風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ヴァンダル) »ヴァンダル体験記第弐回

ヴァンダル体験記第弐回  

ヴァンダルハーツ体験記第弐回です。


久々に573のロゴマークだなーと思って見ているとタイトル画面へ。そこで聴こえてくるのは
主題歌を担当したヤドランカ氏のハミング。寂しげな雰囲気のあるタイトル画面だなーと
思っていたらデモ画面。おお、戦いの様子を見せてくれるのかな!でもアッシュ達はおらず
説明書にいた他の仲間キャラがモンスターと戦っていました。とは言えどっちが味方で
どっちが敵なのかがよくわからず(モンスター同士で攻撃していたので)挙句の果てには
リーンさん死亡。
おいおい…本編で会う前にデモで死ぬとか…ねぇよ…
そんな悲しい命の華が散る時は、もうそこまで迫っていたのでした。

前回のあらすじ:外道ケイン

降伏した人々を容赦無く斬り伏せるクリムゾンの男、ケイン・シュバルツ。悪質な犯罪が
増えつつあるこの世界において強引にねじ伏せるやり方も必要なのかもしれませんが
いくらなんでも出血大サービスすぎやしませんかねぇ…。そんなケインとひと悶着あり、
議員ドルフの案によりギルバレス島へ向かったまま行方不明になったベラスコ将軍
探索と調査をするために首都を出ることに。


ギルバレス島へ行くためにアッシャー王朝の宮殿跡を通ろうとしますが、
「引き返しなさい!」地球のへそを彷彿とさせる制止の声。幽霊系が苦手なのか驚くホセ(笑)
通ると呪いがかかると脅しをかけますが天下の往来を通って何が悪い、と怒るアッシュ。
意外と粗暴なようです。その後現れたのはストーンゴーレム。うおぉ硬そうだな…!
敵の殲滅が条件ですがマップが四角形のように繋がっており、こちらは3人しかいないので
固まって移動。HPには気を付けつつ少しずつ倒していきますがでできたモンスターなせいか
血ではなく石がバゴーンと豪快に破裂。この辺細かいなー。
敵の残りが少なくなってきましたが奥にある宝箱が気になるのに開ける余裕が無い状態。
攻略本によると木箱を押して足場を確保して…というみたいですがそんなことしてたら
背後から殴られてやられてしまうので泣く泣く諦めることに。ハーブだけど(笑)

全部倒すとひょこっと現れたのは金髪の少女「私の」ストーンゴーレムと言った辺り
魔物をつくりだす力があるみたいです。イタズラにしちゃ酷いぜとホセが文句を言いますが
少女もまた父を陥れようとするなんて!と怒っており、少女はベラスコ将軍の娘
エリナ=ソーン
と名乗りました。そこへお嬢様ー!と駆け寄る御爺ちゃん。
よくある爺やだな(笑)教育係のホルクスは警備兵団を知っているようで、アッシュ達に
謝りますがエリナはまだ信じていない様子。アッシュが直に自分達がギルバレス島へ
調査へ行くことを話すと、信じる代わりに同行させてほしいと言い出しました。
そこでOKNOかの選択肢が出るのでバウンティで悲しい目を見たことがある経験者は
躊躇うことなく「いいだろう」と言いエリナを仲間に。あ、ホルクスも勿論一緒(笑)
エリナは攻撃魔法、ホルクスは回復魔法に優れているようで遂に魔術師キャラが…!
何より期待の女の子が…!!(笑)


暗転の後現れたのはクレイマール伯をボコって白状させようとしているケイン
やはりこいつには外道という表現がふさわしいな…。背後にいた親父のヘルも
「あれ」の隠し場所を知っているのはお前だけだ、と何かを企んでいる様子。
殴られても知らぬと通しているところにドルフが登場。こっちにも顔を出すのか…!
ケインには腹黒いキツネ、と呼ばれていたのでやっぱりがありそうだな。
アッシュ達がギルバレス島へ向かうことはヘルにも知られており、しかも万が一のために
1人潜り込ませているとか…やっぱり腹黒キツネだー!スパイじゃないかそれー!
島の名前を聞いていかん、と叫んだクレイマール伯。その反応が何よりの証拠だな…
詳しく聞きたいねぇ、と悪い顔をするケインで終了。クレイマール伯…死ぬなよ…
望みは限りなく薄いけど…


場面は戻ってアッシュサイド。つり橋にやってきましたが不安定な足場にオロオロする
ホルクス爺ちゃんもホセに負けないムードメーカーだな(笑)しかしやっぱりここでも
盗賊。倒すしかないな、と構えますがいきなり背後が爆発。火薬を仕掛けていたようですが
もう少し後ろにいたら落ちていたのか…しかも徐々に崩れていくとか。いきなりそんな
不安定なところで戦わされるのか、大丈夫かなぁ。攻略本によると1ターンごとに
1マスずつ橋が崩れていく
そうなので必ず前進させられるんだな。
2ターン目にはホセがエリナにゴーレムをつくれないかと聞きますがあれはかなりの
代物だったらしく、数年がかりでつくりあげたとか…凄い手の込んだ奴なんだな(笑)

そして、このマップに大苦戦

1.コウモリを仕留め損ねると毒攻撃を受ける
2.コウモリの背後にはソルジャーやハンターもおり、ハンターは弓で遠距離攻撃をする
3.とにかく奴らはHPが減ってるキャラを狙ってくる

コウモリの反撃でHPが減ったところに集中攻撃を受けて命の華を咲かせるなぞ簡単!
アッシュ1回、キース1回、エリナ2回、ホルクス1回で計5回死亡確認(笑)
中にはやっぱりこの戦法じゃ駄目だ、とやり直したのもあるので10回ぐらいは
やり直したかもしれません…もう途中からこのゲームをクリアできるのか自信
物凄い勢いで無くなってきました(笑)これが…死にゲーか…
めげずに挑んでいる内にコウモリを反撃を受けずに撃破、残りの敵を構える布陣
術師を下げることに成功し、やっとこさ全員生存で3ターン目を迎えられました(笑)
そこへ助太刀が。弓を背負う女性庸兵、リーン・シヴァ。アッシュ達がいる場所とは
離れた所にいますがそこにもコウモリの姿が。大丈夫かな。
で、岩を「押す」コマンドで転がすことができ、直線状に転がしてダメージを与える
ことができるので早速リーンに蹴らせて更に敵を撃破。押すコマンドは行動とは別扱い
なんだな、これはありがたい。アッシュ側もエリナの魔法とホセの弓のサポートを
得ながら殲滅に成功。リーンは仕事が無いからアッシュ達に自分を雇わないか?と
言ってきました。ホセは美人で弓の腕も良いリーンに惚れちゃいそう!というか
もう惚れてないか?な状態ですがここはなんとなくNOにしてみる。一般人の女性を
巻き込むわけにはいかない、と断るもホセにさっきの弓さばきを見たろ!と説得され
やっぱり仲間に。弓使いが2人になると心強いな!
でも…ドルフの送り込んだ人ってこの人っぽいんだけど…ピンポイントで現れたし…


ここでキャンプをしますがアッシュがオカリナを吹いていました。お前もオカリナを
吹くのか…時の勇者以外にもいるとはな(笑)そこへやって来るエリナ
エリナは自分が戦災孤児で、ベラスコ将軍の養女であることを明かしました。
また、拾われる前の記憶が無いとも。こういうのって大抵凄い身分だったりするよな…
一方アッシュは父親が15年前の革命戦争で敵に寝返って死亡したという不名誉な死を
遂げたことにより母親と共に辛い目に遭った、と話します。ケインの裏切り者の息子
いう言い方はここからきたんだな。母親も亡くなり、天涯孤独になったところに
クラウス団長に拾われたらしい。お互いに過去を打ち明け、更には呼び捨てでいいと
言い合う。うん、いい雰囲気だ(笑)それにしてもアッシュの父親…絶対普通にそんな
死に方をしたんじゃないよなこういうゲーム的にはさ!


次のマップは港町ポーツ!やった!街だ!買い物!!(街の楽しみ=新商品を買う
新しいの一つもNEEEEEEE!
なんだよ…武器ぐらい変わったっていいじゃん…。キースはここを訪れたことがある
みたいですが活気が無いと言います。何かあったのかな。こういうのはまず酒場。
ギルバレス島へ行くための船があるか尋ねるとレッドラムという海賊の存在が
船を近づけさせなくしてしまっていたようで…更には町の近くの砂丘魔物もいる
みたいで海も陸も敵だらけ。とりあえず酒場を出ようとするとマスターに呼び止められ
ラドー・マークスという男が船を持っていることを教えてくれました。しかし前に
弟と仲間をレッドラムに殺されてしまい酒びたりの日々を送っているらしい。

それでも船を貸してくれるか交渉するためにラドーの家へ。
酒をあおるラドーが見えますがアッシュのノックも無視。なんという居留守(笑)
しかし鍵はかかっていないのか結局アッシュらが中に入ってきちゃいました。
誰にも会いたくなかったから返事しなかった、ってのも間違っちゃいないな…(笑)
船を貸してもらえないか聞きますが死にたくなかったらやめておけと言われ、
そこをなんとか、と頼み込むアッシュ。画面が暗転し…

「全くしつけえ奴らだな。」

一体何時間交渉しているんだこいつら。


一回暗転かかるってぐらいなんだから3人がかりで色々言ったんだろうな(笑)
自分達は戦士だから海賊に遅れはとらない、と言ったところでようやくラドーが条件を
出してきました。酒場で聞いた砂丘に現れた魔物の討伐。そんな約束していいのかよ!と
ホセは焦りますがさっさと外へ出る2人。この温度差が心地良いです…(笑)


とりあえずハーブを買ったりしてから砂丘へ。デスアントというモンスターがいましたが
本体の他に触手(足?)もあり、触手は倒しても経験値が入らないみたいです。
ひとまず固まって移動しますがデスアントが移動するとデスアントを中心に盛り上がっていた
地形が一旦沈み、移動先でまた盛り上がる面白い地形変形。だが攻撃は痛い。
それでも前回の死闘を潜り抜けたのでそこまで怖くはない!とすぐに態勢を立て直し、
触手も片付けながら本体を狙いますが当たり前だけど本体硬いなー!しかも触手の攻撃で
キースがマヒってしまうハメに。結構マヒるみたいですが幸運にもキースだけで済みました。
リーンが背後をとられ死にかけたりもしましたがなんとか撃破、これでラドーとの約束は
果たせそうです。

ラドーに報告するも1日待ってほしいと言われなんで!?プレイヤーと度々同じ反応
見せてくれるホセ(笑)アッシュはそれを受け入れ、運命を呪い酒に逃げても失われた
ものは戻らない
、とラドーに告げるとその場をあとにしました。エリナとの会話を思い出すと
アッシュなりにもグレた時期があったのかもしれないなぁ。粗暴だし(笑)
翌日、ラドーは吹っ切れたのか快く船を貸してくれると言ってくれました。勿論ラドーも
仲間に。アッシュやキースと同じく戦士なので前衛が増えることに。だいぶバランス
とれてきたな!やっとメンバーが増えてきて敵にフルボッコされる心配が減ってきた(笑)
装備を買い替えてやり、いざアッシュ達は船に乗り込むのでした…。


新たに加わった仲間達。

それぞれが過去を抱える中、運命は動き出そうとしていた。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(ヴァンダル)

tb: --   cm: --

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop