風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(バウンティ) »バウンティ体験記第壱拾四回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

バウンティ体験記第壱拾四回  

バウンティ・ソード体験記第壱拾四回です。
※ED内容含みますのでご注意下さい!!


主人公の名前は「ソード」。まんま「剣」を意味するのでそれを意識してか、
このゲームに出てくる剣の名前は「~の剣」とか「~ブレード」とかでした。
しかしタイトルでもある「バウンティソード」だけは免れなかったな…と思ったら
クラスの名前で「ソードマスター」がありました。俺マスターって…何?
そんなこんなで最終回!長いような短いような、数ヶ月(バウンティ的にも
リアルタイム的にも)に渡るソード達の旅の終焉です。

前回のあらすじ:シナリオ50でイージス初使用

レスキューを使い出したのも比較的終盤の方であり、主人公専用の魔法でありながら
この扱いである。専ら殴っていたものな、ソード…。
黄道十二神の指輪を全て揃え、神の報奨の剣「バウンティソード」を手にしたソード。
生贄にされそうになっているフュリスを助けるためいよいよ暗黒の壁へ。

【シナリオ52 連邦への道】

龍の亀裂に行き暗黒の壁の前に立つソード達。早速バウンティソードの力で…って
攻撃モーションとか取れよ!ただ突っ立って台詞喋ったら壁消えたぞ!(笑)
そしてこれより突撃する!と正しくリーダーシップを発揮した宣言を放って連邦内へ。
そこにいたのはスナイパー部隊機神。一番最初に会った土偶に似た奴だな…と
いうかまんま同じ気がする。なんだ、双子か。
しかし戦闘開始早々ブラッドレインを使用。それはソード達だけでなく連邦の
スナイパー達にも直撃のようで、こんな力を皇帝は使おうとしているのか、と
動揺するスナイパー達。けどよく見ると毒の雨をガードしてるのがちらほら
いるように見えるんだが…お前ら逞しくなったな…(笑)
機神は相変わらず必殺技のコンボで倒し、スナイパー達もあっさり撃破。
LV上げの効果もまだあるけどそろそろ敵の方が強くなりそうだ。

【シナリオ53 対決】

連邦の砦に到着。そこではダークロードが待っていました。しかも突然雷が
ダークロードに落ちたと思ったらを取ったようで、素顔が曝け出されました。
ダークロードの正体はかつての仲間であり袂を分かったアジャックスでした。

攻略本で気付いてたけどな!!!

だって素顔があったんだもの…それとソードの10年前の騎士団のイラストを
見れば一目瞭然じゃないか…というわけで再びソードの行く手を遮るように
立ちはだかったアジャックス。互いの道を譲らない二人は剣を取り合うことに。
ちなみにテティスとアジャックスにも面識はあったらしい。10年以上前からの
付き合いだっけ、テティスって…?
勿論アジャックス以外に連邦兵がうじゃうじゃ。うわビショップもいる。
このマップに出てくる敵はLVが高く、50過ぎばかり。まだ50を越えていない
ソード達にとってはよいカモになりそうです(笑)とりあえずは…

そこのビショップ死ねええぇぇーっ!

※大胆かつ豪快なソニックライディングの様子です

距離関係無く攻撃できる技はシュタイアも持っていたんですがやっぱりソードの方が
攻撃力が高くビショップを一撃で倒せるのがありがたいです。そしてその後に

くだらんな!お前の力はそんなものではなかったはずだ!」

と言われてしまいましたがしょうがない。回復役は早々に仕留めるに限る。
その後は手前にいる雑魚達の片付けへ。やはりLV差があるのでみるみる内に
LVが上がっていきます。これはちょっとここでLV上げをしておこうかな。
離脱を何回か繰り返してLV上げを開始。こういう時にツキカゲやシュタイアは
範囲技があって頼もしいです。また、回復魔法経験値を得られず攻撃魔法も
なかなか上手く当てられなかったワイズマンのファウストが新たな魔法、
ディバインを習得。それはなんと全体攻撃画面外にいる奴にも当たるらしい。
これは強いじゃないか!と使ってみるも数人がペチン、とガード。
お前ら…このファウストの魔法を弾くとかどういう装甲してやがんだよ…

LV上げも済んだところで本格的にアジャックスと対決。攻略本によると
手前の雑魚だけ倒していると援軍が次々と出てくるらしいんですが、アジャックスを
南下させると援軍が出てこないそうで。ビショップを倒すと何故かアジャックスが
移動するので援軍は出ない状態で戦うことができてラクでした。
よし、ここはトドメをソードに譲るためにアテナのXの字斬りで……

倒した。

やめぇぇぇーっ!!(笑)やはりお前は強いな、と言うと俺もノルンの元に…
そのままマップ終了。あれ、この人………あれ??

仕切り直し。

今度はシュタイアの微妙な攻撃力の技で削りソードの必殺技でトドメ。
するとアジャックスを殺さずに済み、かつて国のために動いたこの命を今度は
自分のために使いたい、と話すアジャックス。その自分のため、とは友と共に
戦うこと
のようで、ソードは勿論それを受け入れました。

10年は長くも短くもない。俺達はずっと仲間だったはずだ、と。

あの事件はソード達の絆を断ち切ってしまったかと思われていましたが、
ソード自身はまだどこかで完全に切れたとは思っていなかったんだなぁ…
ちくしょう、ダニエルをぶった斬ったのが本当に切ない。
こうしてアジャックスが仲間に。クラスはダークナイトで、

LVは56

一気にメンバー内最高LVキャラにのし上がりました。
とりあえず同じナイト系のアテナと交換するか。というわけで最終メンバーは
ソード・アジャックス・ツキカゲ・シュタイア・ファウスト
結構攻撃的じゃないかと思います。ソード以外のキャラで倒すと仲間にならない
ってのは気付かないと大変だな。確かにアジャックスの台詞がやけにソード
名指して呼んでいるのでヒントといえばヒントかもしれないけれども。

【シナリオ54 閉ざされた戦場】

砦の中に入ると戦闘ではなくクエストモード不気味な感じがしながらも
うろつくとマップの左寄りの場所でイベント開始、機神が登場。
機神だわ!とテティスが叫ぶもごめん目の前壁で何にも見えない!(笑)
魔法が効かないらしいので戦士系で一気に攻めることに。一回ワープされましたが
その後は必殺技を当ててすんなり勝利。本当に…機神って何なんだろうか。

【シナリオ55 死闘】

2階に行くと色々な職種の連邦兵がお出迎え。流石にラスト近く、上級のが
揃っているなぁ。すると連邦兵が次々とソードに言葉をぶつけました。

この戦いははるか昔にオルドバを攻めたラインメタルらに対する報復であること、

国が乱立することによって戦が起こるのならば支配された方が幸せであること。

顔グラが無いモブ以下
お前らに言われたくは無いわ!


敵の顔グラはナイト系スナイパー系魔術師系にはあるもののワルキューレとか
バトルマスターとかには無いんだよな…特に女性ユニットに無いってのはなぁ。
そんなの知ったことか、と戦闘開始。敵が多いのでファウストのディバイン
全体的にダメージを与え、ツキカゲとシュタイアの範囲技で一気に蹴散らす。
最近ソードの出番が本当に少ないです(笑)ハイパーソニックはSP喰うし
ソニックシュートは方向技だしソニックライディングは接近戦になれば意味が無いし
レスキューとイージスをもっと活用してやれば良かったなぁ(笑)

【シナリオ56 神祖皇帝エリュシオン】

遂にラスボスの元へ来たか…。魔方陣の上にフュリスが倒れていました。
その後ろに椅子に乗った男、エリュシオンの姿が。であるフュリスの血を使い
超機神を蘇らせようとしていました。随分とゆっくりだったな、本来なら
LV上げしてる頃にとっくに完了していてもおかしくないのに…。
という突っ込みはさておき、神の代理人として世界を守るために我が夢を
壊しに来たのか、というエリュシオンの問いにただソードはフュリスを助けに
来ただけだ
と答えました。国や神などより1人の娘を選ぶのか、と続けられ
そうだとしたら、とソードは言いました。

一瞬「お義父さん、娘さんを僕に下さい!」なシーンがよぎった。

お前…フュリス何歳だと思っている!13歳やぞ!そしてお前は31歳!!
歳の差カップルなのか!でもノルンという今は亡き恋人がいたしなぁ…
ただの保護したいという気持ちだけなのかもしれないけどそこまでして
フュリスを助けたいのにはワケがあったのだろうか。

最後の機神、12号が現れたと同時に仲間達の身体に光が集まり、動けなく
なってしまったようでした。こんな時に…!と悔しがるシュタイアや
お前なら勝てるはずだ、と友を信じるアジャックス、

死の気配にゾクゾクして楽しんでいるツキカゲ。

この人戦争が終わったらどうなってしまうのだろうか…
とにかく動けるのはソードだけ。ソード1人で機神を倒せってか、そりゃ
無茶苦茶な…こいつの技に攻撃力が高いのって実は無いんだよ!(笑)
ハイパーソニックとソニックライディングは通常攻撃並の威力で
ソニックシュートは敵のいる位置で威力が変わるって攻略本に書いてあるけど
その違いを全く理解することなく終わったし…かくなる上は!!

男なら拳で語れぇぇ!!

必殺技喰らって回復する間も無く死んだ。

GAME OVER

まさかの終盤にてガメオベラ。おいおいあの敵の技スピードどうなってるんだ…
今度はイージスを使い戦ってみるもメガヒールで全快とかそんな酷い。
イージスでどうにか防ぎながらここだ!というタイミングで技を連発、なんとか
機神を倒しました。これで全部の機神を倒したらしい。一部印象に残らずに
瞬殺してしまった奴もいるけどな!(笑)

機神を倒したところで次は皇帝エリュシオン。そして仲間達も自らの力で
不思議な光を振り払い戦線復帰。そりゃこいつまで単騎は無理だわ(笑)
使い切ったSPはマナの実ウラヌスの指輪で補充し、いざ最終決戦。
そういえば合体技って全く使うことが無かったな…ソードとアジャックス
ツインソニックという技が使えます。二人でソニックの突撃技を使いますが
ソードが、アジャックスがとなかなかの迫力。

無言でいきなり出すけどな!

攻略本に掛け合いの台詞があるんですがこれは没台詞らしい。容量の関係かな。
エリュシオンもディバインを使ったりしてきましたがそれはファウストの魔法で
あっさり回復。やはり魔力が高いから回復量も半端無いです。
ダメージを与えていくとエリュシオンの他の気配も漂ってきました。それは
まるであの遺跡で会った悪霊のようで…あれ、あいつ成仏したんじゃ?
でもやっぱり行動が似ているから同じ奴かな。そいつがとり付いていたのかな。

トドメを刺すと戦闘終了。エリュシオン悪霊と共に消え去りました。
あの悪霊によって操られていたのだろうか、とソードとテティスが話していると
フュリスが目を覚ましたようで、父は自分の意思で超機神を目覚めさせようと
していたことを話しました。父親が死んだってことを意味するからなぁ、
この戦いの終焉ってのは…
さて、帰ろうか。とはならず突然の地響き。超機神はなんとエリュシオンの血を
もって蘇ったようでした。謎の声がそう語り、この力で私が神になる
言い出す始末。まずはラインメタルを攻めるとのことで、自分の正体を
知りたいのならラインメタルに来い、とソードを誘いました。
これがどうやら本当の最終決戦になりそうだな。

【シナリオ57 真実の戦い】

ソード曰く、この戦いは数ヶ月間のものだったらしい。このラインメタルから
全てが始まり、そして終わろうとしていると。長かった旅が終わるのだ、と。
ラインメタルは既にガレキの山になってしまいました。なんてこった…
するとソードを呼ぶ声。デトニクスでした。姿は出ていないけどどこかで
生き残っていたようです。超機神によって騎士団もあっという間に全滅して
しまい、コルツヘンメリーも死んでしまったとか。え、コ、コルツ達も…?
別れ際に言っていた事を思い出します、自分達はラインメタルの人間だから
故郷のために戦う
、と。まさかこんなことになってしまったなんて…!
デトニクスもそのまま死んでしまったかは不明ですが攻略本だと生存して
いるような書き方なんだよなぁ。どうなんだろうか。
そしてその元凶超機神の隣に立つ1人の人物…それは。

マクベスでした。

序盤でお世話になった、10年前から共にいた仲間のマクベス。
しかし彼はソードが神の代理人であるのと同じく悪の神の代理人だったそうで、
全てを破壊して新たな世界の神になる、とよくあるラスボス思考全開でした。
思えばフュリスを捜させたのもマクベスの指示だったなぁ…ちゃっかり
手の平で転がされていたというわけか。それを知ったソードはマクベスに
言い放ちました。

神は死んだ。

神は自分達より少し頭がいいだけで、戦が好きな奴らで

互いに滅ぼし合った結果死んだ。

ここにあるのは錆び付いた剣や槍と同じ、遺物にしか過ぎないと。

それがたとえ報奨の剣、バウンティソードであってもただの道具でしかないと。

最終戦、開始。マクベスは超機神と合体したのかいつの間にか消えており、
ピラミッドみたいな謎の姿をした機神だけ。そいつがタマゴのように何かで
ぐるぐる巻きのような姿に変身しました。いきなり第2形態なんだなぁ。
とりあえずファウストだけはその場待機にしてあとはそれぞれ配置して突撃。
直接攻撃が痛いですがそこはファウストの魔法でカバー。そして倒したかと
思いきや更に変身。悪魔が剣と盾を持ったような姿になりました。
そしてマクベスが少しずつ語りだしました。マクベスも実はノルンに恋心を
抱いていたことや、仲間や国のために戦うという意思は所詮自己満足
ただ正当化させるための口実にしかならないということを。後者はともかく
前者についてちょっと詳しく…(笑)おいオッサンどういうことだコラ。
しかしソードは自己満足であろうと平和のために全員が動けばいつか必ず
平穏な時代がくると信じていました。何この辺りの会話無駄に熱い
そしてラスボスにトドメを刺させてやろう、まずはツキカゲでさっさと
この形態を倒して最終形態に………

ならずに終わった。

あれ?と思って攻略本を読んだら蘇った直後が第1形態、戦闘開始時に
第2形態、そして次の第3形態最後だったらしい。

1形態数え間違えてたったぁー…

そんなしょうもない終わり方を迎えた最終決戦でした(笑)















































機神と共にマクベスも倒れたようで、自分が倒れようとも強大な力を持つ
古代の兵器は多く眠っている、それらを全て相手にするつもりか?と問いますが
ソードは戦うのは自分だけではない、平和を望むもの全員が平和のために
立ち上がるはずだ、と答えました。やがて、ソードが持っていた指輪や
バウンティソードもとなって消えてしまいました。どこへいったのかは
わかりませんが、あれらの力は何だったのかしらと考えるテティスに
人が生きていくための便利な道具だっただけさ、とソードは言いました。
そうしている内にフュリスも登場。安全な場所にいたそうですがたまらず
やって来たそうです。さて、この後どうするのか…
シュタイアロムルスをつくりなおすと言い、ツキカゲタダ働きになるが
力を貸してくれるそうで…ってこの人若干ネジ飛んでるけど大丈夫か!?
アジャックスは勿論ソードと共に、と言ってくれました。ファウスト
運命に縛られずに生きていきたいようです。他の仲間達はこの戦闘に出さないと
言ってくれないのか…厳しいなぁ。そしてソードはというと…連邦に戻るそうです。
フュリスを送り届けるって意味らしい。で、

スタッフロール

あれ、予想以上にあっさりしたEDだ。各キャラのその後はさっきの台詞しか
無いようで、エリュシオンと戦った魔方陣の上にソードとフュリスが立っていて
それでおしまい。え、ええー…もうちょっと語らってもいいのよ?

THE END

ちょっとどうしようと思っていたら画面が変わり、戦績が出てきました。
エストポリスみたいだなー。というわけでこちらもペタリ。
死亡カウントはソードは含まれているのだろうか
サムネイルなのでクリックすると大きいのが出てきますご注意下さい。
上から戦闘時間(あくまでマップ攻略時間らしい、なので4時間ぐらい)、
クリアしたマップ数倒した敵の数、倒れた味方の数(回数?)、戦闘から離脱した
回数っぽいです。やられたのは…ロジャーとかマウザーとかかな(笑)

戦闘システムがとにかくAIの指導で大変でしたがこのシナリオの展開
ソードらが話す台詞の渋さなどなかなか面白い作品でした。個人的に体力バーが
出ている時に攻撃するとそれがカウントされない
のが痛かったがな!(笑)
実はこれ、バッドEDがあるそうなんですが条件は詳しく攻略本に書いておらず、
調べてもPSのリメイクもの「ファースト」のしか出ないので詳細は不明ですが
たぶんこのファーストで書かれてある内容なのかもしれないです。
数ヶ月間、ちょっと時間がとれなかったり他のことをしていたりと攻略に時間が
かかってしまいましたがなんとかクリアできました!一番の敵はビショップ(笑)
それではメンバーをば。最終マップ前なので第2形態を倒した時に確か
シュタイアがもう1上がっていた気がする。

*メインで使ったメンバー
・ソード:LV53(ロード)
・アジャックス:LV56(ダークナイト)
・ツキカゲ:LV51(シャドウマスター)
・シュタイア:LV51(スナイパー)
・ファウスト:LV50(ワイズマン)

*以下、途中まで使ったり一度も使わなかったり
・アテナ:LV49(ドラゴンナイト)
・ロジャー:LV32(ダークナイト)
・ミランダ:LV47(ビショップ)
・マウザー:LV32(バトルマスター)
・ロブン:LV31(屍解仙)
・リュウビ:LV37(ケンゴウ)
・ルーネ:LV48(ワルキューレ)

それでは、今回は回数より期間がとにかく長くなりましたがここまでご覧くださり
ありがとうございました!これにてバウンティ・ソードの体験記を終了致します。


次回作はスラップスティック。アクトレイザーと同じクインテットの作品です。
だいぶ前から候補に挙がっていたのになかなか触れられず…ようやくプレイを
開始しようと思います。メカを使ってのRPG、今度はどんな冒険になるのか
楽しみです!

←前の回へ     体験記目次へ     次の体験記へ→

category: 体験記(バウンティ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。