風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(スラステ) »スラステ体験記第六回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

スラステ体験記第六回  

スラップスティック体験記第六回です。


シンボルエンカウントといえばロマサガマザー2を個人的に思い出しますが、この
スラップスティックのシンボルエンカウントは敵に隣接したら即戦闘になります。
それはどういう意味かというと、横に3列しか幅がない通路を通ろうとしたところへ
敵が出現したら………そいつが端っこに立たない限りは必ず戦闘になるという
かなり憎らしい配置となります(笑)時に主人公が近づくと初めて姿を現すゼリー系
モグラ系も面倒くさい奴らです。あと主人公目掛けて猛スピードで突っ込んでくる
鳥系とかもな!戦闘からも逃げにくく、結局普通に戦ってばかりのスラップスティック
体験記、第六回となりました。

前回のあらすじ:×たべっこ ○だべっこ

すみません、誤字でした(笑)ダベるってことでだべっこどうぶつだったんだろうな。
思えばそういうお菓子あったなーと思ってググったら出てきたのでそれのパロディだと
思います。ご先祖様ラスクの知り合い、ポリンキー伯爵の館に隠されたティアトロン
探し不気味な人形やら父ちゃんの親友フラボノさんと会ったりなどして少しずつ
ティアトロンへ近づきつつあるはずの主人公。いよいよ謎が隠されている時計塔
攻略に挑みます。



時計塔の攻略から再開。今回も幽霊屋敷と同じく長いのだろうかと思いながら
進むんでいると壁スイッチがあちこちにあるのでとりあえず押していきます。
そしてなんか落ちることができそうな場所を見つけたので落下してみると今度はブロックが
無くなるスイッチ。そしてその先にはミントとネズミがいました。
なんだこのネズミ?話かけてみるとそういえばだべっこどうぶつを装備したままだった
ので普通に会話が成立(笑)ミントのカバンの中に子ネズミが入ってしまったそうで
それをミントに伝えて欲しかった様子。ミントに話すとカバンから子ネズミが出てきました。
ミントとは再び別れ、あちこちうろついた後に再びここへ戻るとネズミがまたいたので
話をしてみると、ここにいる人形は人間が人形に変えられた姿だとか…
人形に変える力は親玉の人形が持っているらしく、もしかしてティアトロンの力かな。
また、人形はネズミが苦手だとか。文章のまで変えるんだから間違いなくヒント
なんだろう、目の前にいるのがそのネズミなんだから(笑)スイッチをいじりながら
進んで人形の部屋へ到着。しかし人形が移動しながら数を増やし、親玉であるマームラナの
所へは行かせまいと妨害してきました。不思議な力でグイと外へ追い出され、はて他に
フラグがあったかなとうろつきまくりましたが手がかり無し。もう一度行って
戦闘になったりしないかとしてみたところ、いつの間にか母ネズミが主人公の懐から
現れ人形の前に立ち驚いた人形達は奥へ逃げてしまいました。

でも、どっから出てきたんすか母ちゃんネズミよ…

奥へ行くとあの(※人形のグラフィックは共通です)怪しい人形が。しかしその前には
ハッカーが。人形に隠されているティアトロンを取ろうとしたようですが、人形の力に
よって動けなくされてしまいました。そのままハッカーが人形にされてしまいそうな
感じだったので割り行って話しかけると、マームラナはティアトロンの力でハチのような
姿に変身して襲い掛かってきました。お、ボス戦だな。
被ダメはぼちぼち、攻撃もまずまず通じるので大丈夫そうかなと思ったら突然分身して
3体に。ちょ、連続攻撃はやめてくれよ!と思いきや縦には動かず横のライン攻撃しか
やらなかったのでとりあえず本物どれー?とボカボカ叩いては偽者ばかり倒して
また分身されての繰り返し。

リアルラックの無さがここで露呈されたか!

数度繰り返して勝利。前のボスよりは比較的ラクに倒せたかな。
せっかく変身できたのに、と人形は消え石2を入手。…あれ、ということは石1
ティアトロンなのかな。ならばティアトロンはあと1つってこと?ちなみに人形が
いなくなったのでハッカーも解放され、主人公にお礼を言って帰りました(笑)
ティアトロンを持って本部に行けば幹部になれるという報酬に目がくらんだそうですが、
こんな目に遭うぐらいなら地味に暮らしたほうが幸せ、と言ったのが妙にリアルだ…。
そんでもってミントはハッカーの狙いがティアトロンと知るとスクープよ!と早速
新聞の記事にする気満々でした。なんだろう、こう…俺が主に頑張ったのに色々と
掻っ攫われてる感…(笑)

時計塔を去ろうとすると、ポリンキー伯爵イゴールが主人公のおかげでラスクとの
約束を果たしやっと眠りに就くことができる、と会話をしながら消えていきました。
そしてフラボノさんとも再会、ロココ町へ。父ちゃんと一緒に旅をしていたはずの
フラボノさんがどうして父ちゃんと別行動をしていたのか話してくれました。
2人はハッカーに出くわし、父ちゃんは発明家だからこの危機を乗り切る発明品の
1つや2つある!と言いフラボノさんを逃がしたそうで。フラボノさんはその後
爆発音を聞いて心配して戻ったのですがその時父ちゃんもハッカーも姿を消していました。
それがどういうことか、捕まったのかどこかへ逃げたのか…ひとまずフラボノさんは
ロココ町で休むみたいです。フラボノさんはかつて南の島で奉られている神様
石がはめ込まれているという話を聞いたことがあるようで、次はそこでティアトロンを
手に入れるのが目的かな。ちなみに、ロココ町で1件だけずっと留守の建物が
あったんですがフラボノさん家だったのか…


さて、ひとまずデカい事件を解決したわけだし、何か変化は無いかと色んな人と
話をしてみることに。町長はどうしたのかと受付のカールの母さんに聞けば南の島
行っているとか。しかも秘書のローズも一緒に。間違いなくサボりだな!!(笑)
公務員たるものがなんてことを。しかも町長の机の上には書き置きがあり、一応
「視察」とは書いてあるけど絶対嘘だろうこれ…。なんでも南の島へ無料で招待する
招待状が一部の人に送られているらしく、さっきのフラボノさんとの会話も重ねれば
これは主人公に届くだろうな(笑)
隣のステラおばさんも招待されたらしく、カギがかかっていました。そしてロココ町に
いるとある男性と女性が駆け落ちをしていたことが発覚。前々からどうも物思いに
ふけってる男がいて、その意中の人の父親がやけに厳しい人なためなかなか会えない
ようでした。そしてとうとう行動に移したと…南の島にでも行ったのかな。
自宅のポストを覗くも招待状は無し。あれ?と思い母ちゃんに聞くと既に母ちゃん
取っていたようでした(笑)ゆっくりしてきなさいと言われましたがどう考えても
新たな冒険です、本当にお疲れ様です。

町から少し歩いたところにあるから船が出るそうなのでそちらへいざ出発。
船に乗っていたのはあちらの島のガイド。南だけあって南国風な褐色肌の男性でした。
そして微妙にカタコト。乗って、と言われ船に乗り込むもガイドさんは船から降りたまま

ガイドさん放置して行ったけどそれでいいのかクインテット!

南の島へ到着、そして密林の村へ。時折地震が起こっているのは近くに火山があるせいかな。
そこにはステラおばさんやミントもいました。ミントが言うにはロココ町からこの南の島へ
行った人たちがみんな行方不明になっているみたいで、その原因を探りに来たようでした。
またハッカー絡みなのだろうか。村長の家へお邪魔すると祈祷師がおり、村の宝を神様に
捧げるようにお告げを受けたと村長へ話していましたが村長は神様はそんなことは言わない、
と反論。あれ、何この険悪なムード。結局祈祷師は神様のお告げを聞かないと神様が怒る、
とプンスカ言いながら出て行きました。うぅむ、どちらの言い分が正しいのだろうか。
周りの人の話だとどうも村長の方がいい人っぽいんだよな。ハッカーと繋がったりして
いるのかなぁ…また、村人とも話をすると大きな鍋を煮込んでいる男性との会話で、

「今夜の材料は あんたの肉だよ」と言われ大爆笑。

何故ならこれは同じクインテット作品であるソウルブレイダーでも言われたことが
ありまして(笑)勿論冗談なのですがまさか内輪ネタをかましてくるとは…!
色んな人と会話をして宿屋へ。そこにはロココ町の町長もいました。ローズは別行動を
しているのか一緒ではないみたい様子。翌日は火山へ行くので、ベッドで休んで
明日を待つことに。しかしここでもまたを見ました。
火山にいるロボットここはどこだ?宇宙船は?とまるで別の場所からやって来た
みたいで、しまいには主人公を捜すような台詞まで。あれ、この人といつお知り合い
なりましたっけ。そこへ密林の村人がやってきてややややや!と驚いたところで夢終了。
そういえば、村人の話によるとこの村の神様は空からやって来て火山を治めて
いるんだっけか。その居場所は村長しか知らないとか…
だ、誰だろうこいつは。仲間とかになったら嬉しいんだけどなー!!


翌日、ガイドに連れられて火山へ。てっぺんには大きな穴があり、スリルを味わうために
1人で行けと言われてなんとなく嫌な予感がして参りました(笑)しかもロープがあるのに
うっかり足を滑らせて穴へダイブ

当たり判定どうにかして下さい。

ヒューと落下してうわなんかモグラのモンスターいるじゃんどうなってんの、と少し進むと
上からガイドの声が。やっぱり騙されていたみたいで、主人公は神様への生贄という形で
火山へ放り込まれてしまいました。
恨むの良くない、バイバイ!と言われロープも回収、帰る手段を失ってしまいました。

どこのロマサガ3だよ!!!!

村長に諮られた!と憎しみを抱きながら久々のモグラモンスターに苦戦しながら進んでいくと
ハッカーが潜むバイオ研究所へ到着。

とんでもねぇところに潜んでいるなハッカー連中。

あ、生贄が来たなとのん気に言われ、工場の手伝いをするハメに。そこにはステラおばさんと
おっちゃんの姿も。おっちゃんは騙されたことを嘆いていましたがおばさんはこれも
体験ツアーの一環だと思っているらしい。このゲーム、全般的に女性が強い。間違いない。
ベルトコンベアをスイッチで操作して流れを変え、内部へ潜入。こうなったらクリアして
さっさと帰るしかない。だけど幽霊屋敷の長期戦っぷりを考えると間違いなく今回も長い。
そして、長かった。


火山の地下で蠢くハッカーの目的とは?

南の島の「神様」の正体とは??

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(スラステ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。