風林ノ草庵 ホーム » 体験記(新桃) »新桃体験記第壱拾回

新桃体験記第壱拾回  

新桃太郎伝説体験記第壱拾回です。


桃伝と言えば敵を殺さない、あくまで「懲らしめた」という表現の戦い。他にはマザー
そういうメッセージが出るのですがこっちの方が先かな?FCから見ていけば。
しかしよく見ると皆して殺傷能力の高い獲物かついでいるんだけどどういうことなの…
桃太郎はまだ峰打ちとか言えるけど金太郎なんてまさかりドタマかち割ってるよ!!
そんなでも懲らしめて改心できる鬼達のタフさに幸あれ、第壱拾回です。

前回のあらすじ:道具窃盗事件

仲間達が風に飛ばされつつもなんとか助けて合流し、風神雷神との死闘を制したものの
黒河童に荷物を根こそぎ奪われたままデータを上書き保存してしまった最悪の事態。
しかも浦島はまだ見つからない。ってどこまで飛んだのあの人。


回復アイテムはまだ買い直せばどうにかなる。しかし買い直せないものがありました。
それが白虎の刀。以前玄武の刀も手に入れており(こちらは預けた)、後に拾うであろう
青竜の刀と合わせると何か強力な武器が得られるそうで…なのに非売品ではなく
あっさり売ることもできちゃう仕様のせいで黒河童に奪われてしまったのでした。
だって戦闘中に使えば攻撃力が上がるんだもの!張り手で相手の守備を下げる上に
こちらも攻撃力を上げれば強烈というもので…。というわけでサブデータから
やり直すことに。運が良いことに雷神の洞窟攻略途中ということもあってすぐに
取り戻せそうです。でも一旦メンバーを変えることに。銀次をあしゅらへ。
やっぱり回復が無いとしんどかったので(笑)また、あしゅらのとある術がとても
役に立つそうなのでちょいと段上げ。そして覚えたのがかりそめ。あしゅらの分身
つくり、分身にも指示を出せるのであしゅらが2回行動をとれるような感じ。
分身にも体力や技力が設定されていますが1ターンで回復を2連発できるのは頼もしいな。
というわけで改めてこのメンバーで雷神の洞窟攻略へ。風神雷神戦でかりそめを使い
まほろば2連続回復は一気に体力を取り戻させるいい作戦でした。ただ唯一の弱点が
まほろばの回復量が安定しないこと…!50回復したりしか回復しなかったり(笑)
段が上がれば安定するようになるのかなぁ。こうして修復完了しました。


で、また黒河童がいる鬼の爪痕を通るので今度はキュウリを買い込み、更に鬼避け
エンカウントを極力下げて通ります。とか言いつつ出てくる辺り段が低いのかな…
鹿角で仕留めればどうにかなったので急いで先へ先へ。ある程度進むとお地蔵様が
2体並んでいる通称双子地蔵の所に着きました。ここにはぶんぶく茶釜があるそうなので
お花畑を漁って発見。換金用アイテムだそうですが2万両とかなにこの大金…!!
確かこれも御伽噺だか童話だかのだよなぁ…後でどういう話か見てくるかな。

所々にお地蔵さんがおりあと少しじゃ、と励まされながらようやく村を発見。
これが「新しい村」か。人間と鬼が手を取り合って新しくつくりあげた村。
しかし曲はなんか辛気臭い。その原因はカルラにありました。カルラは桃太郎の仲間を
はりつけにし、人質としていたようで…!捕まっていたのは貧乏神でか太郎

貧乏神はともかくよくでか太郎をつるし上げたな。

2人共気絶している様子。大丈夫かな、と心配しつつ買い物を済ませる(笑)
待たせたなーカルラ!するとカルラはこの村を焼き払うようで、月にある夢の村
「黄昏の夢」を持って来いと言いました。更に夜叉姫も人質に…そうか、お前の
背後にあったはりつけ台は夜叉姫用か!伐折羅王の娘にこんなことをするなんて
ここの村人が夜叉姫を呼び捨てで呼ぶようになったってのは本当だったんだな。
夢の村はここの先にある鬼の牢獄から行くそうなので早速向かいますがなんだか
長そうなダンジョンだったので引き返し、夜叉姫の穴を埋めるべく銀次を投入。
お金はつづらで稼いだので村正(連続攻撃)孫六(守備低下)を与えて
準備万端。ちょっと段が低いけどなんとかなるかなぁ。


鬼の牢獄ということで、牢屋がありました。そこにも改心した鬼達が捕らえられて
おり、そこには酒呑童子の姿も。桃太郎に酒呑の刀を渡してくれました。
新しい村で折角新調したのにそれより強いとかなんか涙目(笑)地下からどこかへ
行けるみたいなんですがが閉まっていたので他のところを回ることに。
外観でツルがあったり外窓が入れそうだなと思った通り、内部を歩いたり外へ出て
ツルを上って上の階へ行ってみたりと歩き回りました。しかし敵も強いのが多く
一番体力が少ないキャラへ痛恨をかます鬼やつづらに潜むうわんなど厄介者揃い。
そしてうわんには運悪く銀次が引っ張られてしまい、しかもこのうわんは毎ターン
まもりで守備を上げまくったので孫六の守備低下も追いつかず、あっさり敗北。
ガメオベラするのかと思ったら銀次がに入るだけで済みました。
や、結局戻るハメになりましたがね!ここの攻略だけで何日宿に泊まったか
わかりません…カルラにも呆れられたんじゃないかなと思われるほど(笑)

ようやく最上階に着くとボスが。じゃこつババアという鬼ですが蛇の名が
付いているだけあっていきなり蛇があしゅらに巻きついて行動不能に。
その後銀次金太郎も巻きつかれてしまい桃太郎も巻かれたらガメオベラするのかと
思いきやただの通常攻撃になったので桃太郎の鹿角で反撃。でもその間3人は
何もできなかったのが大変でした。逆に言えば桃太郎が残されて良かったような
気もする…銀次だけ残されたら駄目だったかもしれないなぁ(笑)
なんとか倒していざ月へ。そういや前に月へ行った時は銀次に拒否られて逃げられ
ましたが今回は大人しくついてきました。おやおや、高所恐怖症じゃなかったのかな?
それともかぐや姫とは会わないと確証があるからついてきたのかな?(にやにや)


久々の月。さっさと村に行きますが村人は口をそろえて黄昏の夢?何それの反応。
カルラはそれが美しい石だと言っていましたがそんな名のついた石なぞ無いそうで…
これは…いっぱいやられたか!!夕月という女性に聞いてみろと言われたので
話しかけてみるとやはり知らない様子。うわぁ、この隙に村焼かれてるんじゃ…
そこへ笛の音。アジャセ王子…義兄さん!!こんな所で会うとは、と言った辺り
ワープした先の予測はできないみたいだな。状況を把握すると嫌な予感がするから
すぐに戻れと言われました。うい、それじゃ飛燕で帰るかー………、
から一気に地上へ術で戻れるとか飛燕凄い万能だな(笑)

村へ戻ってカルラてめぇコノヤロウ!!とセーブしてから話しかけると
儚く美しい夢だったろう?と人を小馬鹿にした態度。やっぱりハメやがったな!
結局この無茶難題をクリアできなかったというせいか火をつけようとするカルラ。
これが最後だ、と桃太郎に鬼に従うかと問われますがこれは厳しいな…
すまん仲間達…!と「いいえ」を選択。カルラは人間は何故夢(といっても金や
女や地位など)に向かっていかない、自分こそが本当に夢を追い求めている男
なのだ、と欲望全開な一言。そして鬼達をけしかけて連戦に。
ああ、またこのパターンか…毎度これ最後にデカいのがくるのかどうかと
ヒヤヒヤしながら戦うんだよなぁ(笑)たまに鹿角で蹴散らしながら戦って
連戦を終了させると結局火をつけて飛び去るカルラ。わああああ3人がぁぁぁ!
ところがそこへやって来たのはアジャセ王子。やはりのピンチには参上
するのか!というか後ろの2人もお願いしますね!!!(笑)
火を完全に消火してもらうもアジャセ王子はカルラを警戒していました。
本心を隠さず欲望のまま動き出したカルラは鬼の牢獄の屋上に移動し、
ケーッケッケ!と高笑いを連呼。なんだか本格的にヤバいぞこいつ…
彷徨う魂を自分に集わせて右魂鬼左魂鬼を呼び出しました。でもグルルとガルルと
しか言わない辺り知能は低そうだな…我が魂とか言いつつ(笑)
しかしその後真っ赤な毒の雨を降らせ、大きなができてしまうほど強烈な
威力を見せ付けました。なんかこれ浴びたら溶けそうだわぁ…
アジャセ王子は桃太郎に鬼の牢獄を抜けてサルカニの村へ行くよう指示。
そこで船を手に入れろとのこと。で、はりつけにされていた貧乏神とでか太郎が
仲間になりますがあっさりとお城へ送還(笑)夜叉姫は銀次と交換しました。
鬼の牢獄から行く…ってあの閉まってた扉かな、あそこぐらいしか行ける場所が
無いものなぁ。


鬼の牢獄の閉まっていた扉は開いており、奥の階段に入ると画面が切り替わって
まだ屋上にいたカルラがもっと面白いものを見せてやる、と新しい村に雷を
落としました。なんだろう、曲と相まって桃鉄で台風に襲われる都市を彷彿と
させるこの絶望感…!村人達の叫びが桃太郎に届きますがどれもこれも痛い、苦しい、
助けて、
と何もできない桃太郎達をどん底に陥れるほどの威力。最後に
うわあああ!!と叫び声が響き、新しい村は…潰されてしまいました。
怒りに震える桃太郎達。自分に逆らう奴らはこういう目に遭うのだ!!!と
カルラは笑いながら飛び去っていきました。

なんてこったい…としょんぼりしながら地下へ。ってなんだよこれ毒の沼地
まみれじゃないか。そしてアジャセ王子本日3度目の登場。カルラが水軍
手に入れようとしていること、地獄の警備が厳しくなったことを伝えて姿を
消しますがあの人は主に偵察をしていたわけか(今気付いた)
毒の沼地は浮遊で回避できるので抜け道を出ると鬼が島の様子が。
カルラは桃太郎が夜叉姫を火あぶりにしようとしていた、とでっちあげて
海へ向かおうとする桃太郎に対抗すべく水軍の長に任命するように懇願。
伐折羅王は娘のこともあってかあっさりとそれを認めてしまい、カルラの手元に
水軍が手に入りました。ここまで来ると親父さんの馬鹿ー!と叫びたくもなるな。
そういやこのゲーム水上移動とかあるのかな。大貝獣にはあったけども。


抜け道を出て少し進むとお地蔵さんが。北西にサルカニの村、西にきんそう仙人の
、南にはらだしの里があるそうで。それじゃまずは庵だな!きんそう、って
どんな術だろうか。丁度段が上がって全快したことだし、一本勝負でも大丈夫。
で、修行は確かに一本勝負でした。でも…でも…

【鹿角仙人・浮遊仙人・まんきん仙人・きんそう仙人 対 桃太郎】

おい仙人これは一体どういうつもりだ。


4対1とかフルボッコにも程があるだろう!!(笑)鹿角全体にかかるのは
頼もしいな。しかし一撃ではみんな倒れず、しかもまんきん仙人によって回復
されたりやっと倒せたと思ったらきんそう仙人に復活させられたりと全く戦況が
良くならず…ああこれは駄目だ、段を上げて出直さなくては、と諦めたその時。

力尽きたはずの桃太郎は倒れずに全快していた。

崑崙の玉が効力を発していたのだ。

……勿体NEEEEEEEEEEEEEE!!!

それはボス戦で使われるべきものだったのにおいコノヤロウ!こっちは諦めて
テキトーに殴っていたというのに!(笑)こうなったら貴重なターンを使って
白虎の刀で攻撃力増強、そして鹿角をかますときんそう仙人以外は一撃で
倒せました。ありゃ、どういうことだこれ??もしかして白虎無しの鹿角は
微妙に倒せないラインだったのか!そんなことがわかったのできんそう仙人に
他の仙人を復活させられてもすぐに倒せるようになり、やがて勝利。
尊い犠牲を払ったな…これ、人気度100になった記念にもらったのになぁ。
とりあえず次は根性の玉を持たせておこう。
きんせんの術は戦闘不能の仲間を回復させる言わばザオリク。桃太郎以外にも
使えるキャラいないかな。浦島辺り使えても………ハッ!!!

浦島あいつどこにいるんだ!?

やっべ新しい村のイベントが衝撃的すぎてスポーンと抜けていたわ!(笑)
結構南まで来たからもう少しのはずだなぁ。


次ははらだしの里へ。びろーんの森にある月の欠片を手に入れるためには
びろーんの言葉がわかるはらだしの力を借りないといけないんだよな。
でもはらだしってこの辺でも敵として出てきたような…?この里に居る里吉
桃太郎の旅に同行したがっているそうなので早速仲間にしようとしましたが
お腰につけたトカゲの尻尾をくださいな、となんか間違った名文句。
きびだんごならくれてやるけど尻尾は無いぞ…?どうやら尻尾を手に入れて
渡さないと仲間になってくれないみたいです。ひとまず飛燕には登録された
だろうし、また後で来るか。忘れかけていた浦島を仲間にする方が先だわ。


最後にサルカニの村へ。しかし道を間違えたようで穴に入ってしまいました(笑)
そこはやまんばの洞窟。そんでもってすぐ目の前にはダイダ王子
ここでもまた人の顔を見るなり逃げ出すという失礼千万な行動をとりました。
や、とりあえずはサルカニの村にだな。うん、たぶんダイダ王子余所見してたよ!
そんなことを経てサルカニの村に入りましたがいきなり暴風雨と共に飛んでいく
村人達。ははっ、随分とアクロバティックなお出迎えですね……
このと言いまたカルラに何かされてるー!!!お地蔵さんに話しかけると
風神雷神の仕業だとか。またあいつらか!そして死闘フラグか…。
でも前回の死闘とは違い今度はあしゅらが安定しているから大丈夫じゃないかな。
戦い方は前回と同じで、風神の起こした竜巻によって毎ターンダメージを
受けるのがうざったらしい…!あしゅらのまほろばに頼りつつ鹿角で攻めますが
それでもなかなか倒せないので新たなる奥の手、発動っ!!!

会心の玉!!

鬼の牢獄だかで手に入れました。これを金太郎に持たせていたので桃太郎と共に
猛攻。数ターン後に決着、全員が段上がったんだけどこれ段が低いって意味か?
風神雷神はカルラの言うことなど信じても閻魔様を助けられるわけがない、と
改心してくれたようで、その証として毒の沼地を2人の力で消してくれました。
でもその時チラリと新しい村があった場所何も無かったことに気付いて
それはそれで凄く切ない思いをしました…。もう建物すら残っていないんだな。
2人共仲間になってくれましたがひとまずお城へ行ってもらうことに。
で、この村で採った木をやまんばの洞窟にしていたとか。やまんばは
前作で桃太郎に懲らしめられたそうで、天候に左右されない洞窟の中で船を
つくるよう提案してくれたとか。しかしそこをカルラに邪魔されてしまって
いたんだなぁ。こりゃやまんばの洞窟の中でもひと悶着起きていそうだ。


暴かれたカルラの本性と、絶たれた1つの村。

怒りと悲しみを背負って、桃太郎の旅は続く。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(新桃)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop