風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(エナブレ) »エナブレ体験記第壱拾回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エナブレ体験記第壱拾回  

エナジーブレイカー体験記第壱拾回です。


アイテムの名前が独特で(実や粉など)なかなかアイテムの効果がわかりづらいエナブレ。
魔法の名前が独特だったエストポリスもそういえば同じタイトー産だったなぁ…でも
あれは効果がすぐにわかったから良かったのに、と思っていたら今回のプレイの中で
道具屋のおっちゃんからセレクトボタンで効果を調べることができることを教えてもらいました。
第何回まで来たと思っているんだ!!!第壱拾回だよ!!!!!

前回のあらすじ:バラサイトって

爆炎の将として現れたバラサイトですが、彼の予想外な過去が明らかになった前回。
しかもその繋がりはドロシーにまで及びそうで…。次に再会した時どうしたらいいんだろう。
化け物と恐れられた少女、イサリを友達を認めた少年(後に旦那)こそバラサイト。
そしてイサリ似の髪色であるドロシーは二人の…という疑惑が出てまいりました。


死した女の時代は前回のイベント以降何も進展が無かったのでまたしてもへ行くことに。
別の時代へ→観光→塔のタイムマシンへGOの繰り返しだなぁ(笑)しかも同じエリアで
エンカウントされるとかまたかよ!な気分です。さっさと入って機械へIN。
今度は途中で止まることもなく、フィールドへ出てみると…

うおおおおおお懐かしいフィールド曲ッ!!

オルガの街よ、私は帰ってきた!

街に着いて一安心の一行。ドロシーはここに来るのが初めてかと思いきや、エミリーナ
ここで出会ったらしい。エミリーナといえば過去の世界にいた酒場の女性
彼女との関係は未だに不明だな…。この時代の幼女エミリーナとはルビーを預かって以降
会っておらず、ドロシーも気にかけていました。開拓の街から外に出たのかな。
すると突然何かを感知するガリバー君。おう、どうしたよ。何かが近づいてくる、と
言った先から現れたのはただの住人。しかし助けて、と言うと謎のが発生。
そして住人はばったりと倒れてしまいました。ま、まさかこれは…
開拓の街で起きた毒ガス大量殺人事件か!というかここでもやるなよちくしょう!!!

とりあえず宿にいるであろうアイリンが心配なのですぐに向かいますが霧が発生すると
モンスターも出現。初見もいるな…とりあえず全員で固まって行動。範囲技の餌食にも
なりやすいですがメンバーの少なさを見るにバラけるのが一番危険っぽいので。
そしてここでふと思った。10数年前に詰んだのはだった覚えがある。
初回で噴水のある広場を通った時から既に違和感を感じていた。

この街で詰んだんだなぁ…

だけど今回は退かない、なんとしてでもEDまでたどり着いてやるんだからな!!
ポイズンドロップで能力低下、バーニングアームでマイラの攻撃力上昇、メテオストライク
広範囲に攻撃して敵の手数を減らす、SLGらしい戦略を学んだ今回なら大丈夫なはず。
…と思っていたら隅っこで毎ターン防御アップの技使ってる奴UZEEEEEE!
すんごい硬くなってるんだけど!!!スタアとドロシーのWポイズンドロップで頑張って撃破。

宿に入るとアイリンが大変だったんだから!と走りこんできました。彼女からヒラリと
手紙が落ちたので勝手に拾って見るとそれはセルフィーからのものでした。
街に霧が発生したことを受けて、街はきっと元に戻しますという内容…何より気になるのが
「もう」誰も死なせたくないという文章。開拓の街のことを指しているのか、それとも
過去に何かあったのか…。とにかくセルフィーは街を出て行ってしまったようでした。
セルフィーを追いかけようとするマイラですがアイリンはまたマイラが遠くへ行ってしまうことを
心配していました。なんだろう、マイラをまるでのように可愛がってくれてるのかな。
それぐらいアイリンの気にかけっぷりが気になる。必ず帰ってくるから、というマイラの
言葉にアイリンはようやくセルフィーが風の樹界へ向かったことを教えてくれました。
おかえりって言わせてね、とアイリンに言われますがなんだろう…フラグじゃね…?
いつもより人が多いと思ったら宿に避難してきた人が多かったみたいで、それでも
モンスターや霧の犠牲になった人もいたようでした。このゲームの街は呪われているのか。


スタアが道具屋で準備をしましょうと言うので道具屋があるエリアへ向かいますが
やっぱりここでも戦闘に。ここにもまた初見さんが。黒い物体…名前はカゲまん
しかしこいつが毎ターンポイズンドロップを使ってくるという鬼畜行為をしたことにより
戦場は一気に窮地に。うわぁぁポイズンドロップって全部のステータスを下げるから
攻撃防御素早さ運全て下がってダメージは与えられないわ喰らいまくるわで散々…!!

どうしてこの街で詰んだのか、把握した。

ならば、と一旦リセット。エリアに入る前に作戦会議
10数年前の自分には無くて今の自分にあるもの、それは戦略を練るという考え。
ACTのように行き当たりばったりな動きをするのではなく、如何に上手く立ち回るのか
考えるのだ…ジャストブリードバウンティソード、そしてヴァンダルハーツ

数々の冒険から学んだことを、今発揮する!!!

攻撃力の上がるバーニングアームの効果を持つ巻物をバーニングアームを使えないルナルド
渡し、スタアとドロシーにも渡す。後者二人は使えますがアイテムを使うポイント
実際に技を使うより消費がとても少ないので持たせるに越したことはありません。
そしてマイラにはショットの巻物移動→ショットで攻撃した後の残ったポイントを使い
カゲまんをワンターンキルする!他のザコは無視!そんな作戦で突撃、カゲまんを無事に
1体倒したものの、もう1体おり更に範囲技を持つ別の敵の攻撃力も高いのでそれには
少しバラけさせて対策。そしてポイズンドロップで威力を下げておく。
そんな感じで上手く対応できているかと思いきやスタアが囲まれフルボッコで退場。
しかし防御の高いスタアに堪えてもらっている間にもう1体のカゲまんも倒し
残りも片付けてリベンジ完了。これで…10数年前の記録を超えたはず。
それにしてもここまでのシナリオをほとんど覚えていないとは10数年前の自分にとって
シナリオとはあまり必要性の高いものじゃなかったのかと(笑)

道具屋にて買い物をし、冒頭のセレクトボタンの存在を教えてもらい、更に今後のために
ポイズンドロップの効果があるポイズンの巻物を大量購入。装備は基本1つしか売っておらず
アイテムも物によっては個数に制限がありますが実はポイズンの巻物無制限
全ステータスを下げるアイテムが無制限とか救済措置だよなぁ…(笑)
ちなみに博士の装備に関しては以前過去の世界引き出しから取らなかったアイテムが
強化されているだろうということで買わないでおきました。

そういえば機関車があるエリアはどうなっているのかな、と行ってみるとここにも敵が。
ここの初見はハーピーのような敵、ツバサガルツバサガールということか?
攻撃自体は大したこと無かったんですがこちらからの攻撃がなかなか通じない。
これが素早さの高さに影響してるってことなのかな。ならばポイズンドロップで弱体化させる。
このゲーム、毒飴が非常に有効だな。ドロシーの場合はピグマの糞だけど(笑)
全滅させると車掌さんが出てきました。おう、久しぶりというか無事で良かった。
ちなみに機関車は壊れたままらしい。


樹界に向かう前に博士の家へ行き、装備を回収。やっぱり強化されていました。
他にはー…と見るとエミリオ医院。看護師さんと話をするとどうやら過去の時代の人が
そのまま務めているみたいでした。イサリはここで赤ちゃんを産んだようで、
イサリの家にも行けるみたいなので入ろうとするとドロシーが突然拒否。
しょうがないので3人で入るとおばあちゃんが住んでました。
おばあちゃんはイサリが殺される前日赤ん坊を託されたそうで、そのまま面倒を
見てあげていたとか。両親については教えてないでいたものの、1年前に家を
飛び出してしまった
らしく…おい、窓から見えてるぞ、ドロシー
こりゃ前回の推測で確定だなぁ。家を出るとマイラがドロシーに話を聞こうとしましたが
いつか話す、と今は話してくれず。ドロシーは気付いたのかな、幾度か衝突した人の心を
捨てた男
父親だってことに…。


風の樹界へ行き、初のボス戦となったオーム…じゃないダリエムの抜け殻へ。
すると突然マイラの持っていたエメラルドがふわりと浮きました。中へ誘っているようですが
以前入ろうとしても入れなかったのに…?でもレオンは入って行けていたなぁ。
とりあえず入るとあっさり移動。世紀の層という名前のダンジョンへ。なんだかまたしても
遺跡チックなところに来たなぁ。ルナルド博士はリミッツの地下研究所といい、この島には
自分達の知らない文明があると興味津々。失われし古代文明…だからそれはヴァンダルハーツ
とにかくこの先にはどんな答えがあるのか、こちらにも興味津々です。


ようやく元の時代に戻って来られたマイラ達。

オルガの街を覆う不穏なを晴らすことはできるのか。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(エナブレ)

tb: --   cm: --

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。