風林ノ草庵 ホーム » 体験記(新桃) »新桃体験記第壱拾五回

新桃体験記第壱拾五回  

新桃太郎伝説体験記第壱拾五回です。
※ED内容含みますのでご注意下さい!!


新桃の5大システム、結局全部書いていない気がしますが最後にお届けしますは
「ヴァリアブル・メッセージ」大貝獣にも似たようなシステムがあるんですが
仲間が豊富故イベント時にそれぞれにメッセージが用意されているというもの。
これによりメンバーを変えてボスに挑む楽しみが増えるわけですが、結局のところ
王道メンバーが好き過ぎてさっぱり変えなかったプレイヤーがここにいるぞ!!!
でも浦島ってあんまり喋らないんだな…大人しい性格だからだろうか。
果たして勇気と希望と正義と愛は世を正せるのか。最終回です。

前回のあらすじ:勇気の剣に隕石当ててみた

そんな軽い気持ちで剣の目の前にいたかと思うとある意味勇気はある。
かぐや姫を救うべく月の結晶を集めていた桃太郎。遂に8つ全てが揃い鳳凰
呼び出すことができるように。そこで錆びた勇気の剣に青い隕石の力を与えて
失われた力を蘇らせることに成功しました。あとは……あれ、

どうすればいいんですか?

いかんな、にはもう行けない場所は無いし、鬼ヶ島三途の川で行き止まり。
あるぇーあるぇー??とちょっと彷徨った時間はありましたがやっと思い出す。
鳳凰は三途の川も越えられると言っていたことを。というわけで三途の川で
鳳凰の笛を使って呼び出すとそのまま川を渡ってくれる鳳凰。当然だけど長いな。
そりゃ渡れる広さだったら意味が無いよな(笑)その奥にはカルラがいました。
しかし隣にはかぐや姫、そして対峙するアジャセ王子。おい何やってんだよ
離せよカルラ。どうやらカルラはかぐや姫がどうして人々に大事にされる存在か
知っているようで、死んだらどうなるんだ?と意地悪げに桃太郎達に問います。
竹取の村の人々によるとかぐや姫の命が失われると大地が沈んでしまうとか…
そんな恐ろしいことを言えるわけもなく、どもってしまう桃太郎達。
しかしカルラがじわじわとかぐや姫に手を出そうとしているのでたまらず
アジャセ王子がかぐや姫を月に帰してくれるのなら、と条件をつけて言いました。
月の民の意思からこの大地はできているそうで、特に月の力が強いかぐや姫は
大地を支えるほどの存在だとか。だから地上と月を行き来できるらしい。
そもそもかぐや姫が地上にいるところを知らないんだけどな(初代未プレイ)
それを聞いて納得するカルラ。もしかぐや姫が死ぬとこの鬼ヶ島はどうなるかと
アジャセ王子に聞くと、鬼と月の民のハーフの自分がいることにより沈むことは
ないと答えました。その結果…カルラはかぐや姫が自分にとって不必要
存在だと確認し、かぐや姫を高い足場から突き落としました。

ゆっくりと落ちていくかぐや姫。

音も周りの視界も消え、ただゆっくりと落ちていくかぐや姫だけが

桃太郎達の目に映りました。

どさりと落ちたかぐや姫の元にすぐさま向かうアジャセ王子。慌てふためく仲間達。
かぐや姫の死により大地が揺れだし、それを面白がりながらカルラは去りました。

右魂鬼「グルルルルル!
左魂鬼「ガルルルルル!

お前ら唸るだけか。

桃太郎もかぐや姫の下へ行きますがまだかろうじて生きていたかぐや姫は
せめてこの衝撃を和らげることだけ、と桃太郎達を竹取の村へ行かせようと
していました。ここでうえ~ん!と泣く金太郎やきんたんをかけようとする
浦島が凄く切ないな…きんたんどころかきんせんLVだぞこれ…。
かぐや姫が事切れると同時に各村が徐々に沈み始め、桃太郎達に助けを求める声が
響き、最後には桃太郎の故郷、旅立ちの村まで…うわああああじっちゃんと
ばっちゃんがああああああ!!まだ鬼ヶ島にいた桃太郎達。浦島によるとかぐや姫は
眠っているかのような静かな死に顔らしい。…うん?

結構高いところから落ちて頭部無事なの…?

確かに背中からいったような感じはあるけど普通の方が重いからそこからこう、
ぐしゃりと…ってのは考えないでおこう。アジャセ王子が突然かぐや姫を竹取の村
連れて行こうと言い出しもう手遅れだ、と金太郎達に止められるも駄目で元々なら
何をしても良いだろう!
と若干ヤケクソ。でも何か考えがあるみたいなので
アジャセ王子の気持ちに同意して竹取の村へ。


ごめん、かぐや姫様助けられませんでした…って気持ちになるわ、竹取の村。
何せ村人達は黄泉の塔に突っ込んで死者出してるわ育ての老夫婦にもかぐやを頼むと
話をしていたわけで。老夫婦もかぐやの無残な姿を受け悲しんでいましたが
アジャセ王子に頼まれかぐや姫が産まれた竹林へ案内しました。
竹の花は120年に一度咲いて枯れる。しかし枯れても凄まじい早さで蘇る力が
あるのだ、とアジャセ王子はかぐや姫を彼女が生まれた竹林で休ませることによって
もしかしたらと思ったみたいでした。幸か不幸か、彼女は斬られたわけでもなく
こうして五体満足なわけだし…。必ず追いつくがもう少し傍にいさせて欲しいと
言うアジャセ王子を置いて桃太郎達は竹林を離れました。
でも蘇ってもらわなくちゃダメだろ…だって、桃太郎にバッドEDなんて無いんだぜ。

生き残ったのは竹取の村の人々だけなのか…と思いきや話をしてみるとどうやら
船で助けられた人々もいるらしい。花咲か爺さんや希望の都の蜂乃屋と会えました。
達と協力して黄泉の塔すゞめのお宿にも避難させているとか…これは
みんなに声をかけていくべきだな。というわけですゞめのお宿に行くと金太郎の
とっつぁん(※父親いたのか)や浦島の村の漁師もおり、励ます二人。
黄泉の塔にはおむすび村の甚八銀次の奥さん、はらだしやびろーんなど様々な
村の主要キャラがちらほら。で、あの…桃太郎のじっちゃんとばっちゃんは…?
やだよピンポイント爆撃とか桃太郎の勇気が霞む!!と思いきやすゞめの宿の
宿屋にいました(笑)ちゃんと捜せよと…。ああ、でも多くの人が死んだな…

さつまいもを焼いてくれた少年とか、夜店のおっちゃんとか、玉手箱で爺ちゃんに
なったときどうにか戻せないかと手を尽くしてくれたおばちゃんとか、
寺子屋で勉強をしていた子供達とか、わらしべ長者イベントの人達とか、
ほほえみの大地の変な鬼達とか、黒河童共とか、つづら屋のすゞめとか…
ダイエットルームって禁句喋ったおばちゃんとか…

流石はSFCRPG史上最悪の名が高いカルラ。本当にやってくれるぜ…
でも実は1人よくわからない人がいた。エセ外人風な人。ドッグがどうのと言われても
こちらとしては(誰、この人…)という対応に(笑)調べてみたら希望の都
ドッグ大会をやっている人だったらしい。ああ、行ったことが無かったな…
ちなみにフィールド曲が切ないものに変わったんですがこれ仲間がやられた時
流れていたな…嫌な思い出が蘇る(笑)必ず聴くハメになるんだなぁ。


再び鬼ヶ島の奥へ潜り込んで奴を叩きのめさなければ気が済まないよな!!
行くぜ鳳凰!そしてカルラ達が逃げて行った奥には、灼熱地獄が広がっていました。
そりゃあ…地獄だものな…。ここにいる鬼は改心した鬼で、桃太郎達のために
伐折羅王率いる鬼達と戦ってくれているらしい。でもエンカウントは相変わらず
高いな!(笑)溶岩の上を綱渡りしますが3本ある綱の内本物は1本だけ。
なので間違えれば溶岩にまっしぐらなので浮遊の術で対応しますがその前に
雑魚が強敵でした。また新しい奴が来たかと思いきや

えんば火走の術
黒龍火走の術
火狼火炎の息

ぎえええぇぇぇぇ…

全体100ダメとかないわー!浦島のみなせんたんをすぐに使わないと連続で
喰らったらシャレにならない…ハッ!!そうか、ここで夜叉姫の封印の術の出番!
術を封じればどうにかなるものの、必ず先制できるかはわからない上に失敗する
こともあるので完全に防げるわけでもなく、そんでもって綱はブチブチ切れて
落ちまくるわでラスダンいきなり強烈なの出してきたな…(笑)つづらからは
最強装備などが出てくるのでまだ見ぬ夜叉姫の装備もありそうだな。
何度も回復・落下・段アップを繰り返してどうにかこのフロアを突破すし、
次のフロアへ。針山地獄みたいだけどダメージを受けたりはしないので
つづらを開けていると夜叉姫の装備を発見。よく見ると夜叉姫だけ仲間だけど
専用足袋があるんだな、金太郎と浦島は無いのに(笑)
で、この辺で引き返しましたがここでようやく鳳凰で鬼ヶ島の入口に突っ込むと
三途の川をすんなりと渡ってくれることに気付きました。それまで普通に入って
鬼避け使いながら三途の川の前で鳳凰を呼んでいたとかなんという無駄な…
針が終わったかと思えばまた灼熱。さっきのは(綱じゃないのか)の地獄
だったらしい。一応元ネタはあるんだろうな。噴出す溶岩に気をつけて
言われても浮遊したって喰らうんだけどこれ!しかも結構痛いし…

えんばは火走の術

や め ろ 。

何これ色違いとかいるのかようぜええええ!!しかも別の術も持っているようで
封印で発動させずに済んだけど)そろそろ鬼避け無双もしたくなるね…
次は極寒の地獄。吹雪が見づらいな…みなせんたんをこれ見よがしに使うカラス
だけかと思いきや、ここで真の地獄を見ました。
大身獄卒という随分とガタイのいい鬼が出てきましたが通常攻撃の威力は
大したことがなく、なんだこいつ見掛け倒しかと思った瞬間

大身獄卒氷の息

全員180ダメージ…だと…!?

うわあああ勘弁してくれ!しかも2匹いるとかどういうこt崑崙がぁー!!!!
全員の崑崙の玉が発動して戦闘不能は回避できたもののピンチはそのまま。
鹿角でなんとか倒せたものの命綱の崑崙の玉が無くなってしまうのは不安です。
何せ桃太郎が倒れたら即行ガメオベラだものなぁ。とりあえずつづらを漁って
しこめにも挨拶をしつつ歩き回るとこんなところでお地蔵さんを発見。
ここで一息つけるのか…でも崑崙の玉を補給しに戻るかな。一応数個預けて
おいたんだ。物増やしの玉で増殖させておいて良かったわ(笑)

そうこうしている間に浦島が全員全快みなまんたんを覚えたりしつつ
極寒地獄を抜けるとだだっ広い阿鼻地獄。何があるのこれと歩き回って行くと
広いエリアに小部屋がいくつかあるだけみたいでした。中にはつづらがあり
中身を回収するも次のフロアに進む階段は一体どこだろう。まだ入ってない
小部屋があったのかな、とある小部屋に入ろうとした瞬間

三千世界「我こそはその名も高き三千世界なり!」

うおおおぉ誰!?ポッと出のボス!!!?

そういやここのフロアの鬼がそんな名前の奴がいるって言ってたな…凄まじい力を
持つ故に自身を恐れて隠居してた
とか何とか。しかしカルラに良いように騙されて
桃太郎の前に立ちはだかったようです。ならば戦ってわからせるしかないな。
最近専ら火走りで焼かれているので魔封じの術で術に対する防御を上げておこうと
浦島にまもりより先に魔封じを使った結果、三千世界の術の威力をかなり落とす
ことに成功しました。封印こそは効きませんが倍力で桃太郎と金太郎の攻撃力を
上げる作業に入ればいいだけのこと!貯めていた会心の玉の出番じゃぁぁぁ!!
4人で力を合わせて撃破、三千世界はカルラに騙されていたことに気付き
桃太郎達を回復させてくれました。いつかまた会いたいなと言い去りましたが
本当にぽっと出すぎて何がなにやら(笑)

階段の先にはカルラがいました。ようやく捕まえたぞこの野郎…
自分をと例え、アリを相手にするなんてと見下した発言をするも懐かしの
鬼連戦。うわぁ赤鬼とか懐かしいなぁ(笑)懐かしすぎて通常攻撃が効かない奴
ことをすっかり忘れていました。連戦を終えるととうとうカルラと右魂鬼と
左魂鬼との戦いに。左右の鬼は何かするのかと思いきやカルラを回復させる役。
あくまでカルラの子分なんだなぁ。カルラは術を使うので魔封じで対応。
能力を高めて鹿角を使ったらあっさりと左右鬼を撃破。カルラは山彦の術
与えたダメージの半分を跳ね返してくるので回復をしながら攻撃をして倒しました。
わしが倒れるのか?と言いこうなるぐらいなら自分で、と自害した様子。
それにしても…一人称わしだっけこいつ?(笑)3匹が消えた奥には伐折羅王が。
うは、義父さんか、もとい、この人さえどうにかできれば…!
伐折羅王はカルラの嘘により桃太郎がダイダ王子殺したことになっているため
大激怒。娘である夜叉姫の言葉も聞かず敵討ちだと襲ってきました。
それじゃいつもの流れで…と思ったらみんな何か喋りながら行動をしていました。
敵が喋ることは多々ありましたがこちら側が喋るのは珍しいな。ということで
今回はメッセージを飛ばさずにゆっくり見ながら様子を伺うと夜叉姫はやはり
父親に攻撃をすることができず、また伐折羅王も夜叉姫にだけは攻撃ができない
みたいでした。その間金太郎と浦島は必死に説得中。桃太郎の説得は…

ろっかくーーーん!!
※鬼族に通じる説得→実力行使


数ターン経つと遂に伐折羅王は夜叉姫にも攻撃しました。それと同時に夜叉姫も
父親の目を覚まさせようと戦う決意を固め、行動が可能に。とにかく全体攻撃
強烈で浦島のみなせんたん頼み。どうしてわかってくれないんだ、と叫ぶ金太郎や
何の罪の無い子供達が海に沈んでしまったのです、と訴える浦島。
3人のメッセージが徐々に疲労のせいかしんどくなってくるのが見ていて辛いな…
完全泥仕合。打ち出のこづちも数個破壊しながらの鹿角とみなせんたん無双。
もう言葉が出ない、とか汗で前が見えない、とかお前ら頑張りすぎだろう!
時に言葉が途切れる浦島がプッツンしそうで怖い(笑)みなせんたんで叫びすぎか。
それだったら毎ターンろっかくーん!してる桃太郎さんマジ半端無ぇ。
しかし伐折羅王もまた桃太郎の刀が澄んでいることをわかりはじめ、やがて
見事、と褒め称えるほどに。そして遂に桃太郎達が正しいと理解してくれました。
伐折羅王はカルラが気配を潜めて隠れていることに気付いていたようで、出て来いと
叫ぶとあっさりと出てきました。さっき戦ったのは者だったみたいです。
戦いで真を知る鬼の掟によりカルラが間違っていたことを問うとそんなことは
無いと答えるカルラ。それでも尚問い詰めると下手に出ればいい気になりおって、と
とうとう上司にも歯向かいました。ダイダ王子と同じく伐折羅王も殺して他の鬼には
都合の良い嘘を言おうとかかれ!と命令。しかし誰もカルラの味方をしませんでした。
挙句の果てには魂を分けたはずの左右魂鬼も協力してくれない事態。
ああ、これが今までのツケなんだな…嘘をついて相手を振り回して、手柄を横取りして
仲間を減らした結果がこれなのか。ハハハ、ざまぁ!!とか思っていたら
カルラが直接手を下そうと伐折羅王に突撃。しかしアジャセ王子が割り込みました。
わああああ義兄さんまでもが!!!!倒れるアジャセ王子を見てカルラは月の民の
があればもっと強くなれると流れ落ちた血を飲み始めました。
その結果カルラの身体が急激に変わり、左右魂鬼を踏み潰し飛び去って行きました。
うわぁなんか最終形態になっちゃったよ…。鳳凰ならば追いつけるはずだ、と
アジャセ王子は必死に伝えると気を失いました。どうやら死んではいないな…
伐折羅王は今までアジャセ王子の言葉に耳を傾けなかったことを悔い、桃太郎達を
回復させてくれました。いや息子にもやってあげてよこれ…。
鳳凰の笛で鬼ヶ島を離れますが竹取の村にも戻れるみたいなので一度道具を
揃えてセーブ。一応データを複数作っていたけどラスボス直前のデータとは熱いな…


ずっとへ向かえば追いつけると言われたので真っ直ぐひたすら北へ向かうと
カルラと対峙。これからもっと月の民の血を吸いに行くみたいで、それを止める
ためにも鳳凰の上で最終決戦。まさか空中戦がラスボス戦とか思わなかったなぁ。

さて、ここでお前に秘密兵器をお見舞いしたいと思う。
夜叉姫が握り締めるは「半分の玉」。相手の体力を半分にするという体力が多ければ
多いほど破壊力のある道具だ。勿論これはボスに通用しない。
…とでも思っていたか?メッセージでは効果が無かったと出るけれども実際は
効いているんだよ!!!本当は三千世界に使おうと思っていたけどうっかり忘れて
いたからお前にぶつけてやんよオラァァァァァァ!!!!!


その後カルラの体の下半身が灰色になりました。カルラ曰くになっているとか。
どうやら自分が殺した人や鬼のも見始めているようで、錯乱しながら連続攻撃を
繰り出してきました…がこれランダムすぎて集中されるとしんどい…!!
崑崙は桃太郎の分しか無く、あとは浦島に根性の玉が精一杯な道具事情で集中攻撃を
金太郎が喰らってしまい、復活→回復が上手くいかずに数ターン浦島と夜叉姫が
ごだごだしていましたがその間桃太郎は時にまんきんたんで時に鹿角。
お供も桃太郎を助けようと必死に応戦。キーコが突き、ポチが噛み付き…


倒した。


!?


トドメがポチとかどういうことなんだこれぇぇえぇえぇえ!?

※お供がトドメを差すとカルラの撃破モーションがいつもの「パッ」と消える
ものになるらしい。ちょっとしたバグである。


嘘だ嘘だ嘘だ!グギャギャギャギャ!と叫ぶカルラ。やがて全身が石に包まれ
俺様の野望は終わるのか…?と呟くのを最後に石になってしまいました。
結局懲らしめることもできなかったけど、桃太郎達に殺生をさせるわけでもない。
これが最善の勧善懲悪だったのかもしれないな。トドメだけど(笑)































石になったカルラはそのまま真っ逆さまに落下、勇気の剣を掲げたに突き刺さりました。
伐折羅王もいつの間にか地上に出てきたようで、よくやったと言ってくれましたが
義兄さんは…?と思いきや大丈夫なようで、かぐや姫と一緒にいるとか。
うん?一緒にいるって??伐折羅王はカルラをこのままにすることによっていつかまた
人と鬼が友情を忘れそうになったときこいつを見て思い出せるようにしようと提案。
この岬を「友情の岬」と名付け、人と鬼の新しい作りの出発点にすることに。
で、竹取の村に戻ったらかぐや姫が立っていました。竹すげぇぇぇ!!
かぐや姫が蘇ったことにより沈んだ大地が少しずつ元に戻ろうとしているようですが
そこに草木は残っていないため、自然を取り戻す戦いが始まるようです。
そりゃカルラ倒したところで鬼ヶ島と竹取の島だけ残っていてもなぁ…
だけど浮上した島にかつてのの姿は無いんだ。だいぶ人も鬼も減ってしまったけど
これから手を取り合って頑張っていくんだろうな。かぐや姫から月の鈴を受け取り
岬で使えば大地が命の輝きを取り戻すそうなのですがまずは島の人々に挨拶。
花咲か爺さん!アンタんとこのポチが大金星を……ってあれ、いない。
サルカニの村の人たちが船を出したとか言っていたからそれに乗ったのだろうか。
城にいる仲間達もやったやったと大喜び。そしてすゞめのお宿にいたじっちゃんと
ばっちゃんも喜んでくれました。二人はこれからもここに残るらしい。


友情の岬へ向かい、カルラを調べるとこんな奴の近くにもが咲いているとか…
こいつが改心することは果たしてあるのかなぁ。一生石像っぽいな。
岬で鈴を使うと海に鈴を投げ込み、海の色が変わってやがて綺麗な青に。
日本晴れの中蘇った島を眺めたところでスタッフロールへ。
桃太郎から始まり仲間達がトコトコと歩きながら海岸やら竹林やらを歩いて
行きました。うおおぉ大兄者と同名さんがおる(笑)最後には鳳凰が飛び、
桃太郎達が海を眺めて「完」。…しかしここで終わりではありません。
実はこの画面である操作をするとクリア時のデータの歴史部屋に行けるとか。

→←←↑→↓→!

城の最上階にあった歴史部屋に移動できました、が…無音怖い(笑)
メッセージ音も無いのがなんだかなぁ。でもクリア時でのデータを教えてくれるので
記念に色々と撮ってみました。それらは下に並べるとして最終メンバーをば。
桃太郎:46段
金太郎:45段
浦島:46段
夜叉姫:45段
以下、歴史部屋で確認できるデータです。鬼の回数の画像は倒した鬼の数です。
牛鬼が多いのは鹿角で段上げをしたときのかなぁ。
sinmomo_01.jpg sinmomo_02.jpg
sinmomo_03.jpg sinmomo_04.jpg
sinmomo_05.jpg sinmomo_06.jpg
sinmomo_07.jpg sinmomo_08.jpg
sinmomo_09.jpg sinmomo_10.jpg
sinmomo_11.jpg sinmomo_12.jpg
sinmomo_13.jpg sinmomo_14.jpg
プレイ時間は約36時間でした!たっぷり遊んだぞこんちくしょう!!!
ありがとうハド損!!たくさんの感動とトラウマをありがとうハド損!!!
良い…思い出になったよ…。

新桃太郎伝説 完

次回!ハド損との思い出はエルファリアⅡ新桃だけかと思ったか?
外伝なんてものもあるんだぜ!!!というわけで次の主人公は夜叉姫・貧乏神・浦島
3人でお送りする「桃太郎伝説外伝」!!夏頃に開始したいと思います。
物凄く長い最終回でしたがご覧くださりありがとうございました!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の体験記へ→

category: 体験記(新桃)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop