風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(スラステ) »スラステ体験記第八回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

スラステ体験記第八回  

スラップスティック体験記第八回です。


ロボットが装備できる箇所は4つ。両腕背中とあるのですがこれを見てふと
カスタムロボを思い出しました(笑)基本は武器と盾、ボムかパック(能力アップ)、
あとブーツという感じなんでしょうが武器においてもやらやらやら、その辺の
違いがよくわかっていません。命中率なのか会心率なのか相性とかでもあるのか、
情報未収集というのはこういうところで苦戦を強いられるようになるわけですが
今回はそれどころじゃない事件が勃発したのでした…怒涛の第八回です。

前回のあらすじ:恐怖!見えない敵

あれ、いつかどこかでこんなタイトル見た気がする…
というかあいつらマジなんなの…あと教訓:セーブはこまめに
グリーンベレーに瞬殺されたりミントと狭い箱の中でぎゅうぎゅう詰めになったり
火山地下のバイオ研究所絶賛攻略中の主人公。ペッパー博士ローズがどうやら
ハッカー側の人間っぽいとわかりましたがいつか対決するのだろうか?
…ってネズミの姿になってる今考えてもどうしようもないけどな!(笑)


せっかくだから!コンバット越前なノリで壁のところどころにある小さな穴
(パイプ管の出口?)を通ってみる。穴に入れなかったり、パイプ内部も進めない場所が
あったりしますがとりあえず地下を抜けて再び研究所へ戻ってきました。
ちなみに、ネズミでも戦闘はありました(笑)ネズミがカプセル投げたり時々顔を
出して「GO!」って言うんだぜ…実にシュールだよ…(笑)しかもセーブもできる
謎の仕様。そりゃできなかったら面倒なことになるものなぁ。
パイプ内にいるネズミと話をすると、地震発生装置の管理をしていた人もネズミに
されただの、この先の部屋で女性がいたので近づいたらビックリされただの、と情報を
得ました。ん?女性ってもしや……その部屋へ行くと地震発生装置のある部屋でした。
うわぁやっぱりミントか!一体どうやって入ったんだよ…
ねえねえと声をかけるもミントから見ればただのネズミ、そして苦手なようです。
ハムスターは可愛いけれどドブネズミは好きじゃないです的なアレか。
ねずみ年生まれとしては実に複雑な気分だぜ。
するとコテツが登場、ここは初対面のようで互いに何してるのとお話。コテツも気が強い
ミントは苦手みたいで、主人公を元人間と見抜いているのか人間の言葉がわかるのなら
この姉ちゃんを追い出してくれよと言ったのでまた話しかけるといよいよ限界が来たのか
逃げてしまいました。そしてコテツと話をすると、人間に戻りたいならハッカー達が
本部から受け取って保管している財宝庫からお金を持ってきてほしいと言われました。
奴の仕事はそれらしい。なんだろう、こいつもハッカーだけどここのハッカーではない、
とか?とにかく謎が多いなぁこいつの正体についても。このネズミの姿なら見張りも
掻い潜れるだろうと言われるもやっぱり真正面は無理でした(笑)
「最近ネズミが増えたなぁ」と言いますがこいつらはペッパー博士によって戦闘員が
どんどんネズミにされていることを知らないんだなぁ。開発室でそういうのをつくるよう
命令されたそうで、今度は人を簡単にネズミにする小型のメカをつくるとか。でも
手抜きしようとかなんか愉快なフラグが…(笑)

閑話休題、増えつつあるそんなネズミたちはこの研究所のパイプ内に生息している
わけですが、他所のネズミと称している辺りもしかしたら原住鼠なのかもしれない奴らと
会話をすると最近食堂で食事をとり難くなっているからなんとかできないかと頼まれ食堂へ。
逃げ回るネズミとそれを追いかけるハッカーがいたのでまた出てきたか!と言われて戦闘に。
しかし相変わらずカプセルを投げる力がある主人公、あっさりと敵を倒して化け物だー!
追い出すことに成功しました。化け物……うん、確かに化け物だ(笑)
これで原住鼠も主人公を認め、食堂へ移動したので通せん坊がいなくなったことにより
また移動できる範囲が広がりました。確かこの辺で地震発生装置を管理していた元戦闘員
いた気がする…そいつからは地震発生装置の作動方法なんてものを教えてもらいました(笑)
ちょっ、いつでも地震起こせちゃうのこれ?ですがまずは人間に戻る方が先。
パイプを移動し(思えばワイルドアームズでこんなのあったな…ハンペンの)
財宝庫に到着。サンダーソードという武器を手に入れたりしつつ5000トロンをゲット。

よし、1000トロンしかなかったと報告しようか…

そんなことはできるわけもなく、コテツに5000トロンをちゃんと奪われペッパー博士の
部屋へ。そして機械を操作して主人公は無事元の姿に戻れました…が、なんだお前か
言われたのでコテツはネズミが主人公だとは気付いていなかったみたいです(笑)
もうドジ踏むなよ!と言われちゃったんですが踏んだのはドジじゃない、フラグだ。
と言い返しておく(笑)さて、人間に戻れたことだし地震起こしてこの研究所
ぶち壊してやるかー。右のスイッチを3回、左のスイッチを2回。
そう押すだけで地震を起こせるこの機械マジ悪魔…マジ…悪魔……

(※管理人は岩手出身です、内陸部出身ですがどことなく察して下さい)

するとミントがやって来てロココ町の人たちはもう避難させたから私達も逃げましょう、と
言い脱出。火山の洞窟内まで一気に戻り、そして研究所の入口は潰れてしまいました。

良かった、発明の本全部読んでおいて…

ちなみにここはガイドにロープを回収されて戻れなくなった洞窟なんですがいつの間にか
ロープがあり、普通に出られました。やったー!シャバの空気うめぇぇぇぇ!!

そしてウイニングランをモグラに妨害される。

くそう本当にこいつ人が通る道に出てくるな…配置というかルーチンが憎い。


密林の村へ戻ると、ステラおばさんやおっちゃんはいましたが村人がネズミにされていました。
祈祷師によって変えられたとか。ああ、開発室で話を聞いていたアレか。歓迎のダンスを
踊っていたトリオもこれじゃ踊れないと言っているものの、ネズミのダンスもいいところが
あるかもしれないぞ(笑)
そして村長の家へ向かえば祈祷師がいました。またしても神様のをよこせと言っていますが
研究所内をうろついて「神様」ペッパー博士だということは確認済みです。祈祷師の家に
ある研究所の像と繋がっており、そこから命令を受けていたようでした。というわけで
そんな言葉聞く意味なんて無いぞ!と言いたいのですが主人公は喋らないタイプなので
(そこはかとなくエニックス風)祈祷師は機械で村長のお供2人をネズミに変えて
しまいました。いよいよ村長までも…!と思われたその時何故か祈祷師がネズミになり
逆に村人達が一気に元の姿に。ど、どういうことかわからないけど開発室の奴らの仕業で
あることは確かだ。よくわからない手抜きをありがとう。


研究所は潰したし、ペッパー博士を捕まえ損ねたものの神様の宝を守ることには
成功したっぽい主人公。村の掟に従い神様の使いである主人公に宝を渡したいそうで、
お供2人と共に神殿へ。2人しか知らない踊りをすると扉が開きますがその踊り、
でも踊っているのを見たぞ(笑)ところでここどこ?と一旦出ると祈祷師の家から
入る洞窟の途中にある場所でした。そういえばこれ何だろうと開かない扉の前で
うんうん唸ってたら近寄ってきた敵にぶつかって戦闘になったなぁ…
ひとまず戻ってセーブの後神殿攻略へ望むことに。しかし入ろうとするや否や
ペッパー博士が登場。この奥に求めてるものがあるらしく、主人公を押しのけて先へ
行ってしまいました。ここを開けてもらうのを待っていたのか、なんか嫌な奴だなぁ…
ロココ町の子どもたちが山の洞窟へ行ったのを助ける際に発明品で挑むも失敗して
冷ややかな視線を送られて以降ロココ町に恨みがあるそうですがどう考えても
己の知識不足を棚に上げた逆恨みです、本当にご愁傷様です。

ちくしょう取らせてたまるかー!と進むとスイッチを発見、押すとゴゴゴゴゴ、と
何かが動く音。どうやら2手に分かれる道を交互につくってくれるようです。
片方の先には壁に文字が書かれており、遠くにあるものこそ近い。信じる道を調べろ
いうヒントが。どういう意味だろう、というかここも長いのかな…
史上初の3回分一挙収録という程長い時間になっちゃってるのでなぁ(笑)
よく見ると壁に3つの石扉が。とりあえずから調べてみるか、と調べた途端ピンポン
正解音が鳴って部屋の中へ。うん、ぶっちゃけ偶然です。
そこにも壁文字があり、残された力は少ない、とか君の呼びかけに答えるだけ、とか
気になる文章が。密林の村で見たあの夢のロボットなのかな。あいつがティアトロン
持っているんならペッパー博士が狙わないわけが無いしなぁ。スイッチを操作して道を
つくり、進んだ部屋にはその夢で見たロボットとペッパー博士がいました。
素晴らしいと興奮している様子の博士ですが一方のロボットは全く反応無し。
動いているのかな。博士に話しかけるとまた邪魔をするか!と博士がつくった
ビッグアイとのバトルへ。またボス戦か。
でもこの間のマームラナはそれなりにラクだったからなー、今回も比較的ラクに

GAME OVER

や、今回は物凄く早くてですね!(笑)ボスの攻撃が2WAY体当たりなもんで
その威力がライフの半分以上を削られるほどのもんでそういやつくってた3体目
瞬殺されましたとも!!あまりのあっさりしたやられ具合に負けイベントかと思いましたが
全然そんなことはなく、どうやらガチでこいつに勝たなくてはいけないようです。
おかしいなぁ、こいつとの戦いに備えたフラグなんてあったっけ…?研究所の
発明の本は全部読破してるし、LVはそれなりなはずなんだけどどうしてなんだろう。
というわけでクリア後だけ覗いている攻略サイトさんを見たところ衝撃の数値を目撃。

クリアLV:20~30

現在のLV:17

なん……だと……


まさか自分の進行LVが低いとは思わず、驚愕。確かに透明な敵のグリーンベレー
瞬殺されるほどのLV差はあったのかもしれないけどあれぶっちゃけだと思ってたし、
通常の雑魚は難なく倒せていたし、……あれぇ一回の攻撃で半分以上もっていかれるんじゃぁ
しょうがないよな、本当にこっちが弱すぎたんだろう。
ちなみにこっそり検索かけたらこいつで苦戦した人はそれなりに多いらしい。
やっぱりか、と安堵する(笑)しかし、体験記を綴る身としてはきちんと先へ進まなくては
いけません、男に後退の2文字は無い!というわけで、長時間プレイの果てにぶち当たった
壁を乗り越えるべく鍛錬に励んで参ります…


LV不足という高い壁にぶち当たった主人公とロボット達。

これから長いLV上げの修行が始まってしまうのか?

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(スラステ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。