風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ヴァンダル) »ヴァンダル体験記第壱拾五回

ヴァンダル体験記第壱拾五回  

ヴァンダルハーツ体験記第壱拾五回です。


ヴァンダルハーツはコナミの作品ですが、細かく分けるとKCE東京の作品。
ウイイレとかときメモが親戚らしいよ!(ウィキペディア参照)そしてゴエモン
大阪なのでそちらとはまた別なんだなぁ。SSに移植したのは名古屋の方らしい。
SSだと前回の冒頭文のように追加要素があったりおまけがあるらしいんですが
ただ色んなゲームのレビューを聞いていると名古屋の方はアレなものが多いらしく…
一体SS版ヴァンダルはどうなっちゃっているんだろうか。

前回のあらすじ:導師も若島津

別にでやー!は色んな人が言いそうな気がするけれどもね!!究極クラス、ヴァンダリアン
なるための試練を5つこなしたアッシュ達。残る1つはもう少し進む必要があるので
シナリオに戻ります。リィナを連れてヴァンダルハーツの封印を解くため、オロイ湖へ。


湖なので一部陸地があるだけでほとんどが水辺。リィナが呪文を唱えると突然ザバーッと
通路とスイッチが繋がったような足場が上がってきました。あのスイッチ…明らかに
怪しいな。しかも通路はお一人様専用の狭さ。また渋滞が起こりそうです(笑)
更には神殿の入口も出てきましたが同時に前回戦ったガーディアンが現れました。
うおぉうもう再会か(笑)召喚された魔物というわけではなく、あくまで導きを請う者へ
その資格があるのか確かめるための存在の様子。名前的にもそりゃそうか…。
今までリィナは戦場ので避難していましたが今回はNPCとして参加。
スイッチに乗って新たな道を作る必要があり、彼女を守りながら進んでいきます。
NPCといえばクラウス団長だなぁ…勝手に飛び込んで勝手に離脱したのを思い出す(笑)
今回は道が狭いのでこの人数で道を埋め尽くして誘導とかできそうかな。

試練ではLVがアッシュと同じだったのでLV29でしたが今回はLV25
急に弱くなった感じがします(笑)でもそのLV差により敵の攻撃→カウンターで
倒す→また奥の敵が攻撃→カウンターで倒す→また以下略
という流れになってしまい
アッシュの残りHPがという恐ろしい数値になる事態が勃発。
こ、ここで死にたくはなかったよ…!近辺の敵を全滅させたところでリィナを
スイッチへ移動させ、また呪文を唱えて新たな陸地を出現させました。

同時にガーディアンも水の奥底から見参。

こいつら機械人形っぽいけど大丈夫なんだろうか…。のガーディアンもいるので
さっさと倒そうとホセに攻撃させますがガードされてしまいカウンターを喰らう始末。
おいおい前回の好調っぷりはどこへ。しょうがないのでゲニウスもお手伝い。
宝箱も回収しつつ更に道をつくってもらい、入口付近のガーディアンも倒すべく
再び弓を引くホセ。しかしまた攻撃が弾かれる不調ぶりに嫌なフラグが…
とりあえずガーディアンはリィナを狙うことなくこちらを狙ってきていたので
再度攻撃して倒し、宝箱も全部回収できたところでリィナが神殿の入り口に立ちクリア。


神殿の中に入ると、青いバリアに包まれた剣、ヴァンダルハーツが差さっていました。
あとはこれの封印を解いてもらえば…!封印を解くようリィナに話すサムデラさん
すっかりメンバーの最年長で頼れるお人。流石は349歳で(笑)
ところがガモーが突然乱入。まだ倒していなかったかこのおっさん。
最近クリムゾンリーダーをバカスカと倒していたから影が薄くなってきてるよね(笑)
アッシュ達を追っていたらしく、ヴァンダルハーツの力にも興味があるようですが
裁定の炎の力と相殺されては困ると言い出します。サムデラさんが叱るももはや
師匠の言葉に耳を貸すつもりなんか無いらしく、しかも自分の魔力だけで次元の歪み
つくりあげる魔法を体得していました。うわぁあの異世界に飛んだアレかぁ…!
ガモーが身体を震わせるといくつもの魔方陣が浮かび、歪みが出現。
それをリィナにぶつけて異世界へ飛ばすようです。ってお前ら動けよ!!!
リィナを助けようと身を乗り出すエリナ。それをいかん、エリナ!と止めるアッシュ。
エリナはリィナの名前を何度も呼び、リィナもお姉ちゃーん!と叫んで歪みに吸い込まれて
しまいました。ああ、これがエリナの見た夢の真実だったんだ…まさかいかん
叫んでいたのがアッシュで、お姉ちゃんと叫んでいたのが自分自身だったとは…。
ブラフの民最後の生存者、リィナがいなくなったことによりヴァンダルハーツの封印
誰にも解くことができなくなり、満足したガモーはまたテレポート。こいつ、いつになったら
ガチンコ勝負できるのかな。ラドーさんで一撃必殺してみたいわ。
それにしてもざまぁ!みたいなこと言ってるのに皆していなくなったリィナの方向
見ているのが地味に笑える。ガモーの台詞よりリィナの心配が上のようです(笑)

策が尽きてしまい落ち込むアッシュ達。ところがエリナが突然そんな事は無いと言い出します。
不思議そうに見つめるアッシュにエリナは私がリィナでリィナが私、と話し記憶
戻ったと話しました。さっきの一連の流れで取り戻せたのかな。
あのリィナは18年前の世界に飛ばされ、廃墟の町を彷徨いベラスコ将軍に拾われる…
つまり、リィナ=エリナの幼い頃でした。あの時に渡したペンダントもそのまま
身に付けていくんだろうな。なんだか無限ループっぽい感じもするけど、
タイムパラドックスは考えないでおくことにします。
とにかく、エリナは自分がブラフの民であることを思い出したので封印を解くことが
できる、と呪文を唱えだします。封印が解かれたヴァンダルハーツに触れるアッシュ。
だ、大丈夫かな…迷いがあると大変なことになるんだろ??でも全身に力がみなぎる、と
前向きな様子なのでとりあえずは大丈夫みたいです。この戦いが終わった頃こいつは
一体どうなるんだろうか…。この剣に負けなけりゃいいんだけど。


5章が終わり第6章の始まり。ヴァンダルハーツに映るアッシュってさりげなく
レアだな…敵サイドは結構顔を出していたけどアッシュ側はほとんど出てこないもんで。
ヴァンダルハーツを手に入れたアッシュ達は解放軍の攻勢に呼応するべく、
首都シュメリアを目指します。1章以来だな、こうしてみると長い道のりだったと
感じさせられます。一方帝国ヘルを失いパニックになっている中とうとうドルフ
本性を見せ始めたとか…。炎をバックに映るドルフ。これは…下種な顔やでぇ……。

第6章「愚者の墓碑銘」

遂に最終章か…なんだかんだで現在第壱拾五回17,8ぐらいで終わるかな。
始まりはグラスゴーの町。今回は連戦じゃないんだな。お店へ行けば久々の武具新調
でも結構なお値段なのでこれ全員分ちゃんと揃うかな…ちなみにアッシュの武器は
ヴァンダルハーツになっていました。勿論新しい武器なんぞ要りません。
さっきのマップで手に入れたゴールデンアックス(装備はできるけどすごく弱く、
換金用といった方が正しい)を売ったり、魔術師達は変えなくていいやと
妥協しつつなんとか全員の装備を買い換えられました。更には酒場にいる謎の男に
長年待ち望んだ者か?と言われキーオブヘブンを受け取りました。
ここに来るまでに5つのプリズムを持っていないともらえないのか。
これで最後の試練を受けることができます。装備は新調できたし、あとは回復アイテム
持たせますがマジックストーンも持たせることに。魔法がとにかく強いゲームなので
エリナとサムデラさんのMPを補給する意味で必要になりそうなので。


6度目のでやぁぁぁぁぁぁーっ!!!を聞いてキーオブヘブンの試練。
敵はなんとズーダムドスランドーダロスカーツサビーネ!以前戦って
倒した相手です。しかも何故か分身している(笑)クローンか?と思ったら

残念、ゾンビだ。

うあわぁぁ顔色悪いし白目剥いたり舌垂れてたり散々だぁぁぁ!!
地形は横2マス階段を長く上り下りするもの。こりゃにいる間はラクだけど上り
敵対するのは厳しそうかな…恒例の魔法弓トドメ作戦で行く他無さそうです。
ズーとかホント懐かしいな、まさか3回も戦うことになるなんて(笑)
でもラドーさんに一撃必殺されちゃってる辺りウンババの牙(笑)です。
そういえばランドーカーツ一度も攻撃させずに倒してしまっていたのでここで
初めて奴らの攻撃を目の当たりにしました。カーツはサウザンドダガーという魔法で
攻撃してくるんだな。(サリアと同じ)らしく魔法も使えるよ!アピールか。
でもダムドスの攻撃の方が強烈。流石は甲属性。でもサラマンダー×2で半分ぐらい
削れるのであとは怯まずに飛び出したホーク組で撃破。1グループ倒すと奥の奴らが
動き出したので慌てて階段のを陣取り。これで上から思いっきりを放てるな!
また、段差による補正もつくのでこちらが上にいるのは有利。ランドーより強い
サビーネや攻撃魔法を使ってくるネクロマンサーもやってきますが弓を思い知れー!

カキーン

ホセェェェェェェ!!!!!

ホントに今日は調子悪いな!何回攻撃ガードされてるんだよ!ああもう、と
ゲニウスにも撃たせますがやはり一撃では倒せず。あんまりガードさせてると
ルーンアローをゲニウスに渡すからな!!飛と戦をフル稼働させて蹴散らし、
最後の上り階段へ。上りなので不利だろうとは思いましたが例によってまたMP
温存(+回復)させていたスペルマスターのサラマンダーで削り取って
ここいらのも全滅。残るはイビルスタチューという石像のモンスター。
こいつも序盤にいた奴(村人が操られていた村の石像)だなぁ。使用魔法とか
懐かしいわ!(笑)こいつらの背後に宝箱があり、これを回収してから倒せばクリア。
なので…またLV上げ開始するよ!!!!!そろそろ終わりにしないと、とか
思ってるのについ、な!(笑)魔法は単体なのでホルクス爺ちゃんをわざと出して
魔法を喰らい、引っ込んでみんなでハイハーブLVの関係かしか回復しない
一体どこがハイなんだという謎の現象を目の当たりにしつつ全員31~33
石像は動くことができないのでMPが尽きればただの像。LV上げが済んだので
宝箱を回収、最後のプリズムを手に入れたので石像を破壊して試練終了。


このヘブンプリズムをアッシュに持たせるといよいよヴァンダリアンに転職することが
できます。フェダーインは属性でしたがヴァンダリアンはまさかの
異様にストレートなのがかえって清々しいぐらいです(笑)
そ、それじゃ…転職するぞ……!!ファンファーレと共に画面が白くなり…

!?

そこにいたのは金色の鎧に身を包んだアッシュ。ただを被ったことにより顔の
上半分が隠れ、更に構えも片足を前に出す今までの両足で踏ん張っていた感じとは
違うポーズ。これは…これは…ちょっとだせぇな!!!(笑)神様だっせぇ!!
アーマーで顔が隠れているラドーさんだって顔グラ上半分だけは素顔を出して
くれていたし、戦闘以外だと兜を外していたんですがこのヴァンダリアン顔グラでも
兜を被って表情を見せてくれません。これが神様なのか…アッシュ、神様になったのか…

遠いところに行っちまったんだなぁ……。

表情が見えないとなんだかどんな感情を持っているのかわかりにくそうだもんな。
あの寂しそうな表情が印象的だったためにもう素顔が見られないと思うと残念ですが

能力値を見て鼻水が出た。

フェダーインよりHP70近く増え、攻撃力防御力も他の追随を許さない強化っぷり。
更に装備も転職時に変えられ、ヴァンダルハーツがいきなり強化されてました(笑)
ノーマルヴァンダルハーツ、1回きりの出番かよ!!それにしても主人公が主人公を
超越した何か
になったな…これは頼もしくて仲間の影が薄れそう(笑)


時は来たり、と狂気の牙を剥いたドルフ

となったアッシュは彼の野望を止めることができるのか。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(ヴァンダル)

tb: --   cm: --

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop