風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(エナブレ) »エナブレ体験記第七回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エナブレ体験記第七回  

エナジーブレイカー体験記第七回です。


たまにどう歩いてもたどり着けない場所に宝箱があったりしますがそれらはみんな見えない
隠し通路
があり、近くをウロウロするとひょんなところから階段状に上ったりして
手に入れることができます。そんなところがFF3っぽくて懐かしいなーと思いながら
ちょっと攻略サイトさんを確認するとキラキラした小石を取り損ねていたりする。
でもこれこそが情報無し(今回もまたそうとはいえない収集ぶりだけど)プレイの真骨頂!

前回のあらすじ:余命15分

エストポリス体験記には登場して1分ぐらいで命を落とした人もいるけどさ…(第弐回参照)
過去のルナルド、リミッツ、エレナ、スタア、マリオンと多くのキーパーソンと会い
和やかなムードの中エレナが突然亡くなるという悲劇を目の当たりにしてしまったマイラ。
ところで現代のリミッツは一体どこをほっつき歩っているんだろうか。


飛び出したリミッツを追いかけて家に入ると地下研究所から慌てて出てきたようなリミッツ。
ガリバーを連れて逃げましたがその理由は地下から機械のモンスターが現れたため。
おっしゃ久々の戦闘だな!思えば前回は戦闘シーンが一切入っていなかったので
一言…書くものが無かったのでさっくり終わらせてやるか!!(笑)
戦闘終了後、地下研究所への入口を調べようとするもリミッツが戻ってきたので中へは
入れず。さっきのメカはガリバーの失敗作なんだ、と下手な嘘をつくのでマイラが
何があるの?とじわじわと問い詰めると話をそらしてこれからエレナを助ける大発明
するんだ!!と言って地下に逃げられてしまいました。ここから始まるのか…


病院へ行っても変化が無かったので次はイサリの家。監視を続けていた少年がとうとう
業を煮やして中へ突入。お前、化け物なんだろ!と直球ドストレートにぶつける少年に対し
化け物じゃないもん!とイサリが感情的に叫ぶと突然炎の魔物が現れてしまいました。
イサリは自分の力とは思っておらず知らない!と泣き出してしまい、呆然とする少年に
炎の魔物が近づきあっちぃ!と叫び慌ててマイラが二人を外へ逃がし、ここでまた戦闘。
早く倒さないと家が燃えるとのことだったのでワンターンキルしてやりました(笑)
戦いが終わり二人を中へ呼ぶもまだ自分は化け物じゃない、と言い続けるイサリ。
少年も涙に心を打たれたのかイサリは化け物じゃないと認め、そんな少年にイサリは
手当てをしてあげていました。さっきのあっちぃ!で火傷した模様。
もしかして…この二人ってドロシーの両親とかそういうオチかなぁ?

開拓の街へ戻るとあちこちの人に疲れた顔をしているよ、と言われ酒場では
エミリーナに休んでと言われる始末。それじゃお言葉に甘えて…とベッドに潜り込むと
突然ボッという轟音と眩しい光。ちくしょう寝れねぇ……じゃなくてリミッツ!!!
きっと奴の発明建物ペシャンコ事件を起こして…!急いでリミッツの家に向かうと
建物は跡形も無く吹き飛んでおり、そこにいたのは金色リミッツ過去スタア
ルナルドがリミッツじゃな?と声をかけるといかにもという返事をされたので
発明によってリミッツがこんな姿になったってことかな。ということは過去リミッツの
成れの果て
か。自分達が未来から来たとあっさり言うもリミッツは信用しておらず、
スタアは逆に興味をもったようで、未来の自分である現代のスタアと鉢合わせ。
微妙に服装が違うんだなぁ。かつてマリオンからもらった待ち合わせの手紙も見せ
自分自身であることを証明。大事な話があるからいつもの待ち合わせ場所に来てほしい
いう内容でしたが、かつてスタアは「あの時あの場所にマリオンはいなかった」
自分がハメられたかのような発言をリミッツに対し言っていましたがこの手紙によって
ここに来たってことか。しかしマリオンはいなかったと答えるリミッツに
突然「お前はフラれたってわけだ!」と横槍が。誰かと思いきやまさかのバラサイト
フラれた、というワードに釣られ怒る過去スタアに貴方は誰なんですと問われ
名乗ろうとしましたがドロシーに先に名前を言われガックリ(笑)
マイラ達を知っているのでこいつは現代の奴で間違いないな。しかし奴はウナレフの力で
時を遡ってきたとか。時代の監視者だからそういうこともできるんだなぁ。
以前の因縁のせいかどうやって来たのか教えろというバラサイトの問いにひ・み・つ!
ドロシーが挑発(笑)バラサイトはこの場にいる全員をあの世送りにしたいようで、
特に金ピカ君(=リミッツ)には場合によっちゃもっぺんあっちに行ってもらうと
敵対しているような発言。仲が良いのか悪いのか、本当になんなの闇宝珠の連中…

バラサイトが敵を召喚し、戦闘へ。過去のスタアは戦えないため守らなくてはいけない側へ。
とりあえず隅っこに隠しておくか。増援がありませんように…(痛い目に遭いまくりなので)
リミッツを動かせるのがなんだか新鮮です(笑)NPCにもならないんだな。
そういえば生身のリミッツは結構血気盛んな感じだったけど金ピカ仕様になってからは
落ち着いているような。LVも37とかなり高いので雑魚の殲滅を手伝ってもらうか…
今回は敵の全滅が条件なためバラサイトともドンパチやることになるのでまずは
雑魚を片付けてから、と思ったらバラサイトの攻撃が強烈すぎてルナルドとマイラが
あっという間にあの世送りに(笑)ならばLV37のリミッツのテトラゾーンでどうだ!



詰 ん だ ! !

なにこれ雑魚すぎる!(笑)どうするんだよマイラやられちゃったしこんな威力じゃ
バラサイトの行動ポイントなんか削れっこないし!とりあえずスタアとドロシーを下げ
リミッツにになってもらうことに。防御力のおかげで即死だけは免れているな…
ドロシーにこっそりエルビーをかけさせHPを回復させながら数ターンが経過。
あれ、味方全滅条件のターン数に近づきつつあるんだけどこれ本気でガメオベラするの…?
ちょっと不安になりながらも最終ターンを終えるとバラサイトがリミッツに対し
来い!と言いリミッツもそれに応じて一緒にワープしてしまいました。
あれが過去のリミッツならば、今のリミッツに至るまで何かあるってことなのかな…。

ルナルド「ふう…みんな大丈夫かいの?」←大丈夫じゃなかった
ドロシー「はいはーい!大丈夫でーす!」
マイラ「あなた、元気ね…」←大丈夫じゃなかった

すげぇ、戦況と台詞が一致した。

そんな奇跡を見つつこちらもなんとか守りきった過去スタアはマリオンを失った悲しみに
暮れており、現代のスタアが一人にさせてやりましょう、と自分に気を遣う謎の構図。
すると突然過去スタアを魔物が挟み撃ちに。現代スタアがそこへ割り込み、これからは
自分の身を自分で守らなくてはならないとまるでマリオンが「私が護ってあげる」という
言葉を乗り越えるような発言。そう言うとスタアは魔物を攻撃して倒し、この力が
君にも備わっているんですよ!と続けますが動揺する過去スタア。しかし背後の魔物に
迫られ身を守るためか咄嗟に手が動いてアタックし、魔物を撃破。更にクリルの声が
聞こえ始めたようで…これらはみんな今のスタアが体験したこと。なので心配は
いらないと言い、この場を立ち去ろうとすると過去スタアがリミッツが書いた手紙を入手。
ちょっと待て何書いてあるんだ見せろよと引き返すもそれについては何も語らず…
あれ、何だっけこれ…願いの滝関連だっけ??


入院していたルナルドが自主退院したそうなので、他に行きそうな場所と行ったら…
開拓の街かな。酒場に入ると踊り場でしょげているルナルドを発見。エレナを失ったことを
とても悲しんでいました。おい、リミッツも大変なことになってるんだぞ。と話しかけようと
しても何も変化が無く、しょうがないので街の人から情報収集。緑色の一人称「オイラ」な
奴が
ルナルドの家を探しているそうなので病院の人が詳しいと答えた、という話が。
それ…バラサイトだな。緑色ってのはのことだろうか。
ナースと会話をすると家の場所がわかったので早速行ってみると過去ガリバーが訪問中。
リミッツが実験に失敗したらルナルドの元に行くように指示していたんだっけか。
考えればガリバーと博士の付き合いもまた何十年ものなんだなぁ…
無用心にも鍵がかかっていなかったのでそのまま中へ入るガリバー。それじゃこちらも
失礼しますかね…と侵入し、宝箱を漁り(そういえば現代は到着した途端バラサイトに
爆破されて中に入れなかったなぁ)地下研究所へ。ここは変わらないな…あ、違うな
あのコンピューター以外は。小部屋にガリバーがいたので話しかけると博士を捜していたので
酒場にいたことを伝えると連れて来てほしいと言われたので再び街へ。

酒場でへこんでいる博士と会話をして、リミッツに何かがあったと理解した途端
一気に駆け出していなくなる博士。それと入れ違いに今度はスタアが入ってきました。
とりあえず飯と宿をお願いするスタアでしたが、見かけない顔だったのできちんとお金
持っているのか店長に怪しまれていました(笑)これでは駄目でしょうか、とスタアが
見せたのはなんと砂金砂漠の砂に混じっていたと言うと周りの客、そして店長までもが
拾いに向かうなんとも現金な奴ら…(笑)そんな光景に笑いがこぼれるスタアを見て
やっと笑ってくれたね、と安心するエミリーナは現代エミリーナというよりは
アイリンに近いなぁ。それにしてもこのスタア、タラシっぽい(笑)

博士の家に向かうとガリバーが手紙を渡していました。これもまた願いの滝の…?
そして写真を渡し、天才の最後の発明か!と博士は喜んで写真を机上に飾りました。
エレナの遺体がまだ病院にあることを確認するとガリバーを連れてさっさと出て行って
しまいました…こちらの存在無視ですかそうですか。マイラが博士に若い博士も
若くない博士もこれからどうするの?と聞くと願いの滝へ向かう若い博士を追いかける
とのこと。しかし若くない、は流石に酷かったらしく一発喰らいました(笑)
それじゃあの後ウナレフと会って…なのかな。なかなか盛り上がって参りました。


錯綜する過去と現代。

これから見るものは過去そのものか、それとも干渉した結果…?

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(エナブレ)

tb: --   cm: --

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。