風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(エナブレ) »エナブレ体験記第壱拾六回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エナブレ体験記第壱拾六回  

エナジーブレイカー体験記第壱拾六回です。
※ED内容含みますのでご注意下さい!!


戦闘をした場所は後で通ってもウロチョロすると再度戦闘になります。だからこそLV上げ
することができるんですが、スルーしたいこともしばしば。でもSLG撤退なんてできたの
だろうかと思いきや、実はターンを終えるメニュー画面「にげる」コマンドがありました。
これを選べば戦闘から撤退し、ランダムバトルをスルーすることができるわけで!
そう…それを知ったのは前回だったのSA!いつまでも有力情報は後からやってくる
エナジーブレイカー体験記、最終回となりました。

前回のあらすじ:エストポリスは親戚

親戚=制作会社が一緒とかそういう意味で。プリフィアの花だのデュアルブレードだの、
ファンサービスってやつなのかな。セクレリータを仲間にする旅も残るは大地のカンデルのみ。
過去を変えて消え去ったリミッツ、その傍ら過去を捻じ曲げられ想い人との過去すら消されて
しまったルナルド博士を不憫に思いながらも不死の身体ゆえにリミッツの雷でも死ななかった
マリオンを連れて黄金色の宮殿へ向かいます。


エミリーナが待つ黄金色の宮殿の最奥部へ。マリオンがエミリーナにバウのお友達?と聞くと
即答でうんと答えるエミリーナ。それを聞いて一人ぼっちじゃなかったのね、と
呟いているのを見るにもしや…とようやく気付きました(笑)歌を歌うと、それにつられて
現れたバウ。以前もオルゴールの音楽に引かれて出てきたような、とスタアが言いますが
プレイヤーは忘れておりました(笑)マリオンこそがカンデルの器であり、バウの中にある
カンデルの心と重なればマリオンの心はカンデルに染まってしまうそうで。
スタアは拒否しますが、マリオンがカンデルを解放しなければ世界が崩壊してしまうと
レオンに言われても尚諦めきれないスタア。一途というべきかくどいというべきか…
ばいばい、とスタアに別れを告げて奥にある石板へ移動し、消えるマリオン。
マリオンがいなくなったことで旅を続ける理由を失ったスタアはマリオンを追いかけるようで、
女性陣は反対するもルナルドは愛する人を想い続けるスタアに自分を重ねたのか背を押すように
援護。マイラとドロシーに別れの挨拶をしますが納得できないドロシーは大嫌い!と怒るも
何故かハートマークの吹き出しを出すスタア。お前はドMか。
スタアを追いかけようとするドロシーを今度はレオンがシャットアウト。そうか、こいつも
セルフィーを失って…男性陣好きな人失いすぎだろ……。

大きな揺れが起こり、画面が切り替わって魔方陣が書かれた大地の上にいました。
カンデルのお目覚めってことかな。すると真ん中から目玉がギョロリと出てきました。
こいつも倒す必要があるのでポイズンショット作戦を決行。

ドロシーのポイズンドロップ(ピグマのンコ)が目玉に落とされるという
これ以上無い劇薬目薬を差す光景が見られました。


うわぁ…毒素直撃かよ…というかピグマ何食ったらそんなンコ出るんだよ…(笑)
倒すと再び宮殿に戻れました。石板は割れて宙に浮いており、マリオンとスタアは
一体どこへ?と思ったら出てきました。スタアはぶっ倒れていましたが不老不死なので
問題は無い、と言わんばかりにすぐ起き上がる(笑)心配していたのか泣いてたらしい
ドロシーがいじらしいなぁ。無茶はしないでね、と言うマリオンに対し君を手に入れるまでは
そうはいかない、と本気で引かないスタア。一途すぎてちょっと暴走してないか?
バウはすっかり元通りになったようで、あの攻撃力がどうなったのか気になる限り。
エミリーナは街に戻り、マリオンはここを護るために残るようで。戦いが終わったら
迎えに行ければいいんだけどなぁ。というかカンデルの心入ってもちゃんとスタアのこと
忘れてないような気がする。若い頃の思い出が無いってことなのかな。


ハゥント山地で最後の石像にトパーズを掲げ、聖母のクロークを入手したところで
ゴゴゴ、と何かが動く音。すると新たな道が開けていました。これは…ラスダンへの道か!
道具屋で物を揃えていざ、最後の戦いへ……。

そしていきなり大勢の敵に待ち構えられ頭を抱える最終プレイの初戦闘。

ぐおおお何これ…ポイズンドロップを使う奴を率先して倒すべきだろうけど!
ここで頼りになるのはセクレリータ広範囲の攻撃なのでこれで一斉にダメージを与える
しかありません。ただ消費ポイントも多いのでトルネードで移動させてもらう必要があるな。
あとはバーニングアームで攻撃力を高めて…とダリエムを召喚するも全員を倒すことはできず
毎ターン増援が出てくる→回復されるループを繰り返しアカン…な状態に。
敵の攻撃はさほど痛くないけどこれはうぜぇ!エルビーゾーンとか使うなよぉぉぉぉ!
時間切れになるのではと思いましたがなんとか召喚連打で撃破。いきなりこれとかラスダンは
一体どうなってしまうのだろうかと不安になります(笑)ということで一旦巻物補給へ。


ついにラスダン、夢幻聖院に到達。なんかギターが利いてる曲だなぁ。
ここでも勿論連戦となりますが以前の強敵、カゲまんにだいぶ攻撃が通じるようになったな…
あるエリアでは階段を上った先に一つ目がおり、さては岩落とし階段状に岩を落として
くる戦法だな!と気付くもここの攻略にも頭を悩ませることに。岩落としの威力はかなり高く
一つ目は移動せずに攻撃をすることが可能。何より岩落としは階段が続く限りドンドンと
落ちるようで、迂闊に全員上ったら全員が大ダメージを受けるハメに。
ということで考えたのは防御を上げたスタアがトルネードで移動し、ポイズンドロップ
かけて能力を下げる→敵ターンは凌ぎ(自動回復アイテム装備)マイラをトルネードで飛ばし
ダリエムで一斉攻撃という手。しかし硬ければHPも多く巻物を使いきる勢いで総力戦へ。
結局グダグダになりながらもどうにか撃破し、奥へ行こうとするとレオンがこの奥に
オリアレスがいることを教えてくれ行くのか?と最終確認をさせてくれました。ありがたい(笑)
それじゃ心置きなくお店で巻物仕入れてくるわー、と補給して再び戻り、いざ突入。

お供はおらずオリアレス単騎、か…いきなりレオンが寝返ったりしないよね…?
オリアレスは人間を何度も滅ぼし自分達と同じく完全な精神を宿してこそ理想の世界と
言いました。力を与えたバラサイトリミッツでさえあんな結果を残しましたが
あいつらも人間らしい最期だったよなぁ…と、ここでマイラに異変が。反論している仲間を
よそに??と混乱してるみたいなんだが誰か気付いてやれよ(笑)一瞬マイラの姿が
以前過去へワープする時に出会った輝巫女の姿になり、いやー!と叫んで倒れてしまいました。
まさかこんな最後の最後で思い出すとは…!むくりと起き上がるといきなりオリアレスに対し
人間は不完全だからこそ未開発な部分を開発しようと努力し、足りない部分は補い合う。
完全なんてありえないのです!
と言い放ったけど敬語?敬語!?どうしたマイラ、
頭打ったのか!!と思うもどうやら全て思い出したみたいでした。しかし忘れたかったことも
あったようで…前にレオンが語った争いを止めたのは風の輝巫女、マイラ。
その真相は力の抑制ができず暴走した結果敵味方関係無く巻き込んでしまった、というもの。
そんな自分を許せなかった、そのせいか自らの過去を忘れてしまったのかな。
でも世界の崩壊を前に輝巫女としての正義感が覚醒を促した様子。再び力を暴走させては
どうかとあんまりなことを言うオリアレスに今度はこの世界を護る!と叫びいざ最終戦へ。

…あれ、これフィールド曲だな。やはりザコが取り巻きとして登場。
ラスボス曲じゃないところを見るにきっと第二形態が存在するだろうからアイテムは控えめに。
しかし数が多いのでここは能力を上げたマイラを敵陣の真ん中に放り込み、更に防御の高い敵に
ポイズンの巻物。あとすっかり忘れてた黒い羽根というアイテムを使用。効果はウナレフ召喚
同じでした。黒い、と言いつつもウナレフの羽根は真っ白みたいだけどな!

ちなみに、胸のふくらみがあったので女性だと確定しました。

最後に残ったポイント全消費ダリエム召喚じゃー!とぶちかませばザコは半壊
残りは他のメンバーに片付けさせればあっという間に残りはオリアレスだけになりました。
またザコを召喚されるかと思いましたが攻撃のみのようで、ポイズンショットでトドメ。
このまま終わりはせん!とやっぱり第二形態へ変化。一気に化け物になったな…
エリア自体も変わり、地面から幾つかビット的存在のものが生えてるし。
倒すべきは頭部の赤い珠っぽいな!でもそこへの入口を塞ぐような突起物があるのでこれを
倒さなくてはいけない様子。さて、どう戦うか…最終戦だけは戦闘セーブができないようなので
やられたらアウトだな。特にマイラ。ビットにポイズンドロップをかけ、頭部へ行くために
突起物を破壊しようとしますが敵ターンでビットからビームを浴びまくるわ頭部から
すんごいビームが放たれてドロシーが即死するという事態に戦々恐々
うえええぇどういうこと!?何あの威力ふざけてるよ!更に次のターンではルナルド博士
餌食に。う、うわぁ…まずい、残り3人しかいない。ここでようやく突起物を壊して
頭部に行けるようになったので特大ビームを喰らわないようマイラを急いで向かわせて
残されたスタアとレオンでビットを弱らせておくことに。やられた二人は防御が低かったので
耐えられませんでしたがなんとかスタアはもったな…ここで自動回復アイテムが役に立つとは
思わなかった。更に最終戦なのでアイテムも容赦無く使うことに。すっかり忘れてたぜ、
HP完全回復とかBP回復とか!(笑)頭部に到着したマイラにありったけのポイズンの巻物
使わせ弱体化させてから叩くことに。あ、あとリンカネーション持ってたんだった。
ドロシーか博士どちらかを復帰させられますがBPの多さと技の豊富さからいってドロシー
方がいいな。蘇って早々ビットの片づけをさせレオンがマイラの援護に。
こうして博士を欠いたものの全員の連携プレーでついにオリアレスは倒されたのでした。


世界の崩壊は防げたものの、またオリアレスが転生すれば止められるかはわからないと
話すレオンに何度でも絶対に止める!と言うマイラは完全に輝巫女になったんだなぁ。
主を失った城は崩壊を始め、脱出することに。よし、永遠の翼わかってる、使えないのは!
徒歩で戻りますが嫌な予感しかしないね…入口のエリアでスイッチを押して橋をつくって渡るも
レオンだけ引き返し、スイッチを押して橋を無くしてしまいました。どうやらレオンは崩れる
城と運命を共にするみたいでした。そして、最後に仲間達に思いを託しました。

ルナルド博士には自分の為に生きて欲しいと。

スタアには人として生き、愛する人と共に過ごせと。

ドロシーには全ての命を慈しみ、愛せと。

マイラには再び会う時世界がどうなっているのか楽しみにしていると。

(ガリバー:あれ、オイラには無いでヤンスか?)

そう言い残すとマントを翻し消えるレオン。将とは最後まで相容れぬ存在なのか…
レオンの名を叫ぶマイラ。揺れが一層酷くなり、ここから離れざるを得ませんでした。


































石像の場所まで戻ってきたマイラ達。背景の山や空も青くなり、崩壊を防げたのがわかります。
レオンの最期を悔やむマイラでしたが、その時何かが散りました。それは新たな命を咲かせた
ひらひらと舞う花を追いかけるように走るマイラ達と共にスタッフロールが始まりました。
でも途中で足を止めて空を見上げるマイラはやっぱりレオンを思い出しているのかな。


台詞が無いので音符やらハートマークやらの吹き出しでしか把握できませんが、
どうやらルナルド博士はスタアとマリオンを元の時代(自分が若かった頃)に戻すみたいです。
ということはもう人間の身体に戻っているのかな。つまりいつの間にか消えたクリル
まだかと怒っているようなマリオンを愛の言葉でなだめているように見えるわ(笑)
博士は手紙を持たせると機械のスイッチを入れたのでした。
あれ、ガリバーいないんだけどあいつどこ行ったのかな…まさかリミッツを捜しに
いなくなったとか?全然その辺の描写が無いので行方不明です(笑)
その後、元の時代に戻ったスタア達。そこへ若いルナルド博士がやってきて驚かれますが
手紙を見て喜んでいるみたいだけど…どういう内容だったんだろう。こんな発明
できるようになったんだぜ!みたいなものかな。

ドロシーはピグマを返したいようで、火山で突き放そうとしているみたいでしたが
ついて来るのはしょうがないよなぁ。でも開拓の街に戻ってくる時には一人だったので
ピグマは置いてきたみたいだな。そして街の酒場でエミリーナとバウと再会しました。

一人山地の頂上で風に髪をなびかせるマイラ。今までのお転婆な面はどこへやら。
画面が空に向かれる途中リボンがほどけてマイラの髪がぶわぁってなる演出好きだなー!

そして…

遠い空の下、空を舞ってきた花びらを拾う青髪の少女。名前は…ルフィア
傍にいたローマンという老人は花の名前がプリフィアであり、どこかの島に咲いていた
花だということを教えます。今はもうどこにも咲いていないとか…
おい、ここ…エストポリスの世界と繋がっていたっていうのか…!?
ファンサービスにしては繋がりすぎだろ!(笑)
曲もよくよく聴けばプリフィアの花でした。道理で聴いた覚えがあると思ったよ…!


ここからはそれぞれのその後が描かれました。
スタアは無事マリオンとの子ができ、元気な男の子が生まれました。そしてその子に
誕生祝として名前をプレゼントしました。大事な友の名前、それは「クリル」
クリルがどこに行ったかはわからないものの、スタアにとっては親友的存在になったんだなぁ。
なお、この体験記でしょっちゅう「クルス」と間違えて打ってました、ごめんなさい。

ルナルド博士はリミッツの墓参りへ。エレナを救ったものの結局倒しちゃったことで
奴はこの世界じゃ死亡扱いになっていたのか。そこへやって来た一人の老婆
彼女はリミッツに病気を治してもらったことがあり、お礼を言いたかったが亡くなったと聞き
ここへやって来たとのこと。お墓の前に佇む女性に博士が名前を聞くと、「エレナ」と答えました。
は、は…はか、博士ぇぇぇーー!!報われた、お前さんは報われたよぉぉぉぉぉぉ!!

ドロシーはエミリーナと共に酒場を営んでいました。ああ、過去の世界のエミリーナと
名前が同じだったのは同じ道を歩むからだったのか。だいぶ時が流れているのか二人とも
大人の女性になっており、ドロシーは女らしくしようとしているみたいだけど一人称が
ボクなのは直す気が無いのか(笑)そこへ来客……ってスタアじゃね??
お金持ってないんですけど、と代わりに砂金の山を出すところまで再現するなよ!(笑)
砂漠に砂金があると知るや否やお店を出る客達。ここまで再現とは…で、このスタア似の男は
一体?ちなみにバウも健在。でももう老犬だろうなぁ、10年以上は経ってるだろうし。
ドロシーを見た男は今のままでも素敵ですよ、とまるでスタアのように口説きだす始末。
男は自分の名がクリルだと言いました。つまり…あのスタア・マリオン夫婦の子ども!?
そういやなんだかんだでドロシーはスタアに食って掛かっていたけど、あれって恋愛感情
あったってことだったのかな。まさかこんな形で再会するとは思わなかったわ…!

一人で鮮砂の荒野にいるマイラ。輝巫女として一人生きていくのかな。マリオンは元の世界に
戻ったというか巫女じゃなくなったのだろうか。セクレリータ達が次々と現れ、世界が
輪廻から解放されたこと、セクレリータ達の役目が終わったことを告げます。
カンデルの姿初めて見たけど普通に女性だわこれ!きちんと元に戻ったみたいだな。
マイラは今後世界を見守るようですが、何かがあった時を考えていました。
そんな彼女と一緒にいることを決めたセクレリータ達。守護者みたいになるのかな。

最後に…。

海底で崩れ落ちた城と共に眠りに就いているレオン

湧き上がる泡の中、まるで迎えに来たかのように女性を象った泡が近づき、

そして、消えた。

エナジーブレイカー END

EDの最後までしっかりと補足がされているなー!と思いました。レオンにも救いが
あるような終わり方だったな。きっとあの泡はセルフィーなんだろうなぁ…。
途中まではマイラと同じく何もわからない状態なのでちくしょうお前ら知った口ぶりでー!
思わされる展開でしたが、徐々にわかっていくとうおおぉ…となるのが面白かったです
。戦闘も途中からポイズン無双でしたが逆にこれが無いと苦戦させられてばかりで(笑)
中坊時の無念を晴らすことができて良かったです!
音楽も綺麗なものが多く、なかなか素敵な作品だったと思います。

ではでは、クリアデータをば。
マイラ:LV52
レオン:LV48
ドロシー:LV48
ルナルド:LV47
スタア:LV47
また、ED画面で放置していたらクリアデータが出てきたのでこちらもペタリ。
エナジーブレイカークリア報告
リ、リセット回数がカウントされている……!!(笑)ヤダ戦闘に苦戦したのバレバレ
意外とマイラが倒した敵の数が少なくてビックリ。レオンは終盤加入だからしょうがないとして
まさか博士が撃墜王とは思わなかったなー。


以上でエナジーブレイカー体験記を終了させていただきます。
ここまでご覧下さりありがとうございました!!
次回作ですが、少し間を空けて(新作ラッシュなので…)再開しようと思います。
今後も楽しんでいただければ嬉しいです。

←前の回へ     体験記目次へ     次の体験記へ→

category: 体験記(エナブレ)

tb: --   cm: --

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。