風林ノ草庵 ホーム » 体験記(スラステ) »スラステ体験記第九回

スラステ体験記第九回  

スラップスティック体験記第九回です。


そういえば、とのんびりOPを今更ながら見ることにしました。極楽星というのがこの
ゲームの舞台で、ロココ町に忍び寄るハッカーの悪事が盗み、破壊等などだったなど
わかりましたが「破壊」のシーンが砂場で遊んでた子どもらのを崩してしまったような
しょうもないことでより一層ハッカー達がお茶目な奴らに思えてきました(笑)
また、主人公の夢は父親と同じ発明家になること。そんな父ちゃんは現在行方不明
一体父ちゃんは何の目的で出かけてしまったんだろうね、第九回です。

前回のあらすじ:LV不足

まさか雑魚敵は普通に倒せたのにペッパー博士のロボ、ビッグアイに瞬殺されるという
大変衝撃的な終わり方を迎えた前回。あれから屈辱を果たすべくLV上げに勤しむことに
なりました。というわけで火山洞窟へ出発。


バイオ研究所で見つけたサンダーソード全体攻撃なので一掃に向いているな、と
装備して早期決着、そしてボーナスをもらって稼ぐという方法をとってみました。
しかし戦闘中落ちているカプセルを拾えないのが弱点で、スカ扱いで爆発するものも
ありますが経験値をもらえたり装備LVが上がったりするのは大変オイシイので
防御を捨て片腕にフルメタルアクス(メタルアクスにスクラップを加えて合成、
攻略サイト様で知りました)を装着させることに。ちなみにこのフルメタルアクス、
装備LVがMAXになると攻撃力がなんと120という他の追随を許さない勢いの
高さ。メタルアクス自体もなかなか優秀なんですがこれは頼もしいです。
サンダーソードの装備LVも上げながらLVも上げ、1時間半ほどかけて17だった
LVを24まで上げてみました。結構勢い良く上げればどうにかなるもんだな…
そして主人公の家やロココ町のお店にあった発明の本を読んでみることに。
さぞかし役に立つ発明品を編み出してくれるだろう…!!

すぐナオール
さびトレール
しゅうりキット
けむりだま


……あれ、それ普通に買ったり合成で作れたり敵から拾ったりできるやつじゃね?
あんまりありがたみが無いわー(笑)他にはお天気ママさん(天気を変えられる、
雨を降らせたところ町人が慌てて屋内へ避難)、とか消えるんです(姿を隠す、
敵にバレるかどうかは不明)などもありますが攻略に使えるかはわからないなぁ。
さて、それじゃあリベンジマッチに行くか…!!!


神殿へ入り、もう謎解きも完璧なのですぐに謎のロボットのところへ到着(笑)
そしてビッグアイとの戦いへ…!まずは近づいて防御、ビッグアイの攻撃が
きますが1ケタに抑えられました。これはLV上げの成果あったぞ!!
しかし肝心の攻撃が微妙。正面だとカキーンと弾かれる上に背後には回れず、
2回ほど運良く背後から殴りつける(しかも内1回はクリティカルヒット
ぐらいしかできずにこちらが背後からの攻撃を受けてHPが赤くなる事態。
ど、どうにか正面攻撃でも当たれ!と数回挑んでやっと直撃、そして撃破。
実に3回攻撃で破壊。リベンジ……かなったりぃぃぃぃぃ!!!!

ロボットが壊れこんな青二才に!と慌てるペッパー博士。逃げ出したのを見て
さてこいつは…とロボットを調べると主人公の呼びかけに応じたのか動き出し
ました。主人公のことを知っているみたいですがいつ会ったんだろう。
ロボットの名前はナポレオン。しかしそれでも主人公はわかっていない様子。
果たして知り合ったのは小さい頃なのか、それとも未来の主人公なのか…?
ティアトロンを探していることを把握すると石3をくれました。あれ、これで
全部揃ったんじゃないかな?もう世界平和になるんじゃないかな!!(笑)
あとはここから出よう、と一緒に部屋を出ますがペッパー博士が出て行く際に
仕掛けが作動したせいか道が無くなっており、部屋に戻ってここからなら
大丈夫、と主人公を下がらせてなんと体当たり。流石ロボット、頑丈にできて
いるんだな…と思いきややはり無理がたたっているようで、言葉がカタコト
なっていました。お、おい…大丈夫か??
この後も洞窟を抜けようとしますがその度に壁に阻まれ、そして体当たりを
続けるナポレオン。どんどん発せられる言葉がブツ切りになってきました…
やめろ!ボスボロ使っていいから!こいつらなら修理できっから!!
しかしそれでもナポレオンは最後の力を振り絞り壁をぶち壊しました。
もう駄目だ、と力尽きるナポレオン。スクラップになった自分を使って
ほしいと言われました。そのスクラップから見守りたいと。
ラスクの意思に沿いたい、と話すナポレオン。あれ、それはご先祖様…?
ということは過去の??一体どうなって…と思ったらスクラップになった
ナポレオン。うおおおこれは切ない……!スクラップAを入手するも、これを
合成するってのも複雑な心境だな。なんか特別なものにしか合成ができない
ような気がします。ナポレオンが開けてくれた道の先は、火山洞窟。
LV上げでうろつきまくった場所でした(笑)んで村へ到着。


