風林ノ草庵 ホーム » 体験記(スラステ) »スラステ体験記第壱拾弐回

スラステ体験記第壱拾弐回  

スラップスティック体験記第壱拾弐回です。


かわるんですネズミの姿に変わる必要がある部分が所々あるので未だに使うことが
ありますがネズミでも戦闘はあるし普通に戦闘開始直後にロボットが入ってるカプセルを
投げるアクション
があるしでネズミでも頑張れるんじゃね?と思ったらよくよく見ると
アイテムが使えない事に気付きました。そりゃ小さい身体だろうしな…だけれど、
発明の本をネズミ状態で読める件についてはどう言及してくれるんだいクインテット?

前回のあらすじ:プラグイィィン!

別にロックマンエグゼではない。という電脳世界へ飛び込んでみたりして記憶を失った
アキハバラの記憶を取り戻し、ロココ町へ向けられたレーザー兵器をどうにか
するべく動き出した親子。しかし今回の収録は実に1週間ちょいぶりだ。つまり…


ここは、どこだ。俺は、なんでここにいるんだ…。
ええすみませんPCがでやられたりお盆休暇はずっと作業やってたりでなかなか
こちらに手が回らずに日が空いてしまいましてね…!とりあえずを抜いたことにより
行ける場所が増えたような気がしたのでそれっぽい道を歩いて行きますがここって
来た覚えがあったかなぁという物凄く記憶のタンスを漁りながらの探索。
やがて見覚えが確実に無い場所へ到達するも、そこにいたのは魔人ロボの軍団。
うわぁ道も狭いし確実に戦闘になるな…タイマンでもかなり苦戦するのにこんなに
いるんじゃどうしよう、とひとまずセーブをして様子を見ようとしましたが
この魔人ロボ、少なからずも主人公を追いかける性質を持っているようで
メッセージウィンドウを開いてる間にモゾモゾと主人公を囲んでしまいました(笑)
やだこれなんのイジメ?というぐらい囲まれ万事休す。ひとまず1体だけどうにか
倒し(強い硬い、なのに経験値は微妙というなんという…)あとは煙玉を使って
強制退却。あとLVも上がりそうだったのでガンバラナイトと戦ってLVアップ。
ステータス配分はスピードも上げて全体的にバランスが良くなるぐらいに。
やはり回避力はスピードが関わっていたみたいで、スピードにも割り分を多くしたら
結構敵の攻撃をかわせるようになったのでこれは大事なステータスかもしれない。


とある奥の部屋へ入るとローズブラックモアが会話をしているシーンが。
ティアトロンは記憶を奪われて分析させられていた父ちゃん曰く、どうやら時を
どうこうする力
があるらしいのですが追い出してしまった以上もう分析をできる
人がおらず、もう一度頼めば?と言うローズに対しリーダーとしてのプライド
あるし、と言うブラックモアを見てやはりハッカーはハッカーだと思った瞬間。
これはセーブしておいた方が良いな、とセーブをして2人の元へ。
ローズがティアトロンを3つ全て集めたのがこの子よ、と話すとブラックモアは
手下達をボコボコにした礼をしてやる、と襲い掛かってきました。
ブラックタンクという戦車に乗り込んで…どこのメタルマックスだよ!
爆弾を落としてきたりミサイルを落としてきたりと戦車らしい攻撃をしてきますが
一番強烈なのが体当たり。一撃でスクラップにされてしまいました(笑)
またLV不足かよ!と思いながらも1号2号でどうにかすぐナオール修理キット
駆使して戦うことに。3号?ごめん、今のところは肉壁だわ…
ステータス配分でスピードを上げた成果か体当たりも運が良ければカキーン
弾いたり他の攻撃をスカで回避できたりとやっぱり回避力大事だな!
できるだけ背後に回って攻撃をしかけ、スクラップにされては他のロボットに
タッチして修理キットですぐに復活、のコンボでどうにか勝利。
そろそろキツくなってきたかなぁ…

ブラックモアを倒したのはいいんですがまさかの雑魚を倒したのと同じエフェクト
あれ、これ死んだんじゃね?それとも偽者だったのかな…と、それよりローズが
どこかへ行ったみたいなので更に奥の部屋へ追いかけるといました。
ティアトロンをハッカーの宇宙要塞へ持っていくそうで、司令官であるブラックモアが
いなくなったので副司令官であるローズが繰り上げで司令官になることができることも
喜んでいたようですが、実はまだ生きていたブラックモアが騙したな!と出て来ました。

そりゃ戦車が大破したなら中身が出るわな。

騙したつもりは無い様子で澄ましたローズ。それに怒ったブラックモアが
レーザー兵器の標的を極楽星にしたようで、流石にそれにはローズもやめなさい
焦りますが時既に遅し、ポチッとなと押されたボタンにより爆発が起こりました。
あれ?父ちゃん何か細工していたんじゃないのか?父ちゃぁぁぁぁん!!!
主人公も爆発に巻き込まれ、画面が暗くなって……

自宅前に到着。

!?

そして目の前にいる少年にビックリされて泣かれて逃げられました。
あれ、自宅に似てるけど町の雰囲気がなんだか違うな…ここは一体どこだろう。
ありうるとしたら過去未来のロココ町、かな。とりあえず自宅へ入ろうとするも
薬草を取りに出かけているというポロンという人の張り紙があって入れず。
他の建物に入るとステラおばさん、コッカーさんとペプシさん(※駆け落ちカップルの
それぞれの片親)
がなんか若い雰囲気でいました。建物の配置も同じだし、これは
過去の世界で間違いないな。また、お店がまだ開店しておらず5000トロン
誰か貸してくれないかなとぼやいていたのでおらよと貸してやることに。
さて、未来にはいくらで返ってくるのか楽しみにしておくか…(笑)
町役場もまだなようで、こちらも募金を募っていましたが1000トロンを募金した
ところでまだまだ足りない様子。おいおいさっきの5000トロンで実は結構
金使った気分だったんだけどなぁ…と、ここでふと気付く。

これセーブできるのか?

何せ過去の世界。いくらなんでもトランシーバーで未来の世界にいる母ちゃんとは…

「どうしたのジン?」

時空を越えた伝説のトランシーバー、爆 誕

うええええセーブできちゃったよ凄ぇな母ちゃん!!!(笑)どうしたのどころじゃ
ないよすんごい変な所に来ちゃったんだけど!と説明をしない主人公も主人公だ。
あちこち話をしたところでポロンという人物が山に薬草を取りに向かったものの
最近怪しい奴らが増えているので心配という町の人々に応え洞窟へ向かうことに。
ハッカーってそんな前からいたのかな。それとも別の組織なんだろうか。


フィールドも見た感じ一緒。ただ色合いがちょっと違うかな。なるほど、さっきの
基地で極楽星のスポット全部終わっちゃうじゃんと思ったけれどこういう形で
マップを再利用しているわけか。河原など序盤で通ったマップと同じものを
辿り、洞窟へ。そういや途中でスクラップ10を手に入れました。そう、かつて
プログラマーKというスタッフの回し者(推測)スクラップ9と10を
合成すると強力な武器になる
と教えてくれたのでそれを実践……したいんですが
開発室が無い!(笑)自宅には入れないしそもそもここ過去だし…トドメは
敵がちょっと前の奴らになったので経験値が少なくLVが全く上がる気配が無い。
なのでLVアップ時のポータブルマシンもしばし使えないという状態。
これは面倒だな…と思いながらもどこかに救済措置があると信じて洞窟へ。

ここはかつて上から飛び降りて攻略に臨みましたが今回は普通に入口から
入ってみたところ、丁度女性がハッカーらしき奴に絡まれていました。
彼女が主人公の自宅に住んでいると思しきポロンのようです。
何やってんの、と顔を出した主人公に出歯亀するなと怒るハッカーもどき。
あ!と主人公を見て驚いていたみたいですがまずはこのハッカーもどきを
倒すことに。ローズ盗賊団と敵は名乗りました。ローズって…この時代の?
それとも主人公と同じくあのローズもこっちへやって来たのかなぁ。
退治したところで身体は大丈夫なの?と聞かれますが確かに爆発に
巻き込まれはしたもののいたって平気。そして町へ戻ることに。


しかし何故かここでハッカー2人による謎の出歯亀講座
出っ歯だった「イケダカメタロウ」という男が女風呂ばかり覗いていたのが
由来らしいんですがふとググってみたらもっと表現がハードだぞこれ…(笑)
そもそもいきなり始まったこの講座は何なんだろう。とりあえずはこれを
やっている間に主人公とポロンは町へ戻ったみたいなんですが…


町へ戻ったポロンに続いて家の中へ。そして奥の部屋からポロンの悲鳴が。
何、ゴキブリでも出たか!と入るとそこにいたのはベッドに眠る少年の姿。
……あれ、こいつ誰かに似てね?つかこれ…ラスクじゃね…?
ポロンはこの人物と主人公を間違えたようで、薬草もこの少年のために
探していたようです。薬草は採ってきたのですぐに薬の準備をするべく
お隣のステラおばさんの家へ向かったのでこっそり話しかけてみますが
それを渡してはいけない、と寝言を言うだけ。しかしこいつ…ラスクだよなぁ。
ご先祖っていうレベルじゃないぞ、この過去の世界。せいぜい10年ぐらい前だ。
駆け落ちカップルがまだ子どもだったのを見るとたぶんそれぐらい。
でもまだ子どもらしいカールが既にそれなりに口を利ける歳なのが謎。
ひとまずポロンの手伝いをしようかと部屋を出ると頭皮がハゲたおっちゃんに
ポロンに手を出した馬の骨はお前か!といきなり言われました。なんだよもう。
ラスクのことを言っているのかな。このハゲ具合…なんだ?町長か?

ステラおばさんの家に入ると準備に追われている二人の姿が。しかしこれ以上
進展が無いので他の人と話をしてみると主人公を捜している人がお店に
入っていくのを見たというので言ってみるとラスクじゃないの!と金髪の
姉ちゃんにいきなり言われました。ミルフィという女性で、迷いの森に
宇宙船を隠したからそこで4人で話をしましょう、と人違いですと言わせる隙も
与えぬ勢いで言い切って行ってしまいました。止めろよ主人公!(笑)
迷いの森か…あれも昔からあったんだなぁ。


かつて訪れた時は本当に迷って鳥に追い回された場所ですが今回はすんなりと
進みました。そしてそこにいたのはポリンキーイゴール。うおおおおお
久しぶり2人もというか生身だ!生きてる!と驚いたものの、を建てるには
ここは向かないなという会話をしていました。そういやここ、フィールド上だと
ポリンキーの館じゃないな、もっとにあったはずだ。
「見えない何か」があるので駄目だな、と言っていたのでそれならば!と
カクレオングラスを装着。すると宇宙船というか飛行機のようなものを発見。
早速そこに入ると内部は完全宇宙船。そして奥の部屋でミルフィ達が待って
いました……ってお前はナポレオン!ナポレオンじゃないか!!!
ミルフィがどうしてショコラ星から抜け出したの?ティアトロンは?と
矢継ぎ早に尋ねてきますが寧ろラスク何してんのとこちらが聞きたい気分(笑)
するとナポレオンが主人公がラスクでないことを指摘しました。遺伝子の構成
似ているけど別人だとか…先祖ってのはあながち間違ってはいないけれど
一体どういうことなんだろう。しかしその真実にミルフィは困惑。
この星の文化レベルは低いらしく、隠れていた宇宙船を見つけられるほどの
文化を持っていないはずよ、と。なんだかアクトレイザーが懐かしい(笑)
ちなみにもう1人はガトーという男。こいつは…誰にも似ていないな。
後の誰かだったりするんだろうか。
ナポレオンはラスクに造られたロボットだそうで、故に主人公がラスクでないと
見抜けたようでした。こっそり未来の姿(スクラップA)を見せたりもしましたが
特に変化はありませんでした(笑)この後ラスクの居場所へ案内することになり
ナポレオンが同行することに。しかし姿を隠しながら移動するらしく、
それでも関係ない所へ行こうものなら警告する、と半ば脅しのような…(笑)


というわけで背中に銃を突きつけられた感覚で真っ直ぐ町へ直行。
ラスクが眠る部屋へ行けばナポレオンも姿を現してラスク様!と駆け寄りました。
しかしそこへポロンがやってきてまたも悲鳴。そしてそれを聞いたおっちゃんまで
やってきて化け物呼ばわりして2人して逃げてしまいました。過去の時代じゃ
ロボットは見慣れない存在だったんだなぁ。少なくとも主人公の時代では
こんなこと無かったはずだし…と、ここでラスクがようやく目を覚ましました。
宇宙船が暴走して洞窟へ落ちてしまったそうで、エンジンの設計図とかも
宇宙船に置きっぱなしだったと言ったところでふと思い出されたのはカールが
基地に捕らわれていたカールパパへ宛てた手紙に使用した石版。そういえば
あれ、洞窟で手に入れたんだよな…そしてそれを元に飛行機が作られた。
凄まじい伏線を見た…!うおおお情報未収集プレイはこれだから楽しい!
最後にラスクが覚えているのは女性がやって来てティアトロンを奪われたこと。
それをミルフィとガトーにも伝えてきます、と行ってしまったナポレオンに
ガトーには知らせてはいけないと言いますがすぐに出て行ったナポレオンには
届かず、主人公に頼む、とお願いしてきました。ガトーって悪い奴なのかな…
ティアトロンを手にしたら何をしでかすかわからない、ってもしやラスボス
※なんでもラスボス判定したがるドベなのでアテにしないで下さい
ちなみにラスク曰く、その女性は自分を見るなり「ジン!」と言ってボコボコに
してきたとか…それ、主人公と同じ時代のローズじゃないかな……
す、すまねぇラスク!自分のせいでフルボッコとか申し訳なさ過ぎる…!


宇宙船へ戻りますがいたのはミルフィだけ。ナポレオンはガトーと共に洞窟へ
向かったそうで、追いかけてみるもある程度進んだところで戦闘員が
今取り込み中だからあっち行けよ、というフロアで行き止まり。あれ?
他に行ける場所も無いし…困ったな。何かフラグを立て損ねたかも。
というわけで町へ戻って情報収集。すると駆け落ちカップルの2人の家で
イベントがありました。ペプシおじさんは宝石をとても自慢していましたが
コッカーおばさんがその宝石を見せてもらおうと行った先に宝石が見失われ
おばさんが盗ったのだろう!出て行け!と険悪なムードに。もしかしてこれで
後のカップルの付き合いを許さなくなったのかな。コッカーおばさんの息子、
駆け落ちカップルの彼氏(子ども)はお母さんはそんなことしない、と言い
また飼っている猫はあの家に住んでいるネズミがやったに違いないと話して
くれました。確かにペプシおじさんの家の壁にがあり、ネズミになって
通ってみればその先に宝石がありました。それを見せてネズミがやったと
話して事件は解決。でも主人公が見せた時点でお前か!とは言われなかったのに
ちょっと突っ込みたい(笑)ネズミが、とか嘘だと言われそうだもの…
また、お互いの家の子供達もこれがきっかけで顔を合わせるようになったとか。
つまりこれがカップルになるきっかけってことかな。……で、フラグは?


過去の世界へやって来た主人公。

ラスク、ナポレオンらの関係の真実は?

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(スラステ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop