風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(バウンティ) »バウンティ体験記第七回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

バウンティ体験記第七回  

バウンティ・ソード体験記第七回です。


ロジャー&ミランダ、マウザー、アテナと攻略本のキャラ紹介にカラーイラスト
紹介されるちゃんとした顔グラ付きキャラが多い中唯一頑張っているモブの
魔術師、ズール。他のモブは顔グラの目の辺りがになって見えないのに奴はなんと
普通に顔が全部映っているという何か秘密を持っている……ように思われますが
結局はただのモブらしい。そんなズールもいつかは誰か有望な魔術師が現れたら
交代させられるんだろうなーと思いつつバウンティ体験記第七回開始です。

前回のあらすじ:封殺で瞬殺

LV45を一撃で葬ったことにより経験値100ももらったミランダさん。
攻略本を見る限り僧侶系はこの人しかいないので間違いなく逆らえない(ヒール
かけてもらう的な意味で)連邦に抵抗すべく南下を続けるソード一行の旅は
まだまだ続いております。

【シナリオ24 騎士として】

訪れたマップは西の平原。小さな村でしたがもはやゴーストタウンの状態。
誰かがいると思いきや盗賊達。騎士グラフィックの盗賊ってどうよ…
こういう奴らとは話し合いなど利かぬ、と即行バトルになっちゃうこのゲーム
勧善懲悪がかなり強い気がするなぁ。宝箱は無いのでただひたすら相手を殴り倒して
いくと盗賊が続々援軍として登場、おいおいどいつがボスなんだよー!と
とにかく殴り続けたら最後の1人がボスだったようで、いきなり命乞いをして
きました。女房も子どももいるってのはよくある嘘の命乞いだけれども…
だけど人のためになるよう動けばいいことがあるこのゲームを信じて
助けてやると村の宝を渡す、と言って姿を消しました。どうして盗賊なんかを
助けたの、とフュリスが文句を言いますがソードは何も答えませんでした。
テティスによるとあの盗賊達はこの村の人々で、制圧されて生きる術を失い
やむなくああなったのだろうというお話。あれ、前もこんなのなかったかな。
騎士としての気持ちで彼を救ったのだろうか、とソードはモノローグで自らの行動を
省みていました。徐々に聖騎士としての面が見え始めてきたな…

【シナリオ25 連邦竜騎士団】

なんだかふとダンザルブが懐かしくなりました(笑)主力部隊であるここを潰せれば
かなり戦力を落とせると読んだソード達。竜にまたがるドラゴンナイトやら
サムライやらなんだか強そうなのが勢ぞろいなんだけど…とりあえず全員で固まって
行くぞー!と移動した途端サムライの必殺技が炸裂、横1列にダメージがあり
全員が大ダメージ。うわあああミランダとズールが残りHP1とかまたなんて
堪え方を…!急いで回復しようとしましたがその後もう1人のサムライによって
必殺技がソードに直撃、回復が間に合わなかったためソードがやられてしまいました。
俺もヤキが回ったか…とバタリと倒れテティスが目を開けて!と叫び…

GAME OVER

あら黒画面に白文字表示とかなんてザックリシンプルなガメオベラ画面。
FCぶりに見た気がするわ(笑)じゃなくて初じゃないかガメオベラは…!!
これはいかんなと少し試行錯誤。全員で固まって動いてしまったために必殺技の範囲
全員巻き込まれたので今度は魔法使い2人を動かさず後から合流させるようにし、
まずは戦士系3人で突撃。しかしAIの関係でまたしても固まってしまい
2人のサムライによる見事なコンビネーションで再びソード卒倒。
やべぇぞあのサムライ…ダニエルの亡霊でも乗り移っているんじゃないか…?

というわけで3回目の挑戦。今度はサムライにターゲットを移すのではなく、
あくまでこの位置!と3人とも別々の横軸に並べさせ少しずつ前進。
すると必殺技の餌食は1人だけとなり、すぐにミランダに回復させればどうにか
持ち堪えることができました。なんか眠り属性の技も喰らったけどな!(笑)
更にはシューターも必殺技を使ってきてなん…だと…!?なこともありましたが
何故かこちらは被ダメ一桁とか酷い火力の無さを垣間見た。
サムライが強敵だったものの他の敵はフルボッコにすればどうにかなり、
飛行モンスターの片づけをマウザーに任せて他の4人で突っ込んでいたところ
突然回復魔法で飛行モンスターのHPが回復。まさか援軍の中にプリーストとか
嫌がらせかお前は!これじゃ攻撃してもすぐに回復されてキリが無いです。
しょうがないので必殺技で眠らせて…とやってもやっぱり回復される。
いっそのことMP切れるの待てばいいんじゃね?と思ったら軽くあと10回
使えるようだったとか酷いものを見たのでさっさとプリーストを倒すことに。
ズールのファイアストームとソードのハイパーソニックで他の敵もろとも撃破し
なんとかこのマップをクリア、竜騎士団も壊滅させました。
かなり苦戦したなこのマップ…必殺技にも気をつけないといけないなぁ。

【シナリオ26 ロムルスの街】

ラインメタルと手を組んでいたロムルスという国がここ。しかし連邦に真っ先に
攻められて滅びてしまいました。まるでそれは見せしめのようだったという…
そんな滅びた街を徘徊するのはアンデッド達。ターンアンデッドの出番かな。
このマップ、宝箱が幾つかありますがなんとミミックという罠が初めて登場。
これがまた強いとか攻略本で書かれたら近づきたくないわー(笑)
近づかない限りは襲ってこないらしいので(敵との距離もあるので誤作動も無さそう)
無視して戦うことに。しかしマップの奥にある宝箱にはとあるアイテムがあるそうで
そちらは入手しなくてはいけないのでアンデッドを倒しながらそちらの宝箱へ接近。
するとL・トラップ(攻略本曰くリビングトラップ)という名でモンスターが登場。
ジャイアント系の巨大モンスターと宝箱自体が魔物となって襲い掛かって来ました。
そんでもってやはり攻撃力が高い…!ならば恒例のコンボで!とハイパーソニックって

ズールがファイアストームで全部仕留める

ずるいわこの人…ちゃっかりLVを2も上げちゃって…

弾丸のネックレスというアイテムを入手。装備品だろうかね。
もう行きましょう、とテティスに言われてこのマップはクリア。


クリア後、このマップはLV上げポイントとなり、そして…
「動くな!」
街に入った途端いきなり向けられるとか物騒極まりない、じゃなくてそこにいたのは
兵士。ロムルスの投擲部隊のエースだったらしいシュタイアという男でした。
勿論ソードのことも知っていたようで、更にソードが持っていた弾丸のネックレス
見てそれはに渡したネックレス…!と驚きシュタイアは国境を守る戦いに勝った後
国へ戻ると国が滅びてしまっていたこと、そして妹を殺されてしまったことを語り
連邦に復讐を誓い仲間にしてもらうようお願いしてきました。妹の仇を討てるなら
死んでもいいと熱く語る辺りアテナ同様勢いがありすぎて危ない奴だな…(フラグ的に)
ひとまず仲間にしないわけにはいかないのでパーティイン。貴重な遠距離攻撃キャラが
仲間になりました。え?アマゾネスのモブ?覚えていないなぁ。


というわけでキャンプ画面へ戻りメンバーチェンジ。魔法使い2人は残すべきだし
そうなると接近戦のアテナとマウザーどちらかを降ろすしかないな。2人の違いは
アテナが防御重視、マウザーがスピード重視といったところ。というわけで
マウザーを残してアテナとシュタイアを交換してみました。
そして再びロムルスの街でLV上げ。故郷でアンデッド退治ってどうなんだ…
ソードとマウザーが駆け出し、その後をシュタイアが追い、銃を構えて……

ペチン

駄目だこりゃ。

攻略本を読むと遠距離攻撃の職業って対アンデッドだと命中率が落ちるっぽいな。
というかあれ「GUARD」って出てるからかわされてるというより弾かれてる
印象があるんだけどな。そして極めつけは移動速度。丁度下の街路をソードが
タタタタと軽快に駆けていくのにシュタイアは結構のんびり。そうか、銃が
重いのか…というか素早さのステータスが魔法使い達と同じなのか。
よりによってLV上げ場所がいきなり相性の悪いアンデッド達の場所ってのが
そもそも運が悪いよなぁ。でも使ってみたいと思っていたキャラなので
なんとか素早さの源とか使ってフォローさせてみよう。


連邦の牙を少しずつ抜き始める。

成り行きだったはずのリーダーは再び聖騎士として動き始める。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(バウンティ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。