村長から嬉しくない称号「ホンジャラヘノヘ」を受け取りつつ
宿の前にいる男性が逃げる男の姿を見たという情報が。ペッパー博士のことかな。
そのおっさんに詳しく話を聞くと入り江の方へ向かったとのことで、フィールドに
出ると新たなマップが。秘密の入り江に入ると既にペッパー博士には逃げられた
後で、悔しがるミントの姿がありました。何かを置いていったそうなので
カプセルを開けてみると変わるんですというアイテム。

伝染るんですもその内出てきそうだ。

直後トランシーバーから母ちゃんの声が。ちょっと大変なことがあったらしく
家に戻って来てという話をミントも聞き、事件ね!と飛び出してしまいました。
人の家庭の話にまで首を突っ込むとかあの女一体何なの……


懐かし故郷ロココ町(※発明の本を読むためにちょっと前に帰省しています)へ。
そして自宅へ入るや否や目に入ったのは警察のお兄さん。あれ、もしかして
父ちゃんに何かあったのかな…?と思いきや主人公にずずいと近寄って…あれ。

「町長の宝石を盗んだ罪としてお縄を頂戴する!」

若干表現が古いなおめさん!…じゃなかった一体何を言い出すんですかアンタと
言い返す暇も無くあっさり投獄。んー、これは明らかにだな…間違いなく
ローズが絡んでいるに違いない。何せバイオ研究所でペッパー博士を何やら
悪そうな話していたものな(笑)町長をそそのかして…に違いない。
さて、どうやって脱出しようか…と壁を調べまくるとネズミにでもなれれば
警察官が扉を開けた隙に逃げられるのに
、とストレートなヒント。
きっとさっき拾ったかわるんですを装備すれば!と案の定ネズミに変身。
しかしその後は何も起こらず。そうか、警察官が来ないと駄目だもんな…
一度人間に戻り、気を引かせることに定評があるびっくりホーンの出番。
ドゴーン、と音を出してすぐにネズミに変身。すると扉を開けた警察官は
ネズミなぞ気にせず姿を消した主人公に慌てていたのでその間にさっさと外へ。
いやー母ちゃん大変だったわー。と自宅へ逃げ込み話をするも

「どうしたの、ジン?
>セーブをする
>ヒントをちょうだい」


緊急事態でもブレない母ちゃんが最強すぎる。

いつの間にかカールも来ており、大変だったなと労ってくれました(笑)
そして下水道から町長の家へ潜り込めることを教えてくれました。それは決して
主人公のためではなく、カールの母親がいつも町長の駄目っぷりに疲れているのが
気に食わないからだそうで…お前、ちょっとツンデレ入っているだろう。
ちなみに、町の人たちと話をしてみるとお隣のステラおばさんには苦労しているのは
わかるけど悪いことは駄目よと諭されたり再び投獄されたりしてきました。


下水道へ。入口までカールは来てくれましたがそこから先は任せた、とある意味
当然の状態(笑)そりゃあ、奥には間違いなく敵がいるんだものなぁ…
セーブは効くのでところどころ使いつつ敵も倒してみますがLV上げの効果は
絶大であっさりと倒せます。しかしメゾンシェルというやどかりのような奴は
すぐに逃げるのでもしやはぐれメタル的な奴では…?とどうにか撃破を試みますが
やっぱり上手くいかず。一度だけ運良く倒すことができましたが

大よそ30メガの経験値を取得。

※次のLVに必要な経験値の半分以上です

うおおおおお流石ははぐメタタイプ、シャレにならん経験値だ!!!
でもその後は一度も倒せず逃げられてばかりだったので味をしめることはできずに
終わりました(笑)そうこうしていたらLVも27に。次の発明の本はどこかな。
また新たな大陸に出かけるんだろうな~。
最初の方で会ったネズミ曰く、ところどころにカギが無いとあけられない扉が
あるようで、カプセルでそれを拾っては開けていきますが途中なんか細かい石が
転がってる壁を発見。そちらはもぐらドリルで開けられるみたいで、そこでも
カギを入手しながら先へ。そして着いた先は……町長の家の庭でした。


普通に入っていた時とは別の場所からの侵入なので見慣れないマップだなと
思いながらうろつくと職員を発見。なんでも町長が捕まって今は偽者の町長が
居座っているとか。念のためにネズミになって見に行くと…確かに、これは…

仕事をバリバリやりまくっている、間違いなく偽者だ!!!

※本物は美人秘書のローズに見とれてさっぱり仕事をしませんでした
見張りのハッカーを倒して先へ進み、ネズミでしか通れない小さな穴を抜けると
そこはカギで密閉された部屋でした。そしてそこにいたのが本物の町長。
町長はローズにかどわかされて主人公を捕まえを奪ったことを認め、
自分をここから出してくれたらなんとか見つからないように隠した石を返すことを
約束してくれました。そもそもお前がローズを怪しまなかったことが悪いんだから
後で覚悟しておけよ!と思いながら捜索続行。

カールの母親やミントとも会いますがここでちょっとストップ。町長が偽者で
あることは伝えられましたがどうやったら偽者だと断定できるのか、その確定できる
証拠が見つかりませんでした。町長が町長たる所以…何か、イベントとかあったっけ?
うーんうーんと思い出し、そしてあっ、と外へ飛び出してを連れてきました。
そう、かつて糞ガキに騙されて犬を町長の下へ連れて行った時酷く嫌がっている
光景を目の当たりにしたのでした。まさか伏線になっていたとはな…!(第弐回参照)
ミントにこれどうよ?と見せてそれよ!と一緒に町長の下へ。そして主人公が
犬を連れて町長に話しかけると可愛いね、とまさかの好意的反応
それはどういうことですか!?と詰め寄るミントに偽町長もとうとう観念して
正体を現しました。ハッカー副司令官、ローズの新鋭部隊だとか。
副司令官。相当ローズも力のある人間だってことなんだなぁ。
そしてボス、パパメカとバトル。正直ビッグアイの悲劇があるので今回もまた
ボッコボコにされたらどうしようかと思われましたが案外普通に終わりました(笑)
しかし、何故にパパ…?ひとまず偽者を倒し、本物を助けようとするもカギ
見つからず。どうしようかなー、母ちゃんにヒントもらってみようか。

「偽者の町長が座っていた場所は調べてみた?」

母ちゃんがハッカーかもしれない。

なんで知ってるの母ちゃん!?実は母ちゃん黒幕でしょう!!
というわけで言われた通り調べたらカギを入手、そして町長も救出。
石を隠してある場所を教えてもらい、暖炉を調べ隠し部屋にて石1を入手。
しかし、突然真っ暗になりやっと見つけたわ、と石を奪われてしまいました。
いきなり真っ暗になるもんだからどつかれるかと思いきやただするりと石だけ
盗られただけみたいでした。その辺が平和な世界だよなぁ、極楽星(笑)
とかのん気に思ってる場合じゃない!石返せよちくしょう!!と追いかけると
そこは屋上。しかしローズはそこで消えてしまいました。なんとなくいた場所を
調べますが勿論何も無く…。計画がどうこうとか言っていたし、ハッカーの
目論みにきっと関係があったんだろうなぁ…!!


石を全部盗られてしょんぼりしながら職員さんと話をすると暖炉のところのタンス
町長のヘソクリがあるらしいので今回の謝礼金としていただくことにし、
自宅へ戻ろうとすると何故か自宅前でたむろする子どもら。そして港の桟橋
喋るカニがいるから見に行こう、と話し合って出発してしまいました。
これは……また救出しなくちゃいけないフラグかなぁ(笑)


ナポレオンは一体何者だったのか。

ローズ含むハッカーの目的も何だったのか。

謎はまだまだ解けないまま…。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(スラステ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop