風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(ヴァンダル) »ヴァンダル体験記第壱拾回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ヴァンダル体験記第壱拾回  

ヴァンダルハーツ体験記第壱拾回です。


アッシュだけが使えるフェアリー○○という回復魔法。最初こそ自分にしか使えない
魔法でしたが新しい魔法になるにつれて仲間にも回復ができるように。流石は主人公
だけどロード画面とかにも出てくる割にはこの妖精何者なのか一切言及されていないので
とっても気になります(笑)バウンティソードにおけるテティス的存在ではないのかな。
一体彼女は何者なのだろうか。アッシュの父ちゃんの真実並に気になりつつも第壱拾回

前回のあらすじ:ホセ、故郷に散る

今までなんとかノーミスで連れて来たのにとうとうホセにも傷跡(MM的死亡回数)が。
唯一生き残っているのはサムデラさん魔術師なおかげであまり前線に出ないしなぁ。
ちなみにやられた回数ではキースがぶっちぎりです(笑)ごめんな…アッシュと一緒に
前線に立たせたら集中攻撃を受けてウボァーさせていることがほとんどです。
そんなキースの死亡回数はどこまで伸びるのか……期待してはいけません(笑)
王家の指輪を手に入れたもののリーンがガモーの手によって処刑されそうになっており、
指輪との交換の交渉を受けたアッシュ達。自分たちを裏切ったとはいえ助けを求める
彼女を見捨てるわけにはいかず、ダイン砦へ向かうのでした。


ダイン砦に着くと、リーンがのまま宙に浮かぶ足場に立たされていました。
下は溶岩。足場を支えているのは4本の柱から繋がっているだけ。うわぁ溶岩に落とす
処刑方法なのか…じわじわと焼けそうで怖い。リーンを見つけて叫ぶキース、よく見ると
拳をわなわなと震わせていて本気で彼女を気にかけているみたいです。約束通りに
ガモーの手下(ガイコツ剣士)に指輪を渡すもののその後ガコン、と鎖が一段階緩んで
しまいました。ちょ、おいお前やりそうな気はしていたけど……!

「おや?これはいかん。どうやら既に処刑装置は動き出してしまったようだ」

この外道ぅぅぅぅぅ!!絶対キースとリーンでフルボッコにしてやる…!
勿論ガモーは逃走。アッシュ達にできることはリーンが溶岩に沈む前に8台ある処刑装置
破壊すること。しかしモンスターもうじゃうじゃといるのでこいつらを蹴散らしながら
8ターン以内に壊さないといけなくなりました。これは魔法の出番かな。
マップ中央のリーンをてっ辺に、のような地形になっているのでから届くのかと
不安になりましたがエースガンナーになったホセとゲニウスにとって大したことは
無かったらしく、少し離れればあっさりと当ててくれました。処刑装置自体は雑魚なので
すぐに破壊できるので敵を相手にしつつ弓でこっそり壊していく作戦へ。
しかしここに出てくるアシッドゴースト飛属性な上に毒持ち。久しぶりの毒か…!
二手に分かれた内のキース側にいたものでキースが丁度移動範囲内に入ってしまい
攻撃を受け毒状態に、更に魔術師のデスジェイドに魔法を喰らって残りHP1
うおおおおお持ち堪えた……のかこれは!?毒で死ぬことってあるのかな…と思ってたら

「くそ、ここまでか…。アッシュ、リーンを頼むぞ!」

キースが血ぃ吐いて倒れおった!


攻撃を受けていないのにブシャーとリコピンが噴火する光景は実に摩訶不思議でした(笑)
リーン、これ見て泣くだろ…色んな意味で(笑)これはいくらなんでも可哀想なので
攻略のやり直し。キース側の攻撃力不足が気になったのでアッシュも追加。
もう片方のグループの前に立ちはだかるのが甲属性ゴーレムのため、エリナ以外に
ホルクス爺ちゃん攻撃魔法で参加させてみることに。戦士系はドルメンさんとラドーさんを
付けてみたものの、ラドーさん移動範囲が狭くて追いつけない(笑)頑張れラドーさん…!

しかし2回目攻略も敵ターンの動きをどうシミュレートしてもまたキースが集中攻撃を
受けてやられそうな気配。あんまりリコピンが噴火するのを見るのも嫌なのでやり直し。
3回目は順調。やっぱり戦→弓→飛3すくみは本当によく効くな…相性大事。
宝箱も回収しながらぐるりと回っていきますがさっきの攻略ではキース達に向かっていた
モンスターが到達地点の関係か人数の少ないドルメン達へ。うわあああ来るなぁぁ!
後退(しつつさりげなく追いつけなかったラドーさんを前に出す)ドルメン達に
うわあああ待てぇぇ!と慌てて追いかけるキース達。なお、バスターエンブレム
存分に使っていたら追いつけなくなったサムデラさんはのんきに宝箱を開けていた。
モンスターも全滅させ、隠しアイテムも入手。ギリギリ最後の8ターン目で処刑装置を
全て破壊してリーンを救出することができました。最後だともう足場が一部溶岩に接して
いるんだけどあっついんじゃないかなぁ、リーン…(笑)失敗した場合もどうなるのか
気になりますがリーンとキースの掛け合いで終わりそうだなぁ。


リーンを無事助けるもののどうして自分を助けたと怒っていました。指輪も見事に
取られたしなぁ。キースが前回の最後にアッシュが述べたことをそのまま伝えると
恥を曝して生きろというの?と聞くリーン。君は生きて成すべきことがある、
俺たちは力を必要としている!
と話すキースは完全に主人公

死亡回数もぶっちぎりだぜ!

その後休息をとるメンバー。ちょっと距離を置いてるサムデラさん、やはり常人とは
違う感じがするなぁ。リーンは自分のことを語り始めました。
貴族の生まれだったものの、平民よりも貧しいような名だけの家だったらしく、
それでも家族に恵まれ過ごしていたリーン。しかし革命戦争後に行われた貴族狩りによって
リーンは家族と家を奪われてしまいました。このことを新政府は隠していたそうですが
ドルメン隊長曰く、暴徒によって襲われて財産を奪われた貴族はたくさんいるそうな。
それを知りイシュタリアの平穏は血まみれの犠牲の上に成り立っていたと驚くアモン
って珍しく喋ったな!(笑)最近年長者の台詞が多くて若者達の出番が無かったもんで。

帝国はその悲劇を繰り返そうとしている。だけど指輪は奪われ、魔石もあちらに。
どうするんですか!と相変わらず弱気なアモンはやっぱり成長していない…(笑)
そこへサムデラさんがまだ手はある、と発言。頼りになるなこの人は!
電車で指輪を見た時に何かに気付いていたようですが、見たのは指輪に刻まれていた文字
古代ブラフ文字で暗号のようなもので、サムデラさんの考えが正しいならば
暗号は座標、位置はトルネー山脈中の一点を示しているとのこと。
その場所に何があるかはわからずとも、行ってみる価値はある。ということで彼らの
次の目的地はトルネー山脈になりました。うん、いきなり出てきた地名で一体どこにあるのか
さっぱりだけどもね!!!!そして4章が終わりました。

第5章「遺産」

トルネー山脈はイシュタリアの北部にあり、過酷な環境の土地。故に開拓者を阻み続けて
きた神々の住処と呼ばれてきた神秘的な場所のようです。そしてアッシュ達は船で
ここへやって来ました。船…そういえばラドーさんの船まだあったんだな。

そして指輪を手に入れた帝国軍では衝撃的な展開が。ヘルとドルフの前で裁定の炎
真の姿を見せました。といってもただ火がメラメラ揺れてるだけですが(笑)
強大な力である裁定の炎を人ごときが、それも自分のような業の深い男が手に入れるべき
ものではないのかもしれない。と自虐なのかカッコつけているのかよくわからないヘル。
一方ヘルの語りに耳を傾けつつも背後へ回るドルフ。うわ、これは……
革命戦争後の混乱ぶりからを持って民を制圧するしかないと続けるヘルに対し
笑止と答えるドルフ。驚くヘルでしたがドルフは見張りの兵士を突然斬り殺しました。
人にはそこまで存続させる価値は無い、そんな性なら滅びに任せるのが自然の理
そう言ってじわじわとヘルに近づくドルフ。そして…

「裏切り御免!」

急に江戸時代になった!!?

御免て!御免て何だよお前!!(笑)と突っ込むのはさておきヘルも惨殺。
騒ぎを聞いてやって来た兵士には先ほど斬り捨てた見張りの兵士がヘルを殺したと言い、
ヘルが死んでいるのを知りつつも医者を呼べ、と兵士を追い出しました。なんという手際の良さ。
ケインの奴、親父が死んでどうなるんだろうな…とちょっと気の毒に思いました。
とにかくこれでドルフが完全黒幕に決定。ラスボスはこの人かなー。


一方、船でトルネー山脈を目指しやって来たアッシュ達。爺ちゃんは船が苦手らしい(笑)
それをゲニウスにからかわれエリナにたしなめられるほのぼのしたシーンを見つつ
目の前にはモンスター厳しい環境ってこういう意味なのか…それともガモーが呼んだ
連中なのか。とにかく殲滅させることに。ってよく見たらリーン転職できてないし!
そもそもセーブもできていないので連戦です。また連戦かぁ。
アッシュ達はに乗っているのでまずはそこから降りてを渡り上陸するのですが
ちょっと前に出るだけでワームの攻撃とデスジェイドの魔法の餌食に。
危ねぇアッシュ死にかけた…!!移動箇所が悪かったのでやり直しを繰り返し安牌を探す
戦いが増えたなぁと思いながらもやっぱりバスターエンブレム→総攻撃が一番安定します。
ここでもは頼もしい。逆にのアモンとリーンは出番が無かった(笑)

また、船にある木箱を押して陸地にある宝箱を開けるための足場にする必要があるので
これも押しながら進めますが、これ間違えて落としたりしそうで怖いなぁ…
反対側には。これを転がして攻撃に使えますがまさか味方にも判定があるとは
思わず、爺ちゃんが蹴飛ばした岩がゲニウスアッシュを轢いてしまいました(笑)
おいまたアッシュ死にかけたぞ!!!こんなんでガメオベラしたくないよ!!
そんな馬鹿なことをしつつ敵を片付けていきますが木箱を押すのに苦戦しました。
何せがいると押せないのできちんとルートを確保しないと駄目なんだなぁ。
ちなみに木箱の上に乗ってホセが弓を引いていたんですが、その状態で木箱を押すと
木箱があった場所にホセが落ちました(笑)木箱は動かせるものの、ホセが邪魔して
木箱を押せないのには変わりないな。そんな木箱に苦戦している一方、アッシュ達は
ワームを麻痺らせて遊んでました(笑)以前より成功率が上がったなぁ。
なんとか木箱を動かして宝箱も入手。そしてワームを倒して作戦成功。


開拓村ソルボーに強制移動、そしてアッシュが十分に休息をとれよと発言。
あれ、買い物とかさせてくれないのか…。あとセーブ…。

少女の悲鳴。
女性が誰かの名前を呼んでいる。
いかん!と焦る男性の声。
お姉ちゃんと叫ぶ別の少女の声。

きゃーっ!と叫んで起きるエリナ。声入りだからこっちがビビったよ…!(笑)
同部屋のサリアも驚いて起きました。エリナが見た夢は小さい頃から何度も見ていた
夢らしく、光の裂け目が自分を呑み込むものだとか。周りにいる誰かが自分を助けて
くれようとしているんだけど…と言いますが家族っぽいなぁ。お姉ちゃんと叫んだのは
妹か弟っぽいし。そんな話を聞いてサリアは素敵な彼氏と出会う夢を見たいわ、と
あんまり深く受け止めていない様子。彼氏と聞いてエリナはアモンがそうだと思っていたと
話すと途端に顔グラが赤くなるサリア。なんだ、まんざらでもないじゃないか(笑)
こうしてガールズトークは終了。寝る流れになりましたがリーンは一体どこの部屋で…はっ!
まさかキースか!キースとなのか!きっとアッシュなら気を利かせるだろう!
余談ですが二人部屋と仮定したらアッシュ&ホセ、キース&リーン、エリナ&サリア、
ホルクス&ゲニウス、ドルメン&アモン
までは想像できたんだけどラドーさんとサムデラさん
コンビって全然想像つかないよ…(笑)とかそんなことはさておき、エリナには何か隠された
秘密がありそうです。実はこれ過去の話じゃなくて未来だったりして…?それは無いか。

翌日、ようやく自由に動けるようになったのでまずはリーンの転職。飛属性の最上位、
スカイロードへ。これで全員最高クラスになったなぁ。あ、アッシュのヴァンダリアンがまだか。
買い物も新しいの来いよ!と突撃したら全然変わってないんだけど開拓村だからか!
こうなると今回進めたマップで入手した非売品の防具が役立ちます。まずは死んだら終わりの
アッシュだな。あとはリーンに渡しておく。人が住んでいる地域はここまで。
ここから先は神の住まう土地。そんな土地に足を踏み入れてもいいのだろうかと酒場の客に
言われながらもアッシュ達はトルネー山脈を目指すのでした。


とうとう動き出したドルフ。

一方アッシュ達は一縷の望みを託して神々の住処へ。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(ヴァンダル)

tb: --   cm: --

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。