風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ヴァンダル) »ヴァンダル体験記第七回

ヴァンダル体験記第七回  

ヴァンダルハーツ体験記第七回です。


背後を取られると大変危険なシステムなのでみんなでごっちゃり固まって移動することが
増えてきたヴァンダル体験記、かれこれ第七回。このままだとその内広範囲の攻撃魔法
巻き込まれそうな気もしますが、とりあえず大丈夫な内はみんなで手を繋いで頑張ります。
合言葉は、チームスピリッツ!!……それはジャストブリードのキャッチコピーだ!

前回のあらすじ:奇襲でリーダー一人撃墜

勢ぞろいで戦う場があるのかと思ったら奇襲で実力を知ることなく倒してしまい
ちょっと可哀想にも思えたクリムゾンリーダーのヒットマン、ランドー
お前のことは忘れないだろう、終盤ぐらいまでは…。刑務所襲撃へ駒を進めている
アッシュ達でしたが、一方でドルフ達は魔石の力の封印を解く指輪を探しているようで。
そこにはリーンの姿も。裏切ったかつての仲間(主にキース)と上司のドルフとの間に
揺れているようでした。見張りまで付いちゃって…なんとなく今後の展開が予想できる…!


刑務所にキースがいました。しかし囚人服というかパジャマを着せられている(笑)
いつもの鎧姿じゃないのでなんだか違和感が…というか隣のオッサン誰だよ!!
ゲニウスというぽっちゃりおじさん。刑務所で一緒になったのかな。
そんなところへ放り込まれるクレイマール伯。うわあああ生きてた!良かった!
でもボコボコになっちゃって…ハーブ要るか?クレイマール伯は魔石のことを
キースに話し、王家の指輪の行方は自分も知らないとのこと。ベラスコ将軍がおかしく
なっちゃうぐらいだったんだから本当に恐ろしいものなんだなぁ、アレ…
と、ここで誰かが来たようで…ってリーンじゃないっすかー!君は!と叫ぶキース。
リーンはキース達が明日で処刑されてしまうことを告げ、鍵束を持ってきました。
更に外に装備も出しておいたとか。そしてドルフを裏切れない自分を軽蔑してもいいから
貴方(キース)だけは生きて欲しいと言い、去ってしまいました。
うわあああこれ絶対見張りに見つかって裏切ったなリーン!ってなるよぉぉぉ…!
弓兵の数的に完全離脱は無いだろうけど今後が不安です。
ゲニウスも改めてパーティイン。ちなみにこの人が4人目の弓兵
でもサムデラさん同様初期ジョブなんだろうなぁ…弓属性で進ませる予定だけども。
また、クレイマール伯はここに残るらしい。王家の指輪が見つかるまでは殺されは
しないだろうということですが、それ逆に言ったら見つかったら利用されるだけ
利用されて殺されるんじゃ…まだまだこの人の死亡フラグは消えてくれそうに無い。

装備を整えてキースとゲニウスはエリナとアモンとも合流。おう久しぶり。
どうして鍵束を?というエリナの質問への答えはとりあえずここを脱出してから。
ゲニウス曰く、ここのガードアーマーという兵士は正面からの攻撃を完全に
防いでしまう代わりに背後から攻撃すれば一撃で倒せる極端性能だとか。
後ろから突いただけでリコピン噴火するとか前半分しか鎧を着ていないのか。

びんぼっちゃまスーツか、把握した。

とにかく今の面子では回復魔法の使い手がおらず、回復アイテムは持っているものの
人数も少ないので固まりつつ動くことに。ガードアーマーの背後をとって攻撃とは
わかっているものの、マップ自体が狭く、更に一人しか通れない狭さの通路
エリナの攻撃魔法が有効そうですがその前にアモンの飛属性ならば敵を飛び越して
背後を簡単にとれることが発覚。飛属性ってそういうことだったのか…!
全然高いところとかに移動できないと思っていたら移動力の広さに加えて敵を
飛び越すことができるっていう利点があったのか。これのおかげでラクに倒せました。
また、宝箱もドッサリありますが実はミミックも大量。しかしこちらにはインパスという
名の攻略本
があるので位置を確認してあっさりと入手。で、このマップの他の特徴は
スイッチを押すと牢屋のが開くギミック。何箇所かあるので1つずつ押して移動を
しようと思ったらまさかスイッチを押したら目の前の扉じゃなくて離れた場所の扉が
開くとは思わなかったよ…どういう捻くれた構造してやがるんだ(笑)
奥にある宝箱も手に入れたいのですが敵がやって来る上に回復アイテムに限りがあると
考えると堪える作戦も危ない…、とここでエリナにスペルバインドを使わせると
比較的簡単に麻痺させられました。魔法に弱い甲属性なのが良かったのかな。
これで宝箱も楽勝…ってもう麻痺解けた!アモン尻狙われてるぞぉぉぉぉ!

ガキーン(ガード)

こいつ…やりよる…!


あのヘタレ3年間閉じ込められてたら少しは成長したのだろうか(笑)
残りの宝箱からはスカルヘルムワンダーメイスといった装備品を入手。
装備させてみたいんですがそうならずにまさかの連戦へ。


牢屋出たー!と思ったら城壁の上にも敵いるし全然脱出できる気しない…!
ダムドスという刑務所を取り仕切る男とその部下達。思いっきり囲まれています…
とりあえず小手調べに待機したら魔法と弓の集中攻撃でゲニウスが撃沈。
もう待ち戦法やめた方がいいなぁ…いきなり死なせてゴメン、ゲニウス。
今度は全員で移動して敵の攻撃範囲から逃げる作戦。相変わらず攻撃はきますが
一部の敵の攻撃範囲からは逃れられたのであとは回復して持ちこたえるしか…!
ここでアッシュ達も到着。城壁の上から看守を蹴散らしてリコピンを浴びながらの
登場はなかなか頼もしいです。返り血浴びすぎだろうけれども。
それにしてもキースの「何と、アッシュか」という反応の薄さ(笑)3年ぶりに、
しかもアッシュは行方不明のような形で会えなくなっていたんだからもう少し喜んでも
いいじゃないか…。とにかく頼もしい援軍が来てくれたので反撃あるのみ。
エリナのバスターエンブレムで削った城壁の上の奴らはアッシュ達に、キース達と
同じエリアにいる敵も回復しながら蹴散らしていきます。しかしキース達が厳しいのは
変わらないなぁ。回復魔法城壁の上からじゃあまり届かないので城壁にくっ付く勢いで
魔法をかけてもらうしかありません(笑)そして…今まで何も言わなかったけれど

エンパイアボンバーが持ってる爆弾が
見た目と効果音含めて鉄球にしか思えないんだけど
お前なに砲丸投げしてるんだよ


爆弾を喰らうと爆発しないでガシャーン!ってSEしてるから金属チックなんだよ!
でもそれをで防ぐエリナさんマジヒロイン。また、エンパイアメイジの攻撃魔法も
かなり厄介。単体魔法で済みますが威力は高く、こちらのバスターエンブレムも魔術師と
いうわけでか威力は低め。更に削っても回復されてしまう始末。早く倒さないと
狙われているキース達が危ない…!というかどこで合流できるのこいつら!!
スイッチを踏むと一部の城壁が沈んで城壁の上に上れるように。やった!

同時にダムドスがキース達のいる方向へ歩き出す。

やめてぇぇぇそっち行かないでほら!見て見て主人公いるよ!ほら!!とアッシュを
仲間と共に前線へグイグイと出しておびき出すもダムドスの前にいるコウモリ
麻痺らされるオチ。サリアの治癒魔法が広範囲で良かった…
そしてこのマップ、またキーアイテムがありまして。ええと座標的にここだな、と
サリアを移動させて探索させるも何も無し。あれ…?確かによく見ればは何の変哲も
無いただの床。いつもならクレーター跡だったり何かありげなのだけども。
その後座標をうっかり間違えていたことが発覚、それじゃダムドス倒して残りの
プリーストがまた動かなくなってる内にアモンを向かわせるかー(ズバシャー)

作戦成功

!?

しまった…ダムドスの撃破がクリア条件だった……

【やり直し】

キース達の脱獄マップからやり直し、更にせっかく苦労して生き延びた集中砲火戦
やり直しに。しかもさっきは無事に持ち堪えられたのに今度はキースがやけに狙われ
2度もキース撃沈。うおおぉぉキースがやられたらここ作戦失敗なんだよぉぉぉ…!
しかしキースの台詞にリーンの名前が含まれていることを考えると、助けてくれたのに
こんなところですまない
、っていう意味なのかそれとも彼女自身を気にかけているのか
非常に気になります(※ガメオベラしています)というかこれリーンに怒られるべ…
3度目の挑戦。エリナの位置がまずかったと確認し、一歩退いて防御態勢に。
アッシュ達がやって来るも今度はアモンが撃墜のピンチ。うわああ危なぁぁぁぁ

ガキーン(ガード)

ア モ ン 生 存

なんなのこの弓使い共逞しい


あっさりやられるアッシュやキースとは違ってやけに火事場の自棄力が強いです、
ホセもこいつも(笑)勿論通常のガードだってそれなりにやってくれますがね…!
なんとか窮地も潜り抜け、今度はきちんとアイテムの回収に成功。
狭かったせいか出番の少なかったラドーさんがトドメを刺して刑務所陥落。


3年ぶり全員(一人除いて)合流し、無事を確かめ合うアッシュ達。
ちゃっかりサリアの隣にいるアモンが見ているだけでなんだか面白い(笑)
捕まっていた人たちも無事に解放され、クレイマール伯も脱出できたとか。
これでなんとかなったかな、再び襲撃されない限りは…。ここでホルクス爺ちゃん
ゲニウス同じ村の出身であることが発覚。ゲニウスは機械いじりが好きなようで、
帝国兵とドンパチやった結果捕まっていたんだっけな。ホルクスも魔法で鶏を
変えてしまったことがある、とかそういうゲニウスは校舎を全焼させたとか
お互いにどういう青春時代を過ごしていたんだという内容(笑)
ちなみにホルクス爺ちゃんは65歳、ゲニウスは66歳
あれ、ゲニウスの方が年上というかそんな立派な年齢だったのか(笑)
若々しい言動が多かったけど単にやんちゃなだけか!まあまあ、とホセが収め
とにかく帝国に対する第一歩は大成功。これにて3章はおしまい。

第4章「覇道を継ぐ者」

ナレーションが入り、刑務所陥落により反帝国派だった人々が奮い立って反乱を起こし、
その結果南方の解放に成功。よく見ると釘バットならぬ釘角材…(笑)
アッシュ達は反帝国勢力のパイプ役となっていたクラウス団長と会議をしていました。
エリナは父であるベラスコ将軍の死を告げられるものの、覚悟はできていましたと
健気に答えました。でも夜風に当たってきますと去る辺り泣きたかったんだろうな。
そう察知したアッシュも彼女を追おうとしますが団長に自分の力だけで乗り越えなければ
ならないこともあるのだ
、と止められてしまいました。アッシュも色々あったからか
そういうのには敏感なのかもなぁ。団長の報告によれば3分の1が帝国から解放された
らしい。刑務所陥落効果素晴らしいな…!しかし中部から北部にかけては要塞や砦が
多く、膠着状態が続きそうとのこと。その間に南部を切り捨てて隣国のパズ帝国
手を組まれてしまったら挟み撃ちに遭ってしまうという状況も考えられるらしい。
そこでドルフが持っていたあの魔石の件。王家の指輪の存在は団長もにわかには
信じがたいがと言いつつも方舟が存在した以上見過ごすことはできず、この指輪を
追うことがアッシュ達の次の目的になりました。あれ…ケイン達とカブらね…?
王家の指輪の提供者が貿易都市ケラチという街にいるそうなのでまずはそこが
最初の目的地。すると今まで黙っていたホセが気が乗らないな、と漏らしました。
どうした?とキースに問われるも何でも。と言っちゃう辺り何か隠してるな…。


東方の解放勢力と交渉をするために街を離れる団長を追いかけるアッシュ。
自分の中の裏切り者の血が団長や仲間達を裏切りの道に導いている気がする、と
珍しく弱気になっていました。どこまでも「裏切り者」という迫害を引きずっているんだな…
そんなアッシュに団長がいつかは話さなくてはならないと思っていた、と何か重大な発言が…

「おっと、いたいた!」

空気を読め、ホセ。


ホセとキースも団長の見送りに来たようでした。信頼されているんだな団長。
でも「私は…」の続きが非常に気になるよ!私が…何ですか!貴方が私の父ですか!
結局真相を知ることはできないまま、お前は間違っていない、己と仲間達を
信じるのだ
と伝える団長。それを聞いて元気を出すアッシュ。
気になるけど、いつか解明するのかな。
ここで久しぶりに街でお買い物ゲニウスの装備を見て薄々感づいていたけどやっぱり
武器防具一新されてるヒャッハアアアー!!お金も足りたし、ゲニウスも転職完了。
酒場などは次回に持ち越しです。そして、激闘の予感…


解放勢力は徐々に広まりつつある。

帝国との本格的な衝突は、目の前まで近づいていた。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(ヴァンダル)

tb: --   cm: --

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop