風林ノ草庵 ホーム » 体験記(新桃) »新桃体験記第五回

新桃体験記第五回  

新桃太郎伝説体験記第五回です。


新桃の5大要素の1つ、「タクティカル・ウェザー・バトル」。戦闘時必ず何かしらの
天候であり、それによってキャラクターの調子が良くなったり悪くなったりするもので
日本晴れだと行動後に回復する桃太郎や金太郎、だと行動後にダメージを受ける浦島等
対応は様々。基本的には晴れなのであまり大きな影響を受けることはありませんが
攻略本を見て浦島苦手な天気が多すぎてもはやこいつ御伽噺の主人公青年だったこと
なんて嘘だったんじゃないかなと思い始めました(笑)そんな第五回です。

前回のあらすじ:おみくじはもうやらない

凶と大凶しか見てないんだけどこの世界の神様って結構ドSなのね…。
カルラを追いかけながら金太郎に続いて浦島も仲間にした桃太郎。銀次も加わって
4人パーティ+お供3匹ととっても豪華。立ち止まると賑やかすぎること間違いなし。
とかやってたら竜宮城が鬼に襲われてしまったのでただちに救助へ向かうことに。


…の前に浦島の村の海岸へ。実はここに浦島の武器が埋まっているそうなので
ポチの如く掘りまくって夕凪のモリを入手。攻撃力がここで売ってたモリよりも
かなり高いな!しかし使う浦島本人の攻撃力を考えるとどこまで活躍できるか(笑)
亀に乗って海の中へ。勿論どうやってしてるとか会話してるとかは考えない方向で。
鬼に話しかけるとカルラの命令で金目のものを狙っているみたいでした。戦闘に
なりますがあまり強くなくあっさり撃破。しかしエンカウントで出てくるのはまた別、
水虎はなんと全体攻撃である大波の術を放ってくるので仕留め損ねると痛い目に
遭います。更に一緒に出てくる食水餓鬼守備が上がる術を頻繁に使ってくるので
やっぱり夕凪のモリを装備した浦島の打撃がになったという(笑)
くぁー!こいつらめんどくせー!!きんたんで回復しながら進んでつづらを開けつつ
乙姫様を探すととある一室で鬼に囲まれていました。ま、間に合うのか…!!
一斉に戦闘…かと思ったらまた少しずつ出てきての連戦へ。ああ、前もこういうの
なかったかなぁ。まさか最後に大ボスが?と思いきやそれもなく成敗成敗。
無事に乙姫様を救出し、桃太郎はお礼として魚達の舞を見ることに。

……………はっ!寝ていた!!

もう一度ご覧になりますか?と言うもんだから結構ですと断り、今度は開かずの間
からへ行く道を開いてくれました。かぐや姫の親戚だったものなぁ。
そして月にいる臥龍から月の鏡を受け取り砕け散った結晶を集める用意をするのが
目的に。ちなみに竜宮城にいる人々と話をするとお礼としてマグロやタイなど
もらいました。食べると少量の技力回復。さ、刺身かなぁ…?
そしてつづらの中身も是非使って下さいと言われた時、既に襲撃時に漁っていた
などと言えるわけもなく開かずの間へ。変なオブジェクトがあり、これに触れると
ワープするのかなと思っていたら突然銀次が高いところが苦手なので月まで
行くのは勘弁してほしいと離脱。なんだぁ?と言う金太郎に対しあれは照れ隠し
ですよと答える浦島。攻略本によると銀次はかぐや姫に惚れていたことがあった
そうですが彼女の目の前でとんだ失態を犯してしまい、そこからグレてスリ
なったとかとんでも展開。失態とは…まあ、その、このゲームならではです。
銀次は現在妻子持ちなそうなのですがやはり恥ずかしい過去がある相手には
会いたくなかったみたいでした。というかそんなの知らなかったんだが(笑)


謎のオブジェクトに触れ「プィーン」と変な音が鳴りながら月へ到着。
重力とか酸素とか例によってその辺は除外だ!外へ出ると月なのでクレーター
ありどことなく神秘的。そういやはいないよな、いくらなんでm

ドンドンカァーン

猿はいた。

おいモンタ、ちょっとシバいてこい。なんだよ結局敵いるのかよ…とりあえず
何か建物はないかと道なりに歩くと静かの村を発見。ウサギの他にかぐや姫の
ような黒髪女性(月の民)が住んでいました。かぐや姫を心配しつつも戦うことを
知らない自分達ではかぐや姫を救うことができない、と嘆いていました。また、
たまに悲しそうな笛の音を聴くとか。最近出没する笛男のことかな。
で、目的の臥龍宝物殿にいるらしい。宿や道具屋もあるし準備をするか。
そしてここで戦いを知らないはずなのに普通に武具屋があって噴く。

おいやめろウサギ、隠すものは隠しておけ。

でも結構いいもの揃ってるじゃないか…しかも道具屋には全体回復の元気の玉
売っているし!買っておくべし。30しか回復しないけれども。


準備を整えて宝物殿へ。臥龍の試練は1人しか受けられないそうなのでここは
バランス型の桃太郎が無難だろうなぁ。桃太郎1人がはしごを降りて洞窟の中へ。
そこにいたのが緑色の身体をした龍。力を見せてみよ、と戦闘になったので
それじゃお言葉に甘えて鹿角をお見舞いしてやんよ!!と構えた瞬間

「ろっかk(桃太郎の術は封印されている!)

開幕封印(術使用不可)…だと…!?

敵の方が早いためあっさりと術が封印されてしまい、通常攻撃に切り替えるも
あちらの攻撃もなかなか手痛くきびだんごを貪りながらの応酬。しかしこのまま
術が使えないままなのは痛いな…と思ったら数ターン後には治ったのでそこから
鹿角でカウンターを決めて勝利。月の鏡をもらいました。これを地上で使うと
欠片が落ちている場所がわかるらしい。ほう、ドラゴンレーダーか。
金太郎達と合流して静かの村を後に。他に行ける場所が無かったのでほこらに
戻りますがまたいつかここに来るんだろうな、かぐや姫を救いに…。


浦島の村へ戻り、カルラが向かったとされる大江山が次の目的地。
確か北の方角にあるんだよな。村から北上しながらところどころにあるお地蔵様に
セーブさせてもらいつつ進んでいくと出現する敵が変化。そろそろかな。
大江山の入口を見つけましたがよく見ると向こう側は雪原。次は雪原に突っ込む
のだろうか…。入るとすぐにお地蔵様があり、鬼達が待ち構えていることを
桃太郎に伝え、道を開けてくれました。勿論セーブもさせてくれるので
しんどくなったら(時間的に)引き返してセーブってこともできそうだな。

奥へ進むといきなりカルラが。桃太郎を対等に相手にしてやるとのことで、知力
試させてもらう、と色んなものを仕掛けたようです。この階は鬼達の遊びを
置いたらしい。もう一度言うか?と言われたのでなんとなく「はい」を選んだら
誰が教えるか、と言って飛んでいきました。まあ、そりゃ、だものな…
ここの敵も面倒なのが多く、痛恨をよく飛ばす割に何故か自分もダメージを受ける
鬼がいたり最大技力が減る呪いをかけるムカデがいたり…でも呪いを受けたのは
金太郎(※技力0)なのであんまり痛くはなかったです(笑)
さて、着いた部屋に石版をひっくり返して同じ柄を揃える神経衰弱のような
鬼の遊びが置いてありました。テキトーにひっくり返すと「悪」の字。
他のをひっくり返すと「死」。いかにも鬼の趣味だな…って間違えたら出るの!?
くあーめんどくせえ奴らだこの野郎!と相手をしたらここで浦島が痛恨を喰らって
ダウン。うわあああああああ浦島ごめん!!というか体力そこまで減ってなかった
気がするんだが!!友を労われなかった桃太郎の人気度が落ちてしまい慌てて外へ。
やられた仲間はどうなるのかとよく見ると光る桃に入っていました。

ごめんそいつ浦島太郎だから。

しかもフィールドの曲どことなく悲しいものに変わってるし!だからゴメンて!
天女の羽衣(街へ移動)を持っていたので近くのすゞめのお宿へ行きお医者さんに
治療してもらい浦島復帰。やっぱり術者タイプだから打たれ弱いなー、浦島…


気を改めて再び大江山へ…行く前に途中の原っぱが気になったので探索開始。
や、こういうところに仙人の庵があったらどうしようかと

「天の仙人の塔」

なんか五重塔あったー!!何の術を授けてくれるのかなと上ると仙人を発見。
なんと教えてくれるのは飛燕の術ルーラか!いよいよルーラかぁ!!
しかし飛燕の巻物を仙人は遠投。ちょっ…どこまで投げたぁぁぁぁ!!?
どこかの村に落ちたようで、村人も何かが落ちたような?と首をかしげていました。
巻物を拾って戻ってくるのが修行内容。大江山攻略の前にこっちが先だな。
さて、問題はどこの村に落ちたのか検討が着かないということだ。
というわけでしらみ潰し天女の羽衣を使いまくって色んな村で話を聞いて
みようかな、と最初の村である旅立ちの村へ。そして第一村人に話しかけると
何かが落ちてきた、とビンゴっぽい言葉が。他の人たちにも話を聞けば神社で鳥が
一斉に飛び立った、とか狛犬に誰かが悪さした、とか近い情報を得たので狛犬の
近くを調べると巻物を発見。再び羽衣で移動して巻物を渡し、飛燕の術習得。
これで羽衣要らずだな!アイテム欄の圧迫をまた防げそうです。


さて、本題の大江山。今度は「命を大事に」ならぬ「浦島大事に」で行きます。
いきなりまたカルラの説明を受けた時は一体どうしようかと思いましたが(笑)
再び神経衰弱の間へ。何度か戦闘になりつつも全部当てたところで次の階へ。

次の階の部屋では龍→虎→亀→龍という三すくみの関係がある石を押していけと
いうものでしたがまさかこんな小さな間でも敵が出てくるとは思わなんだ…
うおおお謎解き中のエンカウントほど嫌なエンカウントは無いぞ!
途中あれ?詰んだ?とやり直ししながら階段までたどり着いて次へ。

そこは石の柱青いブロックが置いてあり、青いブロックを動かして道をつくる
というものでした。左右にしかブロックは動かせませんがあっちを押してこっちを
押して、と往復すれば先へ進めそうなのでやってみているとここでも敵が。
しかしここで予想外の事態。青いしょうけらの敵が桃太郎達の体力と技力
入れ替わる変な光を放ったんですが金太郎の技力(※0)浦島へ移ったようで
戦闘終了後浦島の技力がゼロになるという大変なことになってしまいました。
ちょっ回復ができなくなった…!回復アイテムもあるし桃太郎の技力もまた少し
残っているけどこれは嫌な展開だな…。せめて早い内に浦島のが上がれば
全快するのでそうなることを祈りつつ敵をシバきながら進みますがまた呪い
受けたり(またしても金太郎だったのでセーフ)しながら更に次の階へ。

毎度やってくるカルラですが全部で5つの知恵試しがあるらしい。ということは
あと少しかな。でもカルラだからかもしれないな(笑)お次は暗号を解いて
石を指定された方向へ押すというもの。石板のヒントを読み、更に別の石板を
読んで再び先の石板を確認しようとしたらにぶつかってしまいしかも不正解
方向だったようで戦闘に。今のはつま先に当たっただけだから!
ヒントが書いてある石板によると「日いづるところ」「はい があ さい」
らしい。日が出る…か。ローマ字変換すれば「Hi Ga Si」ってことかな。
それが解けたところで石板の長い文章を解読、その方向に従って動かすと道が
開けました。それにしても、これ小学生の低学年とかじゃ厳しいんじゃ…?
奥にはお地蔵様が。いよいよカルラとの戦いが待っているのかな。そしてお地蔵様
から次の段への必要経験値も教えてもらい一旦技力0になってしまった浦島を
どうにかすべく経験値稼ぎへ。ここでやられたら元も子もないけどな!(笑)

無事に浦島を全快させてセーブ、階段を上ると再びカルラが。
今回はヒント無しで自力で解けというそうで、ところどころにが混ざっている床、
そして両側には岩壁。もしや…と赤い床を踏むと壁がズゴーン、と狭まりました。
慌てて引き返してお地蔵様でセーブ(※2回目)。そうか、ここにお地蔵様があるのは
そういうわけか…間違いなく失敗したらガメオベラになるんだな。
じっくり床を見ますがどう見ても2マス並んでいたり結構踏まさるよなぁ…
とか歩いて進んでみるとあっけなく挟まりました(笑)

桃太郎は力尽きた…

力尽きたんじゃない、潰されて圧死したんだ!!!

そこへ仙人が登場。ああ、お金を減らされて復活するのかな、と思いきや説教を
垂れるだけ垂れてデータ選択画面へ。ええー、そこはDQじゃないのかよ!
というわけで2回戦。端の床を踏んだりしながら進んでどうにか抜けました。
そしてそこでもカルラがおり、どうした?疲れた顔をしているぞ、と言われますが
そりゃ2時間やってれば疲れるわ(笑)5つとか言いながらちゃっかり増えてる
気がする鬼の罠、今度は7色の玉と同じように並べるものだとか。
端の赤と紫は固定されているので残り5色を並べるだけ。しかも敵は出ないので
悠々と押せました(笑)伊達に火星物語で虹の色を学んだわけじゃないんだぜ!

……あ、ゴメンオレンジと黄色の順番逆だった

そこを抜けるとカルラは自分が地獄へ戻るのが遅れる、と焦っているのか
わざと言って桃太郎の気を引いているのかわからない様子を見せて逃げるので
追いかけますが行き止まりにあったのは3色の石。黒・赤・緑。
なんだこれ?と調べると戦闘に。黒は自分を回復させることしかしないので
楽勝ですが赤は火の術を使ってくるわ緑は硬い上に攻撃力も高いわでなんだ
こいつら!とりあえず全部と戦ったら道が開けたのでそういう仕組みなのかなと
思いながら進みますが途中でだけ調べれば良いということに気付いて変更。
でもこいつら何度も戦えるとか意味がわからんな…エンカウントは無いので
あくまで敵は緑の石だけになりますがなにぶん硬いので浦島の出番は無く
戦闘中ずっと伏せている浦島のヘタレ姿が印象的でした(笑)
あと時に石に突撃するお供達、自爆行為だからやめなさい。
しばし緑を調べては戦って進む、の繰り返しで無限ループじゃねこれ…?と
思いたくなってしまうほど戦った結果、やっとへ。うおおお久々の外!!
しかしこれ、よく見ると山頂といった感じである。
松葉山を思い出してみよう。登山下山までバッチリあったではないか。
つまり…まだここの攻略はあと半分残っているということだ!!!
すぐさま山頂にあるすゞめのお宿3に逃げ込んで宿の布団に潜り込んだ。
(ちなみに、緑の石とはなんと20回も戦うハメになるらしい。しかもエリア移動を
するとイチからやり直しになるらしい。なんという鬼畜仕様…)



やっと半分を終えた大江山攻略

果たしてカルラと戦うことはあるのだろうか…?

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(新桃)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop