風林ノ草庵 ホーム » 体験記(スラステ) »スラステ体験記第五回

スラステ体験記第五回  

スラップスティック体験記第五回です。


このゲーム、RPGなのでサイドビューな戦闘画面ですがシステムがやや変わっており、
縦3列横はそれなりのマップを移動してコマンド入力という流れになっています。
移動範囲の装備で変わるみたいですが敵のAIが馬鹿なのかたまに縦軸をずらすと
ロボの存在を忘れまっすぐ突き進んでしまうのをよく目撃したり(笑)しかし常に
自分と敵のターンが交互に訪れるので背後に回っても残りの敵がいればそいつに
バックアタックを喰らっていつもより多く喰らってしまうこともあるため、
男なら正々堂々真正面からガチでぶつかりに行けという結論に落ち着きました。

前回のあらすじ:墓荒らし、不法侵入

えらい悪いことしてるように見える罠。でも墓荒らしは間違ってないと思いたい。
ご先祖様のお告げに従いティアトロンを探しにポリンキー伯爵の館へ向かって
迷いの森を迷いに迷って歩き続けた主人公。念願の館は見つけたけどここから先
一体どうなるんだろうか?


部屋を出るとイゴールがとある扉へ(点滅しながら)入っていくのを目撃。
そこは以前開かなかった扉なので追いかけて調べればガチャリと開きました。
その後イゴールさんがトコトコと歩いているので勘付かれないようにそーっと
歩いていくと本棚を発見。調べると伯爵の自書伝のようなものでした。
そしてうっかりイゴールさんを見失う(笑)先には扉があるだけだったんですが
開いてくれないのでちゃんと追いかけないと駄目なんだな。それにしても、
ここの本棚の上にも人形が…実に不気味である。

改めてイゴールさんを追いかけ、時折振り返るのは本棚のあるスペース
隠れてやり過ごし、扉を開けようとしましたがそこで誰かが話しているような
声が扉の向こうから聞こえました。彼ならば、というまるで主人公を試そうと
しているような内容。どういうことだよゴラァ!と開けるとそこにいたのは
なんとミント。あれ、あなたもイゴールさん追いかけたの?
しかし子どもである主人公に危険だから早く帰りなさいという話しかせず、
まるでさっきの会話など知らない様子。ミントには聞こえないのかな。
本棚がずらりと並んでいるので調べたくてしょうがないけれどもなんだか
早く帰れとばっかりうるさいので渋々帰ることに。
扉を開けて部屋を出た途端ミントの悲鳴が。すぐに入るとミントの姿がどこにも
ありませんでした。よし本棚を調べるチャンs一体どうしたんだろう…?
とりあえず本棚を調べると一番端の本を調べたところで大きな穴が出現。
なるほど、これで落ちたとな。ならば追うしかあるまい!(ヒューン)


落下先は暗い地下道みたいな場所。そして人形の声が響いてきました。
綺麗な石を持っているのね、と主人公がカールからもらった石のことを指して
言い、私も持ってるの。と言ったのでまさかそれはティアトロンじゃ…??
夢で見たシーンにも伯爵はいい隠し場所を思いついた、と人形を見たしな。
とにかくここから先へ行かなくちゃ…って火の玉に囲まれてるー!!
しかしLV上げはしたのでなんとか撃破、先へ進むとミントが誰かと一緒に
いました。ヒゲをたくわえたおじさんの名前はフラボノ。…あれ、その名前って
もしや父ちゃんと一緒に旅をするっていう友人さんじゃないか!なんでも
ハッカーもティアトロンを探してこちらへ来ているらしく、奴らに妨害されて
しまったとか。んで父ちゃんともはぐれたのかな。しかもをぶつけたので
動けないとか…薬を愛犬のパセリのカバンに入れていましたがそのパセリとも
はぐれてしまったので連れてきてくれと言われました。パセリは綺麗なものが
好きなのでそれで気を引ければ、とのことだったのでそれはでいいだろうな。

暗い地下道を抜けるとそこは館のでした。で、さっきまでいたのは井戸
その先にあった建物に入り、あちこちうろつきまくることに。
一部入れない箇所はあるものの、本棚に時計塔の設計はご先祖様のラスク
行ったとか自分が何百年経っても生きながらえているとか情報を得つつ、
発明の本も発見。LV9~11。つまり、この辺が適正LVなのかな。
パセリを発見したので石を装備して付いて来させ、フラボノさんに会わせて
これで腰は元気になってくれそうです(笑)そしてそれを確認したミントは
懲りずに取材へ。こういう一般人って本当に強いんだよなぁ……。
さて、自分ももう少し探りに行こう!!と歩き回って館入口の広いロビー
繋がる扉へ入ってしまい、あ、ここ入口のじゃんと戻ろうとしたら開かない
え、何これ一方通行??でもだいぶ時間経ってるからいいか。とその日は
攻略を諦めました(笑)というのが前回の正式なプレイ内容だったんだよ!


改めて館に入り攻略開始。再び本を調べて井戸の中へ落ち、気が付けば
ブロックが凹んでカプセルが取れるようになったり、フラボノさんがまだ
いたので話しかけたらライトを受け取ったり。

……昨日諦めておいて良かったー。

もう一度話しかけないと駄目だったのか。西館の空き部屋で休んでいる、と
言いフラボノさんとパセリは移動。そして井戸を抜けてまた館に入ると伯爵が
現れ、井戸の奥深くで助けを求めている人がいる、と伝えてきました。

ああ、誰のことを言っているのかわかった気がする。

というわけでライトを早速装着して井戸探索へ。ライトのおかげで広い範囲で
明るくなり、前々から気になっていた小道が明るく照らされ隠し通路となって
いたことに気付き通れるように。その先にはスイッチがあり、それを押すと
ブロックが凹んで下り階段への道が開けました。ブレーカー室らしい。
入るとそこは普通に明るく、ハッカー3人が心霊現象について話し合って
いました。人形のことを言っているのかな。しかしよりによって先へ続く
道を塞いでいやがるのでびっくりホーンで驚かせて退場させて奥へ。
そこにはとある部屋にミントとハッカーがいました。カギがかかっていて中に
入ることができませんがミントの気の強さにたじたじなハッカー(笑)
さっきの3人の会話でブレーカーを落としたりすると見張りがビビってたとか
ヒントになるようなことを言っていたので早速ブレーカーを落として真っ暗に
してみるも何かが起こる気配も無し。部屋はカギがかかったまま…あれ?

(人生の迷い子発動なう)

フラボノさんいないよー、伯爵も出てこないよー、ブレーカー消してもよく
わからないよー、戦闘からあんまり逃げられないよー、暑いよー。
えーと、LV11になって新しい発明もできるようになりましたが今のところ
あんまり意味が無いです(笑)あとバトルソードという武器も拾いましたが
メタルアクスの攻撃力が尋常じゃなくて出番が無い。カプセルの効果で装備LV
5になったおかげで攻撃力50と物凄いことに。そりゃ三桁ダメージ叩けるわー。
で、あれこれやってたらやっとわかりました。ブレーカーを落としたり入れたり
繰り返すとそれがまるで幽霊の仕業みたいでハッカーが逃げ出していくのが
見えました。おのれ無駄にLV上げしまくってしまったわー…。
ミントを救出…したつもりだったんですが大したお礼も言ってくれず、さっさと
取材に行ってしまいました。あれ、なんだろうこの人嫌いかもしれない。

んじゃ次こそフラボノさん!!と西館を探すとやっとベッドで休んでいるところを
見つけましたがそこにはハッカーが。痛い目に遭わせてやる、と言うハッカーに
やってみろと強気なフラボノさん。ちょっとビビったみたいで今度は入口で
突っ立っていた主人公に痛い目に遭わせてやる!とバトルに。

あれ、なんだろうこいつら好きかもしれない。

微妙に憎めないところがあるなぁ(笑)こちらが痛い目に遭わせてやったところ
お見それしましたー!と逃げたハッカー。フラボノさんと話をすると時計塔のカギ
探していたみたいで、それをパセリが持って行ったとか。パセリは物を拾うと
どこかへよく隠したがるので動物の言葉がわかれば…と言ったところ主人公が
だべっこどうぶつというアイテムの発明を思いつきました。

今の会話のどこにヒントがあったのだろう。

ひとまず少し戻って伯爵が開けてくれた曰く「役に立つだろう」場所、開発室
一体いつの時代からこれは存在しているというのだ…(笑)だべっこどうぶつを
発明し装備。パセリを探すと井戸の近くにいたので話しかけると自分を「俺」
言ったのでどうやらだったらしい。主人であるフラボノを井戸に落とした
ハッカー達への仕返しだったようで、カギは井戸の近くに隠したと教えてくれたので
調べるとカギを入手。よし、だいぶ長いけどきっとクリアまでもう少し……!
時計塔の扉を開け、中へ入るとこれがまた広い広い………無理だぁぁぁぁぁ!!!
帰ろう!寝よう!!さっさと次回へ持ち越しだ!!
余談ですが、この後父ちゃん家にいるクロガネにだべっこどうぶつを装備したまま
声を聞いたみたところ、クロガネがと決めているのは父ちゃんらしく、主人公は
どうやらちゃんと飼い主として見てくれていないらしい(笑)なんだよ…


ティアトロンを巡り主人公とハッカーが駆け回る。

そして謎を残し続ける人形は一体何をしたいのか…?

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(スラステ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop