風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(エナブレ) »エナブレ体験記第壱回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エナブレ体験記第壱回  

エナジーブレイカー体験記第壱回です。


過去のトラウマを払拭する戦いでもあったヴァンダルハーツに引き続き選んだのは同じく
SLGのシステムを持つSFCの「エナジーブレイカー」。中学生時代に友人から借りて
遊んだことがあるんですが基本システムがわからない(※例によって説明書が無い)、
そして当時は自覚していなかったであろうSLGのセンスの無さで途中で詰んでしまい
結局クリアできないまま返すことになった苦い思い出の作品です。かれこれ10数年経って
いるためシナリオも何もかも忘れているので新鮮に楽しめそうです(笑)
果たしてヴァンダルハーツで学んだSLGの知識は生かされるのか…


ニューゲームを選ぶと水晶玉を持つ女性の一枚絵がドドンと。女性は誰かを呼んでおり、
それに答えたのが主人公らしき少女。輝皇妃セルフィアと名乗った女性に名前を問われ、
デフォルト名であろう「マイラ」と返事をしてみる。

「マイラなのね!」
>そうよ!
>違うみたい……


自分の名前に自信が無い主人公。
自由に付けられるからこそのこんな選択肢(笑)私の所に来て!ととにかく言うセルフィア
ですが一体どこへ行けばいいんだろう。…と、ベッドから身を起こすマイラ。
どうやら今までのはだった様子。部屋にいた女性、アイリンから街にやって来た占い師
占いがとても当たると評判であることを教えられました。そもそもなんで寝ている部屋
いるんだとかその辺は突っ込んではいけないんだろうなぁ…(笑)
そしていきなりアイリンにあなたは誰?ととぼけた一言。夢の中のマイラは記憶が無い
らしいけれど、つまりこうして起きているマイラにはきちんと記憶があるのかな。
なんだかその辺がよくわからないけれども普通に記憶喪失ってことでいいような…?
朝食の用意ができてるからね、と言い残しアイリンは退室。着替えてから、と言ったので
タンスを調べてみるとライトドレスを入手。そ、装備できるのかいきなり(笑)
他にもあちこち調べるとアイテムが手に入るのでこのゲームは「調べる」推奨ゲーか!
いきなり腕力の素(攻撃力アップ)が出てくるのには驚いた(笑)

また、人に話しかける際も態度の変更を変えることができますが確かこれはほとんど意味は
無い
ってどこかで見たなぁ…(笑)ただ特定の単語キーワードとして質問することが
できるのはFF2を彷彿とさせます。これを使って情報を聞き出したりできそうかな。
飯を食うべく下の階へ降りるもルナルド博士という爺ちゃんに飯を食われる悲劇…
お爺ちゃん、ご飯はついさっき食べたでしょう!?ネタかと思いきや単に美味しそうだったから
つい
、というそれただの食い逃げですからあああ!結局うやむやにされて逃げられる。
いきなり朝飯を食べ損ねるとはキツいな…!(精神的に)ルナルドが置いていったチラシ
部屋を出た際に掲示板でも確認しましたが、用心棒を募っている内容でした。
ルナルド博士が向かったのは風の森。曰く行ったら戻って来られないとか…マイラは
興味深げでしたがとりあえず占いに行こうということに。


宿を出ても探索は忘れずに。すると建物の裏からブーツリングなど装備品がゴロゴロ。
やべぇこのゲーム絶対探索しておかないと…こんな便利なアイテムを取り逃がすわけには!
その中のアイテム、ミレリアの翼とは何ぞ?と使ってみるとなんだか勢いのある音楽と共に
フィールドマップ。あ、これキメラの翼系統だわ。それじゃ移動はキャンセル……

キャンセル 不 可 。

いきなりアイテムを無駄遣いする不安な出だし。
いやキャンセル何だったの…どこか押せば良かったの…??しかも色々とアイテムが手に入る
割にアイテム欄が限られており、何か重要アイテムらしい秘伝書は捨てられないし…
宝箱はとりあえず入手を諦めて閉めてくれるのはありがたい。アイテムを整理できたらまた
拾いに戻ればいいかな。こっそり武器屋でを装備してみたりしながらやっと占い屋へ。

噂通りのお客さんの数で、丁度占ってもらっていたある老人と幼い兄妹。兄妹の両親
捜してもらいたかったようで、マイラに突然選択肢が。とりあえず元気を出してもらおうと
きっと見つかるよなんて言ってみたらその背後で占い師が残念ですが、もう…
絶望の一言。うわぁこっちがテキトーにほざいたみたいじゃないか…
占い師、セルフィーパパとママは遠いお空から見守ってるよ、と兄妹に話しかけ、
老人は二人を連れて退場。するとセルフィーが突然マイラの名前を言い当てました。
マイラだと確認すると大事なお客様が来たので店じまいにすると言い出しマイラだけを残し
お客さんを追い出してしまいました。マイラを知っているらしいこの女性、どうやら夢の中
マイラを知っている様子。木の箱の上にジャンプしてもらい(段差があるのでジャンプ
アクション
があります)、占いを試みるセルフィー。夢の中に出てくるのはいつも自分、
そんな夢を見続けている…しかしそれ以上は何も見えなかったらしい。
マイラは自分が何者なのかわからない、と。そこまでお見通しのセルフィーはタンスを漁り
何かをマイラに渡そうとしましたが、何かに躓いて転んでしまいました。
マイラの選択肢から目が見えない様子。光の無い生活にまだ慣れていない、と話しますが
街に来る時に怪我をしていたって話と何か関係があるのかな。
受け取ったのは「輝きのエメラルド」。何かあったらこの珠に語りかけてみろとの
ことですがイベントアイテムなのかな。セルフィーともう少し会話をしてみると、
セルフィーはマイラに「彼」と同じ匂いを感じたらしい。その「彼」は風の樹界エルトワ
向かったそうで。青い髪の男、その名は疾風の将「レオン」パッケージで手前にいたから
パッと見この人が主人公に見える奴か(笑)彼に会えば何か手がかりが得られるかもと
教えられたので次の目的地は風の樹界に決定。……で、ここでふと思った。

セーブができない

誰かに話しかけるのか、アイテムを使うのか、メニュー画面にあるのかどこだー!!と
あちこち押したらスタートボタン環境設定画面。ここでセーブができるみたいです。
また、キーコンフィングサウンドテストなどもある様子。


風の樹界エルトワに到着し、早速宝箱を開けると輝く緑色の石。風のエナジーの上限
上げるということですがこれに関しては後述にて。少し進むとルナルド博士が何かを
探していました。また、ガリバーというロボットも連れていました。ロボ…かな。
後を追おうとしたらの吹き出しが出てコウモリのモンスターが出現。
このゲームの戦闘はSLG。味方の全滅数ターン経過などが敗北条件なので
とりあえずやられないように先手必勝、移動してみますがまだ動けるようなので真正面よりは
横だよな、とサイドアタック。行動が選択できなくなったところでターン終了
敵ターンで敵の攻撃が来ますが反撃で撃破。なんだろう、真正面の場合だけ反撃が
できるのかな。LVが上がりまた上限アップの選択。これがだった気がする…
秘伝書で確認できる技は地水火風のエナジーの数値によって覚える(+使用する)ことが
できるので、技を使えるようにエナジーの上限を上げていくことが大事みたいです。
というわけで秘伝書1で見たエルビーを覚えるためにをアップ。これで水がになって
覚えられる…はずだけど何も起こらない。あれ、どうやったら覚えるんだっけかなぁ?

戦闘が終わり博士の後を追うといきなり警戒心むき出しの博士が。おいおい酷いなぁ…
スーパーロボットのガリバーを呼びお仕置きを命令。まさかのスーパー系が敵か!
いきなり飛んでくるガリバー。しかし攻撃はできないらしい。その代わりどんな攻撃も
全く喰らわないというスーパーアーマーを装着している様子。ということは…
ぴょんと段差を降りて博士目掛けて突撃。こうなりゃあの爺さんを叩くしかあるめぇ!
すると向こうも近づいてきて接近戦へ。人の朝飯食べたくせに!とボコスカ叩いていくと
負けを認めた博士。会話が始まったので話しかけると何を考えているのかわかる機械
使い町長へ立候補しろだと!?とわけのわからん判定を出す博士に振り回されるマイラ。
とりあえずもう一回ぶん殴ってもいいと思うな!チラシを見せてようやく目的を伝えると
覚悟はあるのじゃな?と今更な確認。こうしてルナルド博士とガリバー君が仲間に。
博士が仲間になったのでアイテムを預けられる!助かった!!!(笑)博士のエナジーの
振り分けはやっぱりマイラとは違うな。秘伝書2ショットを覚えてくれそうな感じなので
それに近づけてみることにして先へ。すると見るからに怪しい木の橋が崩れ…

落ちた先にいたのは青い髪の男。もしかして、とマイラが尋ねるとやはりこの男が
セルフィーが言っていたレオンでした。しかしマイラのことは知らない様子。
一方ルナルド博士とは知り合いのようで、「あの時はお世話になりました」とか
「彼女は元気でやっている」などちょっと詳しく教えろその辺…!!気になる!
橋は崩れたといっても斜めになっているだけで上ることは可能、レオンはそのまま行って
しまうみたいで、マイラはそんな上手くいくわけないよね、としょんぼり。
マイラは自分の素性を明かすと最後にお礼と名前を伝えました。すると名前には反応するレオン。
しかしそれ以上は何も無く、橋を上ると謎のポーズで消えてしまいました。翼のアイテム
使ったのかな…それにしてもナルシストチックなポーズだった…(笑)

その後もまた戦闘があり、そこで突然マイラが力がみなぎってきたわ!と回復魔法。
これがエルビーの能力でした。また、ルナルド博士もひらめいた!とショットを発動。
間接攻撃ですがまさかガリバーの背中からミサイルが出るとは思わなかった(笑)
お前…武器あるじゃねえかよ…。そしてここでマップの出入りを繰り返せば何度か戦闘が
できることに気付き、せっかくだから俺はここでLV上げをするぜ!と戦いを重ねることに。
結果マイラもショットが使えるように。ルナルドに比べると威力が高いのは単にマイラが
前衛キャラだからなのかな。逆にルナルドはエルビーを覚えない…覚えないタチなのかな?
気が済んだところでセーブをしつつ先へ行くと穴に入っていくレオンを発見。
追いかけるとっぽいマップから一変、草が生えていない謎の土地へ。
ただ森の言い伝えか、と残念そうに呟くルナルド博士。そういやがどうの、って
言っていたなぁ。それは一体?とマイラが聞こうとすると強い揺れが。
そして何者かの声が響きました。目覚めの時代が来たのか?と。
我が問いに答えよ!と言われても誰なのか、どういう意味なのかさっぱりわからず
オロオロするマイラ達。すると奥にオームのような巨大な虫を発見。
マイラ達は眠りを妨げに来たんじゃない、と説得。探していた花も死が集うこの森に
咲くはずはない
と言われ、立ち去れと言われる始末。なんなんだよこいつ…

Stage 5 Mission Orders ダリエムを倒す

何故に戦う必要があるのか!!!

立ち去れって言われたから立ち去ろうとしたのになにこの芋虫!!いきなりボス戦か…
とりあえずガリバー君を盾にしつつショットで攻撃してみようか…と動くとボスも
間接攻撃を使えるようでルナルドに連続攻撃。しかしLV上げの効果があってか
致命傷とまではいかず、すると次のターンで突然レオンが現れました。
レオンのLVはなんと19。レオナ達はまだ10にも到達していないのにこいつ…!
これは頼もしい援軍だな!とダリエムの口元に飛び込んでアタックを仕掛けようとするも
ポイントが足りず次のターンへ持ち越し。しかし接近用で押し出す技も持っていたらしく
後ろにいたマイラ共々押し出されるレオン。うむ、カッコ悪い(笑)
今度こそ!と攻撃するとやはりほとんどのHPを削る破壊力。しかし倒せてはいないようで
引導を渡してくれる!!とやけに滾ってるレオン。宿敵…なんだろうか。
すると突然ダリエムが脱皮のような姿を見せました。レオンの攻撃も通じず。
風のセクレリータ ダリエムと名乗る元芋虫。すぐに消えてしまいましたがなんだか
まだまだわからないことだらけなのでこちらとしてもなんとも反応しがたい
抜け殻になったダリエムのサナギがポツポツと咲き始めました。これがルナルド博士が
探していた「リンカネーション」とか。レオンはそれを摘むとじゃあな、と去りました。
博士がこの花を探していたのは大切な人に帰ってきてもらうため…らしい。つまり、誰かを
蘇生させたいのかな。引き上げることにしますがレオンが抜けた先へ行こうとしても何故か
移動できない(笑)これにもちゃんと理由があるのか、それとも歩いて帰れというのか…


トボトボと歩いてオルガの街へ戻ると既に。宿に向かうと博士は翌日列車で家に帰るそうで。
マイラもついていくことに決めました。そこへ宿を出るセルフィー。目が見えない割には
結構まともに歩けるんだな…。レオンと会ったものの何も得られなかったこと、博士を紹介
したものの既に知り合いだった(怪我をしたセルフィーを助けたのがこのルナルド博士)という
やりとりの後、セルフィーはルナルド博士にお礼として輝きのサファイアを渡しました。
マイラにはエメラルドを渡してくれたセルフィー。彼女なりに考えがあってのことらしい。

『緑は風…吹く風は、進むべき道 エメラルドの輝きは、その道を照らし出す』
『青は水…流れる水は、時代の流れを監視する者の証 サファイアの輝きは、時の理』
『赤は炎…ゆらめく炎は、変わりゆくこころ ルビーの輝きは、心をうつす鏡』
『黄金色は大地…心惑わす黄金は欲望、そして大地は運命 トパーズの輝きは、未来への真価』
『世代に崩壊の訪れしとき大いなる意思の力は宝珠の元へと、選らばれし者導かん』

そんな言い伝えになぞらえてマイラにエメラルドを、ルナルドにサファイアを渡したようで。
つまり…ルビートパーズもいずれ仲間になるんですねわかります!

ベッドに入り眠ったと思いきや深夜にやって来たセルフィー。夢の世界だと理解したマイラは
セルフィーと初めて会った気がしなかったのは夢の世界で会っていたからね、と話すと
突然隣から現れるルナルド。更にレオンまで。マイラの記憶が無いことを気にするレオンに
少しずつ思い出していくはずよ、と答え部屋を去るセルフィー。レオンも出て行き慌てて
マイラも追いかけます。知っているのなら教えて!と言うも自分の力でどうにかしなくては
いけないことだと言われ更にはルナルドに無理ばかり言うんじゃないと言われる始末。
どうして夢の世界でフルボッコにされなくちゃいけないんだよちくしょおぉぉぉ!
あっちの二人が待っているぞ、と振り向かせた先には金髪の男と、紫の髪の少女
もしかしてルビートパーズの人…??そして目が覚めるとやっぱりベッドの上。そして…

アイリン「お・は・よ♪」

この宿にはプライバシーというものが存在しないのか

そもそもマイラは居候とかそういう感じなのかな。アイリンは宿の女将さんの娘であることは
わかったんだけれども。あのね、とアイリンへここを出ることを伝えようとすると割り込んで
来るルナルド。これでアイリンには旅立つことがわかったようで、必ずここに戻ってくるから!
マイラは宿を後にしたのでした。


夢の中の自分を捜す女性、マイラ。

占い師セルフィーやルナルド博士、そして疾風の将レオンは何を知るのか。

次回を待て!!

←前の体験記へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(エナブレ)

tb: --   cm: --

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。