風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(桃外伝) »桃外伝体験記第七回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

桃外伝体験記第七回  

桃太郎伝説外伝体験記第七回です。


いよいよ最後の伝説、浦島伝説に着手するところまで来ました。全ての伝説をクリアした時に
4人目の主人公が……というのは無いそうです(笑)桃伝カルテットの1人、金太郎
伝説の主人公を張っていないのが寂しいですが、この浦島伝説に出てくるそうなので
浦島と金ちゃんの活躍にご期待ください。

前回のあらすじ:つづら前に陣取る四天王

たくさんの分身で出迎えたマンダラ四天王の1人、ハヌマンと予想せぬ場所で戦うことに
なったりしつつマンダラ王を懲らしめ地獄を救った夜叉姫。一方、ある漁村でもまた
何かひと悶着あったそうで…という浦島伝説のはじまりはじまり。


浦島の元へやって来た仙人。タヌキ大王が人々に悪さをしており、懲らしめてくれないかと
言われました。そういうのは桃太郎の専売特許だろうに…とりあえず「はい」と答え
浦島の伝説が始まる…前に仙人の後ろにいたタヌキを押し付けられました。
タヌキ大王の息子かむろ。人間にイタズラをしていたところを捕まえたそうで、
言う事を聞かないわかといってスルーもできないわで親父諸共懲らしめろとのこと。
とりあえず家を出ようとすると、一歩ごとにポンポコポンとかむろが悪態をついてきました。

「弱虫の浦島のくせに!」
「この手を離せ!」
「力も無いくせに!」
「しつこい奴だなぁ!」

その手を掴んで一本背負いをかましてやりたい気分です。


でもかむろと手を繋いで歩いていく浦島というのは意外とほのぼのしている(笑)
例によって装備を整え、まずは北にあるすゞめのお宿の情報を得ました。そこもタヌキに
化かされているそうで、そこのタヌキを懲らしめるところからスタートです。
で、外に出て段上げをしようとするといきなりかむろが暴れて浦島にダメージ。
なにこのお荷物…実質敵側1体増えてるようなもんじゃないか!!
しかし本来の桃伝では回復補助役の浦島もここでは主人公補正によって割かし硬め。
モリによる連続攻撃もちゃんとやってくれました。段を上げている途中、かむろが
仙人に化けてきんたんを敵にかけたり(しかし素早さの関係か浦島より先に回復させるため
意味が無かったこと多々)に化けて攻撃してきたり(威力高い)、嫌がらせの種類も
豊富なようです。ですが段を上げている途中、何故かかむろが攻撃を躊躇う場面も。
なんだろう、こんだけボコボコにしてるのに浦島があまりにも無反応なので
(※プレイヤーは大変うざがっています)違和感でも覚え始めたのかな。

段も上がったところで北へ向かい、すゞめのお宿へ。すゞめに話しかけると何故か
「ポンポコポン!」と言う辺り偽者臭プンプンだぁ~…訪れた人たちも品物が葉っぱ
なったとか被害を受けており、お地蔵様からも宿に泊まっても技力は回復しないと
助言をもらいました。で、ここにひとこえおらびというタヌキがいるそうなので
そいつを倒すことに。さて…どのすゞめかな?違う、建物の中にあるつづら
化けていました。結構強そうな風貌ですがなんとかなるかな、ときんたんを駆使しながら
戦いますがやっぱりかむろUZEEEEEEE!!!!ひとこえおらびの攻撃も
きついのに+αなダメージを追加しやがって!結局1度はやられたもののリベンジして
撃破。つづらからタヌキの毛皮を得ました。うん?毛皮??

浦島、お前だったのか?

装備するとかむろと同じグラフィックに。なるほど、タヌキのきぐるみか…。
村人曰くこの毛皮があれば砂かけタヌキに会うこともできるとか。タヌキのくせに
騙されるのか…というかそれぐらいリアルならばやはりこの毛皮は…ゴクッ
すゞめも本物が出てきて(※今まで本物がどこで何していたのかは全く不明)買い物も
できるようになりました。モリとか着物とか新しくなってるな。


お宿を出て北上するとお地蔵様が。8段になっていないとこの先はキツいぞ、と
言われ更に金太郎の村で装備を整えるといいと言われました。金ちゃんキター!
金太郎の村はここから西にあるそうなのでまずはそちらへ向かうことに。
ここら辺から敵もまた変わり、1対5なぞザラです(笑)しかもかむろの存在により
実質1対6とかもうね…どこのリンチだよ。ところがかむろが今度は躊躇どころか
じっと浦島を見守るなんて行動に出るターンも出てきました。こいつ…少しずつ
デレの部分を見せ始めているな。で、肝心の金太郎の村ですが………………遠い

狐鬼に痛恨2連打を喰らって倒れる。

狐火にふにゃらで防御を下げられてフルボッコで倒れる。

フルボッコされてかむろにトドメをさされる。

桃太郎さん、やはり貴方が伝説をつくるべきだ。


ちくしょう金ちゃん家遠いよ!!新桃じゃこんなに遠くなかったよ!!!
なんだかんだで8段まで上がり、装備も新調。足りないのは…回復アイテムかな。
今度こそ、と旅立つとかむろの行動に新たなものが。

なんと!かむろは浦島に向かってきんたんの術をかけた!

デレた!!!!!!!

お、おぉなんてありがたい!かむろ、遂にお前…浦島の痛みを理解できるように
なったというのか!と思ったら次のターン攻撃してきやがった!ツンデレだ!!
これによって攻撃パターンがやや減りラクになりました。これならば…!
実は一回金太郎の村の目前でもやられていたので道は完璧、そして到達。


金太郎の村に着くや否やいきなりゴロゴロと転がってくる。何事だ!?
砂かけタヌキが山から岩を転がしているそうで、さりげなくランダム歩行している
村人建物を直撃していますがそこはノーカンらしい(笑)ぶつかるとちゃんと(?)
体力が減るそうなのでまるで車が通るのを待つような姿勢であちこちまわると、
肝心の金太郎不在。どこで道草食ってるんだよ金ちゃん…!!
とにかくゴロゴロと転がる岩に怯える金太郎村の人々。とりあえずダメもとで
行ってみるか。見張りっぽいタヌキに話しかけると、たとえかむろがいても
人間は絶対に通せない、と言ったので目の前で毛皮を装着。通してもらいました(笑)

見張りタヌキ(今の知らないタヌキ…ちょっと血の臭いがしたような?)

こんな状況になることはなく、足柄山へ。ああ新桃が懐かしいな…
トコトコと歩いていくと突然浦島が危ない!と叫んでかむろを突き飛ばしました。
何故なら、目の前に大岩が転がってきたからでした。そのままズシーン!
下敷きになる浦島。どう見ても即死レベルです、ご愁傷様でした。
…とはならず、なんとか生きてる様子の浦島。お前はテミシオスか。

「ハア…ハア…怪我は…無かった…ようですね…」

安定のハアハアである(笑)新桃でも息切れよく起こしてたよな…やっぱり弱いのか、身体?
かむろがどうして自分を助けたんだよ!とぐすっと泣きながら言う辺り少しずつ
ほだされてきたみたいです。どうやら無意識の内にかむろを助けていたらしい浦島は
金太郎さんならこの岩をどかせるはず、と言いかむろは金太郎を連れて来ることを決意。
完全に改心したかむろに体力・技力・段が備わった!という演出はなかなか面白いです。
でもやっぱりこれ大丈夫なのか?と心配して浦島(がいる岩)に話しかけると

岩が左右反転した。

なにこれこわい…


金太郎は金の洞窟にいるのでは?と浦島に言われそういやそんな洞窟あったなと…
ちょっと顔を出してなんか長そうだったので先に足柄山へ向かってしまったわけで(笑)
かむろの段は。更に金太郎の村で売ってる装備は何一つ装備できない
真っ裸なのか…せめて足袋ぐらいは履けるんじゃないかなぁ(笑)ちょっと気になって
外へ出ると何故か出てくる敵がわらべ鬼など序盤中の序盤の鬼へ。ああ、救済措置か。


浦島の優しさに心打たれ改心したかむろ。

果たして金太郎と会うことはできるのか?

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(桃外伝)

tb: --   cm: --

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。