり得ない
間違いなくこの戦いに巻き込まれていくんだろうな。


その後、船の中でソードはを見ました。自分がまだ聖騎士と呼ばれていた
輝かしいあの日々を…

【ソードの夢1 終わりなき夢】

ま た 連 戦 か

シェブールに着いたらセーブと思っていたのにこの野郎…!!またしても
プレイ時間が1時間越えじゃねぇかよ!あくまで夢なので画面もセピア色で、
何より仲間達が見慣れない。ソード自身もナイトのグラフィックをしていました。
これが10年前のソード。王国騎士団として仲間達と戦っていた姿。
傍に居たのはパラディンのアジャックス、ケンゴウのダニエル、魔術師のノルン
そして今は大臣となった僧侶のマクベス。そういえばソードは「味方殺し」という
不名誉な称号を持っていますが、まさかマクベス以外の誰かを……?
夢なせいかLVが高く(敵もLV30代でなんかおかしいけどな!)これは
負ける気がしない(笑)せっかくだから魔法や技を使ってみようかな。
この戦いはもう少しで終わるんだな!と戦いながら励ましあうソード達。
どう見てもそれフラグですから。更に魔法を使ったノルンの一言。

「ソード、もしこの戦いが終わったら…ううん、なんでもない」

たぶん、彼女だ。

まだ詳細はわからないけどソードとデキていた…のかな。そんなこんなで敵を
あっさりと撃破。ゾンビマスターのボスもX字斬りで倒し終了。しかしこれは夢。
あくまでソードが10年前に送っていた世界のお話。しかも夢はここで途切れて
しまったので一体何がどうなって今のソードになったのかはまだ不明。
マクベスは健在なのはわかったけど、他の仲間達は一体どうなったんだろう。
そんな謎を残して第1部が終わりました。

第2部 遥かなる地で…

シェブールに到着し、セーブが頭をよぎりつつも会話を聞いているとコルツと
ヘンメリーに離脱フラグっぽいのが見えたんだけど気のせいだったんだろうか…
単にそろそろお別れかな的ものだったんだけどデトニクスよりは長いとはいえ
もう少しだけ頼むよ!モブ全開の人々と戦うのはなんか寂しい!(笑)
次回はこのシェブールの探索から再開します。


連邦を突き動かすは皇帝の野心。

ソードの心を突き動かすは騎士の心。

運命の歯車が、きしみ始めた。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(バウンティ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。