風林ノ草庵 ホーム » 体験記(新桃) »新桃体験記第壱回

新桃体験記第壱回  

新桃太郎伝説体験記第壱回です。


2012年2本目の体験記はハド損のRPG、新桃太郎伝説です!
FC桃太郎伝説は家にありますがクリアすることなく動画でEDまで見ただけ
だったりします。その後というお話だそうですがRPGの情報収集をしている中で一部
ネタバレを知ってしまっている箇所もありますが(あとPCEのⅡもプレイ動画で
見てしまっているので要所要所が…)自力でやるには初めてなのだから、と楽しんで
参りたいと思います。ハド損との思い出作りに励みます、バ~イハドソン!


なにやら渋い筆文字のタイトル画面を経てセーブ画面へ。真ん中のデータが消えている
のは付ける際にバグったせいだろうか(笑)早速開始すると、主人公の桃太郎ではなく
敵側の光景が。前作で桃太郎が閻魔大王を懲らしめて早6年後という設定らしい。
閻魔様は桃太郎に懲らしめられてからだの友情だのという感情に芽生えたそうで、
それを責めるカルラという鬼。伐折羅(ばさら)王によってを与えられることに
なりましたが潔くそれを受け入れる閻魔様。そして受けた罰は…

落 と し 穴

思わず四天王みたいな奴らも穴に近づいていったじゃないか!(笑)まるで
「おいおい穴に落とすだけかよ」みたいな感じで見に行ってるようだったぞ!!
しかしその穴が閉じてしまいまるで閉じ込められてしまったかの様子。生きてるのかな…
更にカルラは月のかぐや姫が人々に力を与えているのでそれを阻止しようと月へ
向かうことを提案。伐折羅王の息子、ダイダ王子と共に月へ行きました。
それを知った桃太郎は勿論かぐや姫を救うべく牛車に乗って月へ。
和風だけどちょっぴりファンタジックですな(笑)その間にスタッフロールがチラリ。
聖剣3でもこういうのあったな。冒頭で流すやつ。月へ到着し門番をしていた鬼を
蹴散らし、かぐや姫へ近づいているカルラの元へ。しかし戦うのはカルラではなく
ダイダ王子。腕っ節が大層良いそうで…ほほう、こちとら段(LV)40だぜ!
前作の設定を継いでいるせいかいきなり強くてニューゲームなんだぜ!

でも正直嫌な予感しかしないよ…

とりあえず何か術を使うことにし、だだぢぢの術を使用。FCで見たような。

「だだだだだだだだ
 ぢぢぢぢぢぢぢぢ
 づづづづづづづづ
 でででででででで
 どどどどどどどどどどーん!!」


相変わらず何を放っているかがわからないが凄まじい気迫を感じる…!
それなりにダメージを与えるもダイダ王子の攻撃力が高く体力をごっそり持っていかれ
負け戦闘だと判断。するとターンごとにを奪われを弾かれを弾かれと
装備が少しずつ奪われる様はかなり絶望的な展開。結局やられてしまい
月から放り出されてしまいました。かぐや姫様はどうなっちまうんだ…
というか大気圏突入したらこの人どうなっちまうんだ…
とかいう不安をよそに無事に帰ってきました(笑)村の人に担ぎこまれ自宅へ。
ピンポイントで返品されてきたんだなー。その後桃太郎は3日間も寝込んでしまい
そこへスリの銀次が登場。お、お前は桃鉄スリをはたらいていた…!!!
ここではいい人っぽいな。更に天の仙人までもが現れ、鬼退治を諦めるか?
言われますがなんだかここで「はい」を選んだらガメオベラになりそうな気がして
「いいえ」と答えると愛や友情は奪われなかったか!と言われ回復してくれました。
すっかり元気になりイチから出直しとなった桃太郎。おじいさんとおばあさんに
お金ときびだんごをもらい、更に銀次も仲間になって再び鬼退治へ出発。
しかしフィールドに出た途端人の後ろをついて来ず勝手に歩き回る銀次。
そういやそういうシステムだっけか。お試しプレイでもビックリしたような(笑)
すぐ傍に村があったので入ると旅立ちの村。実にわかりやすい名前である。
装備を整えようとしますが桃太郎全裸じゃねぇか!(笑)とりあえず武器として
木刀、あとを買うことに。また、銀次は4種類の包丁を使うことができるとか。
攻撃力以外にも何か違いがありそうだな。情報収集もしてみると北西にある
おむすびの穴が閉じてしまったとか、おにぎりがあれば開くだとか、
きんたん仙人が北に住んでるとか…。ひとまずLV上げをしようかな。
また、攻略本…かと思ったら究極本を買っていたので開くとフィールドに
回復ポイントが点在していることがわかり、それがこの序盤にもあるとか。
それはありがたいな!とポイントの傍でLV上げ。銀次の包丁については、

出刃包丁:たまにHP回復効果
小出刃包丁連続攻撃(攻撃力は出刃と同じ)
薄刃包丁:たまに守備力を下げる
牛切り包丁:たまに外れるけど攻撃力は一番高い

という感じかな。こういう武器の使い分けは面白いなー。
段を上げて装備を買ったところで北上。何か入れる場所があるな、と入ればそこが
きんたん仙人の家でした。仙人と戦って勝てばを教えてくれるんだったかな。

話しかけた途端修行の開始

え、ちょ、心の準備というものが…!

仕方ない、木刀片手にヤー!と攻撃するも微妙な威力。しかも数ターン後に
きんたんの術全快されてしまい勝ち目皆無。あっさりとやられてしまいました。
修行ということなのでゲームオーバーにはならず、ひとまず術を教えてもらうのは
後回しにしておむすびの穴へ。お地蔵さんがありましたが情報通りおにぎりを持って
いたのでおむすびころころ…と転がして穴に転落。入った気がしねぇ!(笑)
落ちた先には行商人。更にセーブができるお地蔵さんもあったので念のために、と
セーブをして奥へ進むとネズミやら人やらがいました。ネズミのリーダー、
甚八くまでぐわを受け取り、これを使って土を掘り進みながらここにやってきた
両鉄という鬼を退治してほしいを頼まれました。明らかにボス戦になりそうだな…
ちょっと装備を固めてきんたんの術を受け取って、それから挑もうかなと思い
引き返そうとしたその瞬間、背後に見えた亀裂が大きなになってました。
い、いつの間に…!?というかどうやって帰ればいいんだこれ!!!
ひとまず穴に落ちてみる。一面ですがクワによって進んだところが削られるので
たまに壁とぶつかりながら進むもその先で出てくるクモ強いし!ひぃぃ死ぬー!!と
序盤から散々な状態に(笑)いきなり攻撃力下げるクモとを使う青鬼ですよ…
LVが上がるとHPが回復するシステムに助けられつつなんとか地上へ。
よ、よし…お金は貯まったし足りなくて諦めていたを買おう。
と、ここで突然桃太郎が絶好調状態に。いきなりどうした気分屋だなぁ!(笑)
しかし本当に絶好調らしく戦闘でも会心が出るのは凄いな…よし、この状態で
仙人と戦えれば!と思いましたがそうなる前に切れました(笑)何だったんだろう
あれ…何か条件で発動するのか、ただのなのか…。


は桃太郎は勿論装備できますが銀次も装備できる、ということで銀次にも買いますが
包丁をどれか装備から外さないといけないのか…小出刃を外すかな。薄刃の守備力低下が
それなりに役立っている気がします。威力も4種類中真ん中だし。
改めてきんたん仙人の元を訪れ、今度はあっさりと勝利。約束通り回復の術、きんたん
覚えました。回復アイテムを買えるぐらいお財布は豊かになりましたがやっぱりでも
回復ができると安心するなー。再び攻略開始。つづらが結構あるので開けていきますが
各キャラそれぞれで持つのか…こうなるとアイテム整理が重要になってくるなぁ。
ひとまず開けながら先へ先へと進むといきなり3体のジグモが登場。そういやクモは
突然現れるってネズミに言われていたな。おっしゃ懲らしめてやんよー!
しかし予想外に一撃がデカく大苦戦。おにぎりじゃなくてきびだんごの方が良かったかなー!
なんとか回復しつつ倒し、丁度LVが上がって桃太郎のMPも回復。助かった!
これで終わりではなく続いてツチグモとの連戦。今度は1体だけだったためさっきよりは
比較的ラクに倒せました。薄刃…頑張ってる、かな?
更に続いて今度は両鉄。あ、そういやこいつが大ボスでしたっけ(笑)まだMPも
あるし回復アイテムも残ってはいる、こいつさえ倒せば!と躍起になるも炎の術
いきなり死にかける事態。うおおおおお危ない!!きんたんとおにぎりで持ち堪えつつ
ビシバシ叩いてどうにか懲らしめました。こ、ここまでギリギリな戦いになるとは…

この体験記、かなり盛り上がりそうな予感!

両鉄を懲らしめたところで甚八がやって来ました。これからおむすびの村をつくりあげる
みたいです。おう、頑張れよ!というわけでこの先にあるというすずめの宿とやらで
今回は終わりにしようかなと思いましたがここを出る途中で甚八に村ができたので
来て下さいと言われ引き返すことに。というか早いな…(笑)


村に戻るとクワで掘り進んだエリアが全て掘り尽くされた形になっており歩きやすく
なりました。そしてここで開け損ねていたつづらを発見、開けると竹の水筒
何度か使えるおにぎりより回復量の多いアイテムでした。タ、タイミング悪すぎ…
気を取り直して広場へ行くと大量の米俵。旅立ちの村の人々が持ってきてくれた
みたいでした。また、成敗されて改心した鬼達も手伝っており、人とネズミと鬼
仲良く共存する村に。なんかいいな、こういうシーン。そして甚八からは新月の
水晶
を受け取りました。……あ、そういやこれOPで桃太郎が持ってた結晶
バラバラに砕け散ったやつの破片か!(笑)あと7つだっけかな…
これを集めるのも目的の1つかな。ひとまず今回はここまで。


愛と友情を捨てずに立ち上がった桃太郎。

長い長い鬼退治の旅が始まる…。

次回を待て!!

←前の体験記へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(新桃)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop