風林ノ草庵 ホーム » 体験記(ヴァンダル) »ヴァンダル体験記第壱拾七回

ヴァンダル体験記第壱拾七回  

ヴァンダルハーツ体験記第壱拾七回です。
※ED内容含みますのでご注意下さい!!


最終局面に入るとテンションが上がって一挙2回更新をやらかすのはある意味日常茶飯事
やたらデザインのダサさをネタにされるヴァンダリアンですが、その性能はまさしくチート
全ての魔法・アイテムを使用できる他、真正面からの攻撃を必ずガード、そして…

背後から攻撃すると必ずクリティカルが出て一撃必殺になる。

おい…なんだこれ。不意打ち推奨なのかよ神様ぁぁぁー!!(笑)
そんな神様になった主人公とその仲間達がお送りするリコピン大噴火ゲーのヴァンダルハーツ、
いよいよ最終回です。最後までリコピンは元気良く噴火しているよ!

前回のあらすじ:一瞬ダークヒーロー

ヒーロー(初期ジョブ)の黒ずんだ姿はまさしくダークヒーローという表現がふさわしい…
ケインとの決着を済ませるも引きずっていた裏切り者の息子という過去がヴァンダルハーツに
よって暗黒面を増幅させられ危うく人間をやめそうだったアッシュ。しかし団長の捨て身の
説得とエリナの説法によりなんとか立ち直ってくれました。そして、かなり久しぶりに
首都シュメリアへ戻ってきたのでした。


町に入るといきなり魔物に斬られて殺されていくクリムゾン兵。あ、あのクリムゾン兵が…
逃げてきた兵に話を聞くと、ドルフが3日前に裁定の炎を使って反乱軍を倒す儀式
するために大聖堂に入り、それから魔物が現れて防衛部隊が全滅してしまったらしい。
サムデラさんによれば裁定の炎が負の意思により力を発動しようとしているそうで、
それに異世界の魔物が引き寄せられているとか。と、ここにやっとガモーが。
ガモーはあくまで力の果てを知りたい、と純粋に力を求めておりいよいよここで
戦うみたいです。こいつにも色々世話になったなー。リーンが釜茹でにされかけたり
ツバ吐くモンスター召喚したり…とうとう仕返しをする時が来たか(笑)
敵は初見がほとんど。サラマンダーの強化版なのかバハムートという竜(飛)や、
デーモンナイト(戦)、ギガント(甲、弓)と全体的に揃っています。
とりあえずで撃ち落とすに限るのでホセとゲニウスに任せ、あとは近づいてきた
ところをサラマンダーで削って倒すのが定石かな。大事な基礎です(笑)

ターンが進むと、ドルメンチームの会話が。命を賭けてでも勝たなくちゃと話す
アモンに戦うのは生きるため、死んで目的を果たしては意味が無いと答える
隊長は流石だわ…。更にアンタに死なれたら困るわ、とサリアが一言。
それってもしかして、となんだか凄く嬉しそうなアモン(笑)戦いを終えたら…な
感じだな。このトリオいいなぁ…ドルメン隊長が父ちゃんみたいだ(笑)
一方キースもリーンに対しこの戦いが終わったら…死亡フラグのテンプレ
死亡回数ぶっちぎりトップのキースが言うと実現されそうで怖い(笑)
でも聞こえなかったわ、とスルーするリーン。でも死ぬなよ、と言い直せば
それはちゃんと聞こえてるみたいです。リーン…ツンデレなのか??

ガモーの魔法はやはり強力で、ラドーさんが危うく死ぬところだった…!
もうこれ以上やられたくはないなー、ということでアッシュがズンズンと近づき…

後ろから一撃必殺。
※プレイ時この特性は知りませんでした。

ガモーは仮面みたいなのを付けていたのですが、決着時にはそれが割れて素顔
少しだけ見えました。サムデラさんと同じ褐色肌…同郷だったのだろうか。
そしてルーンワンドをもらいました。※尚、装備させるのを忘れています


後はドルフが立て篭もっている大聖堂に突入するだけなのですが、引き返すことも
できるので勿論引き返してセーブ回復アイテムとか買っておかないとな!!
それにしても最終章のせいかお金が物凄く手に入ります(笑)装備が買えなかったら
かなり厳しいものな…LV上げマップも無いし、これしか方法が無いか。
HPMP全快ライフオーブ全体回復ができるソウルウォーターなどを準備し
いよいよ最終決戦へ。LV…今までの戦いから見るに上げすぎ感があるけど
ここまで来るとどうなるかわからないなぁ。


大聖堂に突入すると、ドルフの他に外にいた魔物がズラリ。イシュタリア全土を
死滅させるつもりなのか、とアッシュが問うとドルフはこの野望が父アレス
復讐であることを話しました。お、お前アレスの息子だったの…!?
言われてみれば団長の回想でアッシュの父ちゃんと一緒にいたあのアレス、
確かにドルフと同じ黒髪ストレートだったけど…。アレスは革命戦争後に欲に目が
眩んだ民衆によって殺された
のだと衝撃的な事実を告げられました。
団長がアッシュの父ちゃんを殺した後だったのだろうか…あの辺の出来事を全て
うやむやにされて隠された、そんな国民に復讐をしようとしていたのでした。
それがたとえ世界を滅ぼすことになっても、罪深い生き物など浄化されて
しかるべきなのだと。この辺はヘルを暗殺する時に話していたことと同じだな。

片や裏切り者の息子と呼ばれつつも必死に生き抜いたアッシュ。

片や裏切り者として嵌められ復讐を誓ったドルフ。


近いようで、遠い現在に至ったんだな、この二人は…。
アッシュはたとえ苦しみに満ち、悪行が蔓延しようともこの世界は生きるに値する
善と悪愛と憎悪、色んな矛盾を抱える人間でも見捨てることができないと反論。

「俺はこの世に、見切りをつけたりはしない!」

以上、神様のお言葉でした。

とか言いたくなるぐらいお前カッコイイこと言いやがって…!迫害された過去が
ありながらもそれを受け入れたか!ならば私を倒して世界を守ってみせよ!と
ドルフも臨戦態勢へ。…ってあれ、最終決戦の割にBGM専用じゃないのか。
それともこのに何かあるのか…いや攻略サイトさんで隠しアイテムの情報を得た際に
ここで最後と確認できているんだけどな。ラスボス曲が無いとちょっと寂しい(笑)
敵の数が多いのでここは神様の本領発揮とさせてもらおうかな…
前回ブラックナイトになったケインが使った全体攻撃魔法「プラズマウェーブ」
これを2ターンに渡ってぶちかまし、更にサラマンダー×2という怒涛の攻撃。
このゲームは魔法が一番強いんだなぁとしみじみと感じられました(笑)
残るはドルフのみになりましたが武器が無いのが気になる…素手なのかな。
それとも魔法?でも回復魔法しか持ってないし、魔物を召喚してくるのか…等など
色んな想像をしていましたがLV35のヴァンダリアンHPを残してやるという
優しさはありませんでした(笑)これで倒したのかと思いきや変身
ダークエンジェルという聖属性になりました。尚、天使とかいいつつ飛んでません(笑)
飛んでたらホセとゲニウスが喜んで矢を放ちに行くよ!!のアッシュに対して
のドルフ。なんか似てる気がするんだけどやっぱりどこか違う気もする。
変身したドルフは攻撃魔法を使ってきますが爺ちゃんの魔法で一発修復。
ここまでのようだな、ドルフ…。これで終わりだぁー!!
ドルフを倒すと作戦成功と共に受け取るお金。やめて!!次があるの!?


横たわるドルフ。父を呼ぶのはやはり復讐を遂げられず悔やんでいるからなのかな。
父親の無念を晴らそうとした気持ちはわかる、とアッシュが言うと説得力あるわ…
ドルフほどの才能を持った人間ならばやり直せる、罪を贖う方法はあるはずだと。
しかしドルフは自分が手を下そうとする前から既にこの国は崩壊していた、と
その通りな一言。初回から腐ってる光景丸出しだったからなぁ…
ドルフは最後に自分の裁定の炎に食わせ、力を発動させてしまいました。
うわああああラスダンはクリアしたら崩壊するのがお約束だけど規模がデカすぎる!!!
このままでは創世記に書かれていた世界崩壊の二の舞。そこでアッシュは裁定の炎に
唯一対抗できるヴァンダルハーツで砕こうと試みました。危険だと告げるサムデラさんにも
一か八かこの剣に賭けます、と主人公らしい勇気ある行動。

「でやぁぁぁぁーっ!」

お前も若島津か!!!!

膨張する裁定の炎に飛び込むアッシュ。次元の歪みが見えた直後。画面は光で
埋め尽くされてしまいました。光が収まると同時に歪みも徐々に小さくなり、
裁定の炎の力は消え去りました。しかし…アッシュの姿は見えず
膝をつき戻ってきて!と叫ぶエリナ。アッシュはそれきり、戻りませんでした。






































ヘルやドルフといった権力者を失い既に崩壊していた帝国軍は解放軍によって
あっさりと解体されました。再び民主国家として歩き出したイシュタリア。
しかし帝国が統治していた頃の傷は深く、有力な指導者も大粛清によって死亡しており
新政府の旗揚げは難航。今も町外れや街道では盗賊が横行し汚職政治家も後を絶たず…
結局、動乱前とさほど変わらなかったというアッシュ達の頑張りはどこへ…な締め方。
一時的な平和でもいい、と戦いに身を投げたアッシュ。最後には自分の身を破滅の剣
共に投げ込んで…こんな終わり方で良かったのかなぁ…。

でも、たとえ回り道をしても、自分達の未来は自分達で変えていかなければならない。
その努力を怠った時、再び帝国の悪夢が蘇るのだろう。


ヤドランカ氏の歌う異国の言葉の悲しみを燃やしてが凄くマッチする…なにこれ切ない。
ホセ達のイラストが現れ、最後にアッシュが出て遠くに去るのがまた悲しいわ…
そしてかつての仲間達もそれぞれの道を歩んでいくことに。
スタッフロールを流しながら仲間達のその後が伝えられました。


ドルメン隊長政界に転じて再建に力を入れているとか。人格者だもの、きっといい
政治家になっているよね…!

リーンはキースと一緒になるかと思いきや一人に出てしまったとか…。
あ、あれぇぇぇキース、フラれたのか!?フラグ折られたのか!?

キースはアッシュの代わりに警備兵団の隊長となり、リーンを待っているらしい。
イラストだと手紙を持っているし、実はちゃんと約束があるっぽい。
なんだよこいつら…ちくしょうちゃんと再会して幸せになれよぉぉ!!

ホセは約束通り全てを終わらせて故郷のケラチへ戻り、商会を継ぐために
あの親父に商会の知識を叩き込まれているとか。顔がどことなく嫌そうなんだけど
大丈夫か?(笑)あんまり頭使うの得意じゃなさそうだしなぁ…

アモンは除隊してゲニウスの弟子となり機械職人になったらしい。元々弱気
戦いには不向きだったろうしなぁ。弓使い同士で気があったんだろうか(笑)

サリアも除隊してパン屋に勤めるように。時々機械工房を覗いているようなので
二人の仲は進展しているようで(笑)二人ともあんだけ戦えばもう戦争はこりごりだと
思ったのかなぁ。隊長も引退したわけだし…

ラドーさん船乗りに戻り、サムデラさんと共に世界を渡っているとか。
サムデラさんは古代遺跡の研究がしたいそうで。気は合う……のか?(笑)
サムデラさん、現世でこれからきちんと歳とれるのかな。であれば良かったね。

ホルクス爺ちゃんはラドーさんから来る手紙についている切手のコレクションが
増えてホクホクらしい(笑)そんな趣味があったのか爺ちゃん…!

家にいる、という書き方でここまでの語りがエリナ視点だったことがわかります。
でもゲニウスがどうしたのかがわからないんだが(笑)アモンを弟子にとって
機械いじりしてるのは予想できるけどが出てこないのがなんだか寂しい。


…と、今までの語りを記していたエリナ。エリナ自身はただ日々が過ぎていくだけで
何も無い様子。そんな静かな部屋の遠くから聴こえたのはオカリナの音

何より、目の前で奏でてくれたあの旋律

エリナはすぐに戸を開けます。そして外にいる「彼」に…

「…ずっと…ずっと待っていたのよ…。おかえりなさい!!」

ヴァンダルハーツ END

うおおぉぉ最後のシーンにグッとくるEDでした…!結局ハッピーエンドとは
ならないのがある意味現実的な感じでしたがそれぞれの行く道は暗く無さそうで、
何より最後にアッシュが戻ってきたのは嬉しかったです。正直死にそうだったもんな…
ちなみにフェダーインヴァンダリアンかでEDが少しだけ異なるという情報も
聞いたことがあるんですが、実際変わるのはEND画面の絵と最後に英文メッセージ
画像が出るぐらいだそうで。アッシュの生還に関わるわけじゃないんだなぁ。

最初は血飛沫にビビり、戦略に失敗して味方の死にビビり、やがてマップを攻略できるのか
ビクビクしながら手を凍えさせながら挑んでいたのですがLV上げができてからは
だいぶラクになったのが事実です(笑)やっぱりLV上げは大事だよ…
ヴァンダリアンのプラズマウェーブ無双はやりすぎたけど(笑)
それでは最後にメンバーのLVと死亡回数をば。

アッシュ:(神)ヴァンダリアン、LV35、死亡回数2回
キース:(戦)ソードマスター、LV33、死亡回数9回
ホセ:(弓)エースガンナー、LV33、死亡回数3回
エリナ:(魔)スペルマスター、LV34、死亡回数3回
ホルクス:(聖)メシア、LV37、死亡回数1回
リーン:(飛)スカイロード、LV34、死亡回数2回
ラドー:(甲)ヘビーアーマー、LV32、死亡回数1回
ドルメン:(戦)ソードマスター、LV34、死亡回数2回
アモン:(飛)スカイロード、LV34、死亡回数6回
サリア:(武)ゴッドハンド、LV36、死亡回数2回
サムデラ:(魔)スペルマスター、LV34、死亡回数0回
ゲニウス:(弓)エースガンナー、LV32、死亡回数3回

キースがぶっちぎりでやられてました(笑)アモンも主にの餌食で…
サムデラさんだけが唯一死亡回数ゼロでした。


次回作はまだ未定ですが一応候補は絞っております。また次の体験記も楽しみにして
いただければ幸いです。長い戦いでしたがここまでご覧下さりありがとうございました!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の体験記へ

category: 体験記(ヴァンダル)

tb: --   cm: --

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop