風林ノ草庵 ホーム » 体験記(エナブレ) »エナブレ体験記第壱拾四回

エナブレ体験記第壱拾四回  

エナジーブレイカー体験記第壱拾四回です。


そういえばこのゲーム、サウンドテストがありました。セーブ画面の中にあり、いつでも
音楽を楽しむことができます。ということで色々聴いてみますが、タイトルはいたって
まともだな…と思った時点でまともじゃないのをよく見ていたって何のことだろうと思ったら
FFTのことでした(笑)あれの曲名のいい加減さは一部で大人気。そんなことを思い出しつつ
佳境へ迫って参りました第壱拾四回

前回のあらすじ:世界崩壊へ

二人いる創造主の片割れ、セルフィーこと輝皇妃セルフィア教皇オリアレスによって
命を奪われてしまい、徐々に崩壊していく世界。しかし最後の手段として幾度もこの世界を
再生している内に生まれた命、セクレリータの力を借りることにしたマイラ達。
風のセクレリータ、ダリエムを味方につけることに成功し、後は3つの属性。
しかしライバルであるやまだ終わっていないイベントがちらほら。どうなるのか期待。


まずは願いの滝へ。オルガの街にてかつてセルフィーに幼い兄弟の両親を占ってもらっていた
お爺ちゃんが願いの滝へ行こうかなんて言っていたので。何よりあそこには清流の巫女であり
清流の将でもあるウナレフがいるしな!何かしら力にはなってくれそうな気がします。
願いの滝の最奥部、流水界宮には実は奥に行けそうながあり前から気になっていたものの
全く開けることができませんでした。今なら開きそうなので行ってみるとやはり開きました。
最後となるレオン用の道具箱(個人の道具所持数が限られているので追加枠を増やしてくれる
ありがたいアイテム)を入手、また健康サンダルなんて今の空気読めてるのかなんてモノも。
しかしこれ毎ターンHPを回復してくれるそうなのでありがたく履かせてもらう(笑)

雑魚を一掃して進んでいくとウナレフがいました。話しかけると会話モードへ。
するとここで驚くべき事実。

ウナレフさん、セクレリータも兼任


おいおい巫女セクレリータと欲張りすぎじゃね?(笑)墜ちた天使、と自分で
言っていますが確かにっぽいのがあるんだよな…堕天使、自分で言うのか。
何度も生命を滅ぼしては蘇らせる内に人を見守りたくなったセルフィアとやっぱり滅ぼして
やり直さないといけないと思ったオリアレスの間で気持ちの違いが生じ、セルフィーが
いなくなったことによって滅びを望むオリアレスの意思でもってこの世界は現在崩壊
向かっているそうな。そしてそのオリアレスに従うのが将、セルフィーは輝巫女。
巫女は全員女性で将は全員男性…と言いたかったけどウナレフ女性だろうからそうは
言えないのかな。もしどちらでもある、とかだったらどうしよう(笑)
それぞれの巫女や将について話を聞けますが風の輝巫女については黙るウナレフ。
わかってるよ、目の前にいるんだろう…?イサリは今は存在していない、と切ない一言。
あと気になったのは爆炎の将バラサイト魂を癒すべく帰る場所は母の温もり…って
イサリドロシーと何か関係が出てくるのだろうか。
巫女、将、セクレリータに名前を宿すウナレフは、セクレリータの力を封印して
全てを受け入れることを代償にこの世界にいることを許されているとか。だからやたら
中立的な対応なんだなぁ。相変わらず詩的な説明なため理解するのが難しいですが
とりあえずはこんな感じか、と納得したところでウナレフとの会話を終わらせると戦闘へ。
やはり戦って力を見せてみろってのはセクレリータのお約束なのか(笑)
さて、何をしてくるかはわからないが…5対1で圧倒的有利なこの戦況、
ポイズンの巻物+マイラショットでワンターンキル余裕でした。
もしかしなくても、ラスボスまでこの戦術いけちゃうのかな…若干興冷めだけど(笑)

戦闘が終わるとマイラ風の輝巫女であることを話しますがやっぱりマイラは思い出せず。
あなたは自分色のままでいてください、とウナレフは言いますがどういう意味だろうか。
思い出しちゃったらかえっていけない理由でもあるのかな、過去にワープした時に
会った過去の?マイラとか、過去の世界では氷柱に閉じ込められていたレオンとか。
ウナレフはオリアレスの意思に従い、多くの命を苦しまずに奪うためにリミッツ
蘇生させたようで、オリアレスに力を貸しすぎたと今度は水のセクレリータとして
マイラ達に力を貸してくれました。サファイアを手に入れたので山地に行ってみるか。
聖氷のティアラを手に入れ、とりあえず水属性ということでルナルド博士へ。

サファイアでティアラ…ジャストブリードか!!
(※SLG繋がりでやたらジャストブリードやヴァンダルハーツの名前が出てくる今体験記)


爺さんがティアラを装着する図を想像すると不気味なので忘れて次へ。


バラサイトリミッツか…先にバラサイトの方に行ってみるか。あの変な物体がいるので
よく覚えているし(笑)火山へ向かい変な物体こと炎のセクレリータマシフルの所へ。
以前見たときより大きくなってるみたいで…目覚めの時が近づいているとか。
すると突然声が聞こえてきてバラサイトが出現。ああ、久々に親子の対面か…お互いに
気付いていないけど。バラサイトはこのマシフルを発掘しており、何故人がこの世界の
支配者になれたかわかるか?と聞いてきました。答えられないマイラ達でしたが
唯一レオンが火を使えたから、と回答。火は使い道を誤れば破壊の道具となる。
それを何故人だけが使えたか、それはマシフルが眠っていたためらしい。
マシフルの目覚めは人を滅ぼすほどのものだそうで…そしてその時がやってきました。
ドクドクと脈打っていた速度が速くなり、画面が真っ白に。その後現れたマシフルの姿は
4本腕の悪魔のようなものでした。うわぁこれ腕数本がユニット化するとかそんなの?

バラサイトは姿を消し、このままボス戦へ。するといきなりが3つ現れ、先制攻撃
そしていきなり死にかけるドロシー。お前…のっけからフルボッコとか酷ぇよ…
なんとか回復して態勢を立て直しますがこの3つの珠、どう攻略するべきか。
本体らしき珠がマシフル、その他がマズアルマズエルガズアル、ガズエル??
毎ターンあんな攻撃を受けていられないので本体を即行撃破することに。
恒例のポイズンショット(融合してもはやただの必殺名)で倒しました。
ちなみに攻略サイト様によると、残りの2つの珠を倒すとマシフルの右手と左手
それぞれ手に入るらしい。スタアの装備として使えたとか…も、勿体無い(笑)

マシフルは消滅…ってあれ死んだ!?ダリエムもウナレフも力を貸してくれてるんだけど
いなくなっちゃったよマシフル!マシフルが消えて呆然とするバラサイトにオリアレスの声が
聞こえてきました。役立たずめ、と罵るオリアレスに黙れ!と怒るバラサイト。
すると突然がバラサイトに落ちました。うわぁぁぁ目の前で罰されたぁぁぁ!!!
力を与えたのは誰か忘れたわけではあるまい、と言っていましたがそもそもイサリを失って
完全に自棄になったところを付け込んだだけだよなぁ…なんという勝手な振る舞い
やがてバラサイトも消えてしまい、死んだのかと思われましたがレオンによると精神波動
残っているのでまだ生きているらしい。波動って…今度はエストポリスか!(笑)
そもそもルビーもまだバラサイトの手中、取り返さなくては…ってどこに!?
目的地を見失いかけましたが、ここで思い出すのがウナレフの言葉。

「魂を癒すべく帰る場所は母の温もり」

まさか…イサリ……?

慌ててイサリの家に行きお墓を調べてみますがネクストバイブルというドロシー専用の武器
手に入っただけ。あれ、てっきりここで倒れてそうなイメージがあったんだけど…


さて、ここで本格的に行き場所を見失ったのでここは気持ちを切り替えてリミッツにでも
会いに行くか!(笑)ということでバウが消えてしまった開拓の街地下、黄金色の宮殿
そろそろ何かイベントがあるんじゃないかと思いましたがエミリーナがポツンといるだけ。
バウは未だに戻ってきていない様子…と、ここで何か違和感があると思ったら前は誰も
いなかった気がする玉座に誰かが座っていました。あれ、これリミッツじゃん。
しかし話しかけても無反応。抜け殻…らしい。精神と身体が分裂したカンデルと何か関係が
あるのかと思いましたがどうやらそれとは別みたいで、とにかくこの時代のリミッツは
いないみたいなのでリミッツが生きている時代を目指すしかないとのこと。
つまり…またタイムワープですか!


砂塵の塔をエレベーターを使って上り最上階。マシンに入ると行く時代を選択できました。
リミッツが若い頃の時代と、大人になったイサリの時代。うん?前者はともかく後者の表現が
気になります。死した女の時代死した女=イサリだったのでこの時代でイサリと会うことは
できませんでした。でも大人になったイサリが生きている時代ってことなのかな。

リミッツを捜しに来たはずなのに結局こちらを選択。イサリの家へ飛び込んでみると
そこにはまだ爆炎の将となる前のバラサイトが帰ったぞー、と家に入るところでした。
その台詞からイサリが生きてることがわかりますが、イサリに何しているんだ!
怒鳴るバラサイト。後を追って入ってみると先ほど戦ったバラサイトがイサリにドッキング
あれ、どことなくデジャヴ…?お腹が痛い、と苦しみだすイサリ。助けてやりたいけど
会話がこれ以上進まず、ここで思い出されたのがドロシーのイベントマシンがドロシーの
お腹に入り、機械を使ってドロシーの腹の中で戦ったことを…。
まさか、と思いながらもリミッツの家から行ける地下工場へ。そしてあの機械を調べると
クリスタルをお持ち帰り。外せるのかよ、それ…(笑)再びイサリの家を訪れ、
話しかけるとこれを使ってイサリを助けることを説明するマイラ。バラサイトも自分も
行くと言いますがイサリに傍にいてほしいと言われお留守番。


イサリのお腹の中に入ると興味深げに辺りを見回すドロシー。そういえば入られた側か(笑)
懐かしさを感じているようで…ああ、お母さんだものな…。ドロシーはこの時代の
バラサイトを優しそうな人、と言いますがそれならどうして爆炎の将バラサイトは
イサリにドッキングしたのか。イサリのことをもう覚えていないから?
そんなところに出てきたバラサイト。どうしてイサリを苦しめるのかとドロシーが怒りますが
バラサイトは何を言っているのかわかっていない様子。これはどういう意味なんだろう…?
で、イサリのお腹の中で戦闘。この母子、腹の中で雷落とされたことあるんだぜ…。
バラサイトを倒し、再びイサリをどうして苦しめるのさ!とドロシーが言いますが
イサリの痛みの正体はこれだろ、とバラサイトが答えると出てきたのは………胎児
うわっ凄いよドロシー自分の生まれる前の姿が目の前にあるぞ!!!!…ちょっとグロい。
つまり、オメデタだったと。そっかー、とあまり意味がわかっていない様子のドロシー
でしたが、バラサイトが何かに気付くと突然ドロシーを突き飛ばしました。
そしてバラサイトを丸い物体が囲んでしまいました。体内の細胞組織がマイラ達を敵と
見なして排除しようとしていたみたいで…ドロシーの時はすぐに戻ったからこんなこと
無かったのかな。ここで死ねるのなら本望だ、と話すバラサイトはイサリのことを
覚えていたんじゃないのかと思います。オリアレスに雷を落とされた時点で既に死にかけで、
せめて最期には愛しい人の下に帰りたかったんじゃないかと…。
バラサイトはドロシーに強く生きろよ、と声をかけました。ああ、こいつ…気付いたのか。
やがて細胞に取り囲まれ消滅するバラサイト。残ったのは炎のルビーだけでした。
ドロシーはバラサイトがいなくなったことに切なさを感じたみたいで、どうやら奴が
父親だとはわからないままのようでした。その方が、幸せなんだろうか…。
それにしてもレオンが空気だ(笑)気付いていたからあえて何も言うまい、という態度かな。

終わったよー!とマイラが叫ぶも外では二人がイチャついてました(笑)
赤ちゃんができた名前どうしよう、とはしゃぐ二人。名付け親はイサリの方なんだな。
…で、いいから早く出して!未来の娘も細胞に解かされる!!!!!
外に出るとお礼を言われ、イサリからキラキラした小石を受け取りました。
そういやアイリンはどこへ行ったんだろう。まだ宿に戻ってきていないんだよなぁ…
これ以上の進展は無かったので帰ることにしますが、この後ドロシーが生まれて、でも…
あれ、無限ループしてね??なんかおっかなくね???


爆炎の将の最期。

少女は男の死に切なさを覚えたという。

次回を待て!!

←前の回へ     体験記目次へ     次の回へ→

category: 体験記(エナブレ)

tb: --   cm: --

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop