風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(バウンティ) »バウンティ体験記第壱拾弐回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

バウンティ体験記第壱拾弐回  

バウンティ・ソード体験記第壱拾弐回です。


このゲームの経験値は攻撃等のアクションを起こした際や倒した際にもらえます。
ですが後者の方がもらえる経験値が多く、最後の一撃を経験値をあげたいキャラに
必殺技等でやらせたいのですが意外とそうさせてくれないのがこのバウンティ・ソード。
魔法と違って詠唱時間も無いはずなのに何故か他の隣接したキャラの通常攻撃が先に
入ってトドメを刺されてそちらのLVが上がるという事態を結構やらかしてきました(笑)
加害者と被害者は誰だって?アテナとシュタイアだよ!!

前回のあらすじ:ソフトを渡るリュウビ

過去に綴った天地を喰らうの主人公(コウメイかもしれないけどひとまず序盤の)の
リュウビ、そして名を同じくしてケンゴウの男、リュウビ。あんまりある名前じゃないので
元ネタがアレなので同名はそうそういないと思いました)まさか体験記で扱う作品で
同名キャラが現れるとはなー。更に忍者のツキカゲも仲間にしてメンバーもかなり
増えてきました。おかげでマウザーロジャーロブン等はもうベンチ確定です。
もう全員満遍なく育てるとか無理…!時間も根性も無いっすよ…

【シナリオ43 ブラッドシールド】

うん?血塗られた盾??FF5を彷彿とさせるこのタイトルは連邦軍の精鋭部隊
名前でした。なんでも多くの敵を殺したことによって盾が血で赤く染まっていることが
由来らしいんですがなんとも物騒な連中である。しかもリーダーはビショップときた。
これはすぐにミランダさんに指輪の力でMPを0にしてもらわないとな!
ちなみに血に染まった盾の臭いがわかるらしく興奮しているツキカゲさんは相変わらず
戦闘狂っぽいです(笑)戦闘開始、ミランダさんにすぐに指輪を使ってもらい
ビショップのMPを0にして回復魔法を阻止。あとは敵のいる陣地へ攻め込むんですが
ちょっと引っかかると何故か方向転換してしまうソード達。なんだろう、回り込むとか
そういう風にAIが設定されているのかな。だが早く行け!!何度も命令を出して
方向を正しながら戦うんだがこれSLGなのか本当に…?

やがてドラゴンナイトと戦いを始めますが倒してすぐにLVアップ。おや、と敵の
ステータスを覘いてみるとかなり高LV40以上あるとは強敵揃いだな…!
しかしその分倒せばこの通り一気にLVが上がるのでこのマップで以前もやった
ある程度倒しては全滅させる前に離脱してやり直しを繰り返すLV上げ作戦を実行。
ひとまず育てるのがミランダさん、ツキカゲ、シュタイア、ファウスト、アテナの
5人。ごめんな、マウザー、ロジャー、ロブン、あと入ったばっかのリュウビ…
戦闘前や戦闘中の会話って色々キャラクターによって台詞があるそうなんですが
もはや全員分見る余裕すら無いや。というか大変だろうそれ…
LV上げの途中同じ忍者の必殺技を喰らってツキカゲが即退場を喰らったり
しながらなんとかLV上げ完了。全体的にLV40前後にできました。

改めて攻略開始。今回はファウストがお留守番。
そしてLV上げと同じように蹴散らしていきますが一括命令を目標地点にした
ためミランダさんが敵に隣接してしまい攻撃を受けてアウト。あーLV46でも
やっぱり魔術師系は体力低いものな…!このままでは復帰させるためにどこかで
戦わなくちゃいけないのですがここでふと先ほどシュタイアが敵を倒して何かを
もらっていたような、と見てみれば復活の封魔石。これだ!と使ってみれば
ミランダさんが何事も無かったかのように倒れた場所に復帰(笑)
あとは残った敵も倒して攻略完了。クリア後にもう一度入り民家を訪れると
アクラの街に連れて行ってやるよ、と言われたものの以前の火山でのことを
思い出しすぐには行かず散策を続けることに。今の目的は暗黒の壁を打ち破る
古代の力を探すことですがそれがアクラの街にあるってことなのかな?
でも攻略本を見ると次のマップはそこではなく別のマップ、やっぱりすぐに
行かなくて良かったわー(笑)

【シナリオ44 獣たちの叫び】

モンスターばかりのマップで、ここはかつて栄えた王国らしい。しかし兵器の力の
使い方を誤り滅びたとか…なんだか連邦もこうなってしまいそうだなぁ。
滅びたってことでアンデッドの敵も多く、今回はファウストを連れてきたので
魔法で蹴散らしてやるぞー!とブリザードを使うもペチペチ連発。

やっぱり死体に冷凍は意味が無いっていうのか…!?

ならばファイアストーム、と魔法を変えても意味無し。そもそもこのゲームの魔法に
属性なんてものは存在しなさそうなんだよな。武器の相性はあるっぽいけれども。
全部倒したかと思いきや今度は飛行ユニットのヴァルチャーが出現、相変わらず
よくわからない風貌をしている(笑)攻略本に時々敵のイラストも載っていますが
こいつのイラストはないのかな…どういう姿かたちなのかイマイチわからない。
そしてこいつらも倒すと今度はドラゴンが登場。さっきも青いドラゴンを倒したのに
同じ青ドラゴンと新たに黄色いドラゴン。後者はカオスドラゴンというらしい。

ドラゴンバスター不在ですまんな!あいつバスターされちゃうし!

扇型にブレスを吐かれてダメージを喰らってしまいすぐに全体回復。だけど
あんまりダメージ自体大きくなかったな…。反撃と言わんばかりに必殺技を使って
トドメをシュタイアにやろうとしたらソードの攻撃が入って戦闘終了。
まーたお前さんは!(笑)となっていたところ上を向いていたソードの背後に
謎のローブを羽織った人っぽいのが出現。うわぁバックとられたー!!
ここから先へ進んではならない、と呟いて消えてしまいましたがそんな台詞
ゲームにおいては逆に行けと言っているようなもんだぜ!(笑)どうやら
人ではなく悪霊らしい。何故行ってはならないのか、それを知るために行く(笑)
ちなみにこのマップはクリア後にLV上げの場所となり、攻略本によると
最後の経験値稼ぎ場所らしい。最後?何を言っているんだお前は…
離脱ができる限りどこでも経験値は稼げるじゃないか!!

【シナリオ45 堕ちた都】

南エウロペアの南西端にある遺跡の街遺跡と称されるぐらいはるか昔に滅びたって
ことなんだろうなぁ。戦闘前に再び悪霊が現れ、どうしてここに来た?と聞かれますが

そこにマップがあるからだと言い返したくなるのはゲームユーザーの性。

死にに来たのか、と言われ敵がわんさか登場。ここもアンデッドばっかりか…
攻撃があんまり通じないシュタイアと魔法もあんまり通じないファウストを連れてきた
のはちょっとまずかったかな(笑)ミランダさんのターンアンデッドも時々使って
倒していった方がいいかもな。1人だけLVがガンガン上がっているのが不安だけど。
マップを一瞥すると宝箱があるんですがこれは。かつてロムルスでも見た
リビングトラップらしいです。とは言え近づかなければ罠が発動しないのでここは
スルーすることに。触らぬ神にたたりなしってやつですが単なるビビリですハイ。
援軍にまたもドラゴンが登場。今度はドラゴンゾンビだとか…こんなデカい奴も
アンデッドだからターンアンデッドで即成仏なんだろうか。ミランダさんガチで
最強じゃねぇか…(笑)あの試練の騎士も即死させたしな!

全滅させたと思いきや物々しい戦闘曲はそのままに何故かクエストモードへ。
このままどこを調べれば…とひとまず進んでみると何か文字が書かれてある
発見。調べてみるとソードには読めないようでしたがファウストが読めるらしく、
古代文字とのこと。あれ、これファウストいないと詰むんじゃね…?
ファウストが訳したところによると、神の力を用いたことを悔いており
子ども達に黄道十二神の指輪を託し、指輪を石像に封印して過ちを繰り返さない
ように…ということでした。しかしその子どもらの名前に驚愕。
ラインメタルロムルス王国の名前でした。つまり、その子どもらがつくった
ってことなのかな。文字が途中で掠れており全部を確認することはできません
でしたが、ここが全ての始まりの場所だったのかなぁ…。

と、その時悪霊が登場。どうしてこの場所へ来た、と怒っている様子。
父の遺品は誰にも渡さない…ってあの指輪を託された子どもなのかな?
私は他の子と違う、父に褒められるために何でもする、と若干我を見失っている
状態で色々と語りかけてきていましたがどういうことなんだろうか…。
ここで第2ラウンドかな、5人が改めて戦闘配置したs……って画面切り替わったと
思ったらいつの間にか5人分散してそれぞれの前に悪霊いるし!何なのこれ!?
どうやらソードの目の前にいた奴こそが本物であとは偽者らしいけれども
なんで一騎討ちみたいな状態に…ミランダさんとかファウストとかまずいだろ!
シュタイアなんて隣接されると撃てないんだぞ!(笑)ターゲットに隣接されると
距離を置こうとする→敵がおいかける=鬼ごっこみたいな構図をよく見たのに!
とりあえず本物がわかっている以上、やるべきことはただ1つ。

ボス戦だよ!全員集合!!

と言う名のレスキュー連発。仲間をソードの傍に引き寄せるという力を利用し
一気に全員が集結。分散されてもすぐに復旧できちゃうレスキューマジ神秘
あとは各自必殺技を用いてソードがトドメ。それにしてもあの悪霊、自分だけは
違う、とか何でもする、とか言っている辺りもしかして連邦というかオルドバ
だったりするのかな…「何でも」兵器を蘇らせることなのかもしれない。
また、ここで新たに黄道十二神の石像からクロノスの指輪。これで残すはあと3つ。
とりあえず大陸の端っこまで来たものの暗黒の壁についての手がかりは無し。
ということは今度こそアクラの街へ行く必要があるんだな。


遺跡の街で知った古代の力と黄道十二神の指輪との関係。

それを集めることの意味とは一体…?

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     前の回へ→

category: 体験記(バウンティ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。