風林ノ草庵 ホーム » 体験記(新桃) »新桃体験記第壱拾参回

新桃体験記第壱拾参回  

新桃太郎伝説体験記第壱拾参回です。


和の世界なのでキャラクターの名前も和名。故に漢字がとても多いんですがつい最近やっと
初見の場合のみ敵の名前に○○(××)読み仮名がふられていたことに気が付きました。
でも次からは漢字オンリーなので結局名前より外見で記憶することになるという(笑)
結構色んな資料を漁ってつくられた鬼達みたいなので元ネタは諸所あるらしい。
そんな敵たちにも目を向けつつ、第壱拾参回の始まり始まり。

前回のあらすじ:天の川でムーンウォーク

あれはバグだったのかな。よくわからない仲間のアクティブウォーキングを目の当たりに
しながら月の欠片を探す旅は深海の奈落の洞窟へ。そういやある人物がここに幽閉されて
いたような気がする、と思い出したのは当人を見てからのことでした。


海底で月の鏡を使って記された最後の場所に行くと大きな亀裂が。これが奈落の洞窟への
入口のようでした。ずっとへ沈んでいくお城。そのままずっと見ていますがそれが
結構長くてもはや下に移動しているのかも怪しいぐらいでした(笑)その内がボコボコと
出てきて画面が切り替わり、奈落の洞窟へ。いきなり敵が出てきたので攻撃してみるも
打撃が吸収されてしまいました。うわあああこういうタイプ面倒くせぇぇぇぇぇぇ!
こうなるとだけが頼り。浦島の津波と夜叉姫に持たせた朱雀の刀の効果で倒して
いきますが浦島は回復係でもあるのであんまり使うときんたんが使えなくなるので
なかなか厳しいな…桃太郎にも稲妻を使わせたりしつつ進んでつづらを開けると
黄泉の足袋を入手。わざわざファンファーレっぽいのが流れたので重要アイテムなのかな。
しかし誰も装備できず、一体誰の専用装備だろうと思っていたら後に黄泉の腰巻
手に入りました。腰巻は風神雷神の装備なので恐らく足袋も二人のだろうな。
つづらでアイテムを拾っていきアイテム欄がぎっしりになってしまったので一度
抜け出して引き返すかな、ぬけだs……ってここは使えないだと!?
うわぁぁここどこだよ、どうやって帰ろう→いいや、いっそのこと進もうという
考えにたどり着き要らないアイテムは投げ捨てて黄泉装備は拾いながら先へ。


ある階段を下りるとそこにはつづらが。開けると独鈷を入手。ん、何これ…?
読みは「どっこ」らしい。誰が装備できるんだろうこんなの。更にまで入手。
そしてふと上へ進むとそこにいたのは………閻魔様じゃねっすか!!!
そういやあしゅらがこちら側になった時に連れて行かれていたんだったな。
閻魔様は桃太郎の顔を見た途端希望がわいてしまった、となんだか元気が無さげ。
ここでアジャセ義兄さん登場、閻魔様は希望を奪われこのままでは力尽きてしまう
という牢に閉じ込められているらしい。桃太郎達の体力500与えれば壊せる
みたいで、とりあえず全員の体力を足してみたところ500以上はあるから
大丈夫だな。平均してほら持っていけよ!と牢にはっしと掴んだのは

夜叉姫でした。

!?

え、これどういうことなの…?夜叉姫の体力が徐々に奪われていき、苦しみつつも
桃太郎さんに愛と希望を教えてもらいました、と閻魔様に伝える夜叉姫。
ちょ、ちょっと待てそのままだと桃入り(=戦闘不能)するぞ夜叉姫!!!
というかまさか隊列の後ろから根こそぎ奪われるんじゃ…。がくりと力尽きて
桃入りした夜叉姫。うわぁ、次は浦島か…こいつも全体力持っていかれるな。
浦島も閻魔様を説得しながら力尽き、金太郎へバトンタッチ。計算上だとこいつで
500を突破するはず。希望は自分の得意なんだぞ、と牢をぶち壊しました。
やったーと喜びたいんですが二人桃入りしたのがなんとも…。と、喜ぶ間も無く
カルラが現れました。閻魔様が牢から出るということは鬼の掟を破ったこと、
断じて許されないことだからチクるわ(要約)と告げて桃太郎達と閻魔様を
落とし穴に落としてしまいました。その直後アジャセ王子がカルラを追いかけて
行ったみたいだけど…あいつ、そろそろ死ぬな。

落下先でひとまず倒れた二人を回復させて壁を調べたりするも何も無し。
閻魔様と会話を重ねると何か音が聞こえる、と壁際をウロウロする閻魔様。
やがてボコーンと壁が開きそこから脱出することができました。外側から穴を
開けたのは酒呑童子。無理やり壁を壊したみたいでボロボロになっていました。
鬼の牢獄必ず追いかけると桃太郎に約束していたことを果たしに来たみたいで、
自分は死んでも皆のためになるならば、と満足気に息絶えました。
酒呑童子…勇ましいであった…!3対1でフルボッコにしたことをふと思い出したゴメン
先にある階段を上りまくると洞窟の入口に着きました。そして閻魔様が仲間に。
とりあえず忘れ物があったので閻魔様は城で待機してもらうことにして
再び洞窟内へ。そういやここに最後の四神の刀、青龍の刀があるんでした。
攻略本を基に掘り出して桃太郎に装備。使用すると全体攻撃の効果があるらしく
打撃が通じない敵が出てくるここではとても助かるな。ただ弱点は持ち主しか
戦闘中に使えないので桃太郎が装備している限り浦島や夜叉姫の手に渡ることが
無いということか(笑)

閻魔様お待たせー、と城に入ると勝手に城が移動しました。戻る方向とはに。
おいおい勝手に何をするんだと思いきや海底トンネルに向かったみたいです。
閻魔様の計らいとでも言うべきか…竹取の村の近くの湖に出る場所と鬼避け仙人の
がある場所付近の湖に出る場所があるらしく、飛燕で登録をしておきたいので
前者へ向かいました。城で体当たりをすれば壁に穴が開くそうですが、折角大砲
付けたんだからそっちでもいいじゃない…(笑)それっぽい場所に触れると
ボコーンと穴が開きました。そして浮上すれば今まで行けなかった大陸へ。
すぐ傍に村があったので竹取の村かと思いきやすゞめの宿7でした(笑)
ここには商人もおり、大陸がせり上がる前からここにいたそうで帰るに帰れない
状態になっているらしい。装備を整えてセーブ。宿の近くにはお地蔵さん
並んでおり、ここで勇気の剣をかざすと鬼ヶ島への道が開けるらしい。
まだ剣すら手に入っていないんだけどなぁ…まずは竹取の村へ行かなくては。


竹林を抜けて村に着くも怪しい曲が流れており既に不穏な空気。というか無人
お地蔵さん曰くかぐや姫を助けるべく村人が総出で黄泉の塔へ行ったらしい。
おいおいこの辺の敵めちゃくちゃ強くて思わず鹿角使うほどだったんだけど
そんな奴らがいる塔へ向かったというのか村人達…!買い物も宿もセーブも無く
すゞめの宿しかセーブができそうにないな。とりあえず登録はされたので一安心。
で、ここから段上げタイム。黄泉の塔の近くに回復ポイントがあるので鹿角無双の
開始です。かなり強い敵が勢ぞろいしているのでここいらで段を上げておかないと
しんどそうなので…。で、ボコスカと1時間ぐらい戦いまくっていたら浦島が
ベホマラーの上級系、みなせんたんを覚えたり夜叉姫が倍力を覚えたりと
頼もしい術が入りました。夜叉姫はあんまり戦闘だと活躍できなかったので
これで活躍の場が広がるなー。


桃太郎が40段に突入したところで黄泉の塔へ。入っていきなり村人と鬼が
戦っていました。中には倒れている人もおり、話しかけると悔しそうな顔をして
死んでいる
、って辛すぎるわこれ…せめてこれ以上死者を出させん!そこの鬼
覚悟しやがれー!!(ドンドンカァーン)

馬鬼が現れた!
※馬鬼…序盤の鬼


ここの村人達こいつじゃなくて他のエンカウントで出てくる鬼にやられたんじゃ
ないかな…浦島のモリ一発で3ケタダメージ出るぐらい雑魚なんだけども(笑)
村人達はかぐや姫は自分達のだ、返せと必死になっていました。
模様のあるを踏むと足場が浮上する仕組みになっているので床を踏んでは道を
作って、たまに決まった順序で押さないと浮き上がった足場に道を塞がれたりと
てんやわんや。段上げをしたにも関わらずここの敵も強敵揃いでした…
1ターンで撃破できない敵が2匹並ばれた時の絶望感といったら(笑)
ここでも黄泉の足袋が手に入り、風神雷神用として2足手に入ったのにまだ
手に入るのかと渋々入れていたら今度は黄泉の絹が。ここまでくると黄泉シリーズ
鬼達用なのかな。閻魔様の装備も出てくるし。でも夜叉姫には愛の足袋
そういや桃太郎=勇気、金太郎=希望、浦島=正義、夜叉姫=愛だっけか。
ここでいよいよ桃太郎の装備、勇気の沓(くつ)が手に入りました。

金太郎、実に涙目である。

早く金ちゃんにも専用装備出してあげてー!
また道具が一杯になってしまったので預けたり貧乏神や福の神など使いそうに無い
キャラ
秘密の地図等もう使いようの無い重要アイテムを倉庫のごとく渡しつつ
黄泉の塔へ。流石に面倒になったのでここら辺から鬼避け無双です(笑)

最上階に着くと青っぽい鬼が。回復を済ませて話しかけると羅生門という鬼でした。
こいつもまた前作戦ったことがあるらしい。鬼の掟に従って嫌々しつつも桃太郎と
戦わなくてはならないみたいで…鬼って本当に裏切らない嘘をつかないんだな。
で、タイマン勝負になったんだけどこれはどういうことなのかな。
タイマンになるとは知らなんだ…金太郎張り手による攻撃・守備低下とか
浦島まもりによる守備上昇とか夜叉姫倍力による攻撃力上昇とか仲間の
サポートあってこそ桃太郎の鹿角は光るんだけどなー!しかも倍力があるから
もう白虎の刀いらないとか預けちゃったしなー!(笑)しょうがないので奥の手として
技力が尽きた用に持ってた会心の玉を使い(2回で壊れた。早すぎる…笑)
まんきんたんで回復させつつ鹿角で勝利。羅生門を退けた先には月の嵐の村
行く装置が。村でを手に入れてかぐや姫のいる宮殿へ向かうのが目的ですが

嵐の村が見つからない。

鬼避けでエンカウントを失くそうとしても普通に出てくるんですが!(笑)
月鬼船とかいう船にも襲われるし散々なことに…一体村はどこだー!!!
ウロウロしまくった結果、ほこらからへ向かえばすぐに見えてきたという…
最初にに行ってしまったのが問題だったな(笑)月の洞窟を見つけたのは
良い収穫だったかもしれないけれど。とりあえず嵐の村を発見できたので中へ。


ここには船があったんですが既にカルラが通った後。船は一隻残らず破壊されて
しまったそうで。なんだかやることなすこと全部後手後手だわー…
また、アジャセ王子も来たようで船が壊されたことを知ると月の洞窟を通って
山をくり貫いてやるつもりだとか。なんだか自分で打っていて意味がわからない
状態ですがとにかく別の方法で向かうみたいです(笑)
で、とりあえず竹取の村へ戻ってみると黄泉の塔で生き残った人々が村に
戻って来ていました。死んだ人達のためにもどうかかぐや姫様を、と桃太郎に
せがんでくるんですが無謀なことしたよ、お前達もよ…
買い物もできるようになったので装備を変えつつある家に入ると曲が変化。
月の曲…ということは。そこにいたのはかぐや姫を育てた老夫婦。
桃太郎に何かあった時に、と渡されていたらしい勇気の鏡をもらいました。
家の裏庭に剣が落ちたらしいので鏡を使ってみると北に何歩、東に何歩、と
指定されました。ふむ、王女の愛、か…(どこまでもDQと結びつける)
やがて勇気の剣を見つけるものの錆びており攻撃力はたったの
月のどこかの村で鍛え直すことができるらしいのでとりあえず持っておくことに。
また、他の防具の在り処も示してくれているのでまずはこちらの探索もして
桃太郎の防具を強化することも大事かな。


鬼と人、月の民の争いは止まらない。

勇気を以って、全てを収めきれるのか。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(新桃)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop