風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(カスロボV2) »カスタムロボV2体験記第弐回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カスタムロボV2体験記第弐回  

カスタムロボV2体験記第弐回です。

さて!数日おくと一体どこまで進んだのかヌケてくる
そんな己の脳みそに不安を抱きつつ
カスロボへレッツダイブ!

前回のあらすじ:道場破り、ロボデータ略奪、不法侵入

…略しすぎて大変誤解を招く内容になっております(笑)
と、とりあえずですな!今回は大会に出場することになりまして、
ここでタクマ塾のナナセさんとご対面しました。
4コマの通り確かにいい身体してるぜよ(アンタだろうに)
んで、しょっぱなからゲンちゃんとあたりもう苦戦していたり逆に
タイヘイにはあっさり勝ったりして決勝まで進んでナナセさんと対決かと思いきや
戦う必要は無いと言われてしまいました。

ごもっともだ(潔くヘボさを認めた図)

そしてなんだかスッキリしないゲンタは主人公とタイヘイを連れて
今度はタクマ塾特攻を始めたのでした。この人が起爆源じゃんもう
そこで出会ったのは一人の少女
ええ、4コマで彼女が誰かは知っていますがまさかあの子がねぇ…な気分。
ここで勝負しますがゲンちゃんより苦戦せず勝ったのに
半分も力を出していないとなんだか余裕ぶっています。

ごもっともだ(潔くヘボさを認めた図MkⅡ)

…ってなんだかこのゲーム、負け惜しみというか

こんなのオレの本気じゃないぜだからこの程度で浮かれてる
アンタの力はまだLV1なのよブハハハ


みたいな事を態度で示されている気分です。

して、紹介状が無いと入れそうにないなと
ロボ博士の元へ行くと一人の青年(姿はまだ出していませんが)とバトルすることに。
…!!!まさか、アンタは…!!
あの青白い刃が降り注ぐ「レイフォール」、そしてメタルベアー
そこにいたのか、とびますとびますの人!!
すみません廣野先生
そう、前作でも登場したNO.2の男ジロウさんでした。
いやー懐かしい。レイフォール怖いわー。
自分でも「レイフォールバカ」と名乗ったアンタもう大好きだ。
レイフォールはとにかく接近して攻撃しに行く以外に
いい方法が見つからないので突っ込んではC攻撃ばっかり。

そしてその後きましたきましたマモルさん!
営業トークもばっちりな感じでカーライルが突っ込んできます。

ゴメン、本気で逃げたわ

至近距離でショットガンなんか当てられてたまるかー!と
そそくさ逃げてリフレクポッドばらまいて
遠くからバーティカルだもんね(ものっそい鶏)
博士とも戦いましたがステルスは凄い!
消える消える、って目の前にいたー!!(C攻撃直撃)
とりあえず着地めがけてガトリングばっかりです。
大会でも見かけましたがでは見かけないロボだと思ったら
今回初導入されたタイプだったんですね
そういえばジャベリン使ってない


紹介状も貰っていよいよタクマ塾に突撃いたします!

一体どんな訓練をされているのか、

ツルギはどこで何をしているのか、

ケンゴ兄さんの死の真相は!?

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(カスロボV2)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。