風林ノ草庵 ホーム » スポンサー広告 » 体験記(ルドラ) »ルドラの秘宝体験記第四回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ルドラの秘宝体験記第四回  

ルドラの秘宝体験記第四回です。(シオン編)

さてはて4回目だけどまだ終わってないシオン編!
なんだかんだで9日目になったっぽいよ

前回のあらすじ:豪快ダイブ未遂

宿敵スルトまんまと騙されたシオン御一行は
天空の島を地上に落としてしまい、種族の浄化までもが始まってしまうのでした。

LVの低さを感じ猿狩りを延々し、気が済んで氷山へ。
なんか剣があるなーと思ったらで変な敵が出現、
しかし猿狩りをした彼らにとっては雑魚にすぎず簡単に打破。
その後本当の剣を見つけますが何やら雲っぽい魔物
…あ、魔物じゃないの?でもボスだから魔物扱いだ、うん
このダンジョンの敵の属性がだったのでてっきりボスも
水かと思いきやを使ってきたので弱点はかー。と
ロマサガ直伝「ウインド」「カッター」で撃破。
聖剣ジグムンドソードを入手すると、氷が解けてまっさかさま

なんだ、豪快ダイブ実践か

落ちた先は幸いにもでしたがマンタインみたいなのに食われた!

気分はリバイアサンの腹の中だね!!byFF2

ウロウロすると水棲族。どうやら魔物がこのマンタインもどきと融合してるらしい。
簡単に見つけたのでシバく
なんだか弱点もハッキリしていたし、さっきの雲モコモコさんよか
弱かったです(ディヤウスって言ってあげようよ)
すんなりと白旗を振ってくれました。
デカマンタインは「ヘグ」と言い最大の水棲族らしいです。
これを使えば海の乗り物になりそう、とユーザーらしい
発言のシオン。ヘグにとってはどんな気分なんだか
でも汚染された海とさっきの戦いのせいで体力が少ないらしく、
「聖杯」があればなんやらと言われます。
そしてその聖杯はフォクシーの父さんの宝にあるらしいので
まずは近くの町アヴドルに行って船で行こうということに。

で、アヴドルなんですが

なんか煙い。

否、住人なんかゾンビ臭い

青い煙に巻かれたこの町はどうやら霊体で溢れているようで。
とりあえずに入って(これいっつもです)

「あなたには武器はいりません」

戦闘

一刀両断

そんなシオン君。嗚呼衝撃的だったぜその一言。
とにかく話しかけても戦闘になるのでもう無視。
なんだか奥に研究所があったので乗り込むとそこにも霊体。
その霊体の隣で黙々と本棚をいじるシオン君は大胆不敵

結局外に出て砂漠渡ってって言ってたので従う事に。
途中遺跡を発見、思わず乱入
竜神の遺跡でなんか赤い爬虫類を発見、これまたシバく
宝箱を発見するも一つはで、なにやらメモ。

「この中身はオイラ達がいただいた!
 byレジャーハンター」


…あの子ったら♪(顔は阿修羅で)inシオン

ええきっとあの二人のちっさい方でしょうね

それにしてもこの辺の敵弱いなーと違和感を覚えつつフォクシーの
実家、オリアブへ到着。
住人の数人がサーレントの話をしており、さらにサーレントの
仲間の日記などがあったことからメガネご一行のスタート地点
ここなのだろうかと勝手に推測。
フォクシーの家に着くと聖杯が盗まれたとの話が。
そして使いの人たちが取り戻しに行った先はラゴウ研究所
先ほど霊体と一緒に読書した所です

てなワケで踵。
でもその前に森をうろついたら「樹海」に突入。
ここの敵も弱いし、誰かのジェイドじゃないと開かない宝箱も発見。
やっぱりここはメガネのエリアなんだろうか。

ラゴウ研究所に行くと教団員を発見。
エレベーターで降りていった彼らに続こうとすると悲鳴が。

実にボス臭い

警戒しつつ降りると死体が。でも教団員ではなく、
ミュンヒ博士というフォクシーの父さんの知り合い。
でも何も無かったんでこれまた帰ろうとすると…

「待て!」

予感的中だね

んで、博士ちっさいね!!!(笑)
って戦闘開始直後に「フォクシーキラー」だかでフォクシーが戦闘不能に!?
しかも復活させられず3人で戦うことに。物理攻撃に弱くガツガツ殴ったら終了
ナーギャ(ボス)が言うには永久の眠り故
もうフォクシーは死んだも同然と言われてしまいここでヒロイン死す、かと思いきや
ミュンヒ博士が成仏する間際に「前世の隠れ里」に行けば助けられるはずと教えてくれます。
ちなみにオリアブには戻りませんでした。

父さんに殺られそうだから

すんごい勢い(常時速度比)でヘグに乗り込み隠れ里へ。
途中で水が浄化され汚かった海も大貝獣のOPの如く綺麗な水へ。

…ってすみませんをどうやって通るんだ

愉快なまでに迷うシオン一行。たぶんテュールはフォクシーを担いだまま。
気付いたら洞窟があったので入るとギャラルトンネル
ああ天空にいたときのか、と死人がいるにも関わらず突入
時計塔のある所に抜けました。
そういえばあの時入れなかった部屋にも入れるかなとを見れば
12時を差してる。開けてみれば只のナイフだ。
それも今持ってるやつに比べたら威力がー…なもの。

そしてもう一つ、ほこらの奥にある扉も12時を差していたので突撃。
3つの部屋にそれぞれなんだかちっさいトカゲが。
どうやら腕試しをさせてくれるらしく、勝てたらいいものをくれるらしい。
そりゃあいいものには弱いぜ、覚悟しろ!!

「ワープル」(凄まじい壊滅音)

シオン即死。

ノオオオオオオゥッ!?

なんだよこれ、LVに格差ありすぎじゃんけ!(念のためにセーブして良かった)
むぅ、炎の言霊か。みんな、覚悟してラーニングして!

(全滅)

そして他の部屋にも入り、風の言霊をラーニングして

(全滅)

んで、最後の一つはかなと思いきやで、

(全滅)

ふはっ、全然世界救える気がしねぇ!!
きっとこいつはもっと後で、それこそ主人公4人がチーム組む頃じゃないと
勝てそうにありません。グッバイ、トカゲ

諦めて森に戻り、爬虫類族と話をするとあっさりヒントをもらえました。

行きかたわかんないのに行きかた教えてって言う(※トカゲ)に
「はい」を選択する人はいないのではないのですか


なんて素直な思考ではゲームはできない。
とりあえず選択肢が出たらどっちも選んでみるのが常識なんだった。
簡単なヒントなのでさっさと進み、隠れ里へ。

長老の家に入るとリザの団体を発見。
ベッドにフォクシーを寝かせ事情を説明すると、
治せる薬は切れた、…ってうえぇ!?と絶望寸前でリザが薬をくれました。
フォクシーは無事帰還、リザたちにヘグのオカリナを渡します。
ヘグがいないのでどうやって移動するのかと思いきや口伝師に会えばいいそうで。
さて、こっからどうするんだかね。

ヒロイン死すかと思われた危機も無事回避!

でもトカゲの半端ねぇ強さは回避不能!

敵弱えぇ~とか言ってる場合じゃないぜよ!

次回を待て!!

シオンの章、滅亡まであと4日

←前の回へ     体験記目次へ      次の回へ→

category: 体験記(ルドラ)

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

綴ってる人

Twitter

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